« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023/12/29

映画『PERFECT DAYS』

ヴィム・ヴェンダース監督、役所広司主演の映画『PERFECT DAYS』を観てきました。
あまり映画についても詳しい者ではないのですが、簡単に極私的感想を書いてみようと思います。
ネタバレを気にせず書いていきますので、ご注意。

ヴィム・ヴェンダース監督作品は『パリ、テキサス』と『ベルリン天使の詩』を観てます。映画館で観た記憶のある役所広司さんご出演作だと唯一思い浮かぶのが『Shall we ダンス?』くらい。『Shall we ダンス?』はとても面白い映画でしたが。まぁ、その程度なんですが。

ただ、『パリ、テキサス』は「わがココロの映画」です。あのころ、レンタルビデオ屋のダビングサービスで(もちろん今はそれはいけないこととと知っています)で作ってもらったビデオテープを何度も何度もかけて、最後はビデオテープががテロテロになって再生できなくなるまで毎日のようにかけていました(ライ・クーダーの音楽も素敵だったのも理由ですが)。それからパソコンでDVD再生環境が手に入ったとき、真っ先に買ったのが『パリ、テキサス』のDVDでした。そして今は2K修復版という『パリ、テキサス』のブルーレイを持ってます。

主人公トラヴィス。彼は対人関係を構築する能力が徹底的に欠けています。だから、そういう意味で、彼は孤独な人間です。そういうトラヴィスを受け入れた唯一の女性、ナスターシャ・キンスキー演じる女性。しかしトラヴィスは彼女相手にも過ちを犯してしまい。その贖罪として、それもまた彼の独りよがりの行動を起こし、そして彼は逃げるようにそこから立ち去ります。
対人関係がうまく構築できないのは私もです。だから私は「これって俺じゃね?」と感じて、グサッときました。ま、私は、ナスターシャ・キンスキーみたいな女性は現れなかったですけど。それはそれでよかったかな?

ちなみに、同じく対人関係が致命的に不器用なせいで孤独な人間を描いた映画に『タクシードライバー』があるのですが、『タクシードライバー』ももちろん私の「ココロの映画」です。そして、両作とも主人公の名前がトラヴィスなのが面白いです。いや、閑話休題。

その流れでヴェンダース監督の『ベルリン・天使の詩』も観たのですが。それもまたとてもいい映画で、ドイツ語での詩の朗読の響きの美しさも印象的でしたし、コロンボ役で天使役のピーター・フォークも素敵で、とてもいい映画だったのですが。ただやっぱり心をグサグサされるほどの映画ではなかったです。だから『ベルリン・天使の詩』の続編は観ずじまいになってます。

本作が来るのを知ったのはTwitterからなんですが。紹介されていた方が激賞していて、そいでもって私もひさしぶりにヴェンダース監督作を観てみようかなと思った次第。ほんと昨今はTwitterの評判で映画観に行ったり買い物したりしてるよなぁと。存続が危ぶまれているTwitterですが、かなり依存しています。

(以下ネタバレゾーンにつきご注意)

続きを読む "映画『PERFECT DAYS』"

| | | コメント (0)

2023/12/21

映画『窓ぎわのトットちゃん』

アニメーション映画『窓ぎわのトットちゃん』を観てきました。ツイッターの私のタイムラインで絶賛だったので。
原作は大ベストセラーですね。改めて調べると日本で一番売れた本とか。関連本もたくさん出てたと記憶しています。ただもう40年くらい前の本だから、当時の記憶がある方も50代以上かしら?私は原作本も関連本も読んではいないのですが。「原作未読組」です。
映画化は今回が初になるのかな?あれだけのベストセラーだから映画化の企画も何度もあったと思いますが、今回やっと映画化になったということはかなりのリキが入っているのではと思います。

本作の私なりの感想を簡単に書いてみます。
(以下、ネタバレを気にせずに書いていきますのでご注意)

まぁ、私は原作未読組ですし、黒柳徹子さんのことも通り一遍のことしか存じ上げません。初めての出会いは『サンダーバード』のレディ・ペネロープ役だと思います。そして黒柳徹子さんと久米宏さんが司会を務めた『ザ・ベスト・テン』は楽しみに見てて、『徹子の部屋』も時々見てた。その程度です。まぁ、あたしの中では黒柳徹子さんといえば「永遠のレディ・ペネロープ」ですが。本作を拝見して黒柳徹子さんもまたレディ・ペネロープと同じ上流階級の方だと知りました。だから適役だったのかな?

原作未読組なので本作がどの程度原作をなぞっているかはよく分からないのですが。本作では、授業を妨害するというので当時の普通の学校を追い出された黒柳徹子さんが自由でユニークな校風の「トモエ学園」に入学してからのおはなしを、小児麻痺の後遺症で体の不自由なクラスメイトの男の子との交流を軸に描いた作品でした。
物語の始まりは昭和15年です。中国大陸で日本は戦っていましたし、太平洋戦争前夜。戦雲が濃くなっていった時代。そして昭和20年、学園は解散し、黒柳さん一家が青森に疎開するまでが描かれていました。

続きを読む "映画『窓ぎわのトットちゃん』"

| | | コメント (0)

2023/12/16

またまたひさしぶりに母檸檬さん

12月9日は阿佐ヶ谷のイエロービジョンさんで母檸檬さんたちのライブを楽しんできました。母檸檬さんのライブも久々です。

「それぞれの景色 その三」というタイトルで、
ご出演は
母檸檬さん
毒林檎さん
Fire Passさん
の3組でした。

なんと!母檸檬のドラムスの石原さんは最後のFire Passにもご出演で、さらに!母檸檬のしゃあみんさんは全バンド出ずっぱりでした。

昭和アングラロック・母檸檬さん。毒林檎さんはギターの方の描く不思議な世界を女性ボーカルの方が歌うという趣向。そしてFire Passさんはノイジーなバンドでした。
しゃあみんさんは母檸檬ではエレキベース、毒林檎さんでは普通のチェロ、そしてFire Passさんではサイレントチェロをお使いでした。ということは3つも楽器を持ってライブにいらしたのかしら。それもすごいです。

ホント久しぶりに母檸檬を楽しんで、ライブも楽しんで、楽しかったです。
またいつか、です。

| | | コメント (0)

2023/12/15

氾濫原4

12月3日は高円寺K'sスタジオ本館さんで昭和精吾事務所公演「氾濫原4」を観てきました。

入場して。舞台のピアノの上にVEXATIONさんのライブでよく見かけた感じの三つ又の燭台が置かれていました。明かりは蠟燭ではなくてLEDのようですが。今回は元・VEXATIONの永井幽蘭さんもゲストということで楽しみにしていました。

ややあって開演。

今回も朗読劇という趣向でした。
演目は、
江戸川乱歩『黒蜥蜴』
サン・テグジュペリ『星の王子さま』
休憩を挟んで
夏目漱石『夢十夜』
岸田理生・泉鏡花『水鏡譚・草迷宮』
でした。

永井幽蘭さんは前半2作品でピアノを弾いていらっしゃいました。耳に憶えのあるVEXATION曲もありました。
『星の王子さま』はおなじみ演劇実験室◉万有引力の小林桂太さん、『夢十夜』には現・月蝕歌劇団主宰の白永歩美さんがゲスト出演でした。月蝕歌劇団を設立された高取英さんが急逝されてから来年で七回忌。早いものです。

続きを読む "氾濫原4"

| | | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »