2021/06/07

万有公演『青森県のせむし男』

下北沢のザ・スズナリさんで演劇実験室◎万有引力 第71回本公演『見世物浪漫小歌劇(オペレッタ) 青森県のせむし男-寺山演劇の原点に隠された劇!劇!劇!-』を観てきました。『青森県のせむし男』、寺山修司が率いた演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ公演ですね。

私と寺山修司の出会いは、高校時代、演劇部の部室にあった角川文庫の寺山修司の戯曲集でした。2・3冊あって、この『青森県のせむし男』とか、『毛皮のマリー』とか『血は立ったまま眠っている』とか『大山デブ子の犯罪』とかの収められた本だったと思います。角川文庫の寺山修司は今でもかなり出されていて、電子版もあるようで、嬉しい限りなのですが。ただ、残念ながら、角川文庫の寺山修司の戯曲集は『毛皮のマリー』以外、そして競馬エッセイはすべて絶版になってるみたいです。ちょっと残念だけど。復刊してくれないかなと思っているのだけど。できたら電子版もね。

その部室にあった寺山修司の戯曲はいくつかは読んだと思いますが、あんまり憶えてはいません。ただ『大山デブ子の犯罪』の「人生はお祭りよ。いつもどこかでお囃子が鳴っている」(うろ覚え)は印象に残ってて、だから、本屋に行ったとき、角川文庫の寺山修司のエッセイを見かけて、ちょっと読んでみようかなと思って、読んでみました。
それで大いにハマりました。なんていうのかな、ちょっと視点を変えてみると今までがんじがらめにされていたような『価値観』が軽やかにひっくり返っていく心地がして、それがとても気持ちよかったです。それが寺山修司のエッセイシリーズに冠されていた「さかさま」という事だったのでしょう。面白かったです。
まぁ、そういったものは、今のSNSなんかで溢れている「逆張り」って事だったんだろうけど。(もちろん寺山はその逆張りの『名手』だったと思います)

「寺山修司の演劇」に触れたのはそれからだいぶのちの演劇実験室◎万有引力さん他の『百年気球メトロポリス』でした。まるで空中楼閣のようなパルテノン多摩全体を舞台に、あちこちで行われている演目を、劇団員さんの先導で観て回るという趣向でした。
それがとても楽しくて、それから万有引力さんの公演に行くようになりました。

いや、ま、閑話休題。

その天井棧敷旗揚げ公演の『青森県のせむし男』を天井棧敷の衣鉢を継いだ万有引力さんが掛ける。期待はいやおうにも高まります。
(『青森県のせむし男』はもちろん『ノートルダムのせむし男』が元なんだろうけど、『ノートルダムのせむし男』も近年は聞きませんな。ポリコレ的にダメなのかしら?)

続きを読む "万有公演『青森県のせむし男』"

| | コメント (0)

2021/02/01

万有引力公演『プロメテウス』

昨日は新井薬師の中野ウエストエンドスタジオさんで演劇実験室◎万有引力さんの実験公演『フォークト=カンプフ検査音楽劇『プロメテウス』− 伝奇仕掛けの俳優都市 −』を拝見して来ました。楽日になります。

この公演は本来は去年の3月に予定されてたのですが、新型コロナ禍で延期になり、やっとこさ今回公演できるようになりました。

中野ウエストエンドスタジオさんは初めて行く場所にります。けっこう広いスタジオ形式の場所です。
スタジオ本体は地下にあって、階段を下っていく方式。その階段も舞台の一部として使われていました。舞台装置は2段式かな。あと、移動できるようになってる階段が印象的でした。その階段、そのスタジオ本来の階段に沿わせて設置できるようにもなっていました。

お話は、タイトルからして分かるように『ブレードランナー』から強く影響を受けています。アンドロイドのいる世界、そして脱走アンドロイドを「処分」するバウンティハンターがいる世界。
あと、私自身の印象ですが、放射能汚染下で「アンドロイド」が暗躍している世界ってのは私の好きなゲーム、『Fallout4』を連想させました。Fallout4にも誰かが実は人造人間ってイベントがいくつかありましたし。

もちろん万有引力さんのお芝居でから、ストーリー的なものというより思弁的なお話でした。

アンドロイドと人間の境界。それは『共感』の有無で測れるのか?しかしその『共感』でさえプログラムされたものであったなら?人の『記憶』はほんとにあった事なのか?それともそれは偽造の記憶なのか?(ここらへんは『攻殻機動隊』にもある要素ですな)
あなたは「アンドロイド」なのか「人間」なのか?魂の重さ分、人は死ぬときに軽くなるなら、アンドロイドは軽くならないのか?

そこでふと思い出したのはリラダンの『未來のイヴ』です。万有引力さんもお芝居にしていますが(こちらも原作としての舞台化ではないけれど)。
「人造人間は愛情の対象となるか?」その問答でほとんどを占められた小説。小説中では「アリ」と結論が出されますが、しかし最後、そのアンドロイドの美女を乗せた船は嵐に遭い、その美女ともども沈んだと語られます。ちょいとチキンな結末。

続きを読む "万有引力公演『プロメテウス』"

| | コメント (0)

2020/12/14

2020年の偏陸さんの個展

先週末の土曜日、銀座の奥野ビルの画廊・巷房2さんでで開催されている偏陸展の最終日に行ってきました。

偏陸さん、寺山修司の右腕として活躍された方。寺山修司の没後、寺山修司の御母堂・はつさんの願いで寺山修司の元奥さん・九条今日子(映子)さんとともにはつさんの養子となり、文字通り「寺山修司の弟」となられた方です。

続きを読む "2020年の偏陸さんの個展"

| | コメント (0)

2020/07/27

万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』

昨日の日曜日は演劇実験室◎万有引力さんの公演『疱瘡譚または伝染する劇』と『眼球譚または迷宮する劇』のダブルヘッダー公演を下北沢のザ・スズナリで拝見してきました。COVID-19の状況下、万有引力さんは3月に予定していた公演『プロメテウス』を中止、今回のザ・スズナリ公演も予定していた『草迷宮』から急遽作品を差し替え、感染対策に配慮したスタイルでこのダブルヘッダー公演を行うといいうかたちになりました。

最後に万有引力公演を拝見したのは去年・19年4月に同じくザ・スズナリであった『チェンチ一族』以来で1年以上ぶりです(7月の奴婢訓は見られなかったです)。待ちわびてました。
ただやっぱりCOVID-19の状況下、どこかおっかなびっくりな気持ちもあって、どうしようかなと悩まなかったといえばウソになりますが。

さて、下北沢へ。本来ならオリンピック連休になってた連休の最終日。下北沢に着いてびっくり、駅舎がリニューアルしてます。それで一瞬混乱しましたが、まぁ迷わずには済んでザ・スズナリへ。

まずは『疱瘡譚』から。

今回、客入れ時に検温と手指の消毒がありました。客席も間隔を開けるなどして対策してました。30席。ザ・スズナリの本来のキャパはその数倍はあると思います。スカスカ。まぁデブ的にはゆったりしてる方がありがたいのですが。でもこんだけしかお客さん入れられないというのは色々大変なんだなと、とても心配にもなってきます。

舞台の前には紗幕が張られ、手前左右に木箱。舞台奥に階段。やっぱりいろいろ大変なのか、大道具もシンプルでした。
もちろんもう舞台上に俳優さんたちがいらっしゃってうごめいてます。「携帯電話の電源を切ってください」等の注意書きが卒塔婆みたいな細長い板切れに書かれて掲げていらっしゃいました。

ややあって開演。

(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』"

| | コメント (0)

2019/12/14

昭和精吾事務所公演『氾濫原2』

昨日は新宿POOさんで昭和精吾事務所公演『氾濫原2』を観てきました。
昭和精吾事務所さんの公演ももう何度目でしょうか。おなじみであります。

昭和精吾事務所さんは「こもだまり」さんとイッキさんが中心になっているようですが、今回イッキさんはご多忙でお休みとか。イッキさんは仮面ライダーにもご出演で先日拝見しました。すごいです。

最初は前説から寺山修司の短歌や言葉の詠唱。おなじみのスタイルですね。そして耳慣れた音楽が聞こえてきて。おお、『李康順』です。こもださんと昭和精吾さんの映像を使っての掛け合い。昭和さんの『李康順』もほんとに素晴らしくて。
西邑卓哲さんを迎えてのギターとお歌のコーナーも。寺山修司の言葉を歌に仕立てていました。
常川博之さんを迎えての朗読劇コーナー。江戸川乱歩だったようでした。いやちょっとわたくし的には痛すぎますが……

そして永井幽蘭さんのコーナー、ほんとお久しぶりです。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『氾濫原2』"

| | コメント (0)

2019/11/26

月蝕歌劇団公演『新撰組 in 1944』

ザムザ阿佐ヶ谷さんで月蝕歌劇団の公演『新撰組 in 1944-ナチス少年合唱団-』を拝見してきました。

月蝕歌劇団さん。高取英さんが設立した劇団。高取英さんは去年の11月26日に急逝されてしまったのですが。去年の秋はサルバトール・タリさんの訃報があって驚いていたら、高取英さんの訃報があって、衝撃を受けました。まだそんなお歳でもないのにと。

高取英さんは寺山修司の側近でいらした方だそうです。ただ近年まで勘違いしてたんですが、寺山修司の劇団、演劇実験室◎天井棧敷には在籍していらっしゃらなかったそうです。改めて高取さんの寺山修司についての本を読み直すと、たしかに天井棧敷には在籍してなかった、スタッフとしてデータマンのような仕事をしていたと書かれていました。忘れていたんですな。情けない。
そして、高取さんは日本でもトップクラスに寺山修司についてお詳しい方だったと思っています。高取さんの寺山修司に関する本も面白かったですし、トークショーでとてもお詳しいご様子を拝見したこともありました。

高取英さんがお亡くなりになって、「やっぱりもっと観とくんだった」って思って、6月にあった『聖ミカエラ学園漂流記』を観ました。やはり高取さんの死去を受けてなのでしょうか、なにか凄味さえ感じる公演だったと思います。そして今回、高取さん一周忌の公演という事で、観に行こうかなと思いました。

月蝕歌劇団さんは本公演の時に「詩劇ライブ」というのもあるようです。「暗黒の宝塚」らしい、歌劇団のレビューのような歌のショーです。せっかくだからそれも観ることにしています。今回は「少年の断末魔」というサブタイトルとか。これに関しては本公演の内容を反映したサブタイトルかと思います。

歌われた楽曲、「シーザー節」を感じさせるのも多くて。てかほとんどシーザー節を感じさせて。J・A・シーザーさんの作曲なのかなぁと思います。しかしどこで私は「シーザー節」を感じるのかな?例えば他の人がシーザーさんぽく作曲したらどうなるのかな?それも私はシーザーさんぽいと聴くのでしょうか。

昭和精吾さんを思い出させる出演者もいらっしゃいました。トレンチコート?姿ですっくと立ち、寺山修司の一節を朗々と吟じる姿。昭和精吾さんは天井棧敷に在籍していらした方。あの伝説の「力石徹の葬儀」で弔辞を読んだ方です。私が昭和さんの公演に行くようになったころは、寺山修司の作品の朗読、お芝居の一節を演じたり、天井棧敷時代の思い出話をなさったり、とても楽しかったです。昭和精吾さんの公演を最後に拝見したのは4年前の2015年8月15日。場所はここ阿佐ヶ谷ザムザでした。それから2週間ほどで昭和精吾さんは急逝されてしまいました。

このコート姿で思い出したのですが、どうも天井棧敷の『邪宗門』公演で鞍馬天狗を演じた昭和さんの衣装がトレントコート?だったようです。鞍馬天狗というからにはあの黒頭巾姿だと思い込んでいましたが。(ここらへん自分でもあまりよく分かってないので勘違いだったらごめんなさい)

「詩劇ライブ」、楽しみました。物販でも色々買えたらよかったのですが。
そして晩ご飯を食べてからいよいよ『新撰組in1944』です。

続きを読む "月蝕歌劇団公演『新撰組 in 1944』"

| | コメント (0)

2019/11/18

寺山修司 贋絵葉書展

東神田のkanzan galleryさんで田中未知さんプロデュースの『寺山修司 贋絵葉書展』を見てきました。
田中未知さんは寺山修司の秘書でいらした方、近年寺山修司のお仕事をいろいろ発掘してきて、書籍や展覧会で見せて下さってる方です。
今回は寺山修司の拵えた「贋絵葉書」を中心とした展覧会でした。

私の拝読してきた寺山修司の書物だと、「贋絵葉書」の話は角川文庫の『さかさま博物誌 青蛾館』に一項設けられてます。

「アムステルダムの港町の小さな古道具屋では、いろんなゲテモノが売っている。
剥製の犬や刺青した船乗りの皮膚を額におさめたもの、死んだ家族の写真や使えなくなったドアの把手、そして壜詰の鴎まである。
しかし、なかで私の好きなのは古い絵葉書である。」

まさに、痺れるような「寺山節」で始まる一節。

「ところで、こうした絵葉書にも贋物(実在の人物から実在の人物に宛てて出されたものではないもの)がずい分あるときいて、私は興味を抱いた。過去の作りかえ、記憶の修正といったことは、少しばかりの後ろめたさを伴った愉しみだからである。
そこで、私もまた贋の絵葉書作りあそびをしてみようという気になった。
取り掛かったのが七七年の二月、はじめに白黒写真を数十枚撮り、脱色してから人工着色した。」

と、贋絵葉書作りを始めた年月にも言及されています。(以上角川文庫Kindle版『さかさま博物誌 青蛾館』より)

この寺山修司の贋絵葉書も今まで拝見してきた寺山修司展でぽつぽつと見る機会はありました。しかし今回は寺山修司の秘書でいらした、昨年は横浜での寺山修司展にも関わっていらした田中未知さんのプロデュースで贋絵葉書の特集展という事で、期待は膨らみます。

続きを読む "寺山修司 贋絵葉書展"

| | コメント (0)

2019/09/17

座・高円寺『ピノッキオ』

月曜日は高円寺の座・高円寺で『ピノッキオ』ってお芝居を観てきました。
演劇実験室◎万有引力の方がご出演という事で。
演劇実験室◎万有引力さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷団員のJ・A・シーザーさんが、寺山修司没後に天井棧敷の衣鉢を継いで立ち上げた劇団です(私はそう理解してるのですが)。私は寺山修司ファンで、その流れで万有引力の公演も拝見するようになったのですが。

座・高円寺でここ数年の今時分、万有引力の方がご出演の『ピノッキオ』って子供向けの公演があるって事はずいぶん前に知ったのですが。行こうかなと思った年もあったのですが、重い腰がなかなか上がらず。
ただ、今年は、万有引力さんは海外公演があるということで、年内に公演はなくて。ちょっとさみしい思いをしていて、それで、万有の方がご出演のこの『ピノッキオ』を観に行こうと思いました。
ただやっぱり重い腰がなかなか上がらず、一般公演の最終日である月曜日に観に行くかたちになりました。

『ピノッキオ』。もちろん小さいころたくさん慣れ親しんだお話です。ただ、小さいころでありますし、私が見てきたものはいろいろと翻案や演出がされていたものでしょうから、「オリジナル」とは少々違うかもしれませんし。
どんなお話になるのかなぁってちょっとドキドキでした。

お客さんはほぼ満席状態だったかと。もちろん子供さんが多いです。
今日の私は子供さんたちのお相伴。

続きを読む "座・高円寺『ピノッキオ』"

| | コメント (0)

2019/07/12

2019年7月の蘭妖子さんのコンサート

昨日は南青山マンダラで蘭妖子さんのコンサートを拝見してきました。

蘭妖子さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に在籍していらした方。私は天井棧敷のお芝居は拝見したことは無いのですが。
寺山修司監督の映画『田園に死す』。あの伝説の「雛壇川流れ」のシーンに蘭妖子さんの歌が使われてます。『惜春鳥』って歌なんだけど。
『惜春鳥』を歌い始めるセーラー服姿の蘭妖子さん。そして、画面は切り替わり、村人に責められ、自分が産んだててなし児を流しに川にやってきた新高けい子さん。赤子を川に流す新高けい子さん、流れていく赤子を追う新高けい子さん。曲は盛り上がり、コーラスに入り、その川の上流から雛壇が流れてくる。あのシーンです。

蘭さんの歌声、ちょっとしゃがれてて優しい歌声、好きです。お人柄もトークショーとか拝見してるととてもお優しい方とお見受けします。高橋咲さんの天井棧敷時代をモチーフにした小説『15歳◎天井棧敷物語』に描かれているあのころの蘭さんのお姿も。
私は蘭さんのファンですが、あまりこまめには公演とかも拝見できてなくて、そこが少々心苦しくはありますが。お芝居とかもあまり見に行けてないのですが。

いや、まぁ。

続きを読む "2019年7月の蘭妖子さんのコンサート"

| | コメント (0)

2019/05/27

月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』

昨日は新宿スターフィールド劇場さんで月蝕歌劇団公演『聖ミカエラ学園漂流記』を観てきました。

『聖ミカエラ学園漂流記』、昨秋急逝された高取英さん率いる月蝕歌劇団さんの初期の傑作、月蝕の名を不動にした作品だと認識しています。あまり詳しくはないのですが。
私はもともとは寺山修司ファンでなのですが。寺山系劇団の雄、月蝕歌劇団さんの公演はほとんど見に行ってません。数回程度なのですが。
この、月蝕にあまり詳しくない私でも知ってる演目、『聖ミカエラ~』がかかると知って、ちょっと興味を持ちました。寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷の衣鉢を寺山没後に継いだ演劇実験室◎万有引力を率いるJ・A・シーザーさんが監修、そして万有引力の俳優・高橋優太さんが客演という事でさらに興味が深まりました。
高取英さんご自身は天井棧敷には在籍したことがなく、寺山修司のデータマンのようなお仕事をなさっていたようです。あのころのシーザーさんと高取さんの関係はどんな感じだったかなぁって思います。

ただ、場所が以前はタイニイアリスだった場所という事で、ちょいと諦めかけていたのですが。タイニイアリスは小さな座布団で床に直座りするタイプの劇場でした。ま、だから、デブ的にはちょっときつい場所で(汗)。すいてる時は良かったのですが、混んでて縮こまって座ってなきゃいけない時は足腰が痛み出して観劇どころじゃないときもありました。
ただ、タイニイアリアスさんのあった場所がスターフィールドとなってリニューアルした時、座席が椅子席になったようで、なら行けると思って予約しました。

新宿二丁目は花園神社のお祭りらしく、祭り装束の人たちがたくさん。
まず、詩劇ライヴ『堕天使たちの嘆き』から。

この詩劇ライヴがあるというのも月蝕さんの特徴かしら。歌や朗読やダンスのライヴショーなんですが。
おみくじコーナー、団員さんの手書きのおみくじで、「凶」と「大凶」が当たりだそうで、生写真がもらえるみたい。あと、ホチキス留めに生写真をぺたぺた貼り付けたパンフレット類もあったかな。このパンフレット、そういう手作り感満点なのに高取さんのウンチクが凄くて、資料性が高いのですが。今回はパンフレット買えなかったけど、どういう感じだったのかな。
あと、団員さんとのチェキもあります。ここらへん、地下アイドルのノリなのかな?あまりその世界はよく知らないけど。でも月蝕さんは「地下アイドル」なんて言葉ができる以前に「地下アイドル」だったと思います。ちょう元祖だったのではと。

歌と踊りも良かったけど、衣装も素敵でした。なんていえばいいのかな、衣装も調っていて、しゅっとした感じがしてました。ちっともヨレた感じがしないって言えばいいのかなぁ。シーザーさん作曲の曲もあって、シーザー節も聞けて面白かったです。

詩劇ライヴが終わり、外で食事をして、スターフィールドに戻って。いよいよ『聖ミカエラ学園漂流記』です。

続きを読む "月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧