« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020/02/29

『少女終末旅行』

『少女終末旅行』(原作&アニメ)の感想をちょっと書いてみます。
先にお断りしておきますが、謎解きみたいなのはありません。私はそこまで深く本作を読み込めてないですし、本作に関する謎解きや解説はとてもレベルの高いのがたくさんありますし。私はそういうのに伍して何か書けません。むしろそういうレベルの高いサイトの解説や謎解きを面白く拝見し、「そうか、そうか」って思いながら見ました。

ま、ほんと、個人的な感想という事で。

私は『少女終末旅行』をアニメから見ました。去年の9月の下旬ぐらいだったかな?アマゾンプライムに本作があるのに気がついて見始めました。地上波放送の時も、私の好きな感じのお話みたいだったから見ようかと思っていたのですが、録画に失敗したりしてヘソ曲げて見るのやめました。
近年はこういう配信で作品に触れる機会が多くてうれしいものです。
で、やっぱりはまって、原作も揃えました。あとアニメの設定資料集があるみたいですが、それはまだ買ってないのですが。

面白い世界観です。ジャンル的にはポストアポカリプス物になるのかな?人類のほとんどが滅亡したあとの世界の物語。
そういうの、私は好きです。

「私は好きよココ。
すべてはもう終わったもので
なんにも
わたしを
傷つけないもの」
(鈴木志保『ヘブン…』)

ただ、単純にポストアポカリプスじゃないんですよね。今の我々からしたら超高度なハイテク文明の廃墟と第2次世界大戦からちょっと昔くらいまでの兵器が混在する世界。解説によると超ハイテク文明がいったん滅び、生き残った人々がなんとか使えるテクノロジーとしてそういう古いテクノロジーを再利用したそうですが。それならそういうレトロなガジェットというより、ハイテクの劣化版みたいなガジェットになるとも思うのですが。
ここら辺はこれもちょっと変わったポストアポカリプス物の『ヨコハマ買い出し紀行』と共通するかな。『ヨコハマ~』も人間そっくりなロボットが作れるハイテク文明のなれの果てだけど、その劣化版じゃなくてレトロなガジェットがいろいろ出てきますし。
(そう、『ヨコハマ買い出し紀行』も私の好きな作品です)

なんていうのかな、私はこの世界観を「夢の中みたい」と感じました。その、超ハイテクと第2次大戦あたりの古い兵器が混在してる不思議な世界を。脈絡はないけどなにか通じているような感覚。だから、夢の中みたいだなと。

そのハイテク文明は多層構造の人工地殻に暮らす人々だったらしく。その文明の廃墟を旅するふたりの少女、チトとユーリのおはなし。

続きを読む "『少女終末旅行』"

| | コメント (0)

2020/02/25

「ガサガサ・ゴソゴソ展」ほか

この三連休に足立区生物園さんで開催されている企画展、「ガサガサ・ゴソゴソ展」と「毒の生きもの展」を拝見してきました。「ガサガサ・ゴソゴソ展」はゴキブリの仲間たちの展示会、「毒の生きもの展」は文字通り毒のある生き物の展示会です。
ゴキブリに齧られたことはあります。夜、腕が何やらチクチクするので目が覚めて、ふと見るとゴキブリが腕をかじっていました。ゴキブリに食われかかっていました。
そういうゴキブリに食われかかった経験があるのでゴキブリにはちょっと親近感を抱いていますし、面白そうな展示会だなと思って見に行くことにしました。

足立区生物園さんは東武東上線の竹ノ塚駅からバスでちょっと行ったところにある場所。元渕江公園って公園の奥にあります。公園には大きな池があって、釣り糸を垂れている人がいて、「あれ、公園の池で釣りって怒られないのかな?」と思ったのですが、もともと「釣り池」として設定されてるようで。あと、縁台将棋を楽しむ方がちらほらいらしたのもこの公園の特色かなぁと。

200225_1
公園をホテホテと横切って足立区生物園さんへ。

200225_2
ゴキちゃん、来たぜ。

まず、常設展から拝見しました。

足立区生物園さんはけっして広い施設ではないと(失礼!)思うのですが、とても見応えのある展示でした。ぎゅっと密度が詰まっていたと思います。
世界各地の生物圏の様子の展示とか、水槽もたくさん。あと、バックヤード的な展示もされていました。さなぎの展示とか、係の方がバックヤードで虫の世話をする様子とかも見せてました。

200225_3

200225_4

温室がありました。蝶が飛んでいました。この、蝶が飛ぶ温室ってのは多摩動物公園で拝見してとても楽しかったのですが、ここもとても楽しいものです。冬場なんかポカポカを楽しみながら蝶の飛ぶ様子をぼんやり眺めていたいものです。ただ、蝶が通路に泊まったりしてる場合もあって、気を付けないと踏んでしまいそうでしたが。お客さんに蝶を放させるイベントもあるようです。
この温室には大きな水槽があって、ピラルクーとかいうんでしたっけ、アマゾンにいそうな大きな淡水魚が泳いでいました。

それから地元の生き物も紹介するスペースもありました。これも地元に密着した博物館という事でたいせつだと思います。
もう消えていっている生き物たちも多いのでしょうか。

さて、いよいよ「ガサガサ・ゴソゴソ展」です。
(以下ゴキ画像注意)

続きを読む "「ガサガサ・ゴソゴソ展」ほか"

| | コメント (0)

2020/02/06

? meytélさんのCD

去年の11月の終わりごろ、? meytélさんの個展に行って、CDを3枚買ったのですが。
超ヘビーローテっていうか、ここんとこほぼそれしか聞いていません。
んで、ちょっとだけ感想など。

初めて? meytélさんのお歌を聴いたのは5年前、お目当ての方の対バンでした。その時は「新世紀フラワーチルドレン」というソロユニット名義でした。映像を流しながら演奏するというスタイル。「フレンチポップス」みたいって思いました。いや、私は「フレンチポップス」なんてほとんど知らないのですが。そして「ポップ」というと取りこぼされる部分もとても大きいのですが。

そこで手売りされていた『ディス・イズ・ノット・ア・ラブソング』という3曲入りミニアルバムを買いました。なんかとても気に入って、それからしばらく通勤のお供にそればっかり聴いていました。

そしてもっと音源が欲しくなって。その翌年になるかな。? meytélさんのライブに行って、『ぼくがなにを与えられるというんだ?』って4曲入りのミニアルバムを買いました。
? meytélさんのライブに行ったのはその2回だけなんだけど。
でもお歌はしょっちゅう聞いてます。通勤のお供曲になっているので、平日なら数回は聞いている計算になるのだけど。そのくらい気に入っています。

ただトータル7曲しかないってのはさみしいもので、もちっと曲が欲しいなとずっと思っていて。で、高円寺で? meytélの個展があるというので作品を拝見しがてら音源がないかなと覗いてみました。
おかげさんでCD-R音源が3つありました。とてもうれしかったです。一気に? meytélさんの音源が増えました。

今回購入したアルバムは『2010 2016』『phenomenon/perspective』『himitsu』の3枚でした。
手作りのようです。

続きを読む "? meytélさんのCD"

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »