« 2019年7月の蘭妖子さんのコンサート | トップページ | 横山 宏のマシーネンクリーガー展 »

2019/07/16

BD-Rドライブ交換

今まで使っていたBD-RドライブはLG電子のBH10NS30っていう品物でした。9年くらい前に買った品物。今まで使ってきた光学ドライとしてはかなり長持ちはしていました。これは私が煙草を吸わなくなったということも大きな理由ではないかと思うのですが。
ただ、やっぱり近年はちょっとガタがきていて。ディスクがうまく読み込めないなんて現象も起きてました。ま、そろそろ買い替えかなぁと。

このLGのドライブを買ったショップももう数年前に店仕舞いしてしまってます。光学ドライブも多く置いてあったショップだったんですが。
だから、今回はAmazonで買おうと思ってAmazonで適当に選んで買いました。
ただ、ほんともう、5インチのBD-Rドライブのラインナップもさみしくなってますな。LGも撤退したらしく見かけないし。

買ってってみたのはPioneerのBDR-209BK/WS2という品物です。PCパーツとしては少し前の品物のようですが、そのぶん安かったですし。

Pioneerのドライブはいいって話を以前見たことがあって、それでPioneerにしました。

PCパーツのジャンルとしては「ソフトつきバルク」になります。

PCパーツってのは通常のパッケージ品のほかに、「バルク」と呼ばれる、パッケージされずに裸で流通してる品物もあります。今はどうなんだろ?昔はビデオカードのバルクとかよくあったけど、近年は見かけないようにも思うけど。もうPCパーツショップに足しげく通うこともないので、最近の事情はよく分からないのですが。
「ソフトつきバルク」ってのは、バルク品に何らかのソフトが添付されてる物で。こういう光学ドライブだとバルクにそのドライブ用のソフトの入ったCD-ROMが添付されています。DVDやBDの視聴ソフトとか、-Rメディアの焼きソフトとか。

今回、買おうと思ったいちばんの動機が、添付されてるのがCyberlinkのPowerDVD14って事でした。

今使ってるビデオカードはAMDのRADEON580ですが、近年のRADEONには「Fluid Motion」という機能がついているそうです。
毎秒24コマか30コマの動画を擬似的に毎秒60コマにして、動画再生をなめらかにするって機能です。
これを使えるのが「Fluid Motion」対応のRADEONと14以降のPowerDVDだそうです。んで、これに添付されてるのがPoweDVD14という事で、Fluid Motion対応なので。

さて、ドライブの交換自体は手馴れたものです。特に問題なく交換できました。で、あとは添付ソフトのインストール。
添付されていたCD-ROMにはPowerDVD14の他、Cyberlinkの焼きソフト等も入っていました。これも今までよくあったパターンです。
まぁ今回はPowerDVD14だけ入れてみました。焼きソフトは他のを使ってますし。

さて、設定です。

190716_2  

まず、デスクトップの空いてるところを適当に右クリックしてRADEON SETTINGを呼び出してやります。「ビデオ」タブの「カスタム」の項に「Fluid Motion」の設定がありますから、有効に。

190716_3  

あとPoweDVD14で適当にBDソフトを再生しつつ、その画面を右クリックして「設定」を呼び出して、「Fluid Motion」を有効にしてやりますが。しかし、なぜかFluid Motionが有効になりません。

ネットでいろいろ調べると、モニターのリフレッシュレートを60HzにしないとFluid Motionは有効にならないみたい。で、60HzにしたらFluid Motionが有効になったようです。しかし、映画のセルソフトのブルーレイはFluid Motionが有効になりますが、地デジ録画を焼いたBD-Rでは有効になりません。なんでかな?

ただ、Fluid Motionを有効にして手元の映画のBDを何本か見てみたのですが、そう効果は体感できませんでした。RADEON SETTINGにはデモモードというのもあって、画面を2分割して片方をFluid Motion有効、半分を無効にできる機能もあるのですが。それをみてもどうもぴんとはきません。
大画面モニターとか高精細モニターじゃないとわからないのかな?
このPowerDVDは14で、セルソフト版のPowerDVDは18までいってますから、最新の18にすればもっとはっきり効果が分かったり、設定も簡単になったりしてるかもしれませんが。

ま、その部分はがっかりですが、今までの14より古いPoweDVDで閉口していた、音量調整が直にマスターボリュームをいじるので、PowerDVDを終わらせるとマスターボリュームが変更されたままになるという不満点は解消されていますから、14にしたこと自体はよかったなと。
あとやっぱり新しいドライブにして、古いドライブでは読み込めなかったBD-Rも読めるようになったので買い替え自体もよかったと思います。
このドライブはどのくらいもつかな?前のLGは使ってる途中で煙草を吸わなくなったけど、今度のは最初から煙草を吸わないから、もちっと長持ちするかしら?Pioneerのドライブはいいと聞きますし。

しかし最近は光学ドライブを積まないパソコンも増えているようで。

今、PCケースの買い替えを検討しているのですが。「あ、これいいな」ってケースを見つけてスペックを見ると、5インチベイなしってのがごく普通にあります。つか無い方が多いみたい。
昔はパソコンには光学ドライブが必須でしたが。今はもうOSインストールはUSBメモリだし、ソフトのインストールもオンラインのようで。ゲームも近年はCD-ROMとかDVD-ROMで提供されるものではもちろんなくなって、オンラインインストールになりましたな。映画やアニメも円盤じゃなくてネットストリーミングで見る時代だし。
ま、それでも私は録画を焼いたり、その録画を見たり、セルBDソフトを見たりするのに光学ドライブは手放せません。だから、BD-Rドライブもずっと売られ続けて欲しいのですが。

ま、これで修理もオシマイ。

|

« 2019年7月の蘭妖子さんのコンサート | トップページ | 横山 宏のマシーネンクリーガー展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年7月の蘭妖子さんのコンサート | トップページ | 横山 宏のマシーネンクリーガー展 »