« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021/02/01

万有引力公演『プロメテウス』

昨日は新井薬師の中野ウエストエンドスタジオさんで演劇実験室◎万有引力さんの実験公演『フォークト=カンプフ検査音楽劇『プロメテウス』− 伝奇仕掛けの俳優都市 −』を拝見して来ました。楽日になります。

この公演は本来は去年の3月に予定されてたのですが、新型コロナ禍で延期になり、やっとこさ今回公演できるようになりました。

中野ウエストエンドスタジオさんは初めて行く場所にります。けっこう広いスタジオ形式の場所です。
スタジオ本体は地下にあって、階段を下っていく方式。その階段も舞台の一部として使われていました。舞台装置は2段式かな。あと、移動できるようになってる階段が印象的でした。その階段、そのスタジオ本来の階段に沿わせて設置できるようにもなっていました。

お話は、タイトルからして分かるように『ブレードランナー』から強く影響を受けています。アンドロイドのいる世界、そして脱走アンドロイドを「処分」するバウンティハンターがいる世界。
あと、私自身の印象ですが、放射能汚染下で「アンドロイド」が暗躍している世界ってのは私の好きなゲーム、『Fallout4』を連想させました。Fallout4にも誰かが実は人造人間ってイベントがいくつかありましたし。

もちろん万有引力さんのお芝居でから、ストーリー的なものというより思弁的なお話でした。

アンドロイドと人間の境界。それは『共感』の有無で測れるのか?しかしその『共感』でさえプログラムされたものであったなら?人の『記憶』はほんとにあった事なのか?それともそれは偽造の記憶なのか?(ここらへんは『攻殻機動隊』にもある要素ですな)
あなたは「アンドロイド」なのか「人間」なのか?魂の重さ分、人は死ぬときに軽くなるなら、アンドロイドは軽くならないのか?

そこでふと思い出したのはリラダンの『未來のイヴ』です。万有引力さんもお芝居にしていますが(こちらも原作としての舞台化ではないけれど)。
「人造人間は愛情の対象となるか?」その問答でほとんどを占められた小説。小説中では「アリ」と結論が出されますが、しかし最後、そのアンドロイドの美女を乗せた船は嵐に遭い、その美女ともども沈んだと語られます。ちょいとチキンな結末。

続きを読む "万有引力公演『プロメテウス』"

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »