2021/04/14

エヴァンゲリオンとわたくし

先日『シン・エヴァンゲリオン』を観てきました。
これで四半世紀ちょっと続いたエヴァンゲリオンもおしまいです。
ちょっと何か感想を書いてみたいと思います。ただ、私は謎ときや読むに堪えるエヴァ論を書けるスキルはないので、極私的思い出話と感想って方向で書いてみます。

つかこんな文章、誰が読むのかなってのを書きます。
何よりも自分の中の整理として。

(以下、ネタバレ注意です)

まず、エヴァとの出会いかな。
私が『新世紀エヴァンゲリオン』という作品を知ったのは、当時よく行ってた酒場の人からでした。その人のおススメはあたりが多くてあてにしていたのだけど。その方から『新世紀エヴァンゲリオン』というアニメが面白いって話を聞きました。本放送のときになるのかな。
それからレンタルビデオ屋に行って1巻だけ借りてみました。とても面白かったです。ただ、その後エヴァは超人気作品になって、レンタルビデオ屋でもずっと貸し出し中の札が下がったままで、なかなか見れませんでした。けっきょくエヴァをぜんぶ見れたのはだいぶ後、地上波再放送の時だったと思います。

それから旧劇場版を見て。新劇場版が始まった当初は、安直なリメイクと思って、私はそういうのは嫌いだから見ずにいたのですが。新劇の最初、『序』は旧テレビシリーズとあまり変わりないという話も聞いてましたし。
ただ、旧版と話が変わっていくという『破』は見に行きました。そして大感動しました。そして『Q』で愕然としました。そして今回『シン』を見たといいう流れです。

見たのはテレビ版、旧劇場版、新劇場版『破』『Q』『シン』ぐらいです。コミック版はKindleのバーゲンで揃えたのがありますが、まだ手はつけてません。ソフトは『破』のブルーレイは持ってます。
ま、ライトファンというところでしょうか。

続きを読む "エヴァンゲリオンとわたくし"

| | コメント (0)

2021/03/30

イメージフォーラム映像研究所2020年度(第44期)卒業制作展

という方向で、この週末はイメージフォーラム映像研究所2020年度卒業制作展に行ってきました。
今回は去年より作品数も増え、3プログラム19作品でした。
2017年度の卒展はとうとう2プログラムになって、しかも1プログラムはOBさんの作品という番組で、もう今どきは映像作家を目指す人も減ったのかなぁってちょっとさみしかったのですが。数が増えてきて嬉しい限りです。

今回はさすがに頭がオーバーフローしてしまったので、いくつかの作品についてだけ書きます。
ただ、映像作品について言葉で書くのは難しいです。書きようがないって事もあります。
ここらへんが劇映画なら「主人公がかっこよかった」「ストーリーがハラハラドキドキ」なんて書きようができるのですが、実験映画はそういう言葉で書きようがない部分も多いです。言い訳がましいですが、そこらへん、ご承知ください。

あと、勘違いとかあったらごめんなさい。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2020年度(第44期)卒業制作展"

| | コメント (0)

2021/03/28

『ガールズ&パンツァー最終章』第3話

『ガールズ&パンツァー最終章』第3話を封切り日に観てきました。
全6話の予定のガルパン最終章のちょうど半分ですな。
楽しんできました。

(以下、若干のネタバレをするかもしれません。ご注意)

あ、あと、配信版とかで見られるなら前作も確認しとくといいです。
私はだいぶ忘れてて勘違いしちゃいました。

続きを読む "『ガールズ&パンツァー最終章』第3話"

| | コメント (0)

2020/03/22

イメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展

この週末はイメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展を拝見してきました。
ここ数年は作品数の少なかったイメージフォーラム映像研究所の卒展ですが、今年はA~Hと全部で8プログラムもあります。
なにがあったのか事情は分からないのですが、とてもたくさんです。

今年も簡単な感想を書いてみます。ただ、ほんとわたしは、こういう映像作品の感想を書くほどのスキルは持ってない者ですけど。
見た順番に書いていきます。
なお、作品タイトル等はイメージフォーラムさんのサイトのものによります。変更された作品もあるみたいです。

Aプログラム
『Bael』(酒巻海成 / 8分 / 2020年)
音楽も良かったし、画作りも上手いと思います。スタイリッシュでした。

『Demenz』(白水浩 / 6分 / 2020年)
薄れゆく記憶をテーマにした作品、かしら。いや、まだお若いのに。あたしなんてひどいものですよぉ。にじみゆく映像。

『TSUKURIME』(Ayako Tejima / 11分 / 2020年)
自分の目の病気をモチーフにした作品。実は私も加齢と不摂生が原因で、目の具合がだいぶ悪くなってて。映像を見るのがちょっと苦痛で、だから今回の卒展も行こうかどうしようか悩んだのですが。でも、卒展に行って、この作品に出会えてよかったです。私もそうありたいと思います。
自身の目の病気をモチーフにした作品だと萩原朔美さんの『目の中の水』シリーズを思い出します。

目の病気で気づかされたことが一つあって、それは、「他の人の見えてる世界と私の見えてる世界は違う」ってこと。ちょっと考えたらわかるような事ですが。でもやっとそれを「理解」したような。

『30歳の旅』(Johan Chang / 55分 / 2020年)
作者さんが30歳を迎えるのを機に、作者さんの周りの人たちに30歳の頃はどうだったかって訊くインタビューとイメージ映像を組み合わせた作品です。作者さんは台湾の方らしく、インタビューの相手は台湾の方や日本の方のようです。まぁ、普通のサラリーマン的な人はいらっしゃらないようですが。

私は30歳のころ、どうだったかな?ぼんやりとサラリーマンをしていましたが。それは今も変わらないけど。

Gプログラム
『ASMRISM』’前田大介 / 10分 / 2020年)
靴フェチ作品、かなぁ。靴に細い紐を通してゴソゴソいう音をさせたり。

『動物園 I/Zoo Ⅰ』(立川清志楼 / 22分 / 2020年)
この方の作品は去年の卒展で『24minutes』という作品を拝見しています。動物園の檻の一角に向けられたまま、フィクストのカメラ。24分間、夕暮れの日が傾いている様子がかすかにわかるって作品です。
今回も動物園の檻をゆっくり移動していくショット。そこにいるであろう動物を写そうとせず、それと無関係に動いていくカメラの目線。
そしてラストは短く反復していく映像で妙な躍動感を出しています。

『TOKYO INCIDENTS』’坂本裕司 / 17分 / 2020年)
風景、しかし、音楽がINCIDENTS-何か起きそうな空気を醸し出していて。不思議な緊張感。

『Smoke』(ジョイス・ラム / 10分 / 2020年)
最初のシーンはBBQらしきものを楽しむ人々。じつはそれは「どんと焼き」の様子で。村の人々が協力して大きな山車を作り、それを曳いて行って火をつけます。どんと焼き。そしてそのどんと焼きの残り火でみんなで持ち寄った思い思いの食材を焼いて楽しむ、と。
楽しそうなお祭りで、そしてこの国にこういう風景があるのだなと感じいれさせてくれる作品でした。

Hプログラム
『意味をもつ前に』(寺島万智 / 8分 / 2020年)
もう世間一般的には8ミリ映画なんて消えてしまっていますが。イメージフォーラムの卒展では8ミリ作品が見られる事もあります。本作も8ミリ作品でした。フィルムとか現像とかどうしてるのかしら?と思うのですが。モノクローム作品です。
上映後のお話によると今回が初めての8ミリ作品だそうです。

『きりむすぶ』(花房慎也 / 90分 / 2020年)
作品紹介に「好きな人を10年間撮り続けました。そしてついに結婚しました」とあったのですが。作品を見てびっくり。以前の卒展でも作品を2本拝見した方です。

その2本では、惚れたあるアングラ劇団の女優さんがいて、彼女をモデルにして撮っていたと。でも、振られるのが怖くて告白はしなかったと。しかし結局は彼女には嫌がられてしまい、もうモデルもお断りになってしまっていると。そういうトホホな流れだったのですが。でも「ついに結婚しました」とあるので、結局はその方とうまく結婚できたのか?羨ましいなぁ、と思ったのですが。でも作品を拝見してるとそれは違うくて。

つかこういう人間関係、よくこなせるなと思いました。作者さんも、ご出演も皆さんも。これがほんとだったら。だったら私はそういう相手と友達付き合いできない、結婚もできない、逃げ出して独りでいるって思いました。孤独に耐える方がいいなぁって。

本作はその女優さんを撮り始めたころの映像が4:3で、それから16:9になって、そういうところにも時間の経過を感じさせます。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2019/10/21

『ジョーカー』を観てきました

映画『ジョーカー』を観てきました。あとのネタバレゾーンに行く前に書いときますが、面白かったです。

近年、アメコミの世界観をバックボーンにした映画がたくさん作られているようですね。私は良く知らない、それ以前にそう映画にも行くほうでもないのですが。映画としてはそういう「アメコミ映画」が一ジャンルをなしていて、ヒット作も多いようですが。
本作は『バットマン』の世界のバットマンの代表的敵役・『ジョーカー』の誕生にまつわるお話とか。ジョーカーに関しても数年前に観た『ダークナイト』でのジョーカーの姿しか知らないのですが。ただ、あのジョーカーは強烈で、だから今回のジョーカー誕生にまつわる映画も見てみようかと思った次第。

ほんと、面白く観ました。以下、ネタバレを気にせず思うように感想を書いていきますので、ネタバレご用心です。

↓ネタバレ注意

うん、先に言っておくと、私はジョーカーにかなりイレコんで観ていた部分もあります。そしてその「イレコミ」がとても危険であるとも同時に感じながら。そういうちょっと不安定な気分で本作を観ました。

『タクシードライバー』トリビュートの部分が興味深かったです。たぶん、『ジョーカー』が好きな人なら『タクシードライバー』も好きになるでしょう。私がそうだし(笑)。タクシードライバーのロバート・デ・ニーロ演じるトラヴィスもまたジョーカーのように孤独で狂気の世界に入り込んでしまった人物。

『タクシードライバー』トリビュートなのは、そのデ・ニーロが出演しているという部分。それから、劇中しばしばジョーカーは指鉄砲で自分を撃つしぐさをします。それは『タクシードライバー』のラスト、デ・ニーロがジョディ・フォスター演じる少女娼婦がいる娼館を襲撃し、そこにいる人たちを皆殺しにしたあとにやってきた警官に見せた、自分を指鉄砲で撃つしぐさへのオマージュかと思います。襲撃の最後、デ・ニーロは自分を銃で撃って自殺しようとするのですが、銃は弾を撃ちつくしていて、カチカチという音だけが響きます。たまにジョーカーが自分を空の銃で撃って見せるのもそのトリビュートかもしれません。

そしてクライマックス、ジョーカーがデ・ニーロを撃って、その撃った反対側からほとばしった血しぶきが壁に散るのも、デ・ニーロが最後の相手を射殺するシーンを下敷きにしてると思いました。(勘ぐりすぎかな?)
その『タクシードライバー』をオマージュしつつ、その主役のデ・ニーロを撃つというクライマックス。その演出意図はちょっとわからないんですが。孤独の中、狂気の世界に入っていく人物の物語として、『ジョーカー』は『タクシードライバー』を超える新しいスタンダードを目指したんじゃないかなとも思います。

『タクシードライバー』で、そのような殺人事件を起こしたトラヴィスは英雄として世間に迎えられます。それにリアリティがどれだけあるのかは分からないのだけど。欧米ではペドフィリアは日本以上に強烈なタブーだと聞きます。だから、警察に通報もせず、そのような一方的な殺戮を行ったトラヴィスは「英雄」になったのかな?そしてジョーカーも「英雄」になって、彼を讃える人々が暴動を起こしたし。

続きを読む "『ジョーカー』を観てきました"

| | コメント (0)

2019/06/27

『ガールズ&パンツァー最終章 第2話』

『ガールズ&パンツァー最終章 第2話』を観てきました。第1話から1年半ぶり、首を長くして待っていましたが、やっとです。

これからネタバレを気にせず書いていこうと思いますので、先に書いておきますが、とても面白かったです。小一時間の尺だとはとても思えないほど。濃厚でした。ただほんと1年半待たされたことを除けばとてもよかったです。

では感想というか、思ったことを断片的に書いていきます。

(以下ネタバレゾーンにつきご注意)

続きを読む "『ガールズ&パンツァー最終章 第2話』"

| | コメント (0)

2019/03/24

イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展

今週はイメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展に行ってきました。
簡単な感想を書いてみようと思います。
色々勘違いや頓珍漢なことも書いてしまうかもしれません、ご容赦です。
今回はA~Dプログラムの4プログラムでした。プログラム順じゃなくて、見た順番に書いていきます。

Cプログラム
HANAKO(エルサムニー・ソフィー/10分/2019)
作者さんは父親がカイロでサッカー選手を目指していたそうです。しかし負傷のため、その道を断たれ。
東京で働いている兄弟の元に行ったら、沖縄暮らしを勧められ、そこで作者さんの母親と出会い、結婚されたとか。
その負傷は幸運であったと父親が。まさに「塞翁が馬」です。
その沖縄の風景、カイロの風景、東京の風景。

外部的な何かを描くドキュメンタリーというより、内省的な独白という方向の作品でした。
演出もあるのでしょうが、カイロの騒音が耳に残りました。しょっちゅう鳴らされる途切れることのない車のクラクション、街の騒音。
カイロに暮らすって事は常にその喧騒の中にいる事なのかなと思いました。ちょっと大変だなと。

今夜のキス、行方不明(徐夢柯/6分/2019)
水彩画(風?)のアニメーション。水彩画の濁った色調。
唇だけが切り抜かれた写真のようで。
キスをしようとしたふたり、しかし唇が逃げ出して。

光屈性グラフィ(藤井あんな/20分/2019)
「日常」を過ごしている室内。しかし、そこを、「非日常」な視線がさまよう。そうするとそれが「実験映画」になる。
そういうことを気づかせてくれた作品でした。

ひとりぼっちのあいつ(田中慧/30分/2019)
映画をやりたいと思った作者さんはイメージフォーラムに通うと。そのいきさつが冒頭、ちょっと自虐的に語られます。
そして作品を作らなきゃいけなくなって、そういえばと幼馴染の引き篭もりの友人にカメラを向けます。
その引き篭もりの友人の部屋、私の部屋そっくりです。私も稼がなくてよいのなら即効引き篭もりになりたいのですが。
たとえ怒りでも、それを感じることは幸福であるという事ではないか?何も感情を抱かないことが不幸ではないか?
というような作者さんの人生観、気づかされました。そうなのかな、そうかもしれないなと。

Aプログラム
アンナ・ファルチのいる階段(伊澤夏男/10分/2019)
アンナ・ファルチというのはちょっと調べた限りではイタリアの女優さんだそうです。古びた洋館ぽい木造の建物の階段を主にした映像と女性の姿で「構成」された作品。解説によると壁のぼろ隠しに貼ってあったのがアンナ・フェルチのセクシーなポスターだったそうです。

どんぐり蝶(永井桃子/5分/2019)
切り絵風のアニメーション。おいしい木の生えてる森を食べつくした兎たち。その兎たちの一匹の感謝知らずの女の子兎。豊かさに耽る我々に対する寓話なんだろうなと。

空を見上げて(寺島万智/10分/2019)
こちらは空の風景を中心に構成された作品でした。ゆっくりと雲が流れていく様子。それを見ながら、雲が流れるのをのんびりと眺めることも最近めったにないなぁと思いました。

日本の姿 東京のお蛇さま(前田大介/60分/2019)
日本の水神信仰の紹介や神社や浮世絵の映像があって、レポーター役の方が登場して。よくある紀行番組の個人製作版が始まるのかなぁと思ったのですが。この「お蛇さま」ってのは実は高速道路網のことで。高速道路を蛇神さまとして、レポーター役の方とその案内役の方が高速道路や神社、そして水辺を巡ります。何やらお話はオカルトっぽくなって。ドラマっぽくなって。
高速道路を神さまとする。その虚構としての「世界観」の構築。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2018/11/05

やっとこさ『ひなぎく』

この週末は『ひなぎく』って映画を見てきました。1966年のチェコの映画です。
『ひなぎく』って映画の存在はずいぶん前から知っていたのですが、実際に見たのはたぶん初めて。

この映画を知ったのは、四谷三丁目時代のイメージフォーラムでした。今は渋谷のミニシアターのイメージフォーラム。昔は四谷三丁目の雑居ビルにあって、常設の映画の上映はやっておらず、週末だけ実験映画の上映会をやってました。それに通っていた時期が私にはあるのですが。
その上映コーナーの受付に『ひなぎく』のポスターが貼ってありました。あの、水着だか下着だか分からないけど、セパレーツを着たふたりの女の子が並んでぺたんと座ってる写真のポスターだったと思います。もう四半世紀以上前のことになるかしら。その女の子の様子、なんとなくは気にはなっていたのですが。

たぶん、イメージフォーラムにかかっていたこともありましたし、他でも見る機会はあったとは思うのですが。ただなんとなく見ないままで今日まで来てしまいました。
「女の子映画の傑作」なんて評判も目にして、「あ、あの映画か」とか思ったことはありましたが。

ンで、今回、某名画座にかかってるのを知って、ちょっと見てみようと重い腰を上げた次第です。四半世紀以上たってやっとこさ。

さすがにちょっとどきどき。

続きを読む "やっとこさ『ひなぎく』"

| | コメント (0)

2018/09/03

ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム

土曜日は渋谷のイメージフォーラム3階でちょっと遅めのイメージフォーラムフェスティバルNプログラムを見てきました。かわなかのぶひろ先生の特集回です。
本来なら東京でのイメージフォーラムフェスティバル期間中の8月5日の上映予定だったのですが。ただ当日は機材トラブルで上映中止になり、改めての上映となりました。

さて、当日のプログラムは
『これまでの経緯』(デジタル/60分)
『あれから、また、五年』(デジタル/25分)
の2本でした。

続きを読む "ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム"

| | コメント (0)

2018/06/08

映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム

6月2日から昨日の7日まで、渋谷のユーロスペースで「映画監督◎寺山修司2018」という特集上映をやっていました。寺山修司が監督した劇映画、実験映画。そして去年公開された寺山修司原作の映画『あゝ荒野』(前後篇)が上映されたようです。私としては未見の『あゝ荒野』が見たかったのですが、平日昼間の上映という事でそれは無理でした。で、『ローラ』の上映がある昨日の7時40分からのEプログラムを見てみました。この特集上映の最後のプログラムでもあります。

Eプログラムは「実験映画集1」として
『青少年のための映画入門』(1974年/モノクロ/3分)
『疱瘡譚』(1975年/カラー/31分)
『マルドロールの歌』(1977年/カラー/27分)
『ローラ』(1974年/カラー/9分)
『審判』(1975年/カラー/34分)
の5作品でした。すべてブルーレイ版での上映になります。

私が寺山修司と出会ったのは故郷での高校時代、演劇部の部室に転がっていた角川文庫の寺山の戯曲集でした。それでちょっと興味を惹かれ、角川文庫から出てた「さかさま」シリーズのエッセイを読むようになりました。それから夢中になって寺山修司の本を読みました。閉塞感を感じている毎日、そこに既存の価値観を軽やかにひっくり返す寺山の「さかさま」シリーズの語り口。それに夢中になりました。

そういうことで、寺山修司は私の中ではなによりも「エッセイスト」だったのですが。
寺山没後に私は上京して、渋谷だったと思いますが、寺山修司展で寺山の映像作品を見ました。その寺山修司展に上映コーナーがあり、そこで見ました。ただ、もう、何の作品がかかってたかも思い出せないのですが。

それから世紀の変わり目に寺山修司にふたたび傾倒し、たまに寺山修司の作品の上映も拝見しています。

後年も渋谷パルコで上映会があったそうで、私も渋谷で寺山修司の映像作品を拝見した記憶がありますから、たぶんそれじゃないかと。あとイメージフォーラムでも。イメージフォーラムは現在の渋谷より、四谷三丁目時代に見に行ったかな。あと、単発的なイベントでの上映とか、いろいろありました。

私の寺山修司の映画の経験はそんな感じです。
以下、簡単に感想など書いてみます。

続きを読む "映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧