2017/07/28

コンパクトブルーレイドライブ

去年の秋にASUSのTransBook T100TAF-DK076TSという品物を買ったのだけど。TransBookってのはいわゆる"2in1"と呼ばれるカテゴリーの品物で、タブレットに取り外し式のキーボードがついていて、キーボードを取り付けてノートパソコン、外してタブレットって使い方ができる品物です。

で、そういう品物を買った。これであたしもスタバでノマドごっこできる!って喜んだけど、でも、あまり持って出歩く事もなくて。外での用事はだいたいAndroidのスマホとタブレットで用が足りてしまうし。
なんかちょっと詰まんないなと思って、そうだ、DVDやBlu-rayのポータブルプレーヤーとして使えるようにしようと思って、外付けの光学ドライブを買ってみる事にしました。

170728_1

買ってみたのはこれ。BUFFALのBRXL-PT6U2V-RDという型番のコンパクトBD-Rドライブです。USB2.0対応という事で、世代的にはちょっと古いかもしれませんが。
買った理由は本来のUSBコネクタのほかに、もうひとつ給電専用のUSBコネクタがついていて、電力不足の場合はこちらもPCのUSBポートに接続して給電できると言うことです。まんいち給電能力が不足する場合は、こっちにUSB電源アダプタかモバイルバッテリをつけて補助できるかなと。(あと、別売りのAC電源アダプタも使えます)

色は赤にしてみました。好みもありますし、モバイル関連の品物は目立つ色にした方が紛失とかしにくいかなぁって部分もあります。

続きを読む "コンパクトブルーレイドライブ"

| | コメント (0)

2017/02/07

ASUS ZenFone3 Laserを買いました

それ以前にもタブレットは持っていましたが、初めてのスマートフォンはおととしの春に買った京セラのTorque(SKT-01)でした。SIMフリー機のほうのTorqueになります。
米軍規格の防水・防塵・耐衝撃性能を備えているので手荒く使ってもびくともしないとういう品物。便利に楽しく使っていました。

しかし、Torqueは購入当時でも旧式なデュアルコアCPUで、近年動作がもっさりなのが気になってきました。
使用頻度が高くて特に遅いのは公式のツイッタークライアントです。なんで動画再生とかじゃなくてこんなのがこんなに重いのかって感じです。もういっそのことTorqueはテザリング母機として割り切って、タブレットのNEXUS7(2013)をメインに使おうかなと思ってました。ま、新しいスマホもほしいなぁとは思い始めてきてはいたのですが。懐寒いのは相変わらずですし。

TorqueにはMVNOのSIMを使ってます。ニフティが提供しているNifmoです。docomoのガラケと2台持ちになってます。こっちのほうがdocomoのスマホの1台持ちよりお金がかからないって、なんでだろうと疑問に感じながら使ってます(笑)。
まぁ、日本の今の携帯電話の「ビジネスモデル」って奴は、回線提供と端末販売が融合してますし。

「実質X円!」とか、派手な惹句を謳っていますが。いわゆる「定価」と「実質X円」の差額は、天から降ってくるものではないですよね。その差額はこちらが毎月払う「利用料金」に乗っかってる。割高な料金を支払わされてる。そして機種変すれば「実質」とかいってもその代金も支払いに乗っかってくる。
今はお上が「実質0円」をボクメツしようとしてますが。でも、今の端末販売と回線販売がセットになってる日本の携帯電話事情を何とかしない限り、それはユーザーの負担を増やすだけの事にしかならないのではと。

いや、あたし、docomoのガラケは10年近く愛用してるNOKIAですけど。今支払ってる通話料のうちかなりの部分がそういう機種変ユーザーさんたちへの「養分」になってるんだろうなと思うと、少々業腹なのです(笑)。いや、閑話休題。

で、スマホにインストールしてる通信量とかチェックするユティリティ・My Nifmoの告知機能で、Nifmoが機種変キャンペーンっていうのをやってる事を知りました。

MVNOもスマホの割引キャンペーンをやってます。でもそれはたいていは新規入会時のセット割で。まぁ、そういう「おいしい」割引を求めてMVNO業者を渡り歩くほうがカシコイんでしょが。でもそれもあまりやりたくないし。定住志向。
ここでNifmoが既存ユーザー相手にも「機種変」としてスマホのディスカウント販売してくれるのはありがたいかなと。

買ってみたのはASUSのZenFone3Laserって奴です。自作PCやってるので、ASUSはPCパーツメーカーとして昔からのおなじみブランドで安心感があります。今愛用してるタブレット・NEXUS7のOEM元でありますし、先日はローエンドな方になりますがTransbookも買いましたし。そっち方面でもおなじみになりつつあります。

ZenFone3 Laserのストリートプライスは税込み3万円程度みたい。で、Nifmoのキャンペーン価格が税込み2万円台半ば。ま、毎月の料金とコミコミで考えたら、わたし的にはちょうどいい値引率ではないかなと。そのくらいの価格なら出せますし。
しかし、まぁ、スマホもずいぶんと廉くなりましたな。

ま、しばらく迷いましたが、キャンペーン最終日にやっと発注。そして品物が届きました。

続きを読む "ASUS ZenFone3 Laserを買いました"

| | コメント (0)

2016/11/05

TransBookのアクセサリ

さて、購入したTransBookのレビューの続きです。高い買い物だったのでもうちょっとネタにしないとね(笑)

まず、USBメモリを買って「回復ドライブ」を作りました。
面白いのは、MS謹製の、それから起動できるWindows10のインストール用USBメモリからはTransbookは起動できなくて、そうやって作った回復ドライブ用USBメモリからは起動できるんですよね。UEFIの絡みみたいだけど。
古いBIOSの知識だと、BIOSが立ち上がれば、それが対応してる起動デバイスから起動できるものって思っていましたが。これもUEFIならではの機能なのかなぁ。

TransBookにはASUS謹製のBIOS(つかUEFIか…)更新ツールまで入ってます。自作パソコンのマザーボードならともかく、完成品のパソコンでBIOSを書き替えさせるとは、さすが自作PCパーツメーカーのASUS、すごいなぁと思いました。しかし、自作PCもだいぶ遠のいているので、BIOS書き換えはほんと久しぶりです。かなりドキドキしますな。

さて、液晶保護シートですが、レイ・アウトってところのにしました。エウレカセブンってアニメを見てたので(最終回までは見ませんでしたが)、そのブランド名、おなじみでありますゆえ(笑)。
アンチグレアだそうですが、そうつや消しでもなく、モニターが暗いと顔とか映りこみますが。指紋もまったくつかないとは言えないけど、そこそこはつきにくくなります。

続きを読む "TransBookのアクセサリ"

| | コメント (0)

2016/11/03

ASUS TransBookを買いました

ちょっとだけだけど、臨時収入がありました。んで、何か買おうかなと思って。
ここんとこずっと欲しかった大き目のタブレットを買おうと思いました。

いま愛用してるタブレットはAndroidタブのNEXUS7です。画面サイズは7インチになるのだけど。基本、Kindleを入れて読書用として使ってます。(最近は外で艦これを遊ぶときにも愛用してます)
1年くらい使いましたが、7インチ機だとコミックはちょっと苦しいと感じています。近年は老眼も進んでますし。
Kindleでは時々コミック類の大バーゲンをやります。まだ持ってなかった『新世紀エヴァンゲリオン』が揃いで500円とか。思わず買ってしまうことも多くて。コミック類のKindle蔵書も増えました。だから、ちょっと大きいタブレットが欲しいなと思ってました。
という訳で、この臨時収入に足して、安いのでいいからすこし大きめのタブレットを買おうと。

んで、ネットで情報収集してたのですが、なんか面白いタブレットを見つけて、買ってみることにしました。

買ったのはASUSのTransBookってシリーズの品物です。TransBookってのはタブレットに取り外し式のキーボードがついていて、キーボードをつけてノートパソコン、はずしてタブレットって2つの使い方ができるようになった品物です。2in1というジャンルになるようです。
そういう品物の存在を知って、あ、これ、面白そうって思って。少々予算オーバーだけど、ノートパソコンもあるといいなぁってずっと思っていたから、買ってみることにしました。

ASUSは自作パソコンやっる私にとって、マザーボードなんかのPCパーツの方でおなじみのメーカーです。今までいちばん使ってきたマザーボードのメーカなのですが、これの前に買ったタブレット・NEXUS7もASUS製でしたし。私にとってはタブレット類もおなじみさんのブランドになりつつあるのかな。

TransBookシリーズにもいろいろあるようですが、私が買ったのはT100TAF-DK076TSという型番の品。ローエンドになるかと。ある量販店系列の専売モデルとか。10.1インチ機になります。7インチよりこれだけ大きければだいぶいいかなと。

CPUはIntelのAtom プロセッサー Z3735F 1.33GHz。ずっとAMDerやってきて、Intelプロセッサはちんぷんかんぷんなんですが。ざっと調べると4コアCPUみたいで。定格は1.33Ghzだそうですが、バースト周波数ってのが設定されてるそうで、その時は1.83Ghzになるみたい。
メモリは2Gです。TransBookのいちばんのローエンドの品は1Gみたいなので、そこはちょっといいみたい。2Gもあればネットやったり、ちょっとワープロ打つぐらいならじゅうぶんかなぁ。

で、OSはWindows10の32bit。メモリ2Gなら32bitOSでもいいと思います。ストレージが32Gでちょっと心もとないのですが、SDXC規格のmicrSDカードが使えるので、それで補おうと。

本体と64GのmicroSDカードで3万円でちょっとお釣りくらい。このくらいなら出せるかなと。ノートPCが手に入ると考えても。

続きを読む "ASUS TransBookを買いました"

| | コメント (0)

2016/08/22

iiyamaモニター GE-2488HS-B1

今まで自宅PCのモニターは7年前に購入したiiyamaのProLite E2209HDS-Bというのを愛用してきました。21.5インチモニターになります。
世間ではオトコが衰えていく順番を俗に「歯・目・魔羅」というそうで、その法則に従い、歯の調子も悪く、目の方もだいぶ霞んできました。(最後のは女っ気のないチョンガーのわたくしにはよくわかりませんがw)
んで、21.5インチモニターがだいぶ苦しくなってきました。最近はWindowsについてる「拡大鏡」って機能を多用してました。で、そろそろ大きいモニターに買い替えないとなぁと。

24インチクラスにするか27インチに行っちゃうか悩んでいたのだけど。27インチのほうがよさそうだけど、大きすぎてもてあましちゃいそうな気もして。最近はPCパーツもネット通販で済ますことが多いのですが(先代のProLite E2209HDS-Bも通販でした)、お店に見に行くことにしました。

24インチクラスと27インチクラスを見比べて、う~んう~んと悩んでいたのですが、ふと気がつくと面白そうなモニターを見つけて、物はためしと買ってみました。
iiyamaのProLite GE-2488HS-B1というモニターです。AMDのモニターとの連携機能の規格、FreeSyncというのに対応してるということで。
お値段は2万円でお釣りが千円と少々。先代のProLiteが2万円少々で「ずいぶん安くなったなぁ」という感想でしたが。さらに安くなって驚きです。

続きを読む "iiyamaモニター GE-2488HS-B1"

| | コメント (0)

2016/08/02

トルク(SKT-01)とモバイルバッテリー

去年ディスカウントで買った京セラのMILスペックスマートフォン・トルク(SKT-01)、楽しく使ってます。デュアルコア機でもっさりだし、ポケモンGOもインストールできないのはちょっとがっかりだけど(笑)。
使っていてそう大きな文句はないのですが、ただひとつ気になる部分がありました。それはモバイルバッテリーとの相性です。モバイルバッテリーを使うと充電が途中で終わってしまいます。いま持ってるモバイルバッテリーはSONYのCP-A2LASとCP-F2Lという2種類なのだけど。両方で充電がその途中で終わってしまうという現象が起きます。

なんでかなぁとつらつら考えて、ひとつの推論ですが。トルク側が時々充電を止めるのではと考えました。トルクは耐衝撃性のために筐体が硬質ウレタンという熱を通しにくそうな素材で覆われています。だから、過熱を防ぐために時々充電を止めるのではと。(CPUもクワッドコアが普通の世代なのに、デュアルコアなのも過熱対策が理由かもしれないです)
で、トルク側が充電を止めたさい、バッテリー側には充電完了ととられて、バッテリーの給電が止まるんじゃないかと。そう推測してみました。

その推論で考えるなら、トルク側が受電を止めてもモバイルバッテリーが給電を止めない程度の電流さえ流れていれば最後まで充電できるのではないかと。さいわいにしてどちらのバッテリーにも2つUSBコネクタがついてますから、もう一方に給電が止まらない程度に電気を流す部品、例えば抵抗器でも繋げば給電が途切れることはないのではないかと。そう考えました。
百均あたりで安いUSBケーブルを買って、それに抵抗器とか豆電球とか、少し電気を食うものをつけたダミーロードを自作してみようかなと思っていたのだけど。まだ手を動かしてはいませんでした。

続きを読む "トルク(SKT-01)とモバイルバッテリー"

| | コメント (0)

2016/07/13

AMD FX-8350を買いました

さて、春先のビデオカード故障騒動をきっかけに、ビデオカード交換、Windows10(64bit)導入、SSD導入、マザーボード交換と、パソコンがほぼ改まったのですが。最後のひとくぎりとしてCPUの交換をやりました。

今まで使っていたCPUはAMDのPhenomⅡX4 945です。6年ぐらい前に買った品。3.0Ghzの4コア品。
今回買ったのは同じくAMDのFX-8350です。定格4.0GhzでTurbo Coreモードで4.1Ghzの8コア品だそうです。お値段は2万と少々でした。このくらいが出せる限度かなと。
昔のパソコンの師匠が、「マルチプロセッサは速くはならないが、遅くならない」って仰ってて、そう理解してます。しかし8コアもなんに使うのかなぁと思ったりもしますが。

ほんと近年のパソコンパーツ事情は疎くて。スペックをつらつら眺めても、定格クロックのほかに「Turbo Core」クロックなんてのも併記されています。なんじゃらほい?と思っておおざっぱに調べてみましたが。AMDのマルチコアCPUで、コアすべてに負荷がかかってない状態(コア数の半分まで?)のとき、クロックを定格より上げて処理速度を上げる機能みたいです。(そういう理解をしましたが、いいのかな?)

ゲームなんかはそうコア数はいらないとも聞きます。絶対的なクロック数が大事だと。たとえば今遊んでいるFallout4なら、4コアもあればじゅうぶんとか。だとすれば8コアのFXなら、負荷のかかるのは4コアまでなので、Turbo Core大活躍と思いますが。でも某記事だと切り替えのオーバヘッドで逆にゲームに不向きという主張もされていて。なんかほんとよくわかんないって感じ。

ま、よくわかんないので、Turbo Coreの上積みクロックの少ないFX-8350を選んだという部分もあります。CPUをぶん回すのはゲームのときぐらいなので、定格3.3Ghz、Turbo Core時4.3GhzのFX-8370Eのほうがいいかもとも思ったのですが。

続きを読む "AMD FX-8350を買いました"

| | コメント (0)

2016/06/15

AM3+マザーボードに交換

というわけでSATA2しかないところにSATA6GのSSDつけて、少しは早くなったと喜んでいたのですが。しかしやっぱりSSDほんらいのSATA6Gで動かしてみたいものだなぁと思いました。

いちばん簡単なのはSATA6Gカードの導入ですが。っていうか今まで使っていたASUSのマザーボード、M4A785TD-V EVO/U3S6にはSATA6GとUSB3.0のコンボカードがついてます。ついていましたが、購入当初使っていたアナログチューナーカードと相性があるらしく、これとアナログチューナーカードを同時使用するとチューナーカードが使えなくなるというトラブルが起きました。で、使わずにきたのだけど。
そして今は、PCI-Expressチューナーカード2枚挿しで、これを挿すスロットの余裕はありません。

で、まぁ、いっそのことマザーボードから変えようかなと。

買ってきたのはASRockの970A-G/3.1ってマザーボードです。SocketAM3+ですが、AM3+はAM3と下位互換性があるので、今のAM3のCPUが使えます。
選んだ理由は単純にスロット配置です。このマザーだと2スロット占有PCI-Express X16ビデオカード1枚とと、PCI-Expressに2枚チューナーカードを挿した状態でも、PCIとPCI-Expressが1スロットづつ空いてます。ま、今は特に挿したいカードはないのですが、何かあったときのためにあるといいかなと。ただ、もうひとつのPCI-Expressのスロットにカード刺すとビデオカードのファンを塞ぐかたちになりそうですが…。

お値段は1万とちょっと、このくらいなら出せます。今のAMDプラットフォームマザーだと、ハイエンドが2万弱、ローエンドが1万強って価格帯みたいですね。ただ、ローエンドといえど、970A-G/3.1は現時点AM3+最強のCPU、FX-9590が要求する220W(!)に耐えられる電源供給能力を持っているそうです。

先日やっとSSDを導入してその速さにおったまげたのですが、今はさらに早いM.2とかいうSATAポートを介さずに直接SSDをマザーに貼り付ける規格もあるそうで。970A-G/3.1はそれにも対応しているようです。ただし、PCI-ExpressのX16スロット形状のX4スロットと排他使用とか。まぁとうぶんはこれは使うことはないでしょうが。

あと、USB3.1にも対応しているようです。Cコネクタとかいうのもついてるそうですが。ほんと、ここらへんはよくわかりません。
面白いのはこういう最新インターフェースを導入しながら、PS/2ポートが2つついていて、PS/2のキーボードとマウス、両方使えるとこ。オンボードのピンヘッダですが、シリアルポートもあるみたいです。

近々、AMDはSocket AM4(でしたっけ?)という新プラットフォームを出すそうですが。AM4ではDDR4メモリもサポートするとか。ただ、金欠状態の今、それに移行するのもまだまだだいぶ先かなと思いますし。その新プラットフォームが出たせいでAM3+のプロセッサが安くなったら、そっちに移行するほうがいいかなという判断で。

ASRockのマザーボードは使ったことがあります。型番は失念しましたが、Socket Aのが最初に使った1枚。
そして思い出深いのは2枚目の939Dual-SATA2。AGPとPCI-Express両対応、Socket939マザーですが、後日リリース予定のCPUドータボードでSocket AM2にも対応するという、ちょう変態マザーです。今はどうかは知りませんが、このころのASRockはいろいろ変態マザーを出していたと記憶しています。CPUドータボードを買ってAM2化はしませんでしたが、AGPからPCI Expressへの移行はこのマザーのおかげで楽でした。

970A-G/3.1はIOパネルのところがプラスチックの箱型のパーツで覆われてるのが面白いですが。ここにIOパネルを取り付けてケースにつけるのかなと思いましたが、そうではないようで。このIOパネルのはめ込みってけっこうめんどくさいから、簡単になってるとありがたいです。
SATAコネクタがマザーの前のふちのところについていて、横向きに出るようになってます。
ボードとの干渉の可能性をできるだけ避けているレイアウトかと思いますが。ただ、ケースが小さいとケース内での取り回しがちょっと面倒になるかもしれません。つかやっぱり「男は黙ってフルタワー」だよなぁ…。

あと、KABUTOクーラーとの干渉はありませんでした。もう現行品ではないと思いますが。
レイアウトに関して思うところはこのくらいかな。

ま、久しぶりのマザー交換ですから、ちょっとジタバタしましたが、手を滑らせて部品を壊すこともなく、CPUがクーラーに張り付いたまま外れる(そしてピンが曲がる)「(・∀・)スッポン!」現象(これがいちばん怖かったです)も起こらず、無事に交換作業は終了しました。

ドキをムネムネさせながら起動です。

続きを読む "AM3+マザーボードに交換"

| | コメント (0)

2016/06/01

Fallout4、はじめました。

というわけでずっと気になっていたゲーム・Fallout4、動くパソコンが用意できたので始めてみました。Fallout4、Bethesda Softworksってところのゲームです。

初めて遊んだBethesdaのゲームは『The Elder Scrolls IV: Oblivion』でした。いわゆる「剣と魔法」の世界のお話です。ネットでOblivion面白いって話はよく見かけて、「でも、英語だしなぁ」って思ってて。でも、どうやら、日本語字幕化する方法があるらしいって知って。で、日本語字幕化して遊びました。(改変ファイルを作ってくれた有志の方々に感謝)。

広大なフィールド、「クエスト」システム、自由度の高さ、そういった魅力にとりつかれました。
それから豊富なMOD(改変ファイル)類ですね。ユーザーがゲームをさまざまにカスタマイズできて。日本語字幕が付けられたのも、そのカスタマイズ製の高さ故でしょうし。コンパニオン(旅の道連れ)ができるMODとか入れて、楽しく遊びました。

次に遊んだのが『The Elder Scrolls Ⅴ: Skyrim』でした。Obvilionと世界観を同じくする(純粋な続編ではありませんが)「剣と魔法の世界」のおはなし。こちらもPC版を(つかコンシューマーゲーム機は買えませぬ…)。こちらは日本語版が用意されていましたが、MOD類との相性から、英語版を日本語化するというひと手間がかかりましたが。これもMOD類を入れて楽しく遊びました。いっとう最初に入れたのは脱がしても下着は着けてる女性キャラが全裸になるMODでしたが…

そしてFallout4の前作になるFallout3は昨年末に買って。Falloutシリーズは「ポスト・アポカリプス」というジャンルの作品、核戦争後の世界を舞台にした作品です。Oblivionと同じく英語版を日本語字幕化して遊びました。Fallout4のプロモという意味もあったのでしょうが、セールスで700円弱で、お正月休みいっぱいとても楽しめました。Fallout3は日本語字幕化した以外は特にこれといったMODは導入しなかったのですが。

んで、次はFallout4が遊びたいなぁと思っていましたが。その時のPCでは動作条件を満たさず、少しづつ強化していっていつかは…、と思っていましたが、PCの故障から転がって思ったより早くFallout4が動くPCが整っちゃいました。でも、ま、Fallout4を買うのは、たっぷり時間が取れるお盆休みのころにしようと思っていたのですが。

Fallout4はSteamから買ったのですが、Steamは時々ゲームのディスカウントセールをやります。で、Fallout4が先日、お値段2/3というバーゲン価格になっていたので、飛びつくように買いました。

で、楽しく遊んでいます。ただほんと、Fallout4は大ボリュームなので、平日会社帰りにチョコチョコ遊ぶのはちょっと大変で、週末まとめてになっちゃいますけど。

まだまだ序盤だと思いますが、自分なりの感想を書いてみます。
以下、ストーリーに触れつつ書いていきますので、ネタバレ注意です。

続きを読む "Fallout4、はじめました。"

| | コメント (0)

2016/05/26

SSD、はじめました。

というわけで、パソコンゲーム・Fallout4が動くPCが用意でき、先日ちょうどFallout4がディスカウントになっていたので、Fallout4も購入しました。Fallout4は大ボリュームのゲームなので、平日の会社帰りで遊ぶのはちょっと時間が足りないのですが、少しづつ遊んで楽しんでます。

で、Fallout4のレビューをいくつか見ると、「SSD必携」という言葉がちらちらと見つかりました。私のPCはまだHDDオンリー構成だったのですが。
まぁ確かにロードとか待たされます。高解像度DLCを組み込んだSkyrimより少し長いくらい。
Windows10ユーザーに無償配布されてる『Forza Motorsport 6: Apex』のベータ版もロードが長いし、もう買わなきゃいけないかなと思ってちょっと奮発してSSDを導入してみることにしました。

でもやっぱりSSDってよくわからないし、あんまし信用しにくかったです。ストレージ系に馴れてない物を導入するのってはね。でもまぁここんとこ使いたい容量のが何とか手の届く価格帯まで降りてきて。物は試しかなと。

私は自分のPCにHDDを3つ入れてます。OSやアプリとかを入れるCドライブと、データ類を入れるDドライブ、それからPCで地デジ録画をするようになって、それ用にEドライブを導入しました。
データ用のドライブを分けたのは、いちばん自作に凝っていたころ、色々いじりすぎてWindowsがまともに動かなくなったら、Cドライブをさくっと初期化して、OSやアプリの再インストールができるようにです。

SSDの導入は、このCドライブの置き換えになります。

続きを読む "SSD、はじめました。"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧