« 『ゴジラ-1.0』を観てきました | トップページ | またまたひさしぶりに母檸檬さん »

2023/12/15

氾濫原4

12月3日は高円寺K'sスタジオ本館さんで昭和精吾事務所公演「氾濫原4」を観てきました。

入場して。舞台のピアノの上にVEXATIONさんのライブでよく見かけた感じの三つ又の燭台が置かれていました。明かりは蠟燭ではなくてLEDのようですが。今回は元・VEXATIONの永井幽蘭さんもゲストということで楽しみにしていました。

ややあって開演。

今回も朗読劇という趣向でした。
演目は、
江戸川乱歩『黒蜥蜴』
サン・テグジュペリ『星の王子さま』
休憩を挟んで
夏目漱石『夢十夜』
岸田理生・泉鏡花『水鏡譚・草迷宮』
でした。

永井幽蘭さんは前半2作品でピアノを弾いていらっしゃいました。耳に憶えのあるVEXATION曲もありました。
『星の王子さま』はおなじみ演劇実験室◉万有引力の小林桂太さん、『夢十夜』には現・月蝕歌劇団主宰の白永歩美さんがゲスト出演でした。月蝕歌劇団を設立された高取英さんが急逝されてから来年で七回忌。早いものです。

もう私も体のあちこちにガタがきた年齢、寺山修司の「人間は不完全な死体として生まれ、一生かかって完全な死体となるのである」という言葉が『うそぶき』ではなく身につまされる年齢になってきましたが。そのせいか、今回の公演はさまざまな『死』が描かれてるなと感じました。

いちばん心に残ったのは『星の王子さま』の死、ですが。でも私には還りたい星も、一輪の愛しい花もないかな?

朗読劇ということで、映像を多用した最後の作品以外は目を閉じて楽しみました。それで思い出したのですが、高校生のころ、私はラジオドラマが好きでした。受験勉強の合間、手を休めてラジオをつけて、ラジオドラマを聴くのが好きでした。

そういうことを思い出しながら公演を楽しみました。

| |

« 『ゴジラ-1.0』を観てきました | トップページ | またまたひさしぶりに母檸檬さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ゴジラ-1.0』を観てきました | トップページ | またまたひさしぶりに母檸檬さん »