« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019/09/18

スマホをZenFone Live(L1)に交換しました

2年半少々愛用してきたASUSのZenFone3 Laserを壊してしまいました。
私はMVNOの格安SIMでスマートフォンを使っていて、ZenFone3 LaserはそのNVMO業者のディスカウントキャンペーンで購入したものでした。
で、そのMVNO業者は月々にいくらか支払うと、そのスマホの破損に対して格安で代替機を提供するというサービスをやっていて、そのサービスを利用してスマホを交換することにしました。

んで、サポートに電話。もともとが終息品ぽいやつのディスカウントキャンペーンで購入した上に、もう2年半前の品物なので、同じ品物は在庫がないと言う話でした。その事に文句はありません。いつ出るか分からない代替品を在庫し続けるというのも業者としてはコストアップでしょうしね。そんな事はせずに安い利用料でいて欲しいですから。

で、代替機種として、ASUSの製品を2機種、候補として教えられました。片方の機種名はもう忘れたのですが、新しい方のASUS ZenFone Live(L1)というのにしました。スペックとかはあまり分からなかったのだけど。

んで、改めて前に使っていたZenFone3 LaserとこのZenFone Live(L1)とのスペック差を調べてみたのですが。

  ZenFone3 Laser ZenFone Live(L1)
CPU&GPU

CPU: Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU)
GPU:Adreno™ 505

Qualcomm® Snapdragon™ 430 (オクタコアCPU)
GPU:Adreno™ 308
メモリ容量 4GB 2GB
アウトカメラ 1,300万画素 1,300万画素
インカメラ 800万画素 500万画素
ディスプレイ

5.5型ワイド
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶(LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
解像度1,920×1,080ドット(フルHD)


5.5型ワイド
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶 (LEDバックライト)
1,440×720ドット (HD+)

Bluetooth 4.2 4.0
Android Ver(最終&最新) 7.1.1(?) 8.0.0
センサー類 GPS(GLONASS、BeiDouサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサ、RGBセンサ GPS(GLONASSサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ
バッテリー容量 3000mAh 3000mAh
ストレージ 32GB+microSD 32GB+microSD

スペック的に気になるのはこのくらいかしら?
いちばん気になるのはメモリです。Liveは3Laserの4GBに対して半分の2GB。パフォーマンスは低下すると思いますが、どのくらいかしら?
ディスプレイの解像度もちょっと下がりますね。このくらいならそう気にならないかな。
インカメラの解像度も下がりますが、私はセルフィーは撮らないので。
Bluetoothのバージョンが後発機なのにちょっと下がってるっぽいですが……

3万くらいしたLaserですが、Liveの方の定価は1万円台後半でした。もう今は1万円台後半でスマートフォンが手に入るのですね。型落ちのディスカウント品でもなく、メジャーキャリアのような通信費とスマホ代を渾然一体化して、見せ掛け的に本体価格を安く見せる「実質」商法でもなくて。
ま、Laserは購入時はミッドレンジだったと記憶していますが、Liveは明らかにローエンド品ではありますが。スペック的にはそんなに大差ないけど、それがちょっと業腹だけれども(笑)

交換サービスは年中無休で日中は受け付けてます。日曜に電話して、Liveが届いたのが月曜日。ただ、LaserはmicroSIMでしたが、LiveはnanoSIMで、SIMの交換が必要でした。
SIMの交換サービスも日曜日に発注、月曜日の日中に手元の旧SIMが使えなくなり、水曜日の帰宅後に新しいSIMを受領するまでスマホは使えませんでした。できたら火曜日には届いて欲しかったのですが。やっぱりスマホが使えないのは不便です。そしてやっぱり窓口で交換サービスを受けられないMVNO業者はこういう時はちょっと不便ですね。ただ、もうしばらくはnanoSIMより小さいSIMは出ないかなぁ…。そしたらもうSIMを交換することはしばらく無いのだろうけど。、

で、使ってみることにしました。

続きを読む "スマホをZenFone Live(L1)に交換しました"

| | コメント (0)

2019/09/17

座・高円寺『ピノッキオ』

月曜日は高円寺の座・高円寺で『ピノッキオ』ってお芝居を観てきました。
演劇実験室◎万有引力の方がご出演という事で。
演劇実験室◎万有引力さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷団員のJ・A・シーザーさんが、寺山修司没後に天井棧敷の衣鉢を継いで立ち上げた劇団です(私はそう理解してるのですが)。私は寺山修司ファンで、その流れで万有引力の公演も拝見するようになったのですが。

座・高円寺でここ数年の今時分、万有引力の方がご出演の『ピノッキオ』って子供向けの公演があるって事はずいぶん前に知ったのですが。行こうかなと思った年もあったのですが、重い腰がなかなか上がらず。
ただ、今年は、万有引力さんは海外公演があるということで、年内に公演はなくて。ちょっとさみしい思いをしていて、それで、万有の方がご出演のこの『ピノッキオ』を観に行こうと思いました。
ただやっぱり重い腰がなかなか上がらず、一般公演の最終日である月曜日に観に行くかたちになりました。

『ピノッキオ』。もちろん小さいころたくさん慣れ親しんだお話です。ただ、小さいころでありますし、私が見てきたものはいろいろと翻案や演出がされていたものでしょうから、「オリジナル」とは少々違うかもしれませんし。
どんなお話になるのかなぁってちょっとドキドキでした。

お客さんはほぼ満席状態だったかと。もちろん子供さんが多いです。
今日の私は子供さんたちのお相伴。

続きを読む "座・高円寺『ピノッキオ』"

| | コメント (0)

2019/09/11

岸田秀『唯幻論始末記』

『唯幻論始末記-わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか-』(岸田秀:著 いそっぷ社:刊)
「唯幻論」の提唱者、岸田秀の今年1月に出た新刊です。読了。

「唯幻論」。自分なりの(間違ってる可能性もある)理解ですが。まず大前提として「人は『本能』の壊れた動物である」という考えがあります。『本能』と言われると、「あいつは本能のままに生きてるがめつい奴だ」とか、決していい意味では使われないのだけど。でも動物にとって『本能』とは、それに従って生きていれば、大過なく生きていける、動物に組み込まれた行動様式・システムであります。

これが人間においては「壊れている」。なので、人はおのおのがてんでばらばらの『私的幻想』を抱えて生きている。しかしそれでは人は社会を形成して生きていけないから、それぞれの『私的幻想』から各人で共有できそうな要素を取り出し、『共同幻想』を形成し、それによって社会を形成し、生きている。しかし各員の内面は『共同幻想』から取りこぼされた『私的幻想』がくすぶっていて、それが社会の不安定の原因となっている。そう私は『唯幻論』を理解しているのですが。

本書の目次はこうなってます。

第一章 性的唯幻論と私的唯幻論

  • 人間は変な幻想に基づいてしかセックスができない
  • 性交に興味を失った人類がつくりあげた「嘘」
  • 弱くなった男の性欲を女性記に向かわせるための屁理屈
  • なぜ人間は、性的興奮のために倒錯的行動が必要なのか
  • ユダヤ教とは、無理してつくられた不自然な例外的現象
  • 歴史は、その国民がどんな幻想を抱いたかで動かされる
  • 有り得たかもしれない事態が想定されて、初めて歴史は成立する
  • 母との関係に対処するために形成したのが唯幻論
  • 個人心理を集団心理に当てはめるのはおかしいか
  • 人間の思想や行動の原因は、心や脳の中に見出せるのか
  • インチキ心理学が去り、インチキ脳科学が出現
  • 織田信長をサイコパスと呼ぶのは何の意味もない

第二章 わたしの略歴

  • 養子として岸田家に
  • くも膜下出血になった十九歳のとき
  • 家業の劇場を継ぐも、大赤字に
  • ぶっつけ本番、行き当たりばったりの授業
  • 研究者になるには不遇で場違いな家庭
  • 人にものを尋ねないという、という習癖
  • 借りていないお金を返さねばならないという、という強迫観念
  • 受験勉強をしてはならない、という強迫観念

第三章 偽りの理想的母親像

  • 愛情を注いだからと、子に同じことを求める親こそ悪質
  • 献身的に尽くしてくれた母親に、献身的に尽くす
  • わたしの中にあった、卑屈さと傲慢さ
  • 無理に自分は幸福と思おうとしていた
  • 母殺し、祖母殺しの事件が問いかけること
  • わたしを一種の性格破綻者に追い込んだのは何か
  • ほとんどの人間は、変な親から変な人格を受け継ぐ
  • 母は身勝手な父の被害者だったのかもしれない

第四章 強迫観念から生まれた性的唯幻論

  • 自分が変だと気づくのは用意ではない
  • 「有益な」ことをしたと思い込むための読書
  • 相反する強迫観念から本を遠ざけることに
  • 献身的に尽くすが、セックスは求めない「清らかな」恋
  • 要求に従うように見せかけて裏切るパターン
  • なぜわたしは「インチキな熱烈恋愛」に嵌ったのか
  • 性的虐待を受けた女性が惨めな男関係を繰り返す理由
  • なぜセックスをしない男女関係は「清らか」なのか
  • 「女には性欲がない」という嘘が必要だった
  • 女性器も陰毛も乳房も、隠されたから性的魅力になった

第五章 現実感覚の不全

  • 幼いころから狂っていたわたしの現実感覚
  • 頻繁な紛失癖は何かの無意識的願望なのか
  • 非現実を現実と信じてしまう、歪んだ認知構造

第六章 でっちあげられた「天孫降臨神話」

  • 目に飛び込んできた「日本兵の死体の写真」
  • 欧米の一神教に対抗するための「万世一系」
  • 現実をしっかり認識してなかった日本軍
  • 主観的心情が大事で、客観的現実は軽視する傾向
  • 白村江での惨敗、という屈辱を隠蔽したかった日本
  • 真珠湾奇襲は屈辱を否認する「内的自己」の爆発だった
  • 皇国史観と東京裁判史観はともに隠蔽史観
  • アメリカのイコールパートナーという自己欺瞞
  • 無意識へと抑圧された「アメリカへの怒り」
  • 他国の怒りに鈍感なアメリカに議論を吹っ掛けるべき
  • 朝鮮もロシアも中国も、日本に怒っているだろう

第七章 善意の加害行為

  • なぜ近代ヨーロッパ人は、かくも残酷で攻撃的だったのか
  • ペリーのやり口を朝鮮に強いた日本
  • 「アジアを解放するため」という大日本帝国のタテマエ
  • 幕末の屈辱を晴らすために軍事力一辺倒に
  • 「死ぬために戦争を始めた」かのように見える日本人

第八章 消えた我が家

あとがき

私は本書をどのくらい理解できたか自信はないのですが、私的な感想など。
実はこの感想、書きたい書きたいと思いつつ、何ヶ月も書きあぐねていました。
あまりうまく書けませんでしたが、現時点における感想です。

続きを読む "岸田秀『唯幻論始末記』"

| | コメント (0)

2019/09/09

★『小松崎茂』2019展★~僕等のBOXアーツの巨匠 ジェリーアンダーソン作品編~

この週末は所用があって中野へ。それならついでに行こうと思って中野ブロードウェイ2FのAnimanga Zingaroさんで開催されている『『小松崎茂』2019展~僕等のBOXアーツの巨匠 ジェリーアンダーソン作品編~』を覗いてきました。小松崎茂氏の描いた『サンダーバード』をはじめとしたジェリー・アンダーソンの特撮作品のプラモデルの箱絵の原画をメインにした展覧会です。

プラモデルの箱に描かれているイラストを「箱絵」と呼ぶのですが。私は子供のころ、プラモデルマニアでした。ま、あのころは今の歳になっても作ってるつもりだったのですが、もうだいぶ前に引退しています。模型店の棚のプラモデル、その箱に描かれたイラストはほんとうにときめくものでした

箱絵を中心とした展覧会だと、5年前の弥生美術館で『鋼の超技巧画報 高荷義之展』というのを拝見しています。こういう箱絵の世界も光が当たって、こういう展覧会が開かれるというのもとても嬉しいものです。

あまり体調はすぐれなくて、少々ヨレた状態で中野駅の雑踏をくぐり抜けて久しぶりのブロードウェイ。さすがにもうエスカレータートラップに引っかかることなく階段で2階へ。会場のAnimanga Zingaroは小体なギャラリーでした。

続きを読む "★『小松崎茂』2019展★~僕等のBOXアーツの巨匠 ジェリーアンダーソン作品編~"

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »