« 万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』 | トップページ | PCケース、Thermaltake Core V51 TGを買ってみました »

2020/09/02

トランセンドさんのPC3200メモリ

(ここにはベンチ結果とかはありません。ご容赦)

去年の5月にCPUはRyzen 5 2600X、マザーボードにASRock B450 Steel Legendを導入して、DDR4環境に移行したのだけど。
メモリはオーバークロックでPC3200対応をうたう品物を買ってみました。

しかしPC3200じゃ動かないっぽく(Ryzen 5 2600Xだと定格での最大クロックはPC2933ですが)、定格のPC2400では動くのですが、PC2666でも動かないか、動いても不安定でした。
ここら辺ぜんぜんわからないままに手を出しちゃったなぁと思います。電圧とかタイミングとか細かく設定してやったら動いたのでしょうが。まぁPC2400とPC2999とは体感的にはそう違いもないという話だし、PC2400でもいいやと思いました。なんせこのメモリは光るし、かっちょいいじゃないと。

それからPC3200ネイティブ対応のメモリもいろいろ出てきました。そっちにしようかなと思うようになってきました。
そして、トランセンドさんがPC3200 16G*2のメモリを1万円台前半で出すと聞いて、PC3200にするだけじゃなぁと思っていましたが、32Gにして、しかも新製品で初物ですから、それを買おうと思いました。

トランセンドさんはUSBメモリやmicroSDを使ってます。安価でかつ信用できるブランドだと思ってます。それでM.2 NVME SSDも買ってみたのですが、そっちもいい感じでした。で、今度はメモリも買ってみようと思った次第。
この品物は「無期限保証」をうたっているようです。ま、PCパーツにありがちな「壊れるころにはその規格自体が化石と化している」品物とは思いますが。

いや、だいたいこういうのって初物に手を出しちゃダメなんですけどね。発売されてしばらくして評価も出揃ったころに買うのが賢明ですが。
ま、そこらへんはチャレンジブルで。

普通のPCに32ギガもメモリが要るのかって話もありますが。私はPCでゲームを遊びますが、遊ぼうかなと思ったゲームの要求する推奨スペックをつらつら見ても16ギガがせいぜいで、推奨でも32ギガ要求するゲームは無いと思いますし。(あるのかな?)

ま、とりあえずアマゾンに予約発注。
発売日が待ち遠しかったです。

200824_1 メモリはこういう風に紙箱に入ってます。基盤の片面にチップが8つ、ちんまりと載ってます。光るどころかヒートシンクもついてません。シンプルなつくり。まぁ、これでいいと思います。気になるようならヒートシンクを着ければいいし。なんだったら光るヒートシンクってものあるみたいだし。
型番的には「JM3200HLE-32GK」だそうです。

200824_2 で、取り付けます。Steel Legendのメモリスロットはちょっと使い慣れない片ラッチなのでうまく取り付けるのに手こづりましたが。
装着して、16G*2で認識されました。先にも書いたようにCPUがRyzen 5 2600Xなので対応メモリの最大クロックは(オーバークロックしてない限り)PC2933なので、PC2933として動きました。
memtest-86とかはかけてませんが、Windows管理ツールの「Windowsメモリ診断」はかけてみて、それでは問題ありませんでした。

200824_3 かなり若いシリアルナンバーなので嬉しいです。もう片方のシリアルが183なので183と184のペアです。チップメーカーの記載が空欄になってますが、どこの品物なんでしょうか。

挿したら動いたよ、程度の話なんですけどね、ほんと。そしてやっぱり本来のPC3200で動かしたいところですが。まぁCPUの交換は当分先でしょう。ゲームユースならビデオカードの交換の方が優先ですし。

光らなくなったのはちょっと残念ですが(笑)

いや、どうしようかなと考えてます。PCケースは狭くて使い勝手が悪いので買い替えたいと思ってるのですが。「ゲーミング仕様」ですか、サイドパネルが透明になっていているケースを買って、中を光るパーツで飾ってみたいなと考えつつ、テレビ録画にもPCは使っていて、深夜アニメの録画にも使ってますから光るとうるさいかなとも思ってます。悩ましいです。

ま、先述したように光らせたいなら光るメモリヒートシンクもありますし。
それを導入してもいいかなと。

|

« 万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』 | トップページ | PCケース、Thermaltake Core V51 TGを買ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』 | トップページ | PCケース、Thermaltake Core V51 TGを買ってみました »