« CAPICの靴 | トップページ | StoreMIを使ってみました »

2020/10/27

Western Digitalのハードディスク、WD60EZAZ

(ベンチ結果とかは載ってない、ただのエッセイです。ご注意)

PCには3台のストレージを載せていました。1テラのM.2NVMeのSSDがCドライブ、3テラのHDDがデータ用でDドライブ、そしてほぼテレビ録画専用の2テラのEドライブです。
もともとはシステムを置くドライブとデータを置くドライブは分けてました。いちばんPC自作に凝ってた頃、クロックアップしたりレジストリよくいじっていたころ、Windowsが立ち上がらなくなることもたまによくありました。そういう時はさくっとCドライブを初期化してOSをインストールしなおしてました。だから、Windowsやソフトを入れるドライブとデータを入れるドライブをわけて運用してました。いちばんよくWindowsの再インストールしてたころは、Windowsのシリアルナンバーを暗記していたくらいでした。そしてパソコンでテレビ録画初めて、そのためにもうひとつHDDを追加して、3ドライブ体制でやってきました。

このDドライブとEドライブが合わせて5テラになりますが、最近は6テラのHDDがお手頃価格になってきたみたいで、このDドライブとEドライブを統合して、プラス1テラの6テラにしようかなと思いました。そうした方が残り容量も有効に使えるし。で、ウェスタンデジタルさんのWD60EZAZという6テラのハードディスクを買ってみました。

私が初めて買ったPCはゲートウェイ2000の製品だったのですが、それにはウェスタンデジタルのHDDが載っていました。Caviarとかいうシリーズだったかな。容量は840「メガ」くらいの奴だったと思います。
そういう事でしばらくはHDDというとウェスタンデジタル使ってました。それからしばらくしてパソコン雑誌のレビュー記事で、IBMのHDDはイイって話を読んで、それからIBMを買うようになりました。まだIBMのハードディスクはマイナーだったころで、ちょっと探さないとなかったです。そういうのをわざわざ探して買うのもマニア心をくすぐられます。

それからPCの師匠からSeagateのBarracudaATAシリーズを強烈におススメされ、BarracudaATAを買うようになりました。
"Barracuda"というのは、もともとSeagateのIDEよりハイエンドなSCSIのHDDのモデルネームでした(SCSIはPCの師匠が使うのを、指をくわえて見てました)。そしてSCSIのBarracudaは7,200回転という高速回転がウリのシリーズでした(さらに上の1万回転のCheetahってシリーズもありました)。それが5,000回転台が主流だったIDEのHDDに降りてきたという品物でした。早い話が回転数が高い分、読み書きも高速で、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると。
私が買ったのは初代かどうかは忘れたのですが、舟形のシャーシがかっちょいいHDDした(後年Barracudaもありきたりのデザインの筐体になっちゃいましたが)

それからだいたいずっとSeagate派で、Seagateをメインに買っていました。ただ、Barracudaはストライピングとの相性が悪かったので、ストライピングするドライブはIBMでした。

んで、今回久しぶりにウェスタンデジタルを使ってみようと思った次第。
いや、この前買ったウェスタンデジタルは10年前に買ったWD20EARSで、こいつは1年半で壊れてしまって、それでまたSeagate派に戻ったのですが(笑)
まぁ、もうそんな事もないだろうと。

(とりあえずショップの5年保証はつけました)

201027_1
買ってみたのはWD60EZAZという品物です。容量は前述したように6T、ウェスタンデジタルの「ブルー」シリーズの品物です。
秋葉原のショップで11K円弱(+延長保証サービス代)でした。ほんと安くなったものです。

ウェスタンデジタルのハードディスクやSSDといったストレージ製品はその用途が色別になってるそうです。「ブルー」シリーズはエントリーレベルの普及価格帯の品。パーソナルユースとしてはその上位機種のハイパフォーマンスモデル「ブラック」シリーズがあります。あと、NAS用の「レッド」、防犯カメラ用の「パープル」、エンタープライズ用の「ゴールド」シリーズがあるようです。
そりゃ「ブラック」の方が欲しいですけど。6Tだとお値段が2.5倍くらいしますし、高速なストレージがあるといいOSやソフトはHDDよりはるかに速いM.2 NVMeのSSDに入ってますから、そう高速性は必要ないし。それでブルーの方にしました。

シリーズが色別になってるってのは便利ですな。私は老眼が進んでて、ショップの貼りだし価格表のHDDの細かい型番を読むのが難しくなっているのですが。でもウェスタンデジタルのハードディスクなら「ウェスタンデジタルのブルーのハードディスク、3.5インチ6テラのちょうだい」って店員さんに注文できますし。

201027_2
中身はこんな感じ、ネットで見かける見本写真そのままと思って、天板全体に青いシールが貼ってあると思っていたのですが、中身を見てちょっと拍子抜けしました。あれはイメージだったのか。

取り付けはもう手慣れたものです。ただやっぱり、Thermaltake Core V51 TGというPCケースはHDDの付け外しのためには側板を両方とも外さないといけないからちょっとめんどくさいです。まぁもう年単位でHDDの交換とかしないと思いますが(それだけ長期間故障せずにいて欲しいな)。

あとはWindows10の「ディスクの管理」を呼びだして初期化してやります。ここらへんも手慣れたものです。
昔、もっと小容量のHDDを使ってたころは、新しいHDDはクラスタスキャンまでかけていたものですが。今のテラバイトオーダーのHDDじゃ時間がかかりすぎてやれませんな。とりあえずCrystalDiskInfoでアラートが出てないのを確認するぐらい。もうベンチとるのも面倒なのでベンチもとらずに。どんなに早いといってもM.2NVMeのSSDよりはるかに遅いですし、それは求めていません。

そしてあとは旧HDDからのデータコピー。テラバイトオーダーだとこれが時間がかかって大変かな。
ま、それも終えて、運用開始しました。

低速回転モデルのせいか音も静かです。アクセスが激しいときはかすかにごそごそと音が聞こえますが。
昔はハードディスクの音もスポーツカーのエンジン音みたいに楽しんでいたのですが。

これで録画容量も増えましたが。ただ、録画に使ってるソフト、アイ・オー・データのmAgic TV Digital 10はあまり録画が多すぎると動作が不安定になるみたいですし、だいたいそんなに録画しても見る時間がないですし、気をつけてこまめに削除しなきゃいけないのはこれからもですが。

久しぶりのウェスタンデジタルのハードディスク、長く使えるとありがたいです。

|

« CAPICの靴 | トップページ | StoreMIを使ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CAPICの靴 | トップページ | StoreMIを使ってみました »