« ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』 | トップページ | 万有公演『リヴォルヴィング・ランターン』 »

2018/12/26

ライブ「音串」

12月23日は中野の魚串さくらさくさんでのライブイベント『音串』に行ってきました。
日比谷カタンさんご出演というので。

日比谷カタンさんがヤマダナナさんの企画で、中野の音串さんでライブをなさっているという話はずいぶん前から知っていて、ちょっと行って見たいと思ったこともあるのですが。
ほんとライブにも行かなくなってしまった昨今。でも今年あと1回くらいはライブに行きたいなと思って、このライブがあると知って、行ってみようかなと思いました。

魚串さくらさくってのはチェーン店らしいのですが。『艦これ』のイベントが、この中野店さんではありませんが、さくらさくのいくつかのお店であったという話も知って(私は人ごみが苦手だし、あまりグッズ収集もしませんので、行かなかったのですが)、さくらさくさんもちょっと覗いてみようかなと興味を持っていました。

ま、でも、当日は引きこもりの虫をなんとかなだめすかして中野へ。

魚串さくらさく中野店さんは小体なお店。十数人も入ればいっぱいかしら。そのぶんアットホームな感じがします。艦これイベントやるにはさすがに小さいかも…。
お客さんすし詰め状態で大賑わい。

「魚串」ってのは焼き鳥の魚バージョンみたい。その魚串を中心にいろんなメニューがありました。
私はライブ特別おつまみのパプリカと枝豆のマリネ(だったかな?)と魚串の6串セットを頼んでみました。焼き鳥の5串セットとかよく頼みますが、6串ならちょっと少ないかな?10串セットもあったから、そっちにした方がよかったかな?って思ってたけど、6串でもうボリューム満点、10串頼んだらもてあましそうでした。

単純に魚を焼いただけじゃなくて、バジルっぽい、イタリアンなのもあったし、みりんが香るのもあったし、焼き鳥みたいにタレか塩かってよりもはるかにバリエーションがありました。(焼き鳥もそうしたらどうかな?)
おいしかったです。おばあちゃんの好きだった穴子もあったし。

ややあって開演。

最初が石垣兄弟'sさん。石垣って石垣島のようですが、石垣島出身の方はいらっしゃらないとか。魚串の店長さんもご出演で、お仲間で楽しそうな演奏。そういうのってとてもうらやましいです。途中からお次の尺八男子三楽坊さんのおひとりも加わって。

お次が尺八男子三楽坊さん。今回は尺八トリオというかたちでした。
尺八曲には、昔ながらの尺八のための曲(専門用語があるそうですが、失念)として、虚無僧が演奏する曲を。
これは面白いシステムになっていて、ある村にやってきた虚無僧が最初に演奏するという曲があって。で、もし、そこに先客の虚無僧がいたら、その虚無僧がその返答として演奏する曲があって。で、先客がいると知ったその虚無僧はそこを立ち去る、そういうシステムになっていたそうで。その曲を演奏されていました。他にも虚無僧がお互いの合図に使うような曲もあったのかもしれませんね。
そしてもう1曲あって。それは皆さんのオリジナル曲だそうです。現代的なもの。

三番目が飯田華子さんでした。パフォーマーさんです。クリスマスっぽい衣装で。風俗嬢とダッチワイフの掛け合いから紙芝居へという趣向。かなりシュールな展開で面白かったです。紙芝居も段ボールに描かれていて。

そしてトリが日比谷カタンさんでした。

『対話の可能性』、今年のヒット曲のカバーを挟んで。あまり詳しくはないのですが、アメリカアメリカいう曲が入ってました。
今年、ある時ある場所にぽつねんといたとき、隣室から子供たちが「アメリカ♪アメリカ♪」って歌うのが聞こえてきて。子供たちが歌ってるのだから、最近のヒット曲だろうけど、ナイーヴにアメリカアメリカ連呼するって、なんか昭和の歌みたいだなぁって思ってその歌声を聞いていたのを思い出しました。

それから今年亡くなられた西城秀樹さんのメドレー。西城秀樹はあのころの男性アイドルの中ではいちばん健康的なイメージがあったので、こんなに早くに亡くなられて驚いたのですが。
知っている曲もあり、聴いて久しぶりに思い出した曲もあり、耳慣れない曲もあり、でした。
そしてラストが『Fake Fur bought by Summer Sale BOT』でした。『シン・ゴジラ』カヴァーにつなげていくというスタイルで。

というわけで、ちょっとしんどかったけど、ライブ、楽しみました。
引きこもりの虫を何とかなだめすかして行けてよかったです。
魚串さんもおいしかったので、中野でお酒を呑む機会があったらまた行ってみたいです。

|

« ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』 | トップページ | 万有公演『リヴォルヴィング・ランターン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』 | トップページ | 万有公演『リヴォルヴィング・ランターン』 »