2017/05/08

2017年の寺山修司忌とイメージフォーラムフェスティバル

170508

今年も5月4日の寺山修司の御命日に、高尾霊園の寺山修司のお墓と3年前の4月末に亡くなられた九條今日子さんのお墓にお参りしてきました。
寺山修司忌はお天気のいいことが多いのですが、今年もいいお天気でした。暑いくらいの陽気。だいたい毎年、上着を着ていこうかどうしようか迷って、着ていって、そして現地で汗まみれになって着てきたのを後悔するパターンですな。

先日、萩原朔美さんのトークショーで教わった、「定点観測」ということ。十数年寺山修司忌にお参りしているので、いくつかの変化もまた、気がつきます。

高尾駅のツバメが激減しているように見られます。昔はツバメの鳴き声がうるさいぐらいでしたが。今はたまにちょぼちょぼくらい。ツバメの餌やりはいくら見ても見飽きないのですが、それももう目にすることもありません。ツバメの越冬場所は中国南部なのでしょうか。いまは中国も経済大躍進で乱開発されて、ツバメの居場所はどんどん減っているのでしょうか。それとも地球温暖化でツバメの子育てシーズンがずれ込んでいるのかしら。

高尾霊園入り口には休憩所があって、いつもそこでひと休みするのですが。ふと気がつくと、時節柄か、喫煙室がなくなって更衣室になってました。(屋外の喫煙コーナーはまだあります)
あの喫煙室で九條さんが煙草をのんでいらした様子、まだ憶えています。そして私も煙草をのまなくなってしまって…。

高尾霊園の食堂(安下処というそうです)でお昼ご飯を食べて帰宅。

続きを読む "2017年の寺山修司忌とイメージフォーラムフェスティバル"

| | コメント (0)

2017/05/01

「萩原朔美作品集」@イメージフォーラムフェスティバル

ゴールデンウィークが始まり、そして例年のように実験映画の祭典「イメージフォーラムフェスティバル」も始まりました。もう昔みたいにフリーパス券を買って全プログラム制覇!なんて気力はありませんが、ぼちぼち見ていこうかなと。んで、今回楽しみだったのは、萩原朔美さんの特集プログラムがあったこと。

萩原朔美さんの作品を拝見するきっかけになったのは、もう解散してしまったけど、ある会の仲間だった、かわなかのぶひろ先生の「映像書簡」シリーズでした。「映像書簡」というのはかわなか先生と萩原朔美さんの映像を使った文通シリーズです。この影響を受けたのが寺山修司と谷川俊太郎との『ビデオレター」シリーズであったそうです。

私は寺山修司ファンなのですが、のちに萩原朔美さんもまた寺山修司に縁の深い方と知って。朔美さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井桟敷の初期に最初は美少年役として入団し、のちに演出をお勤めになったとか。のちにそのころを語った作品『思い出のなかの寺山修司』も拝読しました。

そういうことで、萩原朔美さん関係のイベントもたまに行くようになりました。展覧会とか朗読劇とか上映会とか。そして今回イメージフォーラムフェスティバルで特集上映があると知って、いそいそと出かけることにしました。

今回の萩原朔美作品集はイメージフォーラム3階のスペースでありました。全4プログラム。X1~X4まで。こんなにたくさんいっぺんに朔美さんの映像作品を拝見する機会は初めてです。

続きを読む "「萩原朔美作品集」@イメージフォーラムフェスティバル"

| | コメント (0)

2017/03/27

イメージフォーラム映像研究所第40期卒業制作展

この前の土曜日はイメージフォーラム映像研究所第40期卒業制作展を見てきました。
イメージフォーラム映像研究所も40期。つい先だって30期と思ったのに、この歳になると時間の流れるのはあっという間ですな。

初めてイメージフォーラムの卒展に行ったのはいつかしら。もうだいぶ前、四谷三丁目時代からです。
あのころ、ある会に入っていて、イメージフォーラムの かわなかのぶひろ先生も会の仲間でした。その会の全国大会でカメラを回していらっしゃいました。
ある日、会の仲間が集まる新宿ゴールデン街の酒場で、イメージフォーラムでの、かわなか先生の作品の上映会の案内のチラシが置かれてました。かわなか先生にはお世話になってますし、どれどれと思って見に行くことにしました。

正直言って、どうせ退屈すると思ってました。実験映画とかよくわからないし。ほんと、お付き合いと思ってました。
でも、それは裏切られました。面白く拝見しました。そしてそれがとても不思議でした。はらはらドキドキのストーリーでもなく、スペクタクルでもなく、美男美女が出るわけでもなく。日常的に感じられる風景を構成した作品でしたが、それでもなんだか見飽きることがなく、見てました。

たぶん、モンタージュの「呼吸」とでもいったものが絶妙なのでしょう。もちろんその「呼吸」は一般的な劇映画なんかでも存在するでしょうし、劇映画でも、それが面白くなるかならないかに大きく影響してくるのでしょうが。ただ、劇映画では他の要素も大きく関わってくるでしょうし、それがあまり表立ってはこないのでしょうが。

ま、という方向で、実験映画の世界をもっと見たいなと思って、それからイメージフォーラムに通うようになりました。
今の渋谷のイメージフォーラムはミニシアターの部分が大きいですが、四谷三丁目時代のイメージフォーラムは、映像作家を教える映像研究所、そしてダゲレオ出版、そして週末には実験映画の上映会を開催していました。

あのころは毎週のように実験映画の上映会に足しげく通い、その流れで映像研究所の卒展も拝見するようになりました。卒展に行くのはたぶんもう20年は超えてると思います。
もちろん全部見てたわけじゃありませんし、見に行かなかった年もあると思います。だいたい昔はgとかhとかiプログラムまであって、全部見ようとするのは大変でしたし、挫折することも多かったです。

ま、そうやってきたのですが。最近、萩原朔美さんの作品展やトークショーに行って、朔美さんのおっしゃる「定点観測」の世界に興味を持ちました。私の中で、図らずも、ここまで来て、イメフォの卒展は自分にとっての「定点観測」のネタになったなぁと。やっぱり時代によっての違いとか少しは見えたりしてます。

ただやっぱり映像についてもきちんと勉強はしてなかったので、それについて語ることは拙いですが。
そういった方向で今年も卒展の感想を書いてみます。

お気に触ったらごめんなさい。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所第40期卒業制作展"

| | コメント (0)

2017/02/27

東京工芸大学アニメーションコース卒展2017

昨日は中野坂上の東京工芸大学さんで「東京工芸大学 芸術学部卒業・大学院修了制作展2017」のアニメーションコースの作品を拝見してきました。最終日になります。

初めて東京工芸大卒展のアニメーション作品を拝見したのは、おととし秋葉原のUDXで開催された卒展ででした。その時は別の用事で秋葉原に行ってたのですが、ツイッターで卒展の話題を目にしたのを思い出して、あ、そういえばやってるんだって覗いて、アニメーション作品の上映があるのを見かけて。私は映像作品が好きなので、どんなもんだろうと見たのが最初です。

正直言って、それほど面白くはないだろうと見くびってました。ごめんなさい。とても面白く拝見しました。で、去年もUDXで卒展のアニメーションを面白く拝見しました。そして、今年は中野坂上の本学での卒展ということで本学にお伺いしました。

といっても最初から最後まで全作品を拝見はしていないのですが。洗濯を済ませて、お昼をちょっと回ったころに出発。中野坂上駅にまで卒展のポスターがずらりと貼られてあって圧巻!でした。
工芸大さんの学食でお昼ごはん。勤務先の仕事関係であちこちの大学に行ってたころがあったのですが、学食に潜り込んでお昼ごはんを食べるのが楽しみでした。今はいちばん高い定食をなんのためらいもなくさくっと食べられますし(笑)。学食の定食ぐらいなら(苦笑)。

工芸大の食堂はやっぱりおしゃれでした。私の大学時代のリノリウムの床、デコラ張りのテーブル、あのプラスチックの椅子よりはるかに。テラスのアルミニウムの椅子はちょっと欲しかったです。
テーブル席がいくつかちょっと高い台の上にしつらえてあるのが面白かったです。あそこが定位置のグループとかあるのかしら。それもまた「アーティスト」的な感じがします。

んで、上映会場へ。そこも小奇麗なちょっとしたミニシアターって感じのホールでした。

続きを読む "東京工芸大学アニメーションコース卒展2017"

| | コメント (0)

2016/09/10

寺山映画の廉価版DVD

寺山修司ファンのわたくしでありますが。ま、例によって例のごとく、Amazonで寺山関係の新しいの何か出てないかなと検索してました。

そうしたら、寺山修司監督作『田園に死す』『書を捨てよ町へ出よう』『さらば箱舟』の3作が、DVD版でありますが、お安くなっているのを見つけました。
キングが邦画のディスカウントキャンペーン「新・死ぬまでにこれは観ろ!」ってのをやっていて、その中になんと寺山映画が3本も入ったみたいです。(キャンペーンはいつまでかは分からないのだけど)

ずっと欲しいと思っていた3本がトータルで5千円くらいで手に入るチャンス。もちろんニコニコとオーダーしました。
ま、できたらブルーレイで欲しかったけど。ちょうどその3本が入ったBOX版もあるけれど、そちらは1万2千円弱とちょっと手を出しかねていたので。(貧乏性ですわね)

もちろん3本とも寺山修司関連のイベントや上映会で観たことがあります。
いちばん何度も見ていちばん思い出深いのは『田園に死す』です。いっとう最近に見た上映会ではなんと!ご出演であり、寺山修司の劇団・演劇実験室◎天井淺敷のメンバーでもいらした新高けい子さん、蘭妖子さんがゲストにいらしてのちょうゼータクな上映会でした。

続きを読む "寺山映画の廉価版DVD"

| | コメント (0)

2016/08/13

映画『シン・ゴジラ』

『シン・ゴジラ』を観てきました。観ようかなと思っていましたが。大ヒットしてるそうで、私は混雑は苦手なので、もうちょっとして映画館が空いたころに観に行こうかと思っていたのですが。ただ、ツイッターのタイムラインでも言及がぼちぼち見られ、ネタバレも少々怖くなってきたし、もう早いとこ観とこうかなと思って重い腰を上げました。

前日にネット予約したのですが、もうまともに席も残ってないだろうと思ったら、けっこう空いててありがたかったです。コミケ効果かしら?
しかしまぁ、「映画ってのは思い立った時にふらっと観に行って、席も好きなところ座って観るものじゃなきゃヤダ」ってずっと思ってたのですが、席指定で予約ってシステムにもだいぶ慣れてきましたな(苦笑)

後のほうでネタバレを気にせず書いていきたいので、先に書きますが、とても面白かったです。おススメかと。観る人によって好悪が分かれる作品でもあるようですが。

『シン・ゴジラ』は庵野秀明監督作。もちろんエヴァンゲリオンシリーズの監督さんですが。
そういう意味で私の中でも課題的なものがあって、『シン・ゴジラ』もそういう部分からも「どうなってるのかなぁ」と思ってました。

もちろんエヴァゲリオンシリーズは大ヒット作品ですけど。そのヒットの原因は、もちろんお話の作り方、見せ方のうまさとか、ちりばめられた謎とか、そういう部分もあると思いますけど、オタクが抱えがちな「コンプレックス」を絶妙に痛痒く突いてくる部分も大きかったのではと思ってます。
それはオタクのような人たちが感じがちな「自分の居場所のなさ」なんじゃないかと。私はそう解釈してます。

それは「自意識過剰」のせいかもしれないけど、オタクはコミュニケーションが苦手で、自分を「はぶられ者」と思ってしまうことが多いと思います。世の中に自分の居場所がないと感じることが多いと思います。

「物語」はもちろん、そういった人たちに向けて作ったりする部分も大きいと思うのですが。
そういう「物語」の中でバトル要素があるもので、でそういう「自分の居所のなさ」を癒すストーリー展開の王道パターンが、主人公がある集団、あるいは誰かのために「戦う」ことで、自分の存在価値、そして居場所を見つけるというパターンではないかと。
テレビ版エヴァンゲリオンなら第拾九話『男の戦い』、新劇場版ヱヴァンゲリヲンなら『破』がその主人公が「自分には居場所がある」と自分を取り戻すために戦うクライマックスの回であったと思います。使徒にKamikaze攻撃をかけようとする綾波レイ、彼女の姿を見たシンジ君はレイを助けるために戦おうと決意する、と。私にも涙なくしては見られないシーンです。世間一般的な価値観、そして大義、「人類を救うため」には戦う気が起きなかったシンジ君も、レイを救うためには戦うことを選ぶ、と。

そして、ちょう御都合主義的にこのとき戦うシンジ君は「ブチ切れ無双」モードに入ります。
ほんとそれは「気合さえあれば竹やりでB-29を撃墜できる」と信じていた、かつての日本人の夢想の具現化でもあるのだろうけど。

しかし庵野監督の凄いところは、たぶんですけど、そういう、他者のために行動すること、何かのために戦うことによって「自分の『居場所』を見つ ける」展開を「こんなの嘘っぱちだ!」としてしまったことにあると思います。TV版エヴァなら第拾九話からの展開はそれからグデグデの極に向かい、新劇ヱ ヴァでは『破』で救われそうだったシンジ君の立場を『Q』でどんがらがっしゃんとちゃぶ台返ししてしまった。

私も心の底ではそういう「救済」を求めていながら、「嘘だ、(少なくとも)私にはありえない。これは私の『物語』ではない」と感じていたと思います。だからその展開に嫌悪を感じながら、目を離すことができなかった。その、目が離せなかった大きな原因は、「それが「嘘」と思うなら、ほかにどんな「救済」がありえるの?」って疑問に、庵野監督はなんらかの答えを提示してくれるかもという『期待』からでした。

でも前に書いたように、旧エヴァはその解答を出す試みに頓挫し、新劇もその解答を示してくれるはずのQ以降の続編にまったく音沙汰がありません。これを私は自分では『ポスト・エヴァ』問題ってこれかなぁと思い、つらつらと考えたりしてきたのですが。
だから『シン・ゴジラ』にその何らかの「答え」の一部でも見られるかなぁと。

さて、閑話休題。話を『シン・ゴジラ』に戻して。

あ、あと、私はゴジラシリーズは最初のと、あと小さいころの怪獣プロレスのころのゴジラを観てる程度。それからのリメイク版ゴジラとか、ハリウッド版ゴジラはほとんど知らないのだけど。もしそれ前提じゃないとわからない部分を勘違いして書いてたらごめんなさい。

(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "映画『シン・ゴジラ』"

| | コメント (0)

2016/05/07

イメージフォーラムフェスティバル2016Cプログラム

こちらも連休中のおはなし。

5月5日は渋谷のイメージフォーラムでイメージフォーラムフェスティバルCプログラムを観てきました。かわなかのぶひろ先生の新作、そして寺山修司モチーフという、ちょう楽しみなプログラムでした。

腰の痛む体を引きずりながらヨタヨタとイメージフォーラムへ。やっぱり移動速度も落ちてるのか、いつもの時間と思って移動したら、開演ぎりぎりの到着でした。何とか無事に席も残ってました。

この回は開演前にイメージフォーラムフェスティバルの授賞式がありました。で、各ノミネート作品のワンカットが上映されたのですが。あ、見たかったな、惜しい事したなって思いました。
またフリーパス券を買って全プログラム制覇!とかやってみたいものです。
ノミネートされた皆様、受賞された皆様、おめでとうございます。

そしていよいよ かわなかのぶひろ先生の新作です。タイトルは『断章-寺山修司を揺り起こせ』だそうです。漢字二文字はディック・フランシスかよっ!、命令口調はクライブ・カッスラーかよっ!と思わず突っ込みを入れそうになりましたが…。90分、たっぷりの作品です。(でももっとたくさん見たかった!)

続きを読む "イメージフォーラムフェスティバル2016Cプログラム"

| | コメント (0)

2016/05/02

イメージフォーラムフェスティバル2016Hプログラム

昨日は渋谷のシアター・イメージフォーラムでイメージフォーラムフェスティバル2016のHプログラムを見てきました。萩原朔美さんの作品がお目当てでした。

毎年ゴールデンウィーク期間中に開催されている映像作品・実験映画の祭典、イメージフォーラムフェスティバル、今年は会場を例年の新宿パークタワーホールからシアターイメージフォーラムに移しての開催でした。
どんな按配かなぁ、混雑するかなぁと思いながら、腰の痛む体を引きずって渋谷へ。

会場はそう混んではいませんでした。ただやっぱりロビー的な場所があまりないのは雨の日とか大変かなぁと思いますが…。

Hプログラムは
Music as Film(七里 圭/デジタル/54分/2016)
生ヒルム裏(奥山順一/16ミリ/11分/2016)
左からやってくるもの(萩原朔美/デジタル/20分/2016)
ブロータースへの偽証(中島 崇/デジタル/3分/2015)
母よ、アニメを見よう(阿部 舜/デジタル/11分/2015)
の5作品でした。

続きを読む "イメージフォーラムフェスティバル2016Hプログラム"

| | コメント (0)

2016/03/22

イメージフォーラム映像研究所2015年度卒業制作展

先週末はイメージフォーラム映像研究所2015年度(第39期)卒業制作展に行ってきました。
今回はA・B・C・Dの4プログラムでしたが、Dプログラムは時間が合わず、A・B・Cの3プログラムを見ました。

今年も簡単に感想を書いてみたいと思います。

いつも書いていますが、私は実験映画について専門的な教育を受けた者ではありません。
また、勘違い、ピントはずれのことも書いてしまうかと思います。お気に触ったらごめんなさい。

御寛恕であります。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2015年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2016/03/05

映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』

ユジク阿佐ヶ谷で『ムード・インディゴ うたかたの日々』という映画を見てきました。
先日読了して感想をここに書いた小説『日々の泡』(『うたかたの日々』)を2013年に映画化したフランス映画だそうです。
ブログではこの小説をdisりましたが、映画版を観に行くぐらいだから、ほんとは気にいってるのかな?

いや、本作の世界観、シュールというか、夢の中みたいというか、その不思議な世界観をどう映像化してるのかなぁって興味を持って、観てみることにしました。

ユジク阿佐ヶ谷は初めて行く映画館です。阿佐ヶ谷の商店街を抜けてビルの地下。
ロビーは1面が黒板になっていて、パフォーマーの方がライブペインティング(チョークだとドローイング?)してました。そういう場所のようです。映画館自体は50席くらいのこじんまりとした場所。ラピュタ阿佐ヶ谷系列になるのかな?とまれ、名画座がふたつもある阿佐ヶ谷は恵まれてますな。

続きを読む "映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧