« イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展 | トップページ | 万有公演『チェンチ一族』 »

2019/04/08

SoundPEATS TrueFree+イヤホンを買ってみました

  • Bluetoothのイヤホンを今まで何個か使ってます。

今まで使ってきたのは右耳と左耳がケーブルでつながったタイプ。ただ、やっぱり最近、このケーブルがカバンのショルダーストラップなんかに絡むので邪魔臭くなってきました。
左右セパレートタイプのイヤホンも、最近いろいろ見かけます。私もそのタイプにしようかなと思いつつ、そういうのって何かの拍子に外れてなくしちゃうんじゃないかと思って、手を出すのもためらわれていたのですが。ただやっぱりカバンにケーブルが引っかかるのも不快になってきて、そのタイプをひとつ試してみようと思いました。

SoundPEATSのTrueFree+という品物を買ってみようかと思いました。Amazonで4,000円弱といったところです。このセパレートタイプのBluetoothイヤホンとしては安価な価格帯のようです。
SoundPEATSの製品はいくつか使ってきました。「信頼のブランド」ではありませんが。だいたい最初に買ったSoundPEATSのイヤホンは外装パーツのはめ合わせが外れてバラバラになってしまったし。「信頼のブランド」ではないけど、そこそこの品質の品物をそこそこの値段で出してるメーカーと認識しています。
ま、ほんと、懐具合が良ければ一桁ぐらいお値段が上のハイエンド品が欲しいものですけれど……

Amazonの商品解説に「35時間連続再生」とあって「あれれ?」と思いました。今まで使っていたBluetoothイヤホンは再生時間は数時間程度です。それよりはバッテリー容量が多いとは思えないこの品物でいきなり35時間連続再生って何か劇的なバッテリー大容量化技術かちょう低消費電力化技術が使われてるのかなって?どもそんなのあるのかな?って少々疑問に思いました。

この品物についてざっとネットで調べると、どうやらこのイヤホンはイヤホンケースもバッテリーを内蔵していて、その容量込みでの連続再生時間が35時間みたいです。その話で逆に安心して買ってみることにしてみました。(それでも「連続再生時間」とうたうのはちょっと間違ってると思いますが)
尚、イヤホン単体での連続再生時間は4時間程度だそうです。ま、4時間なら、通勤用と考えたら十分であると思います。片道4時間以上通勤にかかるなんて事はまずありえないでしょう。


ケ ースはこんな感じ。シールが貼ってあるのはどちら側が開くかすぐ分かるように目印として自分で貼りました。自分的には「栗饅頭」をちょっと大きくした感じで面白いです。充電はこのケースに行い、イヤホンはケースから充電します。


イヤホンはこんな感じです。両耳でステレオモード、通話とかに使うなら片耳でも使えます。左右どちらにもマイクはあるそうで、どちらでも片耳モードで使えるみたい。ボタンは左右にひとつづつです。なお、ケースには磁石ではめ込まれます。ケースからほじくり出すのにちょっとコツがいります。不用意に外れて落ちるのも困りますが。

あとは付属品としてイヤーピースがサイズ違いで4種類。あとは充電用の短いmicroUSBのケーブルがついてます。こういうタイプなら、ケーブルは普通の長さの方が良かったかしら。

さて、まずはペアリングです。(本機はBluetooth5.0に対応してるそうですが、ホストは4.2のスマホです。

TrueFree+はケースからイヤホンを外した時点で電源が入り、ペアリングモードに入ります。その時点でペアリング設定した親機と接続するか、新たに新規のデバイスと接続できます。今まで使ってきたBluetoothデバイスでは、何らかの操作でペアリングモードに入りますが。なので、例えば、通勤電車の中とかで他にペアリングモードに入ってるスマホとかの親機があれば、それにつながってしまう可能性もあると思うのですが。ま、サウンドデバイスだから、他の人のデバイスにつながってもそう大事にはならないとは思いますが。

それぞれのイヤホンにボタンはひとつづつ。音楽再生時の操作では、オンとオフ、一時停止と再生、次の曲、前の曲への操作はできます。でも、今までの左右がつながったBluetoothデバイスでできてた音量調整は親機側でやるようです。まぁそれはそんなにめんどくさくはないですが。

ペアリングには片耳モードと両耳モードで行う必要があります。片耳モードで使うことがあるのならですが。


スマホ側のリストにはこのように「SoundPEATS Truefree+ R」と「SoundPEATS Truefree+ L」のふたつが現れます。挙動を見ると両耳モードのときは左側イヤホンは右側イヤホンに接続されるみたい。

さて、使ってみます。ま、音質は可もなく不可もなくといったところかな。まず何より私はハイエンドイヤホンの経験はないし。値段なり、かなぁ。
通勤電車の車中では音の途切れはしたりしなかったり。どうも相性の悪いデバイスと乗り合わせると途切れまくるみたいです。まぁ、電波関係の規格的にお行儀が悪いのはこちらか向こうかは分からないのだけど。あと、この品物はBluetooth5.0対応ですが親機のスマホは4.0ですし。
面白いと思ったのは、音が途切れる時、今まで使ってたデバイスはブツッと音が途切れるのですが、本機はマイルドにフェードアウト・フェードインします。少しでも不快感を減らそうという工夫なのでしょう。それはとてもいいと思います。

装着間は悪くはないです。着けて普通に歩くぐらいでは外れそうにはなりません。このイヤーピースはフィッティング具合で音質がかなり変わるので、別買いとかも試してみようかなと思ってます。

ま、ざっくりと使った経験ですが、悪くはないです。ケース込みでバッテリーも35時間持つようなので、1週間は平気でもつと思いますし。
悪い買い物ではなかったと思ってます。

もちろんもっと高い高級品、ハイエンドオーディオにも興味はありますけどね。

|

« イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展 | トップページ | 万有公演『チェンチ一族』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展 | トップページ | 万有公演『チェンチ一族』 »