« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年7月

2020/07/27

万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』

昨日の日曜日は演劇実験室◎万有引力さんの公演『疱瘡譚または伝染する劇』と『眼球譚または迷宮する劇』のダブルヘッダー公演を下北沢のザ・スズナリで拝見してきました。COVID-19の状況下、万有引力さんは3月に予定していた公演『プロメテウス』を中止、今回のザ・スズナリ公演も予定していた『草迷宮』から急遽作品を差し替え、感染対策に配慮したスタイルでこのダブルヘッダー公演を行うといいうかたちになりました。

最後に万有引力公演を拝見したのは去年・19年4月に同じくザ・スズナリであった『チェンチ一族』以来で1年以上ぶりです(7月の奴婢訓は見られなかったです)。待ちわびてました。
ただやっぱりCOVID-19の状況下、どこかおっかなびっくりな気持ちもあって、どうしようかなと悩まなかったといえばウソになりますが。

さて、下北沢へ。本来ならオリンピック連休になってた連休の最終日。下北沢に着いてびっくり、駅舎がリニューアルしてます。それで一瞬混乱しましたが、まぁ迷わずには済んでザ・スズナリへ。

まずは『疱瘡譚』から。

今回、客入れ時に検温と手指の消毒がありました。客席も間隔を開けるなどして対策してました。30席。ザ・スズナリの本来のキャパはその数倍はあると思います。スカスカ。まぁデブ的にはゆったりしてる方がありがたいのですが。でもこんだけしかお客さん入れられないというのは色々大変なんだなと、とても心配にもなってきます。

舞台の前には紗幕が張られ、手前左右に木箱。舞台奥に階段。やっぱりいろいろ大変なのか、大道具もシンプルでした。
もちろんもう舞台上に俳優さんたちがいらっしゃってうごめいてます。「携帯電話の電源を切ってください」等の注意書きが卒塔婆みたいな細長い板切れに書かれて掲げていらっしゃいました。

ややあって開演。

(以下ネタバレゾーンにつき)

続きを読む "万有引力公演『疱瘡譚』&『眼球譚』"

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »