« 吾妻ひでおとわたくし(いち読者として) | トップページ | 『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展 »

2019/10/27

喜国雅彦「それはオカズだ」展

吉祥寺のリベストギャラリー創さんで漫画家の喜国雅彦さんの個展「それはオカズだ」展を見てきました。
喜国さんの4コマギャグマンガ『傷だらけの天使たち』を中心とした個展でした。

喜国雅彦さんはファンです。といってもライトファンの方です。代表的とされる作品も読んでなかったりします。
『傷だらけの天使たち』シリーズは読んでいました。

四コマ漫画誌に凝っていたころがあります。30年くらい前、「いがらしみきお」が不条理四コマでブームになっていたころ。書店やコンビニで四コマ雑誌を見かけるとほぼ手当たり次第に買っていました。そのころに『傷だらけの天使たち』に出会ったと記憶しています。
やっぱり「あの絵でギャグ」が面白かったのかなぁ。下ネタが好みだったという部分もあったかと。単行本も買っていました。あのハードカバーのゴーカな感じ。特装の四コマ漫画の単行本ってのもはしりだったかも。
ただ、そうして買った単行本も引っ越しで処分するくらいのライトファンでした。だいたい私は引っ越しのたびに大量の本を処分して大家さんと揉めるのですが。本が多いこと自体「床が傷む」と嫌がられますしね。

「それはオカズだ」展と聞いて、思い出してピンときました。その『傷だらけの天使たち』シリーズのネタです。ヒロシと父ちゃん(だったかな?)のシリーズ。貧乏な父子家庭のお話。

最初の方のネタだけど、父ちゃんがご飯を正油で炒めます。で、ヒロシが食べようとすると「ばかやろう。それはオカズだ」と言って、その正油炒めご飯をおかずに白ご飯を食べるの。で、連載の最後のほう、その時はもう父ちゃんはいなかったかな、大きくなったヒロシが子供(だったかな?)に正油炒めご飯を作ってみせると。で、子供がそれを食べようとすると、「ばかやろう。それはオカズだ」ってあのころと同じように正油炒めご飯で白ご飯を食べると。作品は環となると。なんか不思議な感動がしました。

こういうしょうもない(ごめんなさい)ネタがなんか不思議に深い感動を呼び起こすっていうの、私は好きなのだけど。
だから憶えていました。

その『傷だらけの天使たち』をフィーチャーした個展ということで、見てみようかなと。

191027_1

リベストギャラリー創さんは吉祥寺駅からちょっと歩いた、五日市街道沿い(になるのかな?)のギャラリーさんでした。
入場者は多かったですが、見るのに困るって程じゃなかったです。
(今回、撮影可でした。つか撮影推奨とか)

191027_2
壁一面に『傷だらけの天使たち』シリーズの原画が展示されていました。こういう風に壁に掛けられたのと、その手前のカウンターにも原画が置かれていて,手に取って見られるようになってました。
いくつか見ていて、なんとなく見た記憶がかすかにするのも何本かあって。そのかすかな記憶をくすぐられる感覚、とてもよかったです。

なお、今回のこの四コマの原画や、各種原画は販売されていました。保存しとかなくていいのかなとも思ったのですが、スキャンデータが残っていればのちの出版にも困らないだろうし、むしろファンの手元に置かれた方がいいのかなとも思いました。昔、『マンガ少年』って雑誌のみなもと太郎さんの連載エッセイで「マンガ描きは版下作業」と喝破されていましたが、製版データが残っていればいいのかな、と。

価格はいくつかのランクに分かれていて、いちばん高いのでも1万円弱、安いのは3千円強くらいだったかな。ファンなら比較的手が出せる価格帯かと思います。私は購入しなかったけど。ま、手元不如意ってのもありますし、未婚子ナシの私が購入したら、私が死んだら私の荷物はまとめてゴミに出されるでしょうしね。

『傷だらけの天使たち』シリーズのほかにもいくつか作品が展示されていました。漫画のコマのコラージュが面白かったです。

191027_3
高品位印刷の複製原画の販売もあったようです。

バンドの「大島渚」のTシャツがあったので買いました。バンドの大島渚は知らないのだけど。イカ天系のバンドになるのかしら。
XXLがありましたので。こういうグッズTシャツはちょう肥満体なあたしに合うサイズはなかなかなくて涙を呑む場合が多いですし、わざわざXXLがあるということは神様の「お前、買え」っていう天啓かもと思いまして。(でもほんとどうしてXXLなんてサイズ作ったんだろ……?)

そう長くは滞在しなかったのですが、「これはオカズだ」展、楽しみました。
『傷だらけの天使たち』シリーズも、また電子書籍版で買い直して読み直そうかなと思ってます。

『喜国雅彦のそれはオカズだ展』、2019年10月30日まで、12:00~19:00(最終日は17:00まで)場所は吉祥寺・リベストギャラリー創(http://www.libestgallery.jp/index.html )さん。
おススメです。

|

« 吾妻ひでおとわたくし(いち読者として) | トップページ | 『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾妻ひでおとわたくし(いち読者として) | トップページ | 『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展 »