« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020/09/26

「ゲーミングPC」にしてみる

自作パソコンのはなし。

今回、サイドパネルが透明で中が見えるPCケースを導入したのですが。これであとは光るPCパーツをいくつか買い足したら本格劇な「ゲーミングPC」が一丁あがるかなと。で、「光るパーツ」をいくつか導入してみました。

ネットで色々調べていくとPCの光るパーツってのはその光らせ方に3種類あるそうです。

  1. PC等からのコントロールはできずに独自で光る物
  2. PC等からのRGB制御で光る物
  3. PC等からのAddressable RGB(以下ARGB)制御で光る物

1.の独自に光るものはそのデバイスの電源、例えばファンならファンの電源から電源をとって光るもの。だから基本的に光り方のコントロールはできないか、そのデバイス側で行うようになってるみたいです。
2.のRGB制御で光る物は、4ピンのコネクタを用い、RGBの光の三原色をコントロールして任意の色味で光らせるそうです。コネクタは4ピンで、RGBそれぞれのピンと+12Vのピンのコネクタだそうです。そういう原理なので、それにつながれたすべてのデバイスが同じ色で光るようです。(デバイス側のRGBを入れ替えたら色違いにはできそうですが)
3.のAddressable RGBは光るデバイス群が一種のLAN構成になってるのかな?各発光部がノード扱いになっていて、任意のアドレスのLEDを任意の色で光らせることができるようです。これはグランド、電源、データの3ピンのコネクタみたい。メーカーによって物理形状が違う場合もあるようです。私の使ってるASRockのマザーのARGBコネクタはまっすぐに並んだ4ピンの途中のピンが1つ無いタイプの2+1タイプの3ピンコネクタです。
そして、今使ってるASRockのB450 Steel Legendというマザーボードは2.のRGB LEDと3.のARGB LEDのコネクタが両方ともついてるみたいです。
なので、光らせ方の幅が広そうなので、ARGBの方で光らせようと思いました。

(以上についてはもっと詳しくてわかりやすい解説がネットで色々ありました。そちらの方をご参考にするのをお勧めします。)

続きを読む "「ゲーミングPC」にしてみる"

| | コメント (0)

2020/09/23

PCケース、Thermaltake Core V51 TGを買ってみました

私は自分で組んだPCを使っているのですが。PCケース(ガワ)はAntec Solo Blackを10年間愛用してきました。中くらいのサイズ、ミドルタワーのケースです。ピアノブラックというのでしょうか、艶ありの黒色。気に入って愛用していたのですが。
先日、RADEON RX580のビデオカードを買いました。こいつのサイズがケースに収まるギリギリ、あとちょっとでも大きいとつけられないってサイズでした。
あと、去年マザーボードやCPU、そしてメモリを買い整えてSocket AM4環境にしたのですが、CPUクーラーやマザーボードが光ります。どうやら近年は「ゲーミングPC」なる、サイドパネルが透明なPCケースにぴかぴか光るPCパーツを組み込む自作PCが流行のようで。確かにせっかく安月給をはたいて買ったPCパーツですし、眺めて楽しめるようにするのもまた楽しいかなぁと思いました。だからちょっと大きめのサイドパネルが透明で中が見えるPCケースに買い替えようかなと思いました。

キホン、私は「PCケースはでかい方がいい」派です。「漢は黙ってフルタワー」だと思います。PCケースはでかい方が扱いやすいですし。狭いところに手を無理やりねじ込んだりせずに済むし。今まで使っていたAntec Solo Blackもそこは不満でした。だから今回はそこそこデカいケースにしようと思って物色を始めたのですが……。

探してみてビックリ、近年のPCケースは5インチベイがないのが主流みたいで。つまり光学ドライブがつけられない。
まぁ、近年はOSのインストールはUSBメモリですし、ゲームを含むアプリはオンラインインストールですし、動画も配信で見るのが普通ですし。
ただ、私はDVDやブルーレイもPCで見ますし、録画したテレビ番組をブルーレイに焼いたりしますし、光学ドライブがついてるのにしたいです。(USBの光学ドライブにするって選択肢もありますが)

で、その狭い選択肢で選んだのはThermaltakeのThermaltake Core V51です。「ミドルタワー」に分類されていますが、かなりでっかいケースです。
お値段は13,000円くらい。その半値以下でもケースはあったのですが、長く使いたいですし、このくらいの値段なら長く使えるだろうと思ってこの品物にしました。

200923_1 もちろん店頭で買って持って帰る気力はないので、配送にしてもらいました。(昔はフルタワーのケースでさえ秋葉原で買ってお持ち帰りにしたことがありますが)

以下、Thermaltake Core V51で組んでみて気がついた点をいくつか書いていきます。

続きを読む "PCケース、Thermaltake Core V51 TGを買ってみました"

| | コメント (0)

2020/09/02

トランセンドさんのPC3200メモリ

(ここにはベンチ結果とかはありません。ご容赦)

去年の5月にCPUはRyzen 5 2600X、マザーボードにASRock B450 Steel Legendを導入して、DDR4環境に移行したのだけど。
メモリはオーバークロックでPC3200対応をうたう品物を買ってみました。

しかしPC3200じゃ動かないっぽく(Ryzen 5 2600Xだと定格での最大クロックはPC2933ですが)、定格のPC2400では動くのですが、PC2666でも動かないか、動いても不安定でした。
ここら辺ぜんぜんわからないままに手を出しちゃったなぁと思います。電圧とかタイミングとか細かく設定してやったら動いたのでしょうが。まぁPC2400とPC2999とは体感的にはそう違いもないという話だし、PC2400でもいいやと思いました。なんせこのメモリは光るし、かっちょいいじゃないと。

それからPC3200ネイティブ対応のメモリもいろいろ出てきました。そっちにしようかなと思うようになってきました。
そして、トランセンドさんがPC3200 16G*2のメモリを1万円台前半で出すと聞いて、PC3200にするだけじゃなぁと思っていましたが、32Gにして、しかも新製品で初物ですから、それを買おうと思いました。

トランセンドさんはUSBメモリやmicroSDを使ってます。安価でかつ信用できるブランドだと思ってます。それでM.2 NVME SSDも買ってみたのですが、そっちもいい感じでした。で、今度はメモリも買ってみようと思った次第。
この品物は「無期限保証」をうたっているようです。ま、PCパーツにありがちな「壊れるころにはその規格自体が化石と化している」品物とは思いますが。

いや、だいたいこういうのって初物に手を出しちゃダメなんですけどね。発売されてしばらくして評価も出揃ったころに買うのが賢明ですが。
ま、そこらへんはチャレンジブルで。

普通のPCに32ギガもメモリが要るのかって話もありますが。私はPCでゲームを遊びますが、遊ぼうかなと思ったゲームの要求する推奨スペックをつらつら見ても16ギガがせいぜいで、推奨でも32ギガ要求するゲームは無いと思いますし。(あるのかな?)

ま、とりあえずアマゾンに予約発注。
発売日が待ち遠しかったです。

続きを読む "トランセンドさんのPC3200メモリ"

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »