« StoreMIを使ってみました | トップページ | 2020年の偏陸さんの個展 »

2020/11/24

Chromebookを買ってみました

(こういった品物のレビューはレベルの高いのがたくさんあって、私も参考にさせてもらいました。そのレベルに達したものは書けないけど、私が使ってのちょっとした感想を書いてみます)

タブレットは持ち歩き用にHuawei MediaPad M3 8.4インチ、自宅用にFire HD 10を使っていました。 ただ、だいぶ目が悪くなってまして。で、タブレットでコミックを読むのに、Fire HD 10より画面サイズの大きなタブレットが欲しいなと思っていました。

ただ、ざっくりと調べた限りでは、Androidのタブレットは10インチクラスまで、10インチ超だとWindows系(surface含む)かiPadの大判が主流で、Android機は無いようでした。しかもWindowsタブもiPadもそのクラスになると少々お高いです。
んで、どうしようかなと悩んできたのですが。ChromeOSというので動くChromebookというノートパソコンがあって、そのうちのいくつかのモデルはキーボードを360度折りたたんでタブレットのように使える機種があると知り、CromebookもAndroidのKindle等が使え、かなりAndroidタブのように使えるらしい、そして10数インチの機種もあると知って、そっちの方に手を出してみることにしました。

買ってみたのはヒューレット・パッカードのChromebook x360 14b-ca0019TUという品物です。14インチ機です。お値段は4万円台半ば。このくらいならなんとかって価格帯でした。
通販専用の品だそうです。11月2日の(たぶん営業時間後の)夕方に発注して、3日の祝日を挟んで4日に正式受注のメールが来て、納品は11日でした。納期は最短で5営業日だそうなので、そのくらいになるのかなと。

パソコンのスペックはCPUがPentium Silver N5030で最大3.1GHzのクアッドコア、メモリが8Gで外部記憶装置がeMMCの64ギガだそうです。Windows機なら廉価クラスだと思いますが、Cromebookとしてはどのくらいのランクになるのかは分からないのだけど。

201125_1
畳んだ状態でこちら。天板はセラミックホワイトというそうで、梨地の白、hpのロゴは鏡面仕上げで高級感があります。キーボードも本体と合わせた白のバックライト付きで高級感です。4万円台とはちょっと思えないのだけど。
左右にUSB-TypeCのコネクタがひとつづつ、充電はこのType-Cのコネクタ、どちらからでもできるそうで、しかも両方ともに充電状態を示すパイロットランプがついてます。右側面にスタンダードタイプのUSB3.1のコネクタがひとつ。左側にはMicrSDのスロットがついています。電源ボタンは左側、これもステータスLEDがついててかっちょいいです。

201125_2
キーボードを360度折り畳んだタブレットモードだとこのようになります。大きさ比較はAmazonのFireHD10と文庫本です。このようにだいぶ大きいです。

さて、使ってみて。

最初の起動でWi-Fiの設定をしてやり、Googleアカウントを登録してやります。これでChromeブラウザのブックマークやプラグインは同期されます。

起動は確かに速いです。このスペックのマシンでWindows機ならどのくらいの起動速度になるかは分からないのだけど。
2回目の起動からはログインすると同時にブラウザの方のChromeが立ち上がります。そしてそのChromeブラウザからGoogleの提供する各種サービス(「ドキュメントとか」)で作業をやるって本来のコンセプトなんでしょう。

Androidアプリは使いたかったKindle、Amazon prime video、それから愛用している音楽プレイヤーソフト、PowerAmpが動きました。よかったです。
そしてAndroid版のATOKやGoogle日本語入力は使えないっぽいです。タブレットモードなら使えるようですが、タブレットモードじゃないとグレーアウトして設定できません。使う方法はあるかもしれません、ここらへんは要研究って事で。

あと、私はゲームの「艦これ」を遊んでいるのですが、艦これのブラウザ版はもちろん動きます。艦これにはAndroid版もあるのですが、そちらの方ははそもそもインストールの仕方が良く分かりません。DMMのAndroid版ゲームプレイヤーのインストールページらしき所に行ってもそのダウンロードができないようです。ここらへんは、要研究ですな。とにかく艦これならブラウザ版が動くし、ブラウザ版の方が使い勝手がいいし、それでいいのですが。

microSDスロットには128GのmicroSDを入れて追加ストレージに使おうと思ったのですが、SDを挿しただけではKindleやAmazon prime videoのダウンロード先、そしてPowerAmpの音源ファイルの置き場所にはそのmicroSDが使えませんでした。ちょっと焦ったのですが。
201125_3

201125_4
これに関しては設定の「デバイス」-「外部ストレージの設定」からSD Cardへのアクセスを許可し、アプリの設定から該当アプリの「ストレージへのアクセス」を許可しないとアプリからmicroSDが見えないみたい。ここらへんはセキュリティの問題で仕方ないかしら?microSD上のファイルはすべてのアカウントが見ることができるようですし。これでKindleやAmazon prime videoの設定に「SDカードへのダウンロード」の設定が現れますし、PowerAmpからSDカード上の音源ファイルが見えるようになります。
ここらへんは最初よく分からなくてあせったとこ。

キーボードを背面に畳んで、さてキーに触れたらどうなるのかしら?って思ったのですが、二百何十度か以上に大きく開くとキーボードのバックライトが消えて、キーボードが無効にされたのがわかります。このタブレットモードまで畳まなくて、三角テントみたいにして動画なんかを見るってもの便利だそうです。

microSDは本体に固定した追加ストレージとして使いたいのですが。microSDは抜けやすいです。ここらへんは外さないような使い方を考慮したmicroSDカードスロットにしてくれたらよかったかな。でも本体のストレージも64Gあるので、実のところ外部ストレージは必要かどうかは分かりません。Kindle本やAmazon prime videoのダウンロードした動画とか、こまめに整理してたらまず本体ストレージで足りなくなるような事態は起きないとは思いますけれど。

そうやってぼちぼち使っていって。起動もそうですし、動作はそこそこサクサクです。Windows機ならもっさりしてるスペックだと思いますが、ChromeOSならサクサクです。動画や写真の編集までやるとなるとどうなるかは分からないけど、それに関してはWindowsPCがありますし。だいたいChromeOS(やAndroid)の動画や静止画編集ソフトってどんなのがあるのかな。

CPUが低スペックなせいか発熱量も少ないようで、空冷ファンとかは無くて静かです。使ってると底板の真ん中あたりがほんのりとぬくもってきますし、盛夏だとどうなるかは分かりませんが、冬場ならそう熱くはないです。

さすがに14インチのタブレットモードは大きくて見やすいけど、重いし、取り回しが難しいです。ま、自室で見るのがメインでしょう。電車の中で見たりはちょっとたいへんかと。キーボード部分を折りたたむんじゃなくて取り外してタブレットモードなら少しは軽くできたかもですが。
まぁ、そこそこのサイズだし、もう出先で確実に要るって話じゃないと持ち歩こうとは思わないサイズかと。
ただ、バッグは買ってみました。Amazon扱いの「Amazonベーシック PCケース ノートパソコンバッグ スリーブ 14.0インチ」なる品です。
取っ手もアクセサリーポケットもない、シンプルな保護バッグ。これでそこそこフィットします。まぁ発注時のオプションでバッグも買っておけば純正だし、もっとフィットしたかもしれませんが。

ネット接続に関してはWi-Fiモードとモバイルモードが分かれてます。ここらへんはハードウェア側からは同じに見えるんじゃと思っていたのですが(今まで使ってきたAndroidタブはそうでしたし)。ただ、Wi-Fiモードとモバイルモード、どういう違いがあるかはよく分かりません。システムの更新とか不要不急の通信はモバイルモードじゃやらないのかな。そうやって通信量を抑制してくれると嬉しいのですが。

買って失敗だったらどうしようって思いましたが、結構気に入りました。面白いです。
ChromeOSももうちょっと進化してほしいなとは思います。例えば配色が変えられないようですが、いくつかのアプリアイコンが見えにくくなってますので、ここは変えられたらと思っているのですが。

ま、ChromeOSも機能がこれからどんどん拡張されていくでしょう。そして重くなっていくのでしょう。でもまぁ今のマシンスペックならそこそこ重くなってもこなせると思います。
これからの季節、コタツで寝っ転がってネット見たり動画見たりKindle本を読むのもさらに楽しくなりそうです。

 

|

« StoreMIを使ってみました | トップページ | 2020年の偏陸さんの個展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« StoreMIを使ってみました | トップページ | 2020年の偏陸さんの個展 »