2019/07/16

BD-Rドライブ交換

今まで使っていたBD-RドライブはLG電子のBH10NS30っていう品物でした。9年くらい前に買った品物。今まで使ってきた光学ドライとしてはかなり長持ちはしていました。これは私が煙草を吸わなくなったということも大きな理由ではないかと思うのですが。
ただ、やっぱり近年はちょっとガタがきていて。ディスクがうまく読み込めないなんて現象も起きてました。ま、そろそろ買い替えかなぁと。

このLGのドライブを買ったショップももう数年前に店仕舞いしてしまってます。光学ドライブも多く置いてあったショップだったんですが。
だから、今回はAmazonで買おうと思ってAmazonで適当に選んで買いました。
ただ、ほんともう、5インチのBD-Rドライブのラインナップもさみしくなってますな。LGも撤退したらしく見かけないし。

 
買って
ってみたのはこれ。PioneerのBDR-209BK/WS2という品物です。PCパーツとしては少し前の品物のようですが、そのぶん安かったですし。
Pioneerのドライブはいいって話を以前見たことがあって、それでPioneerにしました。

PCパーツのジャンルとしては「ソフトつきバルク」になります。

PCパーツってのは通常のパッケージ品のほかに、「バルク」と呼ばれる、パッケージされずに裸で流通してる品物もあります。今はどうなんだろ?昔はビデオカードのバルクとかよくあったけど、近年は見かけないようにも思うけど。もうPCパーツショップに足しげく通うこともないので、最近の事情はよく分からないのですが。
「ソフトつきバルク」ってのは、バルク品に何らかのソフトが添付されてる物で。こういう光学ドライブだとバルクにそのドライブ用のソフトの入ったCD-ROMが添付されています。DVDやBDの視聴ソフトとか、-Rメディアの焼きソフトとか。

今回、買おうと思ったいちばんの動機が、添付されてるのがCyberlinkのPowerDVD14って事でした。

続きを読む "BD-Rドライブ交換"

| | コメント (0)

2019/06/08

トランセンドのM.2SSD

  去年の夏にM.2のNVMeのSSDを導入しました。Intelの512ギガの品物です。
「512ギガもあればじゅうぶんだろう」と思って購入したのですが、近年のダウンロード販売のPCゲームは数十ギガのファイルサイズがあるのが普通にあって、いろいろ入れてると512ギガでは容量不足になってきました。で、それまで使っていたSATAのSSDを再登用して凌いでいたのですが、なんか片付かない気持ちがしていました。
そして最近、SSDの価格低下が著しいみたいです。去年512ギガを買ったのと同じくらいかそれ以下の値段で1テラのが買えてしまうみたい。
だったらもう1テラのM.2SSDにしようかなと思って買い換えてみました。

買ってみたのはTranscendの品物。TS1TMTE220Sという型番です。Transcendにしたのは今まで買ったことのないメーカーの品物で、ちょっと面白いかなと思って。

Transcendさんの製品はmicroSDをいくつか買ったことがあります。信頼できるブランドと思っています。私が買うCFやSD系の品物はTranscendさんかSandiskさんの品物が多いです。

TranscendさんのmicroSDはブリスターパックに入って売られてますが、M.2SSDもブリスターパックに入ってました。普通の箱入りよりかは開封されて何やかやされたのを掴まされる心配は少ないかと思います。
この品物も基盤にチップが載っただけの、ヒートシンクとかはついてない構造です。M.2SSDは発熱が問題ってよく聞きますが、前に使ってたIntelのも温度は30度後半くらいでそう発熱してるって感じではなかったのだけど。カリカリにチューニングされた品物でない限りはそう発熱は問題じゃないと思うのだけど,どうかしら?

さて、取り付けです。

続きを読む "トランセンドのM.2SSD"

| | コメント (0)

2019/05/20

地デジの道は茨道~9~GV-MVP/AZ導入記

私は、地デジしか見られない環境なのですが。地デジはパソコンで見てます。アイオーデータの製品、GV-MVP/XSとGV-MVP/XS3Wを使って4チャンネル受信可能な体制なのですが。
ソフトはGV-MVP/XS3W添付のmAgic TV Digital GTになります。mAgic TV Digitalシリーズは互換性がある以前の品物でも動くので、XSWも動きます。

そういう形で運用していたのだけど。このXS3W添付のmAgic TV Digital GTの「AACSキー」とやらの更新が2019年5月で終了するそうです。この期限が切れると録画のBD-R等への焼きが不可能になるとか。そして、その期限を延長するためには、後継機のGV-MVP/AZを購入してそれに添付されたmAgic TVの新バージョン、mAgic TV 10を使ってくれということです。(mAgic TV 10はその名の通りWindows10しかサポートしていません)

ソフトのバージョンアップもタダではできないだろうし、AACSキーの発行も有料かもしれないは思いますし、それは理解するのだけど。だったらソフトだけ有償アップデートにしてくれたらいいのにと思うのですが、ハードウェア屋さんの矜持なのでしょうか、ハードウェア込み出ないと提供できないみたいで。んなので、GV-MVP/AZを買うことにしました。Amazonで9千円少々でした。

AZはUSB接続の品物です。本体に添付してるのは接続用のmicroUSB-USBのケーブル、B-CASカードはクレジットカードサイズではなく、携帯電話の標準サイズSIMくらいの小さな物。カードリーダーが使えるクレジットカードサイズのほうがいろいろ応用が利くと思うのですが……w
アンテナコネクタは1つで、XSWシリーズのように地デジとBS・CSと分かれていません。

さて、インストール。導入環境は以下の通りです。

OS:Windows10(アップデートで常に最新版)
CPU:Ryzen 5 2600X
マザーボード:ASRock STEEL LEGEND B450
メモリ:16G

続きを読む "地デジの道は茨道~9~GV-MVP/AZ導入記"

| | コメント (0)

2019/05/03

Socket AM4へ

(ここにはベンチ結果とかは載ってません。ご容赦。)

PCは自分でパーツを組んだいわゆる「自作パソコン」を使ってます。私は昔の自作パソコン仲間に強くおススメされて以来、20年近くCPUはAMDオンリーです。んで今まではひとつ前のSocket AM3+という世代のを使ってたんですが、そろそろ最新のAMDのCPUソケット規格・AM4にしたいと思ってました。
しかしAM4にしたいとなるとCPU&マザーボード&メモリがセットで交換になり、ちょっとお金もかかります。んなのでどうしようかなぁと去年の今ごろからつらつら悩んでいたのですが。良くしたくもあるし、現状でもそう大きな不満もないし。
SocketAM4はこの夏ぐらいに新仕様になるみたいです。そちらももちろん興味がありますが、そのためか現状のパーツ価格もすこし落ちてきていて、このくらいなら出してもいいかなってぐらいになってきたので、思い切って更新することにしました。


買ってきたのはこれらのパーツ。CPUはAMD Ryzen 5 2600X、マザーボードはASRockのSTEEL LEGEND B450、そしてメモリは先日出たばかりのASRockをイメージしたというTEAMのTF8D416G3200HC16CDC01というのにしてみました。PC3200とかいう規格のメモリみたいです。
トータルでCPUとマザーのセット割もあったりして5万円でおつりが少し。去年の夏ごろに電卓を叩いてみたよりは1万円以上安くはなってます。ま、それでいいかなと。

CPUを2600Xにしたのはクロックが今まで使ってたSocket AM3+のFX-8350とだいたい同じクロックだから。やっぱり新しいCPUが前のよりクロックが下だとなんかつまんないですし。ただ、クロック当たりの処理能力は2600Xの方が8350よりはるかに高いそうです。
8350は8コアっていう話です。整数演算コア4コアと浮動小数点演算コアが4コアって構成でしたっけ(うろ覚え)。2600Xは物理コアが6コアで、ハイパースレッディング採用で12スレッド対応だそうです。昔はIntelの独壇場でAMDerは口惜しく思ってたハイパースレッディングもAMDにも来ましたな。

マザーはASRock。これはAM3+で使っていたのも同じASRockの970A-G/3.1だったので、同じメーカーでいいかなと。ASRockのマザーはSocket Aのころからたまに使ってますし。

このCPUとマザーとメモリ、ぜんぶ「光る」そうです。光るパーツが自作パソコンの世界に流行りだしたのは何年ぐらい前なんだろう。私はよくわからないのですが、近年は光るパーツおお流行りみたいです。

さて、組み立てです。

続きを読む "Socket AM4へ"

| | コメント (0)

2019/04/08

SoundPEATS TrueFree+イヤホンを買ってみました

  • Bluetoothのイヤホンを今まで何個か使ってます。

今まで使ってきたのは右耳と左耳がケーブルでつながったタイプ。ただ、やっぱり最近、このケーブルがカバンのショルダーストラップなんかに絡むので邪魔臭くなってきました。
左右セパレートタイプのイヤホンも、最近いろいろ見かけます。私もそのタイプにしようかなと思いつつ、そういうのって何かの拍子に外れてなくしちゃうんじゃないかと思って、手を出すのもためらわれていたのですが。ただやっぱりカバンにケーブルが引っかかるのも不快になってきて、そのタイプをひとつ試してみようと思いました。

SoundPEATSのTrueFree+という品物を買ってみようかと思いました。Amazonで4,000円弱といったところです。このセパレートタイプのBluetoothイヤホンとしては安価な価格帯のようです。
SoundPEATSの製品はいくつか使ってきました。「信頼のブランド」ではありませんが。だいたい最初に買ったSoundPEATSのイヤホンは外装パーツのはめ合わせが外れてバラバラになってしまったし。「信頼のブランド」ではないけど、そこそこの品質の品物をそこそこの値段で出してるメーカーと認識しています。
ま、ほんと、懐具合が良ければ一桁ぐらいお値段が上のハイエンド品が欲しいものですけれど……

Amazonの商品解説に「35時間連続再生」とあって「あれれ?」と思いました。今まで使っていたBluetoothイヤホンは再生時間は数時間程度です。それよりはバッテリー容量が多いとは思えないこの品物でいきなり35時間連続再生って何か劇的なバッテリー大容量化技術かちょう低消費電力化技術が使われてるのかなって?どもそんなのあるのかな?って少々疑問に思いました。

この品物についてざっとネットで調べると、どうやらこのイヤホンはイヤホンケースもバッテリーを内蔵していて、その容量込みでの連続再生時間が35時間みたいです。その話で逆に安心して買ってみることにしてみました。(それでも「連続再生時間」とうたうのはちょっと間違ってると思いますが)
尚、イヤホン単体での連続再生時間は4時間程度だそうです。ま、4時間なら、通勤用と考えたら十分であると思います。片道4時間以上通勤にかかるなんて事はまずありえないでしょう。

続きを読む "SoundPEATS TrueFree+イヤホンを買ってみました"

| | コメント (0)

2019/03/07

「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」

パソコンのモニターはiiyamaのGE2488HS-B2ってのを愛用しています。24インチモニタなんだけど。

特に文句はないのですが。ただ、モニターの前に座ってゲームをしている時と、寝転がってアニメとか見てるときと、かなりモニターを眺めるアングルが違うので、見え方が変わるのにちょっと困ってました。IPS液晶じゃなくてTFTですし。

GE2488HS-B2の角度調整機構はしょぼいです。上下に少し首を振れるくらい。もちょっといろいろ動いて、可動域が広いといいなと思っていました。
で、GE2488HS-B2はもちろん液晶モニターとしてVESAマウントに対応しています。モニターアームとかスタンドをつけるための標準規格。小型PCもつけて、モニター一体にできるようです。物理的にはモニターの背面に開けられた4つのネジ穴なんですが。
なので、VESAマウント対応のモニタースタンドを別買いしようかなと。

買ってみたのは「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」って品物です。Amazonには「Amazonベーシック」っていうプライベートブランド的な商品群があるとは知っていましたが、モニタースタンドまで網羅してるというのは驚きでした。
仕様的にはモニターの上下首振り、上下移動、左右首振り(これは土台ごと)、回転(縦画面にできます)をサポートしています。

お値段は3千円半ば。コンビニ配送には対応できないサイズだそうなので、配送はちょっと面倒でしたが、発注して無事受領。

続きを読む "「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」"

| | コメント (0)

2019/02/19

Kindle Fire HD10を買いました

おととしの秋にHUAWEI MediaPad M3というAndroidタブレットを買いました。8インチ(正確には8.4インチ)のタブレットです。
これを買うときに8インチにしようか10インチにしようかずいぶん悩んだんだけど、けっきょく持ち歩きに便利かなと思って8インチにしました。

とりあえず不満はありません。通勤電車の車中でも比較的取り回しやすいし、カバンじゃなくてポケットに収まるぎりぎりのサイズですし。愛用してきました。
ただ、ひとつだけ不満があって。それは、Kindleでコミックを読む時にちょっと字が小さいという問題でした。そこは10インチ以上のが欲しいなと。

たまに価格サイトや量販店の店頭で10インチ機をためつすがめつしたりもしましたが、新しく買うほどでもないとも思いつつ、でしたが。
去年の暮にAmazonのバーゲンでKindle Fire HD 10が1万円を切る価格で売られているのを見かけて、そのくらいならいいかなとポチってみました。

190219

HUAWEI MediaPad M3との大きさ比較。ふた廻りほど大きいですな。
筐体はプラ製でそう高級感はないですが、値段なりと考えればじゅうぶんです。

続きを読む "Kindle Fire HD10を買いました"

| | コメント (0)

2019/02/16

SAPPHIRE RADEON RX 580を買いました

(ここにはベンチ結果とかは載ってません。ご注意。)

私はパソコンはAMD派なんですが。CPUはもちろん、ビデオカードもAMDです。ま、ビデオカードはAMDというよりATIと呼びたいのですが。
ビデオカードはそれまでAMDのRADEON R9 380の載った奴を使ってました。使っていて特に不満ははなかったのですが。

ただ、昨年の晩秋ぐらいから動画が崩れるようになりました。

190216_1

こんな感じです。再起動させるとしばらくは崩れないんですが、しばらくたつと崩れるって症状。
ドライバの問題かなと思ってトラブルが起きる前の正常に動いていたころの古めのドライバを入れてみたのですが、症状は変わらず。ドライバを巻き戻しても治らないって事はビデオカードが壊れたのかなぁと思いました。

ただ、このR9 380のビデオカード、使い始めてから2年半ちょっとしか使っていません。オーバークロックもちょっと試したりはしましたけど、常用はしていませんでした。それで壊れるのはちょっと困るなぁと思ったのですが。

ま、いかんともしがたく、ビデオカード交換しようかなと思いました。

続きを読む "SAPPHIRE RADEON RX 580を買いました"

| | コメント (0)

2018/08/20

M.2 SSDにしてみました

おととし、久しぶりに自分のPCを大きく組み替えたのだけど。マザーボードはASRockの970A-G/3.1というのにしました。で、マザーボードを眺めてると見たことがないコネクタを見つけて、これなんだろ?と思ってマニュアルを見てみるとM.2というもののコネクタのようです。

ざっくりと調べた限りでは、M.2は規格的にはいろんなデバイスで使えるコネクタのようですが。自作パソコン的にはほぼストレージの接続に使われてるようです。で、ストレージとしての接続はSATA3モードでの接続とPCI Express上のAHCIデバイスとしての接続、そしてPCI Express経由のNVM Express(NVMe)モードでの接続ができるようです。

このNVMeモードでの接続がめちゃ速いそうです。

さて、その前回のPCの大規模組み換え時、CドライブもSSDにしてみました(あと、大容量ストレージとしてHDDも他に2台入ってます)。
で、以前はCドライブは500Gくらいのを載せていたのですが。それまでの使用状況を見る限り、半分も使ってないので、そのくらいあればいいかなと思って、SSDはIntelの540sシリーズの容量360GBタイプ、SSDSC2KW360H6X1にしてみました。

Intelにしたのは私がAMDファンで、CPUやビデオカードはAMDなので、ひとつだけIntel製品を入れてみるのもシャレっ気があっていいかなと思ったのが理由です。もちろん超メジャーメーカーのブランドだから安心して使えるだろうって部分もありましたが。

私はパソコンゲームを遊ぶのですが。Steamの会員になってます。それまではパソゲーというとそう大した数はなくて、たまに買うぐらいのものだったのですが。しかしSteamを導入してほんとたくさんのパソゲーを買うようになりました。Steamは時々大バーゲンをやって、このチャンスに買わなくちゃと思って買うことも多いです。そしてかなり積みゲーにしちゃうのですが。

で、今のゲームだと下手するとインストールサイズが数十ギガになったりするのもあります。んで気がつくと360GのHDDの8割がたはふさがってしまいました。

Steamのクライアントはよくできていて、インストールするディスクの移動やアーカイブ化も簡単にできます。だから、普段は遊ばないゲーム、積みゲーになってるゲームは容量に余裕のあるHDDに移動させておきゃいいのですが。でもそれもなんかめんどくさいし。

で、その爆速というMVMe接続のM.2ストレージを入れてみようかなと。

続きを読む "M.2 SSDにしてみました"

| | コメント (0)

2018/04/12

JBL T110BTを買いました

今、スマホ+Bluetoothイヤホンって組み合わせでよく音楽を聴いています。
今愛用しているBluetoothイヤホンは左右のイヤホンがケーブルで繋がってるタイプ。なにしろ軽便でいいです。Amazonだと2~3千円ぐらいからあって、安価なのもいいと思っています。安物買いの銭失いかもしれませんが。

ただ、安いせいか、3年ぐらいで買い換えるのは3個目で、その3個目も壊しちゃいました。
初代の奴はハウジングがばらけて壊れましたが、2個目と3個目はパーツが脱落して紛失してしまいました。
今まで使ってきた中国製のBluetoothイヤホン、耳の内側に引っ掛けて固定の補助になるパーツがついているのですが。このパーツの脱落が多いです。乱暴にカバンやポケットに出し入れしているとなんかの拍子で外れ、紛失してしまうことが多いです。瞬間接着剤で固定してみたこともありますが、それも知らないうちにはがれて脱落したり。
ま、安物だししょうがないな、ダメになったら買い換えたらいいや、ぐらいのスタンスでいました。

で、3個目も使えなくなって。こんどはどれにしようかって考えてたら、国内ブランドのJBL製の奴が目に入って、3千円ちょっとみたいなので買ってみました。

続きを読む "JBL T110BTを買いました"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧