« ? meytélさんのCD | トップページ | 『少女終末旅行』 »

2020/02/25

「ガサガサ・ゴソゴソ展」ほか

この三連休に足立区生物園さんで開催されている企画展、「ガサガサ・ゴソゴソ展」と「毒の生きもの展」を拝見してきました。「ガサガサ・ゴソゴソ展」はゴキブリの仲間たちの展示会、「毒の生きもの展」は文字通り毒のある生き物の展示会です。
ゴキブリに齧られたことはあります。夜、腕が何やらチクチクするので目が覚めて、ふと見るとゴキブリが腕をかじっていました。ゴキブリに食われかかっていました。
そういうゴキブリに食われかかった経験があるのでゴキブリにはちょっと親近感を抱いていますし、面白そうな展示会だなと思って見に行くことにしました。

足立区生物園さんは東武東上線の竹ノ塚駅からバスでちょっと行ったところにある場所。元渕江公園って公園の奥にあります。公園には大きな池があって、釣り糸を垂れている人がいて、「あれ、公園の池で釣りって怒られないのかな?」と思ったのですが、もともと「釣り池」として設定されてるようで。あと、縁台将棋を楽しむ方がちらほらいらしたのもこの公園の特色かなぁと。

200225_1
公園をホテホテと横切って足立区生物園さんへ。

200225_2
ゴキちゃん、来たぜ。

まず、常設展から拝見しました。

足立区生物園さんはけっして広い施設ではないと(失礼!)思うのですが、とても見応えのある展示でした。ぎゅっと密度が詰まっていたと思います。
世界各地の生物圏の様子の展示とか、水槽もたくさん。あと、バックヤード的な展示もされていました。さなぎの展示とか、係の方がバックヤードで虫の世話をする様子とかも見せてました。

200225_3

200225_4

温室がありました。蝶が飛んでいました。この、蝶が飛ぶ温室ってのは多摩動物公園で拝見してとても楽しかったのですが、ここもとても楽しいものです。冬場なんかポカポカを楽しみながら蝶の飛ぶ様子をぼんやり眺めていたいものです。ただ、蝶が通路に泊まったりしてる場合もあって、気を付けないと踏んでしまいそうでしたが。お客さんに蝶を放させるイベントもあるようです。
この温室には大きな水槽があって、ピラルクーとかいうんでしたっけ、アマゾンにいそうな大きな淡水魚が泳いでいました。

それから地元の生き物も紹介するスペースもありました。これも地元に密着した博物館という事でたいせつだと思います。
もう消えていっている生き物たちも多いのでしょうか。

さて、いよいよ「ガサガサ・ゴソゴソ展」です。
(以下ゴキ画像注意)

「ガサガサ・ゴソゴソ展」は生物園さんに入って左側の小スペースで展開されていました。けっして広い場所ではないのですが。ご家庭サイズの飼育ケースが並べられ、ゴキブリたちが展示されていました。
200225_5

200225_6

展示ケースにはそのゴキブリの生息場所とかをイメージした飾りつけがされていました。
家の中で見かけるゴキブリはミニチュアの家具が飾り付けられ、屋外に生きるゴキブリはその生息場所っぽいディスプレイになっていて。

200225_7
この飾りつけはいったい何だろ?と思いましたが。あ、そうか、『ゴキブリ』の語源って『ゴキカブリ』、つまり『御器』(食器)をかぶる(かじる)という意味だったんだなとだいぶあとから気がついてハタと膝を叩きました。

ゴキブリってカマキリの親戚だって知ってちょっとびっくりしました。

まぁ、ゴキブリたちはほとんど動かないし、モノによっては物陰に隠れていてのぞき込まないといるかどうかわからない状態でした。そりゃ、普段のゴキブリはそうなんでしょうけどね。
カサカサ走り回っていたらちょっと怖かったかもしれませんが。だからあまり怖いという感じはしなかったですよ。

さて、「毒の生きもの展」ですが。どこでやってるんだろうと思いましたが、2階でやってました。2階は物販コーナーとか休憩所になってるみたいですが、その奥でやってました。

200225_8

ここもほんと小スペースだったんですが、でもギュッと凝縮されて面白くてわかりやすい展示になっていたと思います。
毒のある生物の解説、どういう形で毒を持っていて、どういう風に毒を使うか。毒を持っている生物に似た姿になって、相手に警戒させて食べられないようにしている生物にも言及があって、ほんと要点を抑えてるなと思いました。

ここも小さなケースをいくつか使っての展示でしたが、面白かったです。

200225_9

サカサクラゲって実在するのかってちょっとびっくりです。

展示、楽しみました。

足立区生物園、面白い場所です。私の住んでる場所からだと行くのがちょっと大変な場所ですが、近場にあったら通っちゃうなと思いました。
蝶の飛んでる温室で蝶をぼんやり眺めているのとか、とても楽しそうです。
そして何か、いい雰囲気が流れていたと思います。ほんとこの世知辛い時代、こういう施設も経費削減の波をもろにかぶっていると思うのですが、そうは感じさせないなと。

またそのうち行きたいと思いました。公園の池で釣りをするのも楽しいかな?

|

« ? meytélさんのCD | トップページ | 『少女終末旅行』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ? meytélさんのCD | トップページ | 『少女終末旅行』 »