« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/26

月蝕歌劇団公演『新撰組 in 1944』

ザムザ阿佐ヶ谷さんで月蝕歌劇団の公演『新撰組 in 1944-ナチス少年合唱団-』を拝見してきました。

月蝕歌劇団さん。高取英さんが設立した劇団。高取英さんは去年の11月26日に急逝されてしまったのですが。去年の秋はサルバトール・タリさんの訃報があって驚いていたら、高取英さんの訃報があって、衝撃を受けました。まだそんなお歳でもないのにと。

高取英さんは寺山修司の側近でいらした方だそうです。ただ近年まで勘違いしてたんですが、寺山修司の劇団、演劇実験室◎天井棧敷には在籍していらっしゃらなかったそうです。改めて高取さんの寺山修司についての本を読み直すと、たしかに天井棧敷には在籍してなかった、スタッフとしてデータマンのような仕事をしていたと書かれていました。忘れていたんですな。情けない。
そして、高取さんは日本でもトップクラスに寺山修司についてお詳しい方だったと思っています。高取さんの寺山修司に関する本も面白かったですし、トークショーでとてもお詳しいご様子を拝見したこともありました。

高取英さんがお亡くなりになって、「やっぱりもっと観とくんだった」って思って、6月にあった『聖ミカエラ学園漂流記』を観ました。やはり高取さんの死去を受けてなのでしょうか、なにか凄味さえ感じる公演だったと思います。そして今回、高取さん一周忌の公演という事で、観に行こうかなと思いました。

月蝕歌劇団さんは本公演の時に「詩劇ライブ」というのもあるようです。「暗黒の宝塚」らしい、歌劇団のレビューのような歌のショーです。せっかくだからそれも観ることにしています。今回は「少年の断末魔」というサブタイトルとか。これに関しては本公演の内容を反映したサブタイトルかと思います。

歌われた楽曲、「シーザー節」を感じさせるのも多くて。てかほとんどシーザー節を感じさせて。J・A・シーザーさんの作曲なのかなぁと思います。しかしどこで私は「シーザー節」を感じるのかな?例えば他の人がシーザーさんぽく作曲したらどうなるのかな?それも私はシーザーさんぽいと聴くのでしょうか。

昭和精吾さんを思い出させる出演者もいらっしゃいました。トレンチコート?姿ですっくと立ち、寺山修司の一節を朗々と吟じる姿。昭和精吾さんは天井棧敷に在籍していらした方。あの伝説の「力石徹の葬儀」で弔辞を読んだ方です。私が昭和さんの公演に行くようになったころは、寺山修司の作品の朗読、お芝居の一節を演じたり、天井棧敷時代の思い出話をなさったり、とても楽しかったです。昭和精吾さんの公演を最後に拝見したのは4年前の2015年8月15日。場所はここ阿佐ヶ谷ザムザでした。それから2週間ほどで昭和精吾さんは急逝されてしまいました。

このコート姿で思い出したのですが、どうも天井棧敷の『邪宗門』公演で鞍馬天狗を演じた昭和さんの衣装がトレントコート?だったようです。鞍馬天狗というからにはあの黒頭巾姿だと思い込んでいましたが。(ここらへん自分でもあまりよく分かってないので勘違いだったらごめんなさい)

「詩劇ライブ」、楽しみました。物販でも色々買えたらよかったのですが。
そして晩ご飯を食べてからいよいよ『新撰組in1944』です。

続きを読む "月蝕歌劇団公演『新撰組 in 1944』"

| | コメント (0)

2019/11/25

? meytél さんの個展

高円寺のpockeで?meytélさんの個展をちょっとだけ覗いてきました。

?meytélさんのライブを始めて拝見したのはこのブログをひもとくと5年前の10月。新世紀フラワーチルドレン名義でした。
なんかいい感じで。その時のライブの感想は「フレンチポップスみたい」って書いてましたが、フレンチポップスなんて私はあまり知らないんだけど。そこの物販でCD-Rのミニアルバムを買いました。それからいちどだけライブは行って、そこでもCD-Rのミニアルバムを買ったのだけど。

ライブはその2回だけ、でも音源はよく聴いてます。その5年前に買った最初のミニアルバムはそのあとずっと冬じゅう聴いてました。いまでも?meytélさんの音源は通勤用プレイリストに入ってるので、よく聴いてます。

で、今回高円寺で?meytél さんの個展があると知って、近場だし、作品を拝見して、CD音源も他にあったらほしいなと思ってお伺いすることにしました。

続きを読む "? meytél さんの個展"

| | コメント (0)

2019/11/18

寺山修司 贋絵葉書展

東神田のkanzan galleryさんで田中未知さんプロデュースの『寺山修司 贋絵葉書展』を見てきました。
田中未知さんは寺山修司の秘書でいらした方、近年寺山修司のお仕事をいろいろ発掘してきて、書籍や展覧会で見せて下さってる方です。
今回は寺山修司の拵えた「贋絵葉書」を中心とした展覧会でした。

私の拝読してきた寺山修司の書物だと、「贋絵葉書」の話は角川文庫の『さかさま博物誌 青蛾館』に一項設けられてます。

「アムステルダムの港町の小さな古道具屋では、いろんなゲテモノが売っている。
剥製の犬や刺青した船乗りの皮膚を額におさめたもの、死んだ家族の写真や使えなくなったドアの把手、そして壜詰の鴎まである。
しかし、なかで私の好きなのは古い絵葉書である。」

まさに、痺れるような「寺山節」で始まる一節。

「ところで、こうした絵葉書にも贋物(実在の人物から実在の人物に宛てて出されたものではないもの)がずい分あるときいて、私は興味を抱いた。過去の作りかえ、記憶の修正といったことは、少しばかりの後ろめたさを伴った愉しみだからである。
そこで、私もまた贋の絵葉書作りあそびをしてみようという気になった。
取り掛かったのが七七年の二月、はじめに白黒写真を数十枚撮り、脱色してから人工着色した。」

と、贋絵葉書作りを始めた年月にも言及されています。(以上角川文庫Kindle版『さかさま博物誌 青蛾館』より)

この寺山修司の贋絵葉書も今まで拝見してきた寺山修司展でぽつぽつと見る機会はありました。しかし今回は寺山修司の秘書でいらした、昨年は横浜での寺山修司展にも関わっていらした田中未知さんのプロデュースで贋絵葉書の特集展という事で、期待は膨らみます。

続きを読む "寺山修司 贋絵葉書展"

| | コメント (0)

2019/11/06

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展

練馬区立美術館で開催中の『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展を見てきました。
実は、わたし自身は、エドワード・ゴーリーの事はあまり知りません。本もひとつ買ったかどうかくらいなのですが。だからファンとはいえないのですが。

VEXATIONさんという音楽ユニットがありました。三人組のユニット。ゴシック&ロリィタという世界でした。もうずいぶん前に活動休止してしまったのですが。
VEXATIONさんのお唄に『ジョーカーサンドマン塔の上』という曲があります。この曲の冒頭がエドワード・ゴーリーの作品からインスパイアされたというので興味を持っていました。で、今回、展覧会があるので行こうかなと。

練馬区立美術館は数年前、あしたのジョー展を見に行った場所です。昭和精吾さんのトークショーがあるというので。昭和精吾さんは寺山修司率いる劇団、演劇実験室◎天井棧敷の団員さんでいらして、あの伝説の『力石徹の葬儀』で弔辞を述べられた方です。昭和さんはもう数年前に急逝されてしまったのだけど。
『あしたのジョー展』は、『あしたのジョー』を中心に、舞踏なんかも含む当時のアンダーグラウンドアートシーンへの言及もあって、見ごたえのある展覧会でした。

練馬区立美術館のある中村橋界隈は、もう大昔、上京したころ働いていたバイト先がある場所でした。もう街の様子はぜんぜん変わってしまったような、まだ面影が残っているような、そんな感じです。そのバイト先も愛憎相半ばする場所なので、そこを見に行こうという気も起きませんが。

もちろんそのころは美術館なんてなかったと思います。

 

続きを読む "『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展"

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »