« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »

2020年12月

2020/12/15

青葉市子『アダンの風』

青葉市子さんの新譜『アダンの風』が届きました。まだ少し聴いただけですが、簡単な感想など書いてみます。
(といっても私は音楽論なんかは語れるスキルは無いので、ショボい内容になると思いますが、ご容赦)

私が初めて青葉市子さんのライブを拝見したのは2009年の今ごろ、ご贔屓の日比谷カタンさんの企画ライブの対バンとしてでした。
そのとき、もうすぐファーストアルバムが出ますというMCがありました。
そして翌年、また日比谷さんの対バンとして拝見し、それがよかったのでそのファーストアルバム『剃刀乙女』を購入しました。

それから新譜が出るたびに楽しみに買っています。
ただ、共演作とかDL専売のミニアルバムはちょっと追いきれてないのですが。
メインのアルバムだけでもと思って買っています。
そして何曲かは通勤のお供のプレイリストに入っているので、平日は毎日青葉市子さんのお歌を聴いています。

201215
青葉市子さんのアルバムはガワが紙で、CDをはめ込むところがプラスチックのケースだったのですが。今回のアルバムはいつもとは違い、完全な紙ジャケットでした。どうも青葉市子さんが立ち上げた新レーベルからのリリースみたいです。
そしてさらにいつもとは違うのは、ジャケットが写真な事でした。
青葉市子さんのアルバムはたいていが淡色のベタ一色、必要最低限の文字が少しだけ入っているくらいでした。
そうでないアルバムは『マホロボシヤ』くらいでしたが、それもほぼ黒一色にかすかに人物の顔が浮かぶくらいなのでした。
今回は水中を泳ぐ人物の写真がジャケットです。色鮮やかです。

実は雑誌『ユリイカ』2020年3月号の青葉市子特集での青葉市子さんのインタビュー記事ではこうあったので、「今度は紫色かな?」と思っていたのですが。何か心境の変化でもあったのかなぁと。
「実は三枚目の『うたびこ』を出したくらいから、それ以降のCDジャケットの色は自分の中でもうざっくりと決まっていました。四枚目が桃色で、五枚目は灰色、六枚目が水色で、七枚目は紫だっていう、何か共感覚みたいなもの。七枚目はまだ出していないけれど。」(Kindleの位置No.955-958)
このユリイカの青葉市子特集号も面白そうなんですが、まだちょっと拾い読みしたぐらいです。

さて、聴いてみて。

続きを読む "青葉市子『アダンの風』"

| | コメント (0)

2020/12/14

2020年の偏陸さんの個展

先週末の土曜日、銀座の奥野ビルの画廊・巷房2さんでで開催されている偏陸展の最終日に行ってきました。

偏陸さん、寺山修司の右腕として活躍された方。寺山修司の没後、寺山修司の御母堂・はつさんの願いで寺山修司の元奥さん・九条今日子(映子)さんとともにはつさんの養子となり、文字通り「寺山修司の弟」となられた方です。

続きを読む "2020年の偏陸さんの個展"

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »