« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/27

月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』

昨日は新宿スターフィールド劇場さんで月蝕歌劇団公演『聖ミカエラ学園漂流記』を観てきました。

『聖ミカエラ学園漂流記』、昨秋急逝された高取英さん率いる月蝕歌劇団さんの初期の傑作、月蝕の名を不動にした作品だと認識しています。あまり詳しくはないのですが。
私はもともとは寺山修司ファンでなのですが。寺山系劇団の雄、月蝕歌劇団さんの公演はほとんど見に行ってません。数回程度なのですが。
この、月蝕にあまり詳しくない私でも知ってる演目、『聖ミカエラ~』がかかると知って、ちょっと興味を持ちました。寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷の衣鉢を寺山没後に継いだ演劇実験室◎万有引力を率いるJ・A・シーザーさんが監修、そして万有引力の俳優・高橋優太さんが客演という事でさらに興味が深まりました。
高取英さんご自身は天井棧敷には在籍したことがなく、寺山修司のデータマンのようなお仕事をなさっていたようです。あのころのシーザーさんと高取さんの関係はどんな感じだったかなぁって思います。

ただ、場所が以前はタイニイアリスだった場所という事で、ちょいと諦めかけていたのですが。タイニイアリスは小さな座布団で床に直座りするタイプの劇場でした。ま、だから、デブ的にはちょっときつい場所で(汗)。すいてる時は良かったのですが、混んでて縮こまって座ってなきゃいけない時は足腰が痛み出して観劇どころじゃないときもありました。
ただ、タイニイアリアスさんのあった場所がスターフィールドとなってリニューアルした時、座席が椅子席になったようで、なら行けると思って予約しました。

新宿二丁目は花園神社のお祭りらしく、祭り装束の人たちがたくさん。
まず、詩劇ライヴ『堕天使たちの嘆き』から。

この詩劇ライヴがあるというのも月蝕さんの特徴かしら。歌や朗読やダンスのライヴショーなんですが。
おみくじコーナー、団員さんの手書きのおみくじで、「凶」と「大凶」が当たりだそうで、生写真がもらえるみたい。あと、ホチキス留めに生写真をぺたぺた貼り付けたパンフレット類もあったかな。このパンフレット、そういう手作り感満点なのに高取さんのウンチクが凄くて、資料性が高いのですが。今回はパンフレット買えなかったけど、どういう感じだったのかな。
あと、団員さんとのチェキもあります。ここらへん、地下アイドルのノリなのかな?あまりその世界はよく知らないけど。でも月蝕さんは「地下アイドル」なんて言葉ができる以前に「地下アイドル」だったと思います。ちょう元祖だったのではと。

歌と踊りも良かったけど、衣装も素敵でした。なんていえばいいのかな、衣装も調っていて、しゅっとした感じがしてました。ちっともヨレた感じがしないって言えばいいのかなぁ。シーザーさん作曲の曲もあって、シーザー節も聞けて面白かったです。

詩劇ライヴが終わり、外で食事をして、スターフィールドに戻って。いよいよ『聖ミカエラ学園漂流記』です。

続きを読む "月蝕歌劇団『聖ミカエラ学園漂流記』"

| | コメント (0)

2019/05/20

地デジの道は茨道~9~GV-MVP/AZ導入記

私は、地デジしか見られない環境なのですが。地デジはパソコンで見てます。アイオーデータの製品、GV-MVP/XSとGV-MVP/XS3Wを使って4チャンネル受信可能な体制なのですが。
ソフトはGV-MVP/XS3W添付のmAgic TV Digital GTになります。mAgic TV Digitalシリーズは互換性がある以前の品物でも動くので、XSWも動きます。

そういう形で運用していたのだけど。このXS3W添付のmAgic TV Digital GTの「AACSキー」とやらの更新が2019年5月で終了するそうです。この期限が切れると録画のBD-R等への焼きが不可能になるとか。そして、その期限を延長するためには、後継機のGV-MVP/AZを購入してそれに添付されたmAgic TVの新バージョン、mAgic TV 10を使ってくれということです。(mAgic TV 10はその名の通りWindows10しかサポートしていません)

ソフトのバージョンアップもタダではできないだろうし、AACSキーの発行も有料かもしれないは思いますし、それは理解するのだけど。だったらソフトだけ有償アップデートにしてくれたらいいのにと思うのですが、ハードウェア屋さんの矜持なのでしょうか、ハードウェア込み出ないと提供できないみたいで。んなので、GV-MVP/AZを買うことにしました。Amazonで9千円少々でした。

AZはUSB接続の品物です。本体に添付してるのは接続用のmicroUSB-USBのケーブル、B-CASカードはクレジットカードサイズではなく、携帯電話の標準サイズSIMくらいの小さな物。カードリーダーが使えるクレジットカードサイズのほうがいろいろ応用が利くと思うのですが……w
アンテナコネクタは1つで、XSWシリーズのように地デジとBS・CSと分かれていません。

さて、インストール。導入環境は以下の通りです。

OS:Windows10 64bit(アップデートで常に最新版)
CPU:Ryzen 5 2600X
マザーボード:ASRock STEEL LEGEND B450
メモリ:16G

続きを読む "地デジの道は茨道~9~GV-MVP/AZ導入記"

| | コメント (0)

2019/05/13

『格差と民主主義』

『格差と民主主義』(ロバート・B・ライシュ:著 雨宮 寛&今井章子:訳 東洋経済新聞社:刊)
読了。今日の格差の拡大と固定化について、主に米国の例を挙げて論じた本ですが、日本にも当てはまると思います。読了。

数年前、『泰平ヨンの航星日記』というSFを読みました。SF版『ガリバー旅行記』とか『ほら男爵の冒険』といった感じのお話です。その小説にとても示唆的なある星の話がありました。
機械化が進み、その星の資本家たちは利益を増やすために労働者を解雇する。職を失った労働者は貧しくなって、資本家が作る商品が売れなくなる。商品が売れなくなった資本家は、利益を確保するためにさらに労働者を解雇する。さらに貧しくなった労働者はさらに資本家の作る商品を買えなくなる。このスパイラルで資本家も労働者もともに堕ちていくというエピソードでした。それを読んで私は思いました。「あ、これ、今の日本じゃん」って。

それで、こういうメカニズムをもっと詳細に解説した本が読みたいなぁと思っていたのですが。
ネットを巡っているうちに本書の存在を知り、買ってみました。
なので、簡単に感想など。

本書の章立てはこうなってます。

謝辞
はじめに

PART1 不公正なゲーム
試される自由企業体制
ゆらぐアメリカン・ドリーム
リスクと無縁な超富裕層
失敗しても減らないCEOの報酬
まじめにやっても報われない国民

政府の大きさは本当の問題ではな-問題は誰のために存在するかだ
ロビイストが政治をゆがめている
大企業を優遇する規制当局
カネに支配されていく政府

巨額の資金が乗っ取る民主主義
裏金の温床「スーパーPAC」
富の集中が民主主義を脅かす

超富裕層の大転換
富裕層への減税、中低所得層への増税
巨額の貯蓄の行方

公共財の劣化
損なわれる「機会の平等」
放置される貧困層の子供たち
公教育の崩壊
「あきらめ」に支配される米国

前提条件の崩壊
無視された大恐慌の教訓
問題はグローバル化ではない

何を間違えたのか
失われる中間層
政府はどのように失敗したのか
大不況の真の原因は政治にある

なぜ大企業に頼れないのか
国営資本主義という中国の戦略
国家戦略を妨げる米国企業
戦略を持てない米国政府

ウォール街が握る政治的影響力
制御不能なウォール街のやり口
繰り返される失敗
規制を骨抜きにする手口
失われる経済システムへの信頼

結局、誰のための経済なのか

PART2 逆進主義的右派の勃興
社会ダーウィン主義の再来
逆進主義者は何を考えているのか
社会ダーウィン主義の復活
社会ダーウィン主義の否定
逆進する共和党
司法に忍び寄る逆進主義
進化しない逆進派

「目的のためには手段を選ばず」戦略
豹変した共和党
「政府は悪だ」という洗脳

道徳観の逆転
問題は寝室(ベッドルーム)でえはなく役員会(ボードルーム)だ
自由と絆が脅かされる

逆進主義の戦略-分断と制圧
戦略①「ゼロサムゲーム」という幻想
戦略②公務員を悪者にする
戦略③最高裁を制圧せよ

経済をめぐる一〇の嘘

PART3 怒りを乗り越えて-私たちがしなければならないこと
行動を起こすには
リーダーシップの基本原則
居心地のいい世界から抜け出せ
現実世界で組織を作る
あらゆる問題に目配りする
継続することの大切さ
民主主義とは投票だけではない

進歩派の支持を獲得し、維持するための申し入れ書(サンプル)
企業の忠誠についての誓い
積極的な市民権の行使
基本的な選択に関する最終的なメモ-逆進か全身か、社会ダーウィン主義か公共の利益か

訳者あとがき
著者・訳者紹介

以上のようになってます。

続きを読む "『格差と民主主義』"

| | コメント (0)

2019/05/07

萬画家・石ノ森章太郎展

ほぼ引きこもりで過ごした連休最終日。最終日は出かけて外に体を慣らさなきゃと思い、外出はしたのだけど。出かけても特に行くあてもなく、しばらく立ち止まって考えて、これを思い出して世田谷文学館に向かいました。

世田谷文学館さんはおなじみの場所、何度か行ってます。好きな寺山修司関連の展示がちょくちょくあるので。寺山修司が演劇実験室◎天井棧敷を立ち上げたのが世田谷区下馬という事で、世田谷ゆかりの作家になるそうです。当時としては超豪華なマンションで、セントラルヒーティングまでついていたとか。ただセントラルーヒーティングは燃料ドカ食いだったそうですが。


という方向で世田谷文学館で開催中の「萬画家・石ノ森章太郎展 ボクは、ダ・ビンチになりたかった」へ。
入り口脇の鯉のいるお堀に菖蒲かアヤメかカキツバタか分からないけど花が咲いていて、きれいでした。

ただ、私は石ノ森章太郎の熱心なファンというわけではありません。小さい頃、お小遣いがあればプラモデルに集中投下してたので、あまりマンガを読んで他方でもないと思います。仮面ライダーやテレビマンガの009は毎週楽しみ見てましたが、ま、その程度です。マンガのほうは知らないし。その程度の人間が見た感想という方向でお許しください。

入場して。最初の展示が仮面ライダーの最初の「クモ男」の原稿でした。もうグイグイと引き込まれます。

そしてその奥のコーナーでスタジオ・ゼロの紹介。トキワ荘メンバーが作ったアニメーションスタジオだそうですが。手塚プロの『鉄腕アトム』の「ミドロヶ沼の巻
」をスタジオ・ゼロがグロス請けした時のエピソードの回想を描いた短編マンガをスライドショー形式で紹介するという形になってます。スタジオ・ゼロがどんな『場』であったか、分かりやすく描かれていました。トキワ荘メンバーが集まった、それぞれが一家を成している漫画家さんの集まりだったせいで、グロス請けしても絵柄にそれぞれの個性が出てしまい、大変だったそうです。

それから『サイボーグ009』の紹介。原稿とパネルで「009が教えてくれること」の紹介でした。それはとてもいいと思いましたが、ただひとつ、「自己犠牲」はちょっとなんだかなと思ってしまいましたが。特攻賛美もそうですし、今現在問題となっている「ブラック労働」問題も「自己犠牲」にこの国の上のほうの人々が乗っかってる「悪しき習慣」だと思ってます。それは何とかしないとと。

パネルや原稿、書籍等を展示しながら、実験的な手法の紹介、その作中に流れる人生観・価値観といったものの紹介、といった趣向の展示でした。

石ノ森章太郎にとって姉が大きな存在だったという話。ファンにとっては常識レベルの話なんでしょうが、初めて知りました。
トキワ荘時代のイメージアニメーションにちらと描かれていますが、トキワ荘にもやってきて、トキワ荘に集う人たちの面倒を見てたとか。しかし石ノ森章太郎の姉は東京で急逝したそうです。

姉の没後、石ノ森章太郎は世界旅行に出かけ。そこで『サイボーグ009』の構想を得たそうです。

続きを読む "萬画家・石ノ森章太郎展"

| | コメント (0)

2019/05/06

2019年の寺山修司忌

5月4日は私の好きな寺山修司の御命日です。例年のように今年も高尾霊園の寺山修司のお墓にお参りしてきました。
(以下、寺山修司記念館さんの呼び方に習って『修司忌』と呼びます)

JRで高尾山駅。高尾山から高尾霊園さんの1時間に2本出てる無料送迎バスで高尾霊園へ。高尾霊園の送迎バスは去年までのマイクロバスから大型のワンボックスカーになってました。私が修司忌に行くようになってからこれで3台目になるかなぁ。歩いてもいい距離ですが、もうどうしようもなく不精なので。

正午を少し過ぎたくらいで寺山修司の墓所へ。

190506_1
寺山修司のお墓にお参りして。

190506_2
同じく高尾霊園にある九條今日子さんのお墓にもお参りしました。九條さんの御命日は4月30日。訃報を知ったときは驚きました。あれからもう5年になります。

続きを読む "2019年の寺山修司忌"

| | コメント (2)

2019/05/03

Socket AM4へ

(ここにはベンチ結果とかは載ってません。ご容赦。)

PCは自分でパーツを組んだいわゆる「自作パソコン」を使ってます。私は昔の自作パソコン仲間に強くおススメされて以来、20年近くCPUはAMDオンリーです。んで今まではひとつ前のSocket AM3+という世代のを使ってたんですが、そろそろ最新のAMDのCPUソケット規格・AM4にしたいと思ってました。
しかしAM4にしたいとなるとCPU&マザーボード&メモリがセットで交換になり、ちょっとお金もかかります。んなのでどうしようかなぁと去年の今ごろからつらつら悩んでいたのですが。良くしたくもあるし、現状でもそう大きな不満もないし。
SocketAM4はこの夏ぐらいに新仕様になるみたいです。そちらももちろん興味がありますが、そのためか現状のパーツ価格もすこし落ちてきていて、このくらいなら出してもいいかなってぐらいになってきたので、思い切って更新することにしました。

190503_1

買ってきたのはこれらのパーツ。CPUはAMD Ryzen 5 2600X、マザーボードはASRockのSTEEL LEGEND B450、そしてメモリは先日出たばかりのASRockをイメージしたというTEAMのTF8D416G3200HC16CDC01というのにしてみました。PC3200とかいう規格のメモリみたいです。
トータルでCPUとマザーのセット割もあったりして5万円でおつりが少し。去年の夏ごろに電卓を叩いてみたよりは1万円以上安くはなってます。ま、それでいいかなと。

CPUを2600Xにしたのはクロックが今まで使ってたSocket AM3+のFX-8350とだいたい同じクロックだから。やっぱり新しいCPUが前のよりクロックが下だとなんかつまんないですし。ただ、クロック当たりの処理能力は2600Xの方が8350よりはるかに高いそうです。
8350は8コアっていう話です。整数演算コア4コアと浮動小数点演算コアが4コアって構成でしたっけ(うろ覚え)。2600Xは物理コアが6コアで、ハイパースレッディング採用で12スレッド対応だそうです。昔はIntelの独壇場でAMDerは口惜しく思ってたハイパースレッディングもAMDにも来ましたな。

マザーはASRock。これはAM3+で使っていたのも同じASRockの970A-G/3.1だったので、同じメーカーでいいかなと。ASRockのマザーはSocket Aのころからたまに使ってますし。

このCPUとマザーとメモリ、ぜんぶ「光る」そうです。光るパーツが自作パソコンの世界に流行りだしたのは何年ぐらい前なんだろう。私はよくわからないのですが、近年は光るパーツおお流行りみたいです。

さて、組み立てです。

続きを読む "Socket AM4へ"

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »