2018/07/28

ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』

180728

先日出た『Archives Series Vol.10「時代はサーカスの象にのって'84」オリジナル・サウンドトラック』というアルバムを購入しました。1984年にパルコパートⅢで行われた寺山修司原作・萩原朔美演出のお芝居『時代はサーカスの象に乗って』のオリジナルサウンドトラックとか。ムーンライダーズの鈴木慶一作曲・ムーンライダーズ演奏で、初のアルバム化になるそうです。幻の音源。ムーンライダーズはお名前ぐらいしか存じ上げないのですが。

まだ数回聴いた程度ですが、感想など。
いや、楽曲の感想はほとんどありませんが。
ごめんなさい。

『時代はサーカスの象に乗って』、オリジナルは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷の演目です。1967年に演劇実験室天井棧敷旗揚げ。そしてその2年後、1969年に天井棧敷は渋谷の並木橋に天井棧敷館という拠点を立ち上げます。地下に小劇場、1階に寺山修司の母・はつが店主を勤める喫茶店、そして2階は劇団事務所という構成の場所だったとか。この地下劇場の杮落とし公演がこの『時代はサーカスの象に乗って』だそうです。

萩原朔美さんの天井棧敷時代の回想録『思い出のなかの寺山修司』によると、この最初の『時代はサーカスの象に乗って』公演も萩原朔美さん演出とか。
萩原朔美さんは演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ当初に入団され、3年くらい在籍していらしたそうです。最初は美少年役として入団し、後に演出をおつとめになったとか。トークショーを拝見した事がありますが、さすがのイケメンさんであります。

『時代はサーカスの象に乗って』は私にとってとても興味深い演目です。
それは昭和精吾さんの影響なのですが。

続きを読む "ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』"

| | コメント (0)

2018/07/13

昭和精吾事務所公演『七七火』

先週末は昭和精吾事務所さんの公演『七七火』(なななぬか)を拝見してきました。ライブの回と演劇の回、2回、土日と見てきました。場所は渋谷のサラヴァ東京。

昭和精吾さんは東映のニューフェイスから寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に参加された方。「天井棧敷の語り部」「寺山修司の語り部」として当時の思い出話や短歌や詩や劇の一説の朗読をなさっていた方。何度か公演にお伺いして、とても楽しかったです。

しかし、昭和さんは3年前の夏に急逝されてしまったのですが。でも、こもだまりさんやイッキさんたちが跡を継いで、昭和精吾事務所名義で公演を続けていてくれてます。ありがたいです。

最初は土曜日のライブ。
ご出演は
死神紫郎さん、
犬神凶子さん、
蘭妖子さん、
そして昭和精吾事務所の皆さんでした。

死神紫郎さんのライブも久しぶりです。エレアコソロ。さらにパワーアップしていると感じました。歌声が読経のように聞こえてきたりして。
ライブ後のMCで初めて「死神」の由来を知りました。だいぶ前の初見からずっと「なんで死神さんって死神って名前なんだろう?」ってずっと思っていましたが。今回やっと知ったと。

犬神凶子さん。犬神サアカス團のボーカルの方。伴奏が犬神サアカス團の犬神情次2号さんでした。2号さんということは1号さんもいらしたのかしら?
犬神サアカス團、旧バンド名の犬神サーカス団は寺山修司の映画『田園に死す』に登場したサーカス団の名前ですね。

犬神サアカス團さんは対バンで少し聴くぐらいの方なのですが。犬神凶子さんの伸びやかで優しい声、それでアングラというのはとてもよいものです。
昭和精吾さんともいろいろ縁があるそうで、その思い出話も。

そして蘭妖子さん。伴奏の方とおふたりで。蘭さんはもちろん寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷のちょうベテランいらした方。5月に拝見したシアターPOOでのコンサートでは黒のモーニングコート(?)姿だったのですが、今回は黒のドレス。

蘭さんのちょっとだみ声でとても優しい声も大好きです。
今回やっとこさ蘭さんのCDを初購入。2枚あったうちの1枚だけですが。

そしてトリが昭和精吾事務所の皆さんでした。スペシャルゲストで廻天百眼の方も。
スクリーンに映像を映しながら寺山修司の『犬神』のダイジェスト版も。昭和さんの、犬神の被り物を着けたとたんにまとっている空気ががらっと変わる様子、まだ憶えてます。凄かったです。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『七七火』"

| | コメント (0)

2018/06/25

万有公演『赤糸で縫いとじられた物語』

昨日は新宿御苑のシアター・ブラッツさんで演劇実験室◎万有引力公演『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました。楽日になります。

『赤糸で縫いとじられた物語』。寺山修司のフォー・レディーズシリーズの童話集だと思います。タイトル通り女性向けのメルヘン的な童話集かな。私も持ってるはずなんですが、ちょっと行方不明。どうやら私の持ってるのは寺山没後の再編集版みたいで、オリジナルは別にあるみたいです。
版元が新書館だそうですから、白石征さんが編集された本かしら。白石征さんは寺山修司の本を作るために出版社に入った、というほどの方。寺山修司に関してトップクラスにお詳しい方だそうです。

丸の内線の新宿御苑駅からシアター・ブラッツさんへ。シアター・ブラッツさんは3年前に同じく万有引力公演『夜叉ヶ池』を観てます。スタジオ形式の場所。
今回は久しぶりに万有独自の、整理番号順にお客さんを並ばせて、開演直前に一気に客入れ、そして自由席というスタイルでした。

舞台装置は舞台奥に開くスクリーン。スクリーンは寺山修司の実験映画『ローラ』みたいに幅広のゴムヒモが張られ、開かなくても出入りできるようになってました。上手に一段高くなった場所。下手客席前方にも台。左右非対称なつくり。この左右非対称は『夜叉ヶ池』でもそうだったかな。

胸のところに駅弁売りみたいに木箱を捧げ持った女性。舞台奥のスクリーンには向こう側からの手のシルエットが踊っています。

そしてはじまり。

続きを読む "万有公演『赤糸で縫いとじられた物語』"

| | コメント (0)

2018/06/08

映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム

6月2日から昨日の7日まで、渋谷のユーロスペースで「映画監督◎寺山修司2018」という特集上映をやっていました。寺山修司が監督した劇映画、実験映画。そして去年公開された寺山修司原作の映画『あゝ荒野』(前後篇)が上映されたようです。私としては未見の『あゝ荒野』が見たかったのですが、平日昼間の上映という事でそれは無理でした。で、『ローラ』の上映がある昨日の7時40分からのEプログラムを見てみました。この特集上映の最後のプログラムでもあります。

Eプログラムは「実験映画集1」として
『青少年のための映画入門』(1974年/モノクロ/3分)
『疱瘡譚』(1975年/カラー/31分)
『マルドロールの歌』(1977年/カラー/27分)
『ローラ』(1974年/カラー/9分)
『審判』(1975年/カラー/34分)
の5作品でした。すべてブルーレイ版での上映になります。

私が寺山修司と出会ったのは故郷での高校時代、演劇部の部室に転がっていた角川文庫の寺山の戯曲集でした。それでちょっと興味を惹かれ、角川文庫から出てた「さかさま」シリーズのエッセイを読むようになりました。それから夢中になって寺山修司の本を読みました。閉塞感を感じている毎日、そこに既存の価値観を軽やかにひっくり返す寺山の「さかさま」シリーズの語り口。それに夢中になりました。

そういうことで、寺山修司は私の中ではなによりも「エッセイスト」だったのですが。
寺山没後に私は上京して、渋谷だったと思いますが、寺山修司展で寺山の映像作品を見ました。その寺山修司展に上映コーナーがあり、そこで見ました。ただ、もう、何の作品がかかってたかも思い出せないのですが。

それから世紀の変わり目に寺山修司にふたたび傾倒し、たまに寺山修司の作品の上映も拝見しています。

後年も渋谷パルコで上映会があったそうで、私も渋谷で寺山修司の映像作品を拝見した記憶がありますから、たぶんそれじゃないかと。あとイメージフォーラムでも。イメージフォーラムは現在の渋谷より、四谷三丁目時代に見に行ったかな。あと、単発的なイベントでの上映とか、いろいろありました。

私の寺山修司の映画の経験はそんな感じです。
以下、簡単に感想など書いてみます。

続きを読む "映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム"

| | コメント (0)

2018/05/29

2018年5月の蘭妖子さんのコンサート

26日の土曜日は、新宿のシアター・POOさんで蘭妖子さんのコンサートを観てきました。
25日と26日の2デイズのコンサートの2日目です。

蘭さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に在籍していらした方。トークショーで『大山デブコの犯罪』の思い出話があった記憶がありますから、かなり初期から参加された方かと。
衣装の仕事もなさっていたようで、高橋咲さんの天井棧敷時代をモチーフにした小説『15歳◎天井棧敷物語』にも、針仕事をなさってる蘭さんの姿が描かれていたと記憶しています。

蘭さんのお芝居、コンサートも数回拝見した事があります。寺山没後天井棧敷の衣鉢を継いだ、演劇実験室◎万有引力の公演に参加されていたのを拝見したこともあります。
ただほんと、行きたい行きたいと思いつつ、勤務先が傾いていて手元不如意なこともあり、なかなか行けなくて残念な思いをしているのですが。今回は久しぶりに行ってみようと。

シアター・POOさんも昭和精吾さんの公演とかでおなじみの場所です。寺山系に強いのかな。新宿南口の広い高架道路の脇の、ちょっと猥雑な一角。

お客さんは満員。通路にも椅子を出すくらいたくさんでした。
ややあって開演。

続きを読む "2018年5月の蘭妖子さんのコンサート"

| | コメント (0)

2018/05/07

2018年の寺山忌

180506

5月4日は寺山修司の御命日なのですが。今年も高尾霊園の寺山修司のお墓にお参りしてきました。

JR線で高尾。そしていつものように高尾駅から出ている高尾霊園の無料送迎バスで高尾霊園へ。驚くほど緑が濃い景色。街なか暮らしにとってはありがたいもの。
あ、そうそう。お線香に火をつけるのにターボライターが欲しかったのですが、持っていたはずなのですが、タバコを吸わなくなって4年半以上。さすがに行方不明状態。
お線香に火をつけるのに手こずりました。次は持ってこなくては。

この1年も、寺山修司をめぐるご縁。とても面白くて。感謝の気持ちでお参りしました。
ほんと、ご縁であると思います。ありがたいです。

4年前に亡くなられた九條今日子さんのお墓にもお参り。もう4年。寺山忌での九條さんのお姿も憶えております。その姿、忘れたくはありません。できれば忘れずにいたいです。

3日午前は雨模様だったので、今年の4日はどうかなぁと思ったのですが。今年もほんといいお天気。毎年上着を着ようかどうしようか迷って、結局上着を着てくるんだけど、お参りの時間帯はそれを後悔するような陽気になるのが例年なんですが。今年は上着はよしといたので良かったです。

続きを読む "2018年の寺山忌"

| | コメント (0)

2018/04/16

J・A・シーザーコンサート『莎草奇譚』

昨日は渋谷のライブハウス、ラ・ママさんでJ・A・シーザーと悪魔の家のコンサート、『莎草奇譚』を見てきました。「莎草」とはカヤツリグサの事のようですが、イメージがちょっと思い浮かびません。普通に生えている草のようですから、見かけたら「ああ、これか」となると思うのですが。

シーザーさんのコンサートは昨年12月からほぼ4ヶ月ぶりです。前回は平日で、終業して会社を飛び出してラ・ママに向かっても、開演には間に合うのですが、開場には間に合わなくて、だいぶ席が埋まった状態での到着でした。
今回は日曜ということで、開場前に到着できて、早目の券の番号も生かせて、前のほうに座れました。
ラ・ママはもうほんと、すし詰め状態です。座席少なめで立見席が多いのですが、それでもすし詰め状態でした。

開演時間を少々回りましたが、お客さんがまだ揃ってないということでちょっとだけ開演時間が延びました。このスタイル、何年か前の万有引力の井内さんたちの実験公演であって、面白い趣向だなと思いました。いい感じです。

やがて客電が落とされ、場内にとどろく音楽とともにJ・A・シーザーと悪魔の家さんのご登場。

続きを読む "J・A・シーザーコンサート『莎草奇譚』"

| | コメント (0)

2018/01/09

現代演劇ポスター展のトークショー

昨日は『ポスターハリスカンパニー30周年記念 現代演劇ポスター展2017-演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶-』のトークショーを拝見してきました。
演劇実験室◎万有引力主宰のJ・A・シーザーさん、多摩美名誉教授の萩原朔美さん、デザイン事務所(という理解でいいのかしら?)アタマトテの榎本了壱さん、そして、司会進行がポスターハリス・カンパニー代表の笹目浩之さんというちょう豪華な顔ぶれでした。このお四方が一堂に会するというのも珍しいのではと思うのですが。

180109_1

ただ、当日は、ちょう引きこもりの虫が騒いで、なかなか出られず。会場のヒカリエホールBにたどり着いたのは開演直前でした。

トークショーのみなさん寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷関係者ということで、寺山修司のおはなしがたくさん出ました。とても嬉しかったです。
朔美さんの寺山修司の演劇についての見解はなんどかトークショーなどで拝見していますが、いちどきちんとまとまった物を読んでみたいなと思います。私は天井棧敷のお芝居は観たことなくて、その衣鉢を継ぐ、万有引力のお芝居しか観ていませんが。なにか普通のお芝居と違う、ストーリーとしてお芝居が展開されるのではないスタイルってのが、うまく説明できなくて困ってるんですが。

今回、寺山演劇と音楽の親和性についてのおはなしがあって。それは以前にも伺った事はあるのですが。ヨーロッパ公演のとき、ごそっとレコードを買う寺山の姿。そして音楽ありきで書かれていた寺山の台詞回し。

この寺山の台詞回しと音楽の絶妙の親和は、一昨年…、いや、年が明けたから3年前か、夏の終わりに急逝された昭和精吾さんのトークショーを拝見していた身として、とてもよくわかります。昭和さんの語る天井棧敷の台詞に絶妙のタイミングで流れてくる音楽。あれはほんとうに素晴らしかったです。

榎本了壱さんのトークショーも何度か拝見していて。アタマトテでのトークショーも拝見していますし、去年8月三沢であった市街劇『田園に死す』での榎本さんの演目も拝見していますが。あの、駄洒落連発のスタイルは今回もちょう健在でした。

続きを読む "現代演劇ポスター展のトークショー"

| | コメント (0)

2017/12/21

J・A・シーザーコンサート『螽蟖歌』

昨日は渋谷のラ・ママさんで「J・A・シーザー◎伝奇音楽会『螽蟖歌―自奏琴舟を漕ぐ夜―』」を拝見してきました。「螽蟖」は知らない漢字でしたが、「ぎす」と読み、キリギリスの事だそうです。

定時に勤務先を飛び出し、渋谷へ。井の頭線沿いの上り坂をデブ的に息を切らしながらラ・ママへ。駅周辺の飲み屋街の切れるあたりにラ・ママさんはあります。
開演ぎりぎり前に到着したのですが、お客さんはもういっぱい。運よく座る場所(椅子でわない)を見つけられて、そこに座りました。

ラ・ママといえば寺山修司とも関係の深いニューヨークの地下劇場ですが、この渋谷のラ・ママさんと何か関係があるのかなぁと思います。どうなのかしら。

ラ・ママさんも何回かお伺いして、シーザーさんのコンサートはもちろん、びん博士と映像作家の かわなかのぶひろ先生インスタレーションライブもあったりして、思い出深いライブハウスです。

そそ、ドラムセットのところに透明なプラスチックの板でできた仕切りがあるのが面白かったです。音が混じらないようにかしら。

ややあって開演。

続きを読む "J・A・シーザーコンサート『螽蟖歌』"

| | コメント (0)

2017/12/18

2017年の偏陸展と人形展

土曜日は銀座へ。巷房2さんでやってる森崎(寺山)偏陸さんの個展、偏陸展へ行ってきました。最終日でした。

偏陸さんは寺山修司の右腕でいらした方。そして、寺山没後、寺山の母親、はつの願いにより、寺山修司元夫人で、離婚後も寺山の劇団、演劇実験室◎天井棧敷の制作をおつとめになった九條今日子(映子)さんと共に寺山家の戸籍に入り、寺山修司の弟となられた方です。

偏陸さんの個展はここ数年、今時分、巷房さんで開かれています。巷房さん、銀座の古ビルとして有名な奥野ビルにあるギャラリーです。上の階にも巷房さんはあるのですが、そちらで偏陸展があったこともあるのですが、ここ2・3年ばかりは地下の巷房2さんが会場になってます。

今回も偏陸さんのお味噌と写真の展示。私も行った8月の三沢の市街劇の写真もあって、嬉しかったです。
お味噌には小豆が原料のもあって、小豆でお味噌が作れるんだぁってちょっとびっくりしました。

お味噌というと、普通の原料は米とか麦とか大豆なのかな。あまり詳しくないけど。偏陸さんのお味噌はヒヨコ豆やピーナツを原料にしたのもあります。そういうのは他ではないのかなぁ。お味噌ってのはいろんな穀類や豆類で作れるのかなぁと思いました。

今回、偏陸さんのグッズがあって手が届くお値段だったので購入。偏陸さんのを持って帰る日が来るとは思いもよりませんでした。

偏陸さんは今年の年末も吉祥寺の「4ひきのねこ」さんで手作りのお正月飾りを販売するそうです。気軽に買えるお値段のからあります。おススメです。

続きを読む "2017年の偏陸展と人形展"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧