« 月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』 | トップページ | ライブ【嗤う三つ頭】 »

2019/06/08

トランセンドのM.2SSD

  去年の夏にM.2のNVMeのSSDを導入しました。Intelの512ギガの品物です。
「512ギガもあればじゅうぶんだろう」と思って購入したのですが、近年のダウンロード販売のPCゲームは数十ギガのファイルサイズがあるのが普通にあって、いろいろ入れてると512ギガでは容量不足になってきました。で、それまで使っていたSATAのSSDを再登用して凌いでいたのですが、なんか片付かない気持ちがしていました。
そして最近、SSDの価格低下が著しいみたいです。去年512ギガを買ったのと同じくらいかそれ以下の値段で1テラのが買えてしまうみたい。
だったらもう1テラのM.2SSDにしようかなと思って買い換えてみました。

買ってみたのはTranscendの品物。TS1TMTE220Sという型番です。Transcendにしたのは今まで買ったことのないメーカーの品物で、ちょっと面白いかなと思って。

Transcendさんの製品はmicroSDをいくつか買ったことがあります。信頼できるブランドと思っています。私が買うCFやSD系の品物はTranscendさんかSandiskさんの品物が多いです。

TranscendさんのmicroSDはブリスターパックに入って売られてますが、M.2SSDもブリスターパックに入ってました。普通の箱入りよりかは開封されて何やかやされたのを掴まされる心配は少ないかと思います。
この品物も基盤にチップが載っただけの、ヒートシンクとかはついてない構造です。M.2SSDは発熱が問題ってよく聞きますが、前に使ってたIntelのも温度は30度後半くらいでそう発熱してるって感じではなかったのだけど。カリカリにチューニングされた品物でない限りはそう発熱は問題じゃないと思うのだけど,どうかしら?

さて、取り付けです。

私が今使ってるASRockのB450 STEEL LEGENDはM.2ポートが2つついてます。M.2_2のほうにTS1TMTE220Sを取り付けてやります。M.2は細かいネジを使うので、メガネなんかに使う精密ドライバーが要ります。瞬間接着剤でドライバーの先にネジを軽く接着すると作業しやすいかと。あとは立ち上げて普通にディスクの初期化をすればいいのですが。(あ、あとこの品物には取り付けネジはついてないので、手持ちがなければ買っておかないと)

今回はCドライブのコピーという事で、コピーツールを使います。

Transcendは「SSD Scope」という自社製SSD用のユティリティをサイトで配布しています。そのユティリティの機能のひとつにドライブのクローン機能があるのですが。どうも使い勝手がちょっと分からないので、Intelの方のData Migration Softwareの方を使ってみました。このData Migration SoftwareはAcronisのツールのOEMのようで、愛用しているHDDメーカー、Seagateもたぶん同じOEMのSeagate版を提供しているらしく、使い勝手が似ていて私は慣れています。
あとData Migration Softwareの方がSSD Scopeよりコピーの処理速度は速いみたい。

そしてコピーが完了したらいったんM.2_2からこのトランセンドのSSDを外して、M.2_1に取り付けてやります。
もちろんあっさりと起動。あとは私はPCで地デジ録画もやってるので、いったんバックアップした録画の暗号化情報を書き戻してやりました。
それも問題ないです。

190608_2  
 簡単にベンチを取ってみました。Crystal Disk Mark、設定ぜんぶデフォルトで大雑把に取ってみた限りですが、こんな感じ。
そこそこ早いんじゃないかと思います。

190608_3_3    
あと、このマザーボード、ASRock B450STEEL LEGENDの2つ目のM.2ポートはPCIeX4ではなく、X2で動作しているようなのですが、こっちのほうでもちょっとベンチを取ってみました。シーケンシャル的にはちょうど半分くらいでしょうか。

ま、しばらく使ってみないと信頼性とかはよく分からないのですが、TS1TMTE220S、気に入りました。買ってよかったと思います。
これでなんも考えずにダウンロードしたゲームをCドライブにインストールできるかな?いつまで大丈夫かは分からないのだけど。

|

« 月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』 | トップページ | ライブ【嗤う三つ頭】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』 | トップページ | ライブ【嗤う三つ頭】 »