2018/09/18

池内恵『シーア派とスンニ派』

『シーア派とスンニ派 【中東大混迷を解く】』(池内恵:著 新潮選書)
「『シーア派』と『スンニ派』」をはじめとする近年の中東情勢の流れの概観を紹介した本です。ちょっと前に読了。

中東情勢。産油地帯であり、日本はもちろん世界の生命線を握っている場所ではありますが。でも、そういう場所なのに、いや、そういう場所であるからか、しょっちゅうドンパチしているという印象もあります。

私の近現代の中東史の理解は…。まずイスラエルの建国があって、それに対立する中東諸国、そしてパレスチナ問題、PLOとかPFLP。そして日本赤軍。それからイランでイスラム革命があって、イスラム教をバックボーンとする反米国家が生まれて。それからイランとイラクの戦争とか湾岸戦争とかイラク戦争とか。民主化の流れがあって、でも、イスラム原理主義が勃興し、イスラム国とか言うのが人々を虐殺し、異教徒の遺跡を破壊して回っていて。それから『シーア派』とかいうのと『スンニ派』とかいうのがなんか宗教戦争みたいなのをやってて。なんかそういう断片的なイメージはあるのですが、それのつながりとかなんかはあまりよく解りません。

もちろん日本や世界の生命線な場所ですから、訳知り顔にそれを解説したい人もいるようで。つまり、「単純化して理解したつもりになる」って事かな?そういう動きもまぁあるっぽいですな。
そういう「単純化して理解」って手法の一つが本書にもある「マジックワード」化って奴なんだろうけど。そのその解りやすい「マジックワード」として立ち現れてるのが『シーア派』と『スンニ派』というキーワードで。「中東問題とはつまりシーア派とスンニ派の宗教戦争なんだよ」って言い方が近年はよくあるそうで。

そういうわけでたまには中東情勢の解説本でも読んでみようかと思って手を出してみました。
著者の池内恵氏は『イスラーム国の衝撃』(文春新書)を読んでます。それが面白かったので本書も手を出してみました。

本書の目次は

はじめに

第一章 中東問題は宗派対立なのか
1.決まりきった問いかけ
2.中東現代政治の「宗派対立」
3.レバノン-宗派対立の「元祖」
4.「アラブの春」と宗派対立
5.宗派の相違は「原因」か「結果」か
6.「宗派対立」概念への批判
7.宗派対立の虚実

第二章 シーア派とは何か
1.「宗派」と「宗教」
2.シーア派は「少数派」なのか?
3.シーア派は「異端」なのか?
4.シーア派の誕生
5.ムハンマド死後の政治権力-正当性と実効性
6.実効支配か血統か
7.アリーの血統への「あるべきだった権力継承」
8.歴史の肯定と否定・優越感と劣等感

第三章 それはイラン革命から始まった
1.イラン革命の衝撃
2.イラン革命の四つの要素
3.イスラーム革命の思想
4.革命の輸出と反発
5.一九七九年という年
6.「一九七九年以前のサウジ」?

第四章 イラク戦争が解き放った宗派対立
1.イラク戦争
2.「任務完了」果たせず
3.「同盟者としてのシーア派」
4.イラク新体制の設立と宗派問題の浮上
5.米国のイラク三分割論
6.「シーア派の弧」への警戒

第五章 レバノン-宗派主義体制のモデル
1.レバノンという国
2.ブッシュ再選に沸いた民主化勢力
3.聖ヴァレンタイン・デーの爆殺と「レバノン杉革命」
4.レバノン政治の複雑怪奇
5.二〇〇六年夏-レバノン戦争という転換点

第六章 「アラブの春」と「まだら状の秩序」
1.「アラブの春」がもたらしたもの
2.「まだら状の秩序」の時代
3.非国家主体の台頭
4.地域大国の台頭と「拒否権パワー」

あとがき

となっています。

続きを読む "池内恵『シーア派とスンニ派』"

| | コメント (0)

2018/09/12

『ヨコハマ買い出し紀行』

『ヨコハマ買い出し紀行』(芦奈野ひとし:著 講談社:刊 Kindle版 全14巻)読了。
コミックスです。
ここんとこ、まとまったボリュームの小説とかコミックスがとんと読めないメンタルコンディションなんですが、この夏は本書に出会い、面白く拝読できて、久しぶりに長い作品を読了できました。

本書の事はずいぶん前から気になっていたような気がします。もうだいぶ前に書店に平積みになっていたのを見て『ヨコハマ買い出し紀行』って面白い題名だなって思って見てた記憶があります。でもその時は、そのタイトル通り、横浜の(隠れた)名店を紹介するウンチク漫画みたいな物なんだろうなと思っていました。そういうのはあまり食指が動かないし。

ちょっと前にたまたま本書の内容を知る機会があって。自分の好きな世界観だなと思って、試しに買ってみました。それから面白いなって思って、気がついたら全巻買って読んでました。

舞台は関東地方の海沿いのどこか。ちょっとだけ未来のお話。優しく滅びつつある世界のお話。この「優しく滅びつつある世界」ってのが私にはとてもツボなのです。

確たる理由は明らかにされないのですが、衰退に向かっているらしき世界です。地球温暖化のせいかそれとも何か地殻変動のような現象のせいか、海面が上昇し、陸地がどんどん海に飲み込まれていっているようです。人口も減ってるのか、街はどんどん寂れていっているようです。

不思議なハイテクガジェットがいろいろあります。何十年も着陸せずに飛んでいるらしい飛行機、街灯は生きている素材でできてるようで、外部から動力を与えなくても自前で光るみたい。だから、廃墟と化したり水没した街でも街灯だけはともっていて、それもまた美しい景色のようです。
人の形をした植物のような鉱物のような存在。

そして、人間そっくりのロボットもいます。通常のSF用語なら「アンドロイド」と呼ぶべき存在なのでしょうが。本作では、あえてでしょうが、「ロボット」と呼んでいます。

そういうかつてはハイテクが進んだ世界であったようですが、それはどうも衰退しつつあり。作中の人々の生活レベルは昭和30~40年代くらいかな。そんな感じです。
その昭和30~40年代を感じさせる、ちょっと古い感じの軽トラックとかあります。ハイテク時代が衰退しての品物なら、そのハイテクデザインは残ってるとは思うのですが。

今の日本で言う県とかそのレベルの範囲が「国」と呼ばれる行政区分になってます。だとするとそれぞれに国会とか国レベルの行政機関があるのかなぁと思うのですが、それは描かれません。っていうか小国寡民?

続きを読む "『ヨコハマ買い出し紀行』"

| | コメント (0)

2018/06/20

『戦争は女の顔をしていない』

『戦争は女の顔をしていない』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ:著 三浦みどり:訳 岩波現代文庫)。読了。第2次世界大戦当時、侵略してきたドイツ軍と戦ったソ連の女性兵士(全員がそうではありませんが)の証言集です。

第2次世界大戦当時、ソ連の大勢の女性が戦線で戦ったという話は、ミリタリー本に書かれていたのをちらっと読んだことがあります。映画だと『戦争のはらわた』にソ連の女性兵士たちが出てきたかと。ただ、きちんとした戦記的なものを読んだ記憶はありません。
本書を読んでみたいと思ったのは何がきっかけだったかな?ネットをうろついていて何かを見かけて興味を惹かれたと思うのですが。それで買ってみました。

トータルで500ページ弱、ちょっとした長編小説ぐらいのボリュームです。私はここんとこほとんど小説が読めなくなってきていて、だから、「こういう厚い本、読み通せるかしら?」と思ったのですが。読了しました。
ま、ロシア文学って分厚いってイメージがありますな。同じくロシアの証言集ならソルジェニーツィンの『収容所群島』がもっとボリュームがあるかしら。あれは本書と同じくらいの厚さで何巻にもなってたと思うし。読んではいないのですが。

その厚さ。

「苦悩というのは、秘められた真実にもっとも直接関係をもつ高度の情報だと思う。それは生きているということの神秘に直接関わっている。ロシア文学のすべてがこのことを扱っている。ロシア文学は愛についてより、苦悩について多くを書いていた」(14-15p)

そうか、ロシア文学って「厚くて重い」って先入観がありますが、そういう事なのかなと。ロシア文学は苦悩について書かれている。

とても面白く、いや、「面白く」という表現は違うかもしれないけど、読みました。本書に収められたたくさんの元女性兵士たちのたくさんの証言、ぼっとなるくらいのボリューム。
そのボリュームだからこそ、読み通して自分の中に残ったものは、逆に言えば、自分の中の何かに「フック」したものなのかなぁと思います。
そういう意味での「分厚さ」だったのかもしれないなぁとも思います。

内容としては彼女たちの証言集がメインで、合間合間に作者さんの取材メモが入ります。
戦記的な、どの部隊がどこでどう戦ったかとか、そういう書き方ではありません。彼女たちの記憶を、思い出を、収めていくというスタイルでした。

続きを読む "『戦争は女の顔をしていない』"

| | コメント (0)

2018/05/14

『歴史修正主義とサブカルチャー』

『歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化』(倉橋耕平:著 青弓社:刊)。近年勃興している「歴史修正主義」の発生を、90年代のメディアとサブカルチャーの動きと絡めて論じている本です。読了。

まず、本書の目次から紹介します。

序章 なぜ「メディア」を問うのか?

  1. 保守言説の広がり
  2. これまでの調査研究でわかっていること
  3. 本書の対象-歴史修正主義と一九九〇年代
  4. 「何が語られたか」ではなく「どこで/どのようにして語られたか」
  5. 本書のアプローチ-コンバージェンス文化
  6. 本書の構成

第1章 歴史修正主義を取り巻く政治とメディア体制-アマチュアリズムとメディア市場

  1. 歴史修正主義の特徴
  2. 歴史修正主義はどこで/誰が展開しているのか
  3. 教科書をめぐる政治運動と右派メディア知識人
  4. 歴史修正主義をめぐるメディア市場

第2章 「歴史」を「ディベート」する-教育学と自己啓発メディア

  1. 「自由主義史観」と「ディベート」
  2. 「歴史」を「ディベート」する
  3. メディアでのディベート表現の展開

第3章 「保守論壇」の変容と読者の教育-顕在化する論壇への参加者

  1. 「論壇」の輪郭と「論壇」の問い直し
  2. 読者の「教育」-読者コーナーのメディア論

第4章 「慰安婦」問題とマンガ-『新・ゴーマニズム宣言』のメディア論

  1. これまで小林よしのりはどう語られてきたか-先行研究と本書のアプローチの違い
  2. 「慰安婦」問題を否定する保守言説の構築とそのメディア特性
  3. 「読者」の扱いと言説空間の構築

第5章 メディア間対立を作る形式-<性奴隷>と新聞言説をめぐって

  1. <性奴隷>の初出をめぐって
  2. 主要新聞報道で<sex slaves>はどのように用いられたか
  3. 批判の「形式」へのこだわり

私が本書をどれだけ理解できたか自信はないのですが、簡単に感想を書いてみたいと思います。
いや、本書は、できる限りわかりやすいように書かれていると思います。「序章」で本書の構成をあらかじめ紹介していますし、各章の最後にも「おわりに」として簡単なまとめを挿入していますし。
そして、このことは、今は私が最も理解しておきたいと思っている、現在進行形のこの世の動きの一つであります。

なお、本書はサブタイトルにもあるように、主に90年代の動きについて紹介しています。
いわゆる「ネット右翼」。ネット時代に右翼的なものが勃興してきたと思っていて、だからネット普及以前の動きより近年のネット時代からの動きが知りたいと思っていましたが。

本書を読むとその動きの萌芽は90年代にあらかた現れているようです。インターネットの普及はそれをバーストしたに過ぎないようです。また、その、90年代の動きがなかったら、インターネットの普及が起きたとしても、また異質な今日の状況になってたのかもしれません。

続きを読む "『歴史修正主義とサブカルチャー』"

| | コメント (0)

2018/04/13

『フィリップ・マーロウの教える生き方』

『フィリップ・マーロウの教える生き方』(レイモンド・チャンドラー:著 マーティン・アッシャー:編 村上春樹:訳)
「ハードボイルド」の名探偵、フィリップ・マーロウを生んだ作家・レイモンド・チャンドラーのアフォリズム集です。読了。

レイモンド・チャンドラー、昔は夢中で読みました。ただ、もうほとんど憶えてないのだけど。
思い出もあります。故郷にいた頃、チャンドラーの長編で『湖中の女』と『高い窓』が書店に発注しても手に入らなくて。でも、上京してそこらの書店に入ってみたら、両方ともポケミス版が並んでいて「東京はえれえ所だ!!」って大感動した思い出があります。

そして、近年はぜんぜん小説が読めなくなってきています。それは老化か、それともメンタル的な不調か、どちらかはわからないのだけど。でも、血を熱くして読んできた「ハードボイルド」小説や冒険小説が、今の自分を支えてくれてるってのは体感しています。昔読んだ面白本のことを思い出すと、今でも血がかーっと熱くなってくるのですが。

「ハードボイルド」小説の名台詞集というのは昔何冊か出てて、買ってました。名台詞とそれを語るエッセイってフォーマット。だからこのレイモンド・チャンドラーのアフォリズム集というのもずいぶんと懐かしい気がします。今もそんな本が出てるかどうかは分からないのですが。

翻訳は村上春樹とか。押しも押されもしない大作家でありますが、恥ずかしながら村上春樹の小説は未読です。タイトルが印象的なので、雑誌の書評コーナーなんかで「羊を~」とか「ピンボール~」とか、そういうタイトルを見かけて、なんとなく心には引っかかっているのですが。

村上春樹の翻訳リストを見ると、このレイモンド・チャンドラーのほかにサリンジャーとかティム・オブライエンとか、自分的にもツボな作家さんの翻訳も手がけられていて、そういう意味でもいつかは読んでみたいなとは思ってるのですが。ただほんと、近年は小説がほとんど読めなくなっていて。

いや…。

続きを読む "『フィリップ・マーロウの教える生き方』"

| | コメント (0)

2017/12/09

堀井憲一郎『愛と狂瀾のメリークリスマス』

『愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか』(堀井憲一郎:著 講談社現代新書 Kindle版)読了。戦国時代のキリスト教伝来から今日までの日本でのクリスマスの扱われ方を「あるユニークな視点」から資料を駆使して概観した本です。

堀井憲一郎さんの著作は何冊か読んでいます。そして『若者殺しの時代』がとても印象深かったです。本田透さんのいう「恋愛セックス資本主義」の勃興、80年代あたりからの『恋愛』をコアにした消費市場が立ち上がり、若者を取り込んでいった歴史を解き明かした書物でした。

その『若者殺しの時代』にクリスマスの話もあって、どうやってクリスマスが恋人同士のカネを使うイベントとして成立していったかという話も載っていて。とても面白かったです。
だから堀井憲一郎さんが日本におけるクリスマスの歴史をお書きになった本書もとても面白いだろうなと思って、買ってみました。

本書の章立ては以下のようになってます。

序 火あぶりにされたサンタクロース
 1章 なぜ12月25日になったのか
 2章 戦国日本のまじめなクリスマス
 3章 隠れた人と流された人の江戸クリスマス
 4章 明治新政府はキリスト教を許さない
 5章 “他者の物珍しい祭り”だった明治前期
 6章 クリスマス馬鹿騒ぎは1906年から始まった
 7章 どんどん華やかになっていく大正年間
 8章 クリスマスイブを踊り抜く昭和初期
 9章 戦時下の日本人はクリスマスをどう過ごしたか
10章 敗戦国日本は狂瀾する
11章 戦前の騒ぎを語らぬふしぎ
12章 高度成長期の男たちは、家に帰っていった
13章 1970年代、鎮まる男、跳ねる女
14章 恋する男は「ロマンチック」を強いられる
15章 ロマンチック戦線から離脱する若者たち
終章 日本とキリスト教はそれぞれを侵さない
あとがき
参考文献

となっています。

続きを読む "堀井憲一郎『愛と狂瀾のメリークリスマス』"

| | コメント (0)

2017/10/15

『超スーファミ』

『超スーファミ』(多根清史・阿部広樹・箭本 進一:著 太田出版:刊)
読了。『超クソゲー』シリーズ最新刊で、任天堂スーパーファミコンのゲームを紹介した本です。

あの、「超クソゲー」シリーズ共通のスタイル。版型は新書サイズ変形くらい、紙質の工夫もあるのでしょうが、分厚いです。
記事フォーマットは1作1本スタイルで、見出しにゲームタイトル、ジャンル、メーカー、発売日、定価、そして簡単なリード文があって。1記事は数ページ。3段組み。それから途中にレイアウトを変えたコラム記事が挟み込まれてます。超クソゲーシリーズ共通。

ゲームはリリースされた日付順に並んでいます。1990年11月21日にスーパーファミコン本体と同時にリリースされた『スーパーマリオワールド』から、2000年12月1日発売のスーパーファミコン最後のゲーム・『メタルスレイダー グローリー』まで。八十数本のゲームが紹介されています。

ゲーム紹介以外のコラムとしては、「ゲーム和尚・いたのくまんぼうロングインタビュー」「ゲーム機が綴る物語 現在に息づくスーファミの系譜」「スーファミハンター、浅草へ行く!featuringゲームセンターCX夏祭りin花やしき」。あと、「まえがき」、お三方による「あとがき」です。

さて、簡単な感想ですが。

続きを読む "『超スーファミ』"

| | コメント (0)

2017/09/30

『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』

『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』(朝日新聞:刊 Kindle版)
読了。朝日新聞のコラムをまとめた物になるのかしら?電子書籍版のみで紙の本は無いようです。前5章でボリュームは薄めですから、紙の本じゃペイしないかなと。だから、電子書籍ならではの本ではないかと。
お値段もお安く、Kindle版で108円でした。自販機の缶ジュースより安いです。

買ったのは7月の終わりごろです。

寺山修司とその関連の本を時々Kindleで探しているのだけど。寺山本は資料としていつでも見られるように手元においておきたいです。その点、Kindle本はスマホやタブレットに入れて常に持ち歩けますし、検索も簡単、マーカーも本を汚す心配なく引けます。そしてKindle本は時々バーゲンもしてくれますから、安価で手に入れることもできます。なかなかに便利です。

で、その日もまたなんか出てないかなと思ってKindle本を検索していたのですが。
それで見つけたのが本書です。
「若い女性にアングラ人気の怪」とかなんか茶化したようなサブタイトルがついていて、ちょっとむっとしたのですが。何が書いてあるんだろって思って買ってみることにしました。なんといっても108円と安いですし。

そして、面白く読みました。私のその翌月、8月に青森の三沢に寺山修司関連のイベント、市街劇『田園に死す』を見に行ったのですが。直接にはその紹介は無かったのだけど、その理解を深められるお話もありましたし、面白いご縁だなぁって思いました。

続きを読む "『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』"

| | コメント (0)

2017/09/25

森園みるく『私の夫はある日突然殺された』

『私の夫はある日突然殺された』(森園みるく:著)
鬼畜ライター・村崎百郎さんの奥さんである森園みるくさんがお描きになった、村崎百郎刺殺事件を中心にした手記漫画です。

村崎百郎さん、ファンでした。といってもライトファンのほうかと。

初めて村崎百郎さんのお名前を知ったのは、『SPA!』だったと思います。それから『鬼畜のススメ』、根本敬さんとの共著『電波系』、唐沢俊一さんとの対談集『社会派くんがゆく!』シリーズを読んでたぐらいです。(『社会派くんがゆく!』の単行本は途中で買わなくなってしまいましたが)
村崎百郎さんが書いていらした『危ない~』とか『GON!』は読んでいませんでした。ここらへんはとても惹かれる部分とそれに反発する部分、アンビバレントな感情があり、本屋さんで手にとってぱらぱらめくるぐらいはしたのですが。
そして、そうやって購入した村崎百郎さんの数冊の本も引越しで処分するぐらいのライトファンでした。

そして刺殺事件があって。村崎さんの追悼本の『村崎百郎の本』を買い、その本を編まれた尾崎未央さんと多田遠志さんおふたりがご出演だったトークショーを浅草橋のパラボリカ・ビスさんへ見に行ったぐらいです。パラボリカ・ビスさんは村崎百郎、本名・黒田一郎さんが編集者として働いていたペヨトル工房の主宰者、今野裕一さんのギャラリーだそうですが。そのトークショーでいろいろ知った事情がありました。森園みるくさんと暮らしつつ、その漫画の原作も書いていらしたこととか、絵本も手がけられていたとか。

それから今年のゴールデンウィークに、横浜の中華街のギャラリーで開催されていた、「村崎百郎UMA未確認生物展」というのに行きました。そこに展示されていた村崎百郎さんの手稿のコピーが圧巻でありました。

そのくらいのライトファンなのですが。

7年前、村崎百郎さんが刺殺されたというニュースに接してまず思ったのは「なんでそんな油断してたんだよ!」という、やりきれない気もちでした。人の狂気を刺激するものを書いているという自覚はあったろうに、なぜもっと用心しなかったのかなと。今回、本書で、そこら辺の事情にも触れられていたのですが。

ちょっと前に村崎百郎さんの奥様の森園みるくさんがこの事件について手記漫画をお描きになったと聞きました。読みたいな、(紙の本で)出たら買おうと思っていたのですが。どうもネットコミック限定みたいで、紙の本で出る予定はないようだという話も聞いて。電子書籍ならKindleくらいは使えるのですが、Kindle版も無いようでした。
で、調べてみると本書はいくつかのネットコミックサービスで扱いがあるようで。そういうサイトを見てみて、オッサンにもなんとかシステムが理解できたある所で購入しました。

以下、少し感想など書いてみます。

続きを読む "森園みるく『私の夫はある日突然殺された』"

| | コメント (0)

2017/09/12

『もうふりまわされない 怒り・イライラ』

『学校では教えてくれない ピカピカ 自分みがき術 もうふりまわされない 怒り・イライラ』(名越康文:監修 日本図書センター:刊)
読了。タイトルどおり、怒りやイライラのコントロール術を教えている本です。基本は子供向けのようです。

近年、暮らしも苦しくなり、先の希望も持てず、イライラとした感情にまとわりつかれることが多いです。それから逃れ、落ち着いた気持ちでいたいのだけど。だから、そういう感情のコントロールができたらいいなと思ってました。
なんかそこらへんのことが書かれた本でも読もうかなと思って。で、AMAZONで検索してたらこの本が見つかりました。名越康文さん監修という事で、いいかもしれないなと思って。

名越康文さんは何冊か御著書を拝読しています。そして御贔屓のミュージシャン、日比谷カタンさんとのトークショーも拝見しています。名越さん御監修の本ならすとんと腑に落ちるかなぁと思ってAMAZONにオーダーしました。
届いてちょっと驚いたのですが、カラー印刷の子供向けの本でした。子供向けなら分かりやすいかなぁ。

この本では、そんな怒りとじょうずにつきあう方法を、みなさんにわかりやすくお伝えします。「じょうずにつきあう」とは、怒りをがまんするということではありません。なぜなら、怒りは悪いものでも、きけんなものでもないからです。どんな人のこころにも生まれる、とても自然でだいじな感情です。だから、怒りを消そうとがんばるのではなく、怒りとしっかり向きあって、ふりまわされず、自分でコントロールできるようにしましょう。(「はじめに」より)

もうこの一文だけで、この本は役に立ってくれそうな予感が沸いてきました。さすが名越康文さんです。買ってよかったと思いました。

続きを読む "『もうふりまわされない 怒り・イライラ』"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧