« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019/03/24

イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展

今週はイメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展に行ってきました。
簡単な感想を書いてみようと思います。
色々勘違いや頓珍漢なことも書いてしまうかもしれません、ご容赦です。
今回はA~Dプログラムの4プログラムでした。プログラム順じゃなくて、見た順番に書いていきます。

Cプログラム
HANAKO(エルサムニー・ソフィー/10分/2019)
作者さんは父親がカイロでサッカー選手を目指していたそうです。しかし負傷のため、その道を断たれ。
東京で働いている兄弟の元に行ったら、沖縄暮らしを勧められ、そこで作者さんの母親と出会い、結婚されたとか。
その負傷は幸運であったと父親が。まさに「塞翁が馬」です。
その沖縄の風景、カイロの風景、東京の風景。

外部的な何かを描くドキュメンタリーというより、内省的な独白という方向の作品でした。
演出もあるのでしょうが、カイロの騒音が耳に残りました。しょっちゅう鳴らされる途切れることのない車のクラクション、街の騒音。
カイロに暮らすって事は常にその喧騒の中にいる事なのかなと思いました。ちょっと大変だなと。

今夜のキス、行方不明(徐夢柯/6分/2019)
水彩画(風?)のアニメーション。水彩画の濁った色調。
唇だけが切り抜かれた写真のようで。
キスをしようとしたふたり、しかし唇が逃げ出して。

光屈性グラフィ(藤井あんな/20分/2019)
「日常」を過ごしている室内。しかし、そこを、「非日常」な視線がさまよう。そうするとそれが「実験映画」になる。
そういうことを気づかせてくれた作品でした。

ひとりぼっちのあいつ(田中慧/30分/2019)
映画をやりたいと思った作者さんはイメージフォーラムに通うと。そのいきさつが冒頭、ちょっと自虐的に語られます。
そして作品を作らなきゃいけなくなって、そういえばと幼馴染の引き篭もりの友人にカメラを向けます。
その引き篭もりの友人の部屋、私の部屋そっくりです。私も稼がなくてよいのなら即効引き篭もりになりたいのですが。
たとえ怒りでも、それを感じることは幸福であるという事ではないか?何も感情を抱かないことが不幸ではないか?
というような作者さんの人生観、気づかされました。そうなのかな、そうかもしれないなと。

Aプログラム
アンナ・ファルチのいる階段(伊澤夏男/10分/2019)
アンナ・ファルチというのはちょっと調べた限りではイタリアの女優さんだそうです。古びた洋館ぽい木造の建物の階段を主にした映像と女性の姿で「構成」された作品。解説によると壁のぼろ隠しに貼ってあったのがアンナ・フェルチのセクシーなポスターだったそうです。

どんぐり蝶(永井桃子/5分/2019)
切り絵風のアニメーション。おいしい木の生えてる森を食べつくした兎たち。その兎たちの一匹の感謝知らずの女の子兎。豊かさに耽る我々に対する寓話なんだろうなと。

空を見上げて(寺島万智/10分/2019)
こちらは空の風景を中心に構成された作品でした。ゆっくりと雲が流れていく様子。それを見ながら、雲が流れるのをのんびりと眺めることも最近めったにないなぁと思いました。

日本の姿 東京のお蛇さま(前田大介/60分/2019)
日本の水神信仰の紹介や神社や浮世絵の映像があって、レポーター役の方が登場して。よくある紀行番組の個人製作版が始まるのかなぁと思ったのですが。この「お蛇さま」ってのは実は高速道路網のことで。高速道路を蛇神さまとして、レポーター役の方とその案内役の方が高速道路や神社、そして水辺を巡ります。何やらお話はオカルトっぽくなって。ドラマっぽくなって。
高速道路を神さまとする。その虚構としての「世界観」の構築。

続きを読む "イメージフォーラム映像研究所2018年度卒業制作展"

| | コメント (0)

2019/03/18

青蛾館公演『毛皮のマリー』ラ・ママ版

この週末は東京芸術劇場シアターウェストで青蛾館さんの『毛皮のマリー』のラ・ママ版の公演を拝見してきました。寺山修司の『毛皮のマリー』、ラ・ママ公演での特別版を基にした物になるそうです。

簡単な(?)感想など。

『毛皮のマリー』は寺山修司主宰の演劇実験室◎天井棧敷の初期の演目になるのかしら。登場人物が美少女役も含めてすべて男性という趣向の演目です。それと対になるのが『星の王子さま』という演目で、登場人物は男役含めてすべて女性というお芝居だったそうです。

ラ・ママというのはニューヨークの実験劇場だそうです。あまり良くは知らないのだけど。寺山修司はそこのオーナーにかわいがられていたとか。天井棧敷に在籍され、のちに東京キッドブラザーズを立ち上げた東由多加も公演を行ったそうです。
ちなみに渋谷にもラ・ママというライブハウスがありますが、どういう関係なのかなと思ってます。天井棧敷に在籍していらして、今はその衣鉢を継ぐ演劇実験室◎万有引力を主宰されているJ・A・シーザーさんのライブもちょくちょくやってますから、なんらかの関係はあるのではとは思うのですが。

今回は寺山修司没後35周年、青蛾館創立35周年記念公演になるそうです。という事は青蛾館さんもまた寺山修司死去を受けて創立された劇団さんなのかしら。まったく存じ上げないのですが。

今回はそのラ・ママ版の『毛皮のマリー』とオリジナル版の『毛皮のマリー』を同時にかけていらっしゃいます。両方とも演出は寺山偏陸さん。
偏陸さんは寺山修司の右腕として活躍された方。ある寺山修司展で天井棧敷公演のスタッフの役割分担の書き付けで「偏陸」と書かれたものも拝見したことがあります。

そして、寺山修司没後、寺山修司の御母堂・はつさんの願いで九條今日子さんとともにはつさんの籍に入り、文字通り「寺山修司の弟」となられた方です。
九條さんは寺山修司元婦人でいらして、寺山との離婚後も天井棧敷の制作として活躍され、寺山修司の活動を支えた方であり寺山没後も当時を語るトークショーなどの活動をされてきた方です。九條さんのトークショー、楽しかったです。九條さんは惜しくも5年前に亡くなられてしまったのだけど。

偏陸さんが演出という事で、興味しんしんでした。…といってもちょいと手元不如意なのでオリジナル版は諦めて、こちらのラ・ママ版だけを拝見することにしました。

『毛皮のマリー』は何度か観ています。演劇実験室◎万有引力公演で1度、あと、美輪明宏の『毛皮のマリー』も観ています。美輪明宏は初演時のマリー役でもありました。『毛皮のマリー』初演時は、トラブルがあって用意した大道具が使えずに、急遽美輪明宏の住まいから什器を持ち込んで舞台を作ったそうです。そういう意味でも美輪明宏の世界だったようです。確かこの春も美輪マリーがあるんじゃなかったかしら。それも観に行けたらよかったのだけど……

このラ・ママ版はどうなってるのかなとワクワクしながら池袋の東京芸術劇場へ。
(以下ネタバレゾーンにつきご注意)

続きを読む "青蛾館公演『毛皮のマリー』ラ・ママ版"

| | コメント (0)

2019/03/11

遊行舎公演『一遍聖絵』

この週末は藤沢にある湘南台文化センター市民ホールで遊行舎公演『一遍聖絵~わが屍は野に捨て獣に施すべし~』を観てきました。白石征さんの主宰する遊行舎公演という事で。

白石征さんは私の好きな寺山修司関連の方として存じ上げております。「寺山修司の本を作るために」出版社に入社され、寺山修司の本を作っていらしたそうです。そして寺山修司没後、藤沢で遊行舎という劇団を主宰されていると。

白石征さんの遊行舎として演劇活動、かけているのは寺山修司の戯曲ではなく、時代物のようですし、寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷の演劇とは距離を置いたスタンスでなさっているのかなぁと思っていたのですが。
しかし白石征さんの『望郷のソネット 寺山修司の原風景』を拝読すると、直接には寺山戯曲ではないけれど、寺山修司の遺したエッセンスに深く影響を受けて演劇活動をなさってると知り。いつか遊行舎さんの公演も観てみたいなと思いました。

遊行舎さんの公演を拝見したことは1度だけありました。2008年3月の終わり、「遊行寺さくら祭り」というのを見たことがあります。当時知り合いだった舞踏の方がご出演というので。その方も天井棧敷に在籍していらした方なのですが。本公演ではなく顔見世興行のような感じでした。そして今回改めて調べて気がついたのですが、遊行寺というのは一遍上人が開祖である時宗の総本山だそうです。

それを拝見した時は白石征さんの事はあまり存じ上げてなかったですが。そうやって後年寺山修司と白石征さんの間柄も知り、そして本公演もいちど拝見したいなとずっと思っていました。

先日ツイッターを眺めていたら、寺山修司記念館さんのツィートで遊行舎さんの今回の公園を知り、これも何かのご縁と思って観に行こうかなと思いました。

続きを読む "遊行舎公演『一遍聖絵』"

| | コメント (0)

2019/03/07

「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」

パソコンのモニターはiiyamaのGE2488HS-B2ってのを愛用しています。24インチモニタなんだけど。

特に文句はないのですが。ただ、モニターの前に座ってゲームをしている時と、寝転がってアニメとか見てるときと、かなりモニターを眺めるアングルが違うので、見え方が変わるのにちょっと困ってました。IPS液晶じゃなくてTFTですし。

GE2488HS-B2の角度調整機構はしょぼいです。上下に少し首を振れるくらい。もちょっといろいろ動いて、可動域が広いといいなと思っていました。
で、GE2488HS-B2はもちろん液晶モニターとしてVESAマウントに対応しています。モニターアームとかスタンドをつけるための標準規格。小型PCもつけて、モニター一体にできるようです。物理的にはモニターの背面に開けられた4つのネジ穴なんですが。
なので、VESAマウント対応のモニタースタンドを別買いしようかなと。

買ってみたのは「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」って品物です。Amazonには「Amazonベーシック」っていうプライベートブランド的な商品群があるとは知っていましたが、モニタースタンドまで網羅してるというのは驚きでした。
仕様的にはモニターの上下首振り、上下移動、左右首振り(これは土台ごと)、回転(縦画面にできます)をサポートしています。

お値段は3千円半ば。コンビニ配送には対応できないサイズだそうなので、配送はちょっと面倒でしたが、発注して無事受領。

続きを読む "「Amazonベーシック LCD モニター 高さ調節スタンド」"

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »