2018/12/17

ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』

12月16日の日曜日は、駒込のコンテハウスというところでザ・イノえもんズ公演『銀河鉄道の夜』を観てきました。
ザ・イノえもんズというのは、演劇実験室◎万有引力の伊野尾理枝さんと村田弘美さんのユニットのようです。

村田弘美さんの自主公演は何度か拝見しています。惑星ムラリスとか。今回のユニット、イノえもんズとしては最初の公演みたい。村田さんも活動再開になるのかしら。嬉しいです。

駒込はめったに行かない場所かなぁ。東京暮らしは長いので、初めてではないとは思いますが。Google Mapにコンテハウスさんの場所は表示されるので、駒込駅からそのまま…と思ったのですが。六義園というのがあって、あ、いい場所だな、こんど来ようと思って通り過ぎつつ…。あれ、反対方向に向かってました……。ま、開場前に無事到着。

コンテハウスさんは小体な場所でした。清潔で明るい場所って感じ。壁は白、板張りの床、奥にはカウンターがあって飲み物とか出るようでした。デブ的にはそこにたどり着く前にあちこちひっくり返して大惨事になりそうだったので、よく見てはいないのですが。

不思議なお人形、不思議な仮面をつけた方がいらっしゃいます。なんていうのかな、森の精霊みたい。

物販で缶バッジを買いました。それと、銀河鉄道らしく、お弁当売りの方がいらっしゃいました。おにぎりとか焼き菓子とか。名前は失念しましたが、パウンドケーキ系の焼き菓子をひとつ買って、帰宅してから食べてみました。おいしかったです。

ややあって開演。

続きを読む "ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』"

| | コメント (0)

2018年の偏陸展とお人形展

12月15日は銀座へ。銀座の奥野ビル地下のギャラリー、巷房・2さんでの偏陸展と、マリアの心臓でのお人形展、「七つの大罪」へ。

森崎(寺山)偏陸さん。寺山修司の右腕として活躍され、寺山修司没後、寺山の母親はつさんの願いで寺山修司元婦人・九條今日子さんとともにはつさんの養子となり、文字通り「寺山修司の弟」となられた方。
毎年今ごろ、銀座の有名な古ビル、奥野ビルの地下にあるギャラリー、巷房・2さんで個展をなさっています。ここ数年は偏陸さんお手製のお味噌の展示&即売があります。

今回も偏陸さんのお写真と、手作り味噌(とお醤油)の展示と即売でした。お味噌の原料も大豆とかだけじゃなくて、ヒヨコマメとかピーナツとか小豆とかを原料にしたのがありました。そういうのも立派にお味噌になるんだと。
食べ物を扱っているので、食品衛生責任者の札が掲げられています。その札にはもちろん『寺山偏陸』と書かれています。

青森産の大豆と鹿児島産の麹のお味噌を買ってみました。青森はもちろん寺山修司の出身地。そして鹿児島は寺山修司の父親、八郎さんのスジの土地だそうです。そういう符合が面白いなと思って。

写真もきれいでした。大きく引き伸ばした寺山修司と九條今日子さんの結婚写真と一緒に偏陸さんたちが収まって、結婚式に参列したように撮られた写真。
あの有名な演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ記念写真(皆さんが学生服姿なの)の人物部分を切り抜いて書割にして、現在の偏陸さんと納まってる写真。面白かったです。この書割は三沢の寺山修司記念館にでも置いといて、来館者が一緒に撮れるようにしたらどうかしら?(僭越ですが…)

そして、良くして頂いたある方がお亡くなりになっていたのを知って愕然としました。

そうそう、今年も偏陸さんお手製のお正月飾りの販売が吉祥寺の4ひきのねこさんであるそうです。12月26日~31日まで。私的にもおススメ。よいものですよ。お手ごろな価格帯の物もあります。

そして巷房・2さんを辞して、マリアの心臓さんへ。

続きを読む "2018年の偏陸展とお人形展"

| | コメント (0)

昭和精吾事務所公演『氾濫原』

12月14日の金曜日は新宿・シアターPOOで昭和精吾事務所公演『氾濫原』を観てきました。夜の部の方になります。

昭和精吾さんは寺山修司の率いる演劇実験室◎天井棧敷の団員でいらした方。あの伝説の「力石徹の葬儀」で弔辞を読まれた方です。
そして寺山没後はその語り部として、寺山の詩や短歌の朗読、お芝居の一節、当時の思い出話等の「語り部」として公演活動を続けられてきたそうです。

残念ながら昭和さんは3年前の夏の終わりに急逝されてしまったのだけど。今はこもだまりさん、イッキさんのおふたりが中心となって、昭和精吾事務所名義で公演活動を続けていらっしゃいます。

今回はイッキさんはスケジュールが被ってるのでご出演はなしという話でしたが、そのスケジュールがキャンセルになったという事で、イッキさんもご出演でした。

という方向でご出演は昭和精吾事務所の皆さんとゲストに(夜の部は)演劇実験室◎万有引力の小林桂太さん、梶原航さん、死神紫郎さんでした。演劇実験室◎万有引力は寺山修司没後、天井棧敷団員だったJ・A・シーザーさんがその衣鉢を継いで立ち上げた劇団になります。

物販で小さなシロの生首のマスコットが売られてたので買ってみました。オリジナルは寺山修司の『犬神』ってお芝居を昭和精吾事務所がかけた時に使われた品物だそうですが。
それは拝見してないのですが、
ただ、昭和さんがその『犬神』の一節をなさった事があって。『犬神』で使われたという仮面をかぶると昭和さんがそのまとっている空気までがらりと変わったのは凄かったです。

席は満席状態、ややあって開演。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『氾濫原』"

| | コメント (0)

2018/11/19

万有引力公演『狂人教育』

昨日は下北沢のザ・スズナリで演劇実験室◎万有引力第67回本公演『狂人教育-人形と俳優との偶発的邂逅劇-』を観てきました。楽日になります。

元になる戯曲は寺山修司が演劇実験室◎天井棧敷を立ち上げる前の1962年に、人形劇用に書かれたものだそうです。寺山が色々な戯曲や台本を書いていたころ。ラジオドラマとか、篠田正浩監督と組んで映画の台本を書いていたり、そういったころの1作になるのかな。

ザ・スズナリは初めて行く場所になるのかしら。小劇場ブームの歴史的建造物と言っていいのかなぁ。ここらへんはあまりよく分かりません。雑誌とかで名前はよく目にてきましたが。
これも劇場とはちょっと思えない場所かな。1階に居酒屋やレストランが入っていて。これはおととし惑星ムラリスさんの公演を拝見した下北沢の本多スタジオも同じで、本多系列の劇場の特徴なのかしら。

昔よくあった万有引力さんの客入れは、整理番号順にお客さんを並ばせて、開演直前に一気に客入れ、座席は自由、ってスタイルでした。それから最近は普通のお芝居の客入れみたいに指定席制で開演前に開場し、三々五々の客入れ、ただしもう役者さんは舞台上をうごめいているってのが多かったです。

今回は座席指定番号順にお客さんを並べて開演直前に一気に客入れって両者のハイブリッドスタイルでした。これも面白かったです。

席は小さめ。デブ的にはちょっときつかったですけど。でも小スペースながらできる限りの事はしているって感じでした。ぺったんこの座布団で固い床に座るってスタイルでもないし。
ただ、最前列の一群よりは、後ろの方が椅子も大きくてクッションも厚めなので、こんどザ・スズナリに行く時はそのことは注意して席を選びたいと思います。次々回の万有公演もスズナリのようですし。

続きを読む "万有引力公演『狂人教育』"

| | コメント (0)

2018/10/09

横浜での寺山修司展

この3連休は、横浜の神奈川近代文学館で開かれている寺山修司展を見てきました。

横浜は1年ちょっとぶり。ゆっくり観光したいなと思いつつなかなかできていない街ですが。
みなとみらい線の元町・中華街駅で降りて、元町方面の出口。このみなとみらい線は有事には核シェルターにでもするんでしょうか、かなり深い場所にあって、エスカレーターを何回か乗り換えてやっと地上の改札に出ます。そして改札から今度は違うエスカレーターに乗り換えて5階まで上がります。出たらそこは公園でちょっとびっくり。丘の山腹に組み込むようにエスカレーターつきのビルが建ってる形でしょうか。そこはアメリカ山公園というそうです。

そこからゆるい上り坂。右手に墓地が見えるのですが、なんかちょっと変わった墓石が並んでいます。外国人墓地だそうです。外国人墓地はそれこそ上京前から知っていたはずですが、実物を見るのは初めてかな。突き当りの道路を左に折れて。

アメリカンスクールがあるみたい。なんとなく米軍施設の雰囲気も漂っているような。横浜もかつては米軍基地があったんでしたっけか。そして港が見える丘公園。これも上京前から知ってたし、歌謡曲のモチーフにもなってたと記憶しています。ここも実際に訪れるのは初めてかなぁと。

テーマのある庭園とか、あーとちっくなオブジェとか、昔のイギリスの商館とか、大佛次郎記念館とか、ほんとコテコテの横浜っぽい公園です。その公園を横切った場所に横浜近代文学館はありました。丘を利用した風情のある建物です。

2棟あるのかな、寺山修司展は上のほうの展示室で開催されていました。デブ的には色々上ってきてちょっときついかしら(笑)

続きを読む "横浜での寺山修司展"

| | コメント (0)

2018/07/28

ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』

180728

先日出た『Archives Series Vol.10「時代はサーカスの象にのって'84」オリジナル・サウンドトラック』というアルバムを購入しました。1984年にパルコパートⅢで行われた寺山修司原作・萩原朔美演出のお芝居『時代はサーカスの象に乗って』のオリジナルサウンドトラックとか。ムーンライダーズの鈴木慶一作曲・ムーンライダーズ演奏で、初のアルバム化になるそうです。幻の音源。ムーンライダーズはお名前ぐらいしか存じ上げないのですが。

まだ数回聴いた程度ですが、感想など。
いや、楽曲の感想はほとんどありませんが。
ごめんなさい。

『時代はサーカスの象に乗って』、オリジナルは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷の演目です。1967年に演劇実験室天井棧敷旗揚げ。そしてその2年後、1969年に天井棧敷は渋谷の並木橋に天井棧敷館という拠点を立ち上げます。地下に小劇場、1階に寺山修司の母・はつが店主を勤める喫茶店、そして2階は劇団事務所という構成の場所だったとか。この地下劇場の杮落とし公演がこの『時代はサーカスの象に乗って』だそうです。

萩原朔美さんの天井棧敷時代の回想録『思い出のなかの寺山修司』によると、この最初の『時代はサーカスの象に乗って』公演も萩原朔美さん演出とか。
萩原朔美さんは演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ当初に入団され、3年くらい在籍していらしたそうです。最初は美少年役として入団し、後に演出をおつとめになったとか。トークショーを拝見した事がありますが、さすがのイケメンさんであります。

『時代はサーカスの象に乗って』は私にとってとても興味深い演目です。
それは昭和精吾さんの影響なのですが。

続きを読む "ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』"

| | コメント (0)

2018/07/13

昭和精吾事務所公演『七七火』

先週末は昭和精吾事務所さんの公演『七七火』(なななぬか)を拝見してきました。ライブの回と演劇の回、2回、土日と見てきました。場所は渋谷のサラヴァ東京。

昭和精吾さんは東映のニューフェイスから寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に参加された方。「天井棧敷の語り部」「寺山修司の語り部」として当時の思い出話や短歌や詩や劇の一説の朗読をなさっていた方。何度か公演にお伺いして、とても楽しかったです。

しかし、昭和さんは3年前の夏に急逝されてしまったのですが。でも、こもだまりさんやイッキさんたちが跡を継いで、昭和精吾事務所名義で公演を続けていてくれてます。ありがたいです。

最初は土曜日のライブ。
ご出演は
死神紫郎さん、
犬神凶子さん、
蘭妖子さん、
そして昭和精吾事務所の皆さんでした。

死神紫郎さんのライブも久しぶりです。エレアコソロ。さらにパワーアップしていると感じました。歌声が読経のように聞こえてきたりして。
ライブ後のMCで初めて「死神」の由来を知りました。だいぶ前の初見からずっと「なんで死神さんって死神って名前なんだろう?」ってずっと思っていましたが。今回やっと知ったと。

犬神凶子さん。犬神サアカス團のボーカルの方。伴奏が犬神サアカス團の犬神情次2号さんでした。2号さんということは1号さんもいらしたのかしら?
犬神サアカス團、旧バンド名の犬神サーカス団は寺山修司の映画『田園に死す』に登場したサーカス団の名前ですね。

犬神サアカス團さんは対バンで少し聴くぐらいの方なのですが。犬神凶子さんの伸びやかで優しい声、それでアングラというのはとてもよいものです。
昭和精吾さんともいろいろ縁があるそうで、その思い出話も。

そして蘭妖子さん。伴奏の方とおふたりで。蘭さんはもちろん寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷のちょうベテランいらした方。5月に拝見したシアターPOOでのコンサートでは黒のモーニングコート(?)姿だったのですが、今回は黒のドレス。

蘭さんのちょっとだみ声でとても優しい声も大好きです。
今回やっとこさ蘭さんのCDを初購入。2枚あったうちの1枚だけですが。

そしてトリが昭和精吾事務所の皆さんでした。スペシャルゲストで廻天百眼の方も。
スクリーンに映像を映しながら寺山修司の『犬神』のダイジェスト版も。昭和さんの、犬神の被り物を着けたとたんにまとっている空気ががらっと変わる様子、まだ憶えてます。凄かったです。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『七七火』"

| | コメント (0)

2018/06/25

万有公演『赤糸で縫いとじられた物語』

昨日は新宿御苑のシアター・ブラッツさんで演劇実験室◎万有引力公演『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました。楽日になります。

『赤糸で縫いとじられた物語』。寺山修司のフォー・レディーズシリーズの童話集だと思います。タイトル通り女性向けのメルヘン的な童話集かな。私も持ってるはずなんですが、ちょっと行方不明。どうやら私の持ってるのは寺山没後の再編集版みたいで、オリジナルは別にあるみたいです。
版元が新書館だそうですから、白石征さんが編集された本かしら。白石征さんは寺山修司の本を作るために出版社に入った、というほどの方。寺山修司に関してトップクラスにお詳しい方だそうです。

丸の内線の新宿御苑駅からシアター・ブラッツさんへ。シアター・ブラッツさんは3年前に同じく万有引力公演『夜叉ヶ池』を観てます。スタジオ形式の場所。
今回は久しぶりに万有独自の、整理番号順にお客さんを並ばせて、開演直前に一気に客入れ、そして自由席というスタイルでした。

舞台装置は舞台奥に開くスクリーン。スクリーンは寺山修司の実験映画『ローラ』みたいに幅広のゴムヒモが張られ、開かなくても出入りできるようになってました。上手に一段高くなった場所。下手客席前方にも台。左右非対称なつくり。この左右非対称は『夜叉ヶ池』でもそうだったかな。

胸のところに駅弁売りみたいに木箱を捧げ持った女性。舞台奥のスクリーンには向こう側からの手のシルエットが踊っています。

そしてはじまり。

続きを読む "万有公演『赤糸で縫いとじられた物語』"

| | コメント (0)

2018/06/08

映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム

6月2日から昨日の7日まで、渋谷のユーロスペースで「映画監督◎寺山修司2018」という特集上映をやっていました。寺山修司が監督した劇映画、実験映画。そして去年公開された寺山修司原作の映画『あゝ荒野』(前後篇)が上映されたようです。私としては未見の『あゝ荒野』が見たかったのですが、平日昼間の上映という事でそれは無理でした。で、『ローラ』の上映がある昨日の7時40分からのEプログラムを見てみました。この特集上映の最後のプログラムでもあります。

Eプログラムは「実験映画集1」として
『青少年のための映画入門』(1974年/モノクロ/3分)
『疱瘡譚』(1975年/カラー/31分)
『マルドロールの歌』(1977年/カラー/27分)
『ローラ』(1974年/カラー/9分)
『審判』(1975年/カラー/34分)
の5作品でした。すべてブルーレイ版での上映になります。

私が寺山修司と出会ったのは故郷での高校時代、演劇部の部室に転がっていた角川文庫の寺山の戯曲集でした。それでちょっと興味を惹かれ、角川文庫から出てた「さかさま」シリーズのエッセイを読むようになりました。それから夢中になって寺山修司の本を読みました。閉塞感を感じている毎日、そこに既存の価値観を軽やかにひっくり返す寺山の「さかさま」シリーズの語り口。それに夢中になりました。

そういうことで、寺山修司は私の中ではなによりも「エッセイスト」だったのですが。
寺山没後に私は上京して、渋谷だったと思いますが、寺山修司展で寺山の映像作品を見ました。その寺山修司展に上映コーナーがあり、そこで見ました。ただ、もう、何の作品がかかってたかも思い出せないのですが。

それから世紀の変わり目に寺山修司にふたたび傾倒し、たまに寺山修司の作品の上映も拝見しています。

後年も渋谷パルコで上映会があったそうで、私も渋谷で寺山修司の映像作品を拝見した記憶がありますから、たぶんそれじゃないかと。あとイメージフォーラムでも。イメージフォーラムは現在の渋谷より、四谷三丁目時代に見に行ったかな。あと、単発的なイベントでの上映とか、いろいろありました。

私の寺山修司の映画の経験はそんな感じです。
以下、簡単に感想など書いてみます。

続きを読む "映画監督◎寺山修司2018 Eプログラム"

| | コメント (0)

2018/05/29

2018年5月の蘭妖子さんのコンサート

26日の土曜日は、新宿のシアター・POOさんで蘭妖子さんのコンサートを観てきました。
25日と26日の2デイズのコンサートの2日目です。

蘭さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に在籍していらした方。トークショーで『大山デブコの犯罪』の思い出話があった記憶がありますから、かなり初期から参加された方かと。
衣装の仕事もなさっていたようで、高橋咲さんの天井棧敷時代をモチーフにした小説『15歳◎天井棧敷物語』にも、針仕事をなさってる蘭さんの姿が描かれていたと記憶しています。

蘭さんのお芝居、コンサートも数回拝見した事があります。寺山没後天井棧敷の衣鉢を継いだ、演劇実験室◎万有引力の公演に参加されていたのを拝見したこともあります。
ただほんと、行きたい行きたいと思いつつ、勤務先が傾いていて手元不如意なこともあり、なかなか行けなくて残念な思いをしているのですが。今回は久しぶりに行ってみようと。

シアター・POOさんも昭和精吾さんの公演とかでおなじみの場所です。寺山系に強いのかな。新宿南口の広い高架道路の脇の、ちょっと猥雑な一角。

お客さんは満員。通路にも椅子を出すくらいたくさんでした。
ややあって開演。

続きを読む "2018年5月の蘭妖子さんのコンサート"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧