2018/08/20

M.2 SSDにしてみました

おととし、久しぶりに自分のPCを大きく組み替えたのだけど。マザーボードはASRockの970A-G/3.1といのにしました。で、マザーボードを眺めてると見たことがないコネクタを見つけて、これなんだろ?と思ってマニュアルを見てみるとM.2というもののコネクタのようです。

ざっくりと調べた限りでは、M.2は規格的にはいろんなデバイスで使えるコネクタのようですが。自作パソコン的にはほぼストレージの接続に使われてるようです。で、ストレージとしての接続はSATA3モードでの接続とPCI Express上のAHCIデバイスとしての接続、そしてPCI Express経由のNVM Express(NVMe)モードでの接続ができるようです。

このNVMeモードでの接続がめちゃ速いそうです。

さて、その前回のPCの大規模組み換え時、CドライブもSSDにしてみました(あと、大容量ストレージとしてHDDも他に2台入ってます)。
で、以前はCドライブは500Gくらいのを載せていたのですが。それまでの使用状況を見る限り、半分も使ってないので、そのくらいあればいいかなと思って、SSDはIntelの540sシリーズの容量360GBタイプ、SSDSC2KW360H6X1にしてみました。

Intelにしたのは私がAMDファンで、CPUやビデオカードはAMDなので、ひとつだけIntel製品を入れてみるのもシャレっ気があっていいかなと思ったのが理由です。もちろん超メジャーメーカーのブランドだから安心して使えるだろうって部分もありましたが。

私はパソコンゲームを遊ぶのですが。Steamの会員になってます。それまではパソゲーというとそう大した数はなくて、たまに買うぐらいのものだったのですが。しかしSteamを導入してほんとたくさんのパソゲーを買うようになりました。Steamは時々大バーゲンをやって、このチャンスに買わなくちゃと思って買うことも多いです。そしてかなり積みゲーにしちゃうのですが。

で、今のゲームだと下手するとインストールサイズが数十ギガになったりするのもあります。んで気がつくと360GのHDDの8割がたはふさがってしまいました。

Steamのクライアントはよくできていて、インストールするディスクの移動やアーカイブ化も簡単にできます。だから、普段は遊ばないゲーム、積みゲーになってるゲームは容量に余裕のあるHDDに移動させておきゃいいのですが。でもそれもなんかめんどくさいし。

で、その爆速というMVMe接続のM.2ストレージを入れてみようかなと。

続きを読む "M.2 SSDにしてみました"

| | コメント (0)

2018/04/12

JBL T110BTを買いました

今、スマホ+Bluetoothイヤホンって組み合わせでよく音楽を聴いています。
今愛用しているBluetoothイヤホンは左右のイヤホンがケーブルで繋がってるタイプ。なにしろ軽便でいいです。Amazonだと2~3千円ぐらいからあって、安価なのもいいと思っています。安物買いの銭失いかもしれませんが。

ただ、安いせいか、3年ぐらいで買い換えるのは3個目で、その3個目も壊しちゃいました。
初代の奴はハウジングがばらけて壊れましたが、2個目と3個目はパーツが脱落して紛失してしまいました。
今まで使ってきた中国製のBluetoothイヤホン、耳の内側に引っ掛けて固定の補助になるパーツがついているのですが。このパーツの脱落が多いです。乱暴にカバンやポケットに出し入れしているとなんかの拍子で外れ、紛失してしまうことが多いです。瞬間接着剤で固定してみたこともありますが、それも知らないうちにはがれて脱落したり。
ま、安物だししょうがないな、ダメになったら買い換えたらいいや、ぐらいのスタンスでいました。

で、3個目も使えなくなって。こんどはどれにしようかって考えてたら、国内ブランドのJBL製の奴が目に入って、3千円ちょっとみたいなので買ってみました。

続きを読む "JBL T110BTを買いました"

| | コメント (0)

2017/10/20

PC電源、Corsair RM650xを買いました

ここんとこ、PCが不安定になって、録画とかも失敗することが起きるようになりました。
症状としてはスリープモードの不良。入る時に起きるのか復帰の時に起きるのか、よくは判らないのだけど。PowerLEDがついた状態でPC自体はフリーズしてる状態になってしまいます。で、電源のマスタースイッチを切って電源を落として、しばらく放置してからでないと再起動できません。

たぶん電源かマザーボードが原因と思うのですが。去年替えたマザーボードより、長いこと使ってる電源の故障のほうが可能性高いかなと思って、電源を交換してみることにしました。
ここらへん、原因箇所の特定ができるスキルもツール類も持たずに自作パソコンやってる者としては、きわめて危うい部分でもあるのですが。下手したら余計なお金ががんがん出て行くし。
電源は自作PCとしてはもっとも地味なパーツですな。交換したからといってパフォーマンスが上がるわけでもないし。でも調子が悪いととても困るパーツでもあり。

どこの電源にしようかなとちょっと悩んだのですが。今まで使ってた電源がCorsairのCMPSU-650TXJPという電源で、このブログをひもとくと8年使ってて、今まででいちばん長く使えた品物だから、またCorsairにしようかなと。ま、もちろん、金欠が悪化してて気楽にPCパーツも買えないって事情もあって8年使ったわけでもありますが…。

続きを読む "PC電源、Corsair RM650xを買いました"

| | コメント (0)

2017/10/03

HUAWEI MediaPad M3 8.4インチを買ってみました

私、タブレットは一昨年買ったNEXUS7(2013)を使っていました。GoogleがプロデュースしたAndoroidのリファレンスモデルのような品です。7インチということで、タブレットとしては最小クラスでありますが。

楽しく便利に使っていたのですが…。最近、センサーの不調かタテヨコの向きが認識されない、Mapで方位が認識されないって現象がよく起きてきました。そして、液晶にとてもかすかにですが、しみができてきたのが(何かにぶつけたのかなぁ…)気になってました。

あとそれと老眼が進行してきて、7インチタブレットではちょっと苦しくなってきました。たとえばKindleで漫画を読む際、いちいち拡大しなくても読めるようにできないかなと考えるようになりました。で、大きいタブレットに買い換えようかなと。

ざっくりと調べてみて。8インチクラスにしようか10インチクラスにしようか悩んだのですが。
8インチだと7インチのNEXUS7よりちょっと大きいだけで、あまり変わらないように思えるし。10インチだと老眼でも楽だと思いますが、でも、携行性がどうなるかなぁと。悩みました。

で、見つけたのがHUAWEIのMediaPad M3 8.4というモデルです。8.4インチタブレット。
だいたいこのクラスのタブレットは解像度が1920*1200というのが多いようですが、これは2560*1600という高い解像度。その分画面がきめ細かくなって、小さめの画面でも見やすいかなぁと思いました。

で、こいつを買おうかなと。

価格は価格比較サイトを見ると3万円弱ぐらいが相場みたいです。いろいろ見て回ってちょっと頭がややこしくなってきたので、底値じゃないけど勝手知ったるAmazonでいいやと。あと液晶保護フィルムと64GのmicroSDとカバー。トータルで3万円台前半になりました。

続きを読む "HUAWEI MediaPad M3 8.4インチを買ってみました"

| | コメント (0)

2017/07/28

コンパクトブルーレイドライブ

去年の秋にASUSのTransBook T100TAF-DK076TSという品物を買ったのだけど。TransBookってのはいわゆる"2in1"と呼ばれるカテゴリーの品物で、タブレットに取り外し式のキーボードがついていて、キーボードを取り付けてノートパソコン、外してタブレットって使い方ができる品物です。

で、そういう品物を買った。これであたしもスタバでノマドごっこできる!って喜んだけど、でも、あまり持って出歩く事もなくて。外での用事はだいたいAndroidのスマホとタブレットで用が足りてしまうし。
なんかちょっと詰まんないなと思って、そうだ、DVDやBlu-rayのポータブルプレーヤーとして使えるようにしようと思って、外付けの光学ドライブを買ってみる事にしました。

170728_1

買ってみたのはこれ。BUFFALのBRXL-PT6U2V-RDという型番のコンパクトBD-Rドライブです。USB2.0対応という事で、世代的にはちょっと古いかもしれませんが。
買った理由は本来のUSBコネクタのほかに、もうひとつ給電専用のUSBコネクタがついていて、電力不足の場合はこちらもPCのUSBポートに接続して給電できると言うことです。まんいち給電能力が不足する場合は、こっちにUSB電源アダプタかモバイルバッテリをつけて補助できるかなと。(あと、別売りのAC電源アダプタも使えます)

色は赤にしてみました。好みもありますし、モバイル関連の品物は目立つ色にした方が紛失とかしにくいかなぁって部分もあります。

続きを読む "コンパクトブルーレイドライブ"

| | コメント (0)

2017/02/07

ASUS ZenFone3 Laserを買いました

それ以前にもタブレットは持っていましたが、初めてのスマートフォンはおととしの春に買った京セラのTorque(SKT-01)でした。SIMフリー機のほうのTorqueになります。
米軍規格の防水・防塵・耐衝撃性能を備えているので手荒く使ってもびくともしないとういう品物。便利に楽しく使っていました。

しかし、Torqueは購入当時でも旧式なデュアルコアCPUで、近年動作がもっさりなのが気になってきました。
使用頻度が高くて特に遅いのは公式のツイッタークライアントです。なんで動画再生とかじゃなくてこんなのがこんなに重いのかって感じです。もういっそのことTorqueはテザリング母機として割り切って、タブレットのNEXUS7(2013)をメインに使おうかなと思ってました。ま、新しいスマホもほしいなぁとは思い始めてきてはいたのですが。懐寒いのは相変わらずですし。

TorqueにはMVNOのSIMを使ってます。ニフティが提供しているNifmoです。docomoのガラケと2台持ちになってます。こっちのほうがdocomoのスマホの1台持ちよりお金がかからないって、なんでだろうと疑問に感じながら使ってます(笑)。
まぁ、日本の今の携帯電話の「ビジネスモデル」って奴は、回線提供と端末販売が融合してますし。

「実質X円!」とか、派手な惹句を謳っていますが。いわゆる「定価」と「実質X円」の差額は、天から降ってくるものではないですよね。その差額はこちらが毎月払う「利用料金」に乗っかってる。割高な料金を支払わされてる。そして機種変すれば「実質」とかいってもその代金も支払いに乗っかってくる。
今はお上が「実質0円」をボクメツしようとしてますが。でも、今の端末販売と回線販売がセットになってる日本の携帯電話事情を何とかしない限り、それはユーザーの負担を増やすだけの事にしかならないのではと。

いや、あたし、docomoのガラケは10年近く愛用してるNOKIAですけど。今支払ってる通話料のうちかなりの部分がそういう機種変ユーザーさんたちへの「養分」になってるんだろうなと思うと、少々業腹なのです(笑)。いや、閑話休題。

で、スマホにインストールしてる通信量とかチェックするユティリティ・My Nifmoの告知機能で、Nifmoが機種変キャンペーンっていうのをやってる事を知りました。

MVNOもスマホの割引キャンペーンをやってます。でもそれはたいていは新規入会時のセット割で。まぁ、そういう「おいしい」割引を求めてMVNO業者を渡り歩くほうがカシコイんでしょが。でもそれもあまりやりたくないし。定住志向。
ここでNifmoが既存ユーザー相手にも「機種変」としてスマホのディスカウント販売してくれるのはありがたいかなと。

買ってみたのはASUSのZenFone3Laserって奴です。自作PCやってるので、ASUSはPCパーツメーカーとして昔からのおなじみブランドで安心感があります。今愛用してるタブレット・NEXUS7のOEM元でありますし、先日はローエンドな方になりますがTransbookも買いましたし。そっち方面でもおなじみになりつつあります。

ZenFone3 Laserのストリートプライスは税込み3万円程度みたい。で、Nifmoのキャンペーン価格が税込み2万円台半ば。ま、毎月の料金とコミコミで考えたら、わたし的にはちょうどいい値引率ではないかなと。そのくらいの価格なら出せますし。
しかし、まぁ、スマホもずいぶんと廉くなりましたな。

ま、しばらく迷いましたが、キャンペーン最終日にやっと発注。そして品物が届きました。

続きを読む "ASUS ZenFone3 Laserを買いました"

| | コメント (0)

2016/11/05

TransBookのアクセサリ

さて、購入したTransBookのレビューの続きです。高い買い物だったのでもうちょっとネタにしないとね(笑)

まず、USBメモリを買って「回復ドライブ」を作りました。
面白いのは、MS謹製の、それから起動できるWindows10のインストール用USBメモリからはTransbookは起動できなくて、そうやって作った回復ドライブ用USBメモリからは起動できるんですよね。UEFIの絡みみたいだけど。
古いBIOSの知識だと、BIOSが立ち上がれば、それが対応してる起動デバイスから起動できるものって思っていましたが。これもUEFIならではの機能なのかなぁ。

TransBookにはASUS謹製のBIOS(つかUEFIか…)更新ツールまで入ってます。自作パソコンのマザーボードならともかく、完成品のパソコンでBIOSを書き替えさせるとは、さすが自作PCパーツメーカーのASUS、すごいなぁと思いました。しかし、自作PCもだいぶ遠のいているので、BIOS書き換えはほんと久しぶりです。かなりドキドキしますな。

さて、液晶保護シートですが、レイ・アウトってところのにしました。エウレカセブンってアニメを見てたので(最終回までは見ませんでしたが)、そのブランド名、おなじみでありますゆえ(笑)。
アンチグレアだそうですが、そうつや消しでもなく、モニターが暗いと顔とか映りこみますが。指紋もまったくつかないとは言えないけど、そこそこはつきにくくなります。

続きを読む "TransBookのアクセサリ"

| | コメント (0)

2016/11/03

ASUS TransBookを買いました

ちょっとだけだけど、臨時収入がありました。んで、何か買おうかなと思って。
ここんとこずっと欲しかった大き目のタブレットを買おうと思いました。

いま愛用してるタブレットはAndroidタブのNEXUS7です。画面サイズは7インチになるのだけど。基本、Kindleを入れて読書用として使ってます。(最近は外で艦これを遊ぶときにも愛用してます)
1年くらい使いましたが、7インチ機だとコミックはちょっと苦しいと感じています。近年は老眼も進んでますし。
Kindleでは時々コミック類の大バーゲンをやります。まだ持ってなかった『新世紀エヴァンゲリオン』が揃いで500円とか。思わず買ってしまうことも多くて。コミック類のKindle蔵書も増えました。だから、ちょっと大きいタブレットが欲しいなと思ってました。
という訳で、この臨時収入に足して、安いのでいいからすこし大きめのタブレットを買おうと。

んで、ネットで情報収集してたのですが、なんか面白いタブレットを見つけて、買ってみることにしました。

買ったのはASUSのTransBookってシリーズの品物です。TransBookってのはタブレットに取り外し式のキーボードがついていて、キーボードをつけてノートパソコン、はずしてタブレットって2つの使い方ができるようになった品物です。2in1というジャンルになるようです。
そういう品物の存在を知って、あ、これ、面白そうって思って。少々予算オーバーだけど、ノートパソコンもあるといいなぁってずっと思っていたから、買ってみることにしました。

ASUSは自作パソコンやっる私にとって、マザーボードなんかのPCパーツの方でおなじみのメーカーです。今までいちばん使ってきたマザーボードのメーカなのですが、これの前に買ったタブレット・NEXUS7もASUS製でしたし。私にとってはタブレット類もおなじみさんのブランドになりつつあるのかな。

TransBookシリーズにもいろいろあるようですが、私が買ったのはT100TAF-DK076TSという型番の品。ローエンドになるかと。ある量販店系列の専売モデルとか。10.1インチ機になります。7インチよりこれだけ大きければだいぶいいかなと。

CPUはIntelのAtom プロセッサー Z3735F 1.33GHz。ずっとAMDerやってきて、Intelプロセッサはちんぷんかんぷんなんですが。ざっと調べると4コアCPUみたいで。定格は1.33Ghzだそうですが、バースト周波数ってのが設定されてるそうで、その時は1.83Ghzになるみたい。
メモリは2Gです。TransBookのいちばんのローエンドの品は1Gみたいなので、そこはちょっといいみたい。2Gもあればネットやったり、ちょっとワープロ打つぐらいならじゅうぶんかなぁ。

で、OSはWindows10の32bit。メモリ2Gなら32bitOSでもいいと思います。ストレージが32Gでちょっと心もとないのですが、SDXC規格のmicrSDカードが使えるので、それで補おうと。

本体と64GのmicroSDカードで3万円でちょっとお釣りくらい。このくらいなら出せるかなと。ノートPCが手に入ると考えても。

続きを読む "ASUS TransBookを買いました"

| | コメント (0)

2016/08/22

iiyamaモニター GE-2488HS-B1

今まで自宅PCのモニターは7年前に購入したiiyamaのProLite E2209HDS-Bというのを愛用してきました。21.5インチモニターになります。
世間ではオトコが衰えていく順番を俗に「歯・目・魔羅」というそうで、その法則に従い、歯の調子も悪く、目の方もだいぶ霞んできました。(最後のは女っ気のないチョンガーのわたくしにはよくわかりませんがw)
んで、21.5インチモニターがだいぶ苦しくなってきました。最近はWindowsについてる「拡大鏡」って機能を多用してました。で、そろそろ大きいモニターに買い替えないとなぁと。

24インチクラスにするか27インチに行っちゃうか悩んでいたのだけど。27インチのほうがよさそうだけど、大きすぎてもてあましちゃいそうな気もして。最近はPCパーツもネット通販で済ますことが多いのですが(先代のProLite E2209HDS-Bも通販でした)、お店に見に行くことにしました。

24インチクラスと27インチクラスを見比べて、う~んう~んと悩んでいたのですが、ふと気がつくと面白そうなモニターを見つけて、物はためしと買ってみました。
iiyamaのProLite GE-2488HS-B1というモニターです。AMDのモニターとの連携機能の規格、FreeSyncというのに対応してるということで。
お値段は2万円でお釣りが千円と少々。先代のProLiteが2万円少々で「ずいぶん安くなったなぁ」という感想でしたが。さらに安くなって驚きです。

続きを読む "iiyamaモニター GE-2488HS-B1"

| | コメント (0)

2016/08/02

トルク(SKT-01)とモバイルバッテリー

去年ディスカウントで買った京セラのMILスペックスマートフォン・トルク(SKT-01)、楽しく使ってます。デュアルコア機でもっさりだし、ポケモンGOもインストールできないのはちょっとがっかりだけど(笑)。
使っていてそう大きな文句はないのですが、ただひとつ気になる部分がありました。それはモバイルバッテリーとの相性です。モバイルバッテリーを使うと充電が途中で終わってしまいます。いま持ってるモバイルバッテリーはSONYのCP-A2LASとCP-F2Lという2種類なのだけど。両方で充電がその途中で終わってしまうという現象が起きます。

なんでかなぁとつらつら考えて、ひとつの推論ですが。トルク側が時々充電を止めるのではと考えました。トルクは耐衝撃性のために筐体が硬質ウレタンという熱を通しにくそうな素材で覆われています。だから、過熱を防ぐために時々充電を止めるのではと。(CPUもクワッドコアが普通の世代なのに、デュアルコアなのも過熱対策が理由かもしれないです)
で、トルク側が充電を止めたさい、バッテリー側には充電完了ととられて、バッテリーの給電が止まるんじゃないかと。そう推測してみました。

その推論で考えるなら、トルク側が受電を止めてもモバイルバッテリーが給電を止めない程度の電流さえ流れていれば最後まで充電できるのではないかと。さいわいにしてどちらのバッテリーにも2つUSBコネクタがついてますから、もう一方に給電が止まらない程度に電気を流す部品、例えば抵抗器でも繋げば給電が途切れることはないのではないかと。そう考えました。
百均あたりで安いUSBケーブルを買って、それに抵抗器とか豆電球とか、少し電気を食うものをつけたダミーロードを自作してみようかなと思っていたのだけど。まだ手を動かしてはいませんでした。

続きを読む "トルク(SKT-01)とモバイルバッテリー"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧