« 2020年2月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年3月

2020/03/22

イメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展

この週末はイメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展を拝見してきました。
ここ数年は作品数の少なかったイメージフォーラム映像研究所の卒展ですが、今年はA~Hと全部で8プログラムもあります。
なにがあったのか事情は分からないのですが、とてもたくさんです。

今年も簡単な感想を書いてみます。ただ、ほんとわたしは、こういう映像作品の感想を書くほどのスキルは持ってない者ですけど。
見た順番に書いていきます。
なお、作品タイトル等はイメージフォーラムさんのサイトのものによります。変更された作品もあるみたいです。

Aプログラム
『Bael』(酒巻海成 / 8分 / 2020年)
音楽も良かったし、画作りも上手いと思います。スタイリッシュでした。

『Demenz』(白水浩 / 6分 / 2020年)
薄れゆく記憶をテーマにした作品、かしら。いや、まだお若いのに。あたしなんてひどいものですよぉ。にじみゆく映像。

『TSUKURIME』(Ayako Tejima / 11分 / 2020年)
自分の目の病気をモチーフにした作品。実は私も加齢と不摂生が原因で、目の具合がだいぶ悪くなってて。映像を見るのがちょっと苦痛で、だから今回の卒展も行こうかどうしようか悩んだのですが。でも、卒展に行って、この作品に出会えてよかったです。私もそうありたいと思います。
自身の目の病気をモチーフにした作品だと萩原朔美さんの『目の中の水』シリーズを思い出します。

目の病気で気づかされたことが一つあって、それは、「他の人の見えてる世界と私の見えてる世界は違う」ってこと。ちょっと考えたらわかるような事ですが。でもやっとそれを「理解」したような。

『30歳の旅』(Johan Chang / 55分 / 2020年)
作者さんが30歳を迎えるのを機に、作者さんの周りの人たちに30歳の頃はどうだったかって訊くインタビューとイメージ映像を組み合わせた作品です。作者さんは台湾の方らしく、インタビューの相手は台湾の方や日本の方のようです。まぁ、普通のサラリーマン的な人はいらっしゃらないようですが。

私は30歳のころ、どうだったかな?ぼんやりとサラリーマンをしていましたが。それは今も変わらないけど。

Gプログラム
『ASMRISM』’前田大介 / 10分 / 2020年)
靴フェチ作品、かなぁ。靴に細い紐を通してゴソゴソいう音をさせたり。

『動物園 I/Zoo Ⅰ』(立川清志楼 / 22分 / 2020年)
この方の作品は去年の卒展で『24minutes』という作品を拝見しています。動物園の檻の一角に向けられたまま、フィクストのカメラ。24分間、夕暮れの日が傾いている様子がかすかにわかるって作品です。
今回も動物園の檻をゆっくり移動していくショット。そこにいるであろう動物を写そうとせず、それと無関係に動いていくカメラの目線。
そしてラストは短く反復していく映像で妙な躍動感を出しています。

『TOKYO INCIDENTS』’坂本裕司 / 17分 / 2020年)
風景、しかし、音楽がINCIDENTS-何か起きそうな空気を醸し出していて。不思議な緊張感。

『Smoke』(ジョイス・ラム / 10分 / 2020年)
最初のシーンはBBQらしきものを楽しむ人々。じつはそれは「どんと焼き」の様子で。村の人々が協力して大きな山車を作り、それを曳いて行って火をつけます。どんと焼き。そしてそのどんと焼きの残り火でみんなで持ち寄った思い思いの食材を焼いて楽しむ、と。
楽しそうなお祭りで、そしてこの国にこういう風景があるのだなと感じいれさせてくれる作品でした。

Hプログラム
『意味をもつ前に』(寺島万智 / 8分 / 2020年)
もう世間一般的には8ミリ映画なんて消えてしまっていますが。イメージフォーラムの卒展では8ミリ作品が見られる事もあります。本作も8ミリ作品でした。フィルムとか現像とかどうしてるのかしら?と思うのですが。モノクローム作品です。
上映後のお話によると今回が初めての8ミリ作品だそうです。

『きりむすぶ』(花房慎也 / 90分 / 2020年)
作品紹介に「好きな人を10年間撮り続けました。そしてついに結婚しました」とあったのですが。作品を見てびっくり。以前の卒展でも作品を2本拝見した方です。

その2本では、惚れたあるアングラ劇団の女優さんがいて、彼女をモデルにして撮っていたと。でも、振られるのが怖くて告白はしなかったと。しかし結局は彼女には嫌がられてしまい、もうモデルもお断りになってしまっていると。そういうトホホな流れだったのですが。でも「ついに結婚しました」とあるので、結局はその方とうまく結婚できたのか?羨ましいなぁ、と思ったのですが。でも作品を拝見してるとそれは違うくて。

つかこういう人間関係、よくこなせるなと思いました。作者さんも、ご出演も皆さんも。これがほんとだったら。だったら私はそういう相手と友達付き合いできない、結婚もできない、逃げ出して独りでいるって思いました。孤独に耐える方がいいなぁって。

本作はその女優さんを撮り始めたころの映像が4:3で、それから16:9になって、そういうところにも時間の経過を感じさせます。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2019年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2020/03/16

Huawei Band4 を使ってみました

昨年暮れにスマートフォンをHuawei P3 Liteに買い替えたのですが。ちょうとHuaweiはプレゼントキャンペーンをやっていました。それに応募したのですが、見事に当選しました。応募した景品・Band4が届きました。なので、ちょっと使ってみた感想を書きます。まぁ身銭を切らずに手に入れた品物について書くのは気が引けますけど、ちょっと。
あと、私はこういうスマートウォッチ系の品物に触るのは初めてなので、いわゆる普通の「レビュー」は書けません。そのためにはもっと質の良いレビューがたくさんありますし、今回も使い方とかそういうレビューで学びました。なので、あくまで初めてスマートウォッチ系を扱う初心者としての個人的な感想として書きます。

 200316_1
届いた品物はこんな感じ(文字盤はデフォルトから変更しています)。文字盤部分はサイズ的には婦人物の腕時計ですね。後述しますが、これを本格的に運用するなら常時装着になるので、このくらいサイズぐらいが邪魔にならなくていいと思います、普通の腕時計みたいな品物よりも。本体は硬質プラスチックで、バンドは柔らかめのシリコンゴム。バンドの留め具もプラスチックです。私は金属アレルギーがあるので、留め具もプラスチックだと助かります。

200316_2
文字盤の裏側は3つ小さい穴が縦に並んでます。心拍センサーが作動する時、上下の窓がLEDで光るみたい。その光を真ん中のセンサーが拾って心拍数を出すのかな?原理は分からないけど。
この心拍センサーのほかにこのBand4には赤外線センサーと3軸加速度センサーがついているそうです。

まず充電と思い、使い方を紹介したサイトを参考に充電してやります。Band4はバンドの片方を外すと充電用のUSB端子が表れて、それをUSBポートに挿して充電するタイプです。充電用のケーブルとかはいらないので、失くしたり旅先で忘れて困る心配はないかな。このUSBコネクタ形状を見ると充電専用の物みたいで、データの送受信の機能は持ってないみたい。なお、Band4は電源を落とせるのですが、このUSB充電をすることで電源が入ります。

さて、スマートフォンとの連携です。iOSは分からないのですが、AndroidだとHuawei社のHuawei Healthというアプリを使うそうです。で、Google PlayでHuawei Healthを探してHuawei P3 Liteにインストールしようと思ったのですが、何にもインストールした覚えはないのに「インストール済み」と表示されます。もうP3 Liteにはプレインストールしてありました。スマホにインストールして表示される日本語アプリ名は「ヘルスケア」です。

んで、Huawei HealthにBand4を接続します。どうやらアカウントを作らなければならないらしく、Googleアカウントと連携させましたが。個人情報的にはどうなるかな。もちろん健康関係の情報は「機微な個人情報」扱いだと思うのですが。
まぁ特に資産家でもない、政府高官や大企業幹部でもない、機密作戦に従事してる軍人でもない、ただのロートルオッサンの個人情報なんて特に価値もないのではと思うのですがね。

Bluetoothのペアリングを済ませて、まずファームウェアの更新をやってやります。ファイルサイズは5メガ少々っぽくてすぐできそうだったのですが、結構時間がかかりました。

で、Huawei HealthとBand4をいろいろ触ってみました。

続きを読む "Huawei Band4 を使ってみました"

| | コメント (0)

2020/03/02

『漫画家つくみず展』

というわけでこの週末は前回のブログ記事で感想を書いた『少女終末旅行』の原作者・つくみずさんの展覧会を見てきました。『漫画家つくみず展』とか。場所は渋谷マルイです。

渋谷マルイ8階、最上階のイベントフロアのこじんまりとしたスペースで『つくみず展』は開催されていました。原画、イラスト、そしてアニメ『少女終末旅行』のキャビネとか。まぁ、原画というのはデジタルデータになるのかな。展示されてるのはそのプリントアウトになるのかな。
『少女終末旅行』のあのラスト、最上層の俯瞰からの一連のイメージカットが展示されているのが印象深かったです。

今回は新作『シメジ シミュレーション』刊行を記念してとか。『シメジ~』はあまりよく知らないのだけど。

下書き用のクリップボード等のセットが展示されていました。今はiPadに移行しているとか。仕事場の写真もありました。漫画家の仕事場というと資料や趣味の品がうず高く積み上げられて散らかっているというイメージをなんとなく持っていますがありますが、つくみずさんの仕事場はそういう品物はなく、液晶モニター一体型のiMac(かな?)に小さめのキーボード、傾斜した作業台、そして愛用の品になるのでしょうか、マグカップといった片付いた場所。壁も打ちっぱなしコンクリートという、お人柄をしのばせる様子みたいです。
あと、以前使っていたという下書き(?)用のクリップボードやペンなんかのセット。今はiPad環境に移行してるそうですが。

続きを読む "『漫画家つくみず展』"

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年6月 »