« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/26

ライブ「音串」

12月23日は中野の魚串さくらさくさんでのライブイベント『音串』に行ってきました。
日比谷カタンさんご出演というので。

日比谷カタンさんがヤマダナナさんの企画で、中野の音串さんでライブをなさっているという話はずいぶん前から知っていて、ちょっと行って見たいと思ったこともあるのですが。
ほんとライブにも行かなくなってしまった昨今。でも今年あと1回くらいはライブに行きたいなと思って、このライブがあると知って、行ってみようかなと思いました。

魚串さくらさくってのはチェーン店らしいのですが。『艦これ』のイベントが、この中野店さんではありませんが、さくらさくのいくつかのお店であったという話も知って(私は人ごみが苦手だし、あまりグッズ収集もしませんので、行かなかったのですが)、さくらさくさんもちょっと覗いてみようかなと興味を持っていました。

ま、でも、当日は引きこもりの虫をなんとかなだめすかして中野へ。

魚串さくらさく中野店さんは小体なお店。十数人も入ればいっぱいかしら。そのぶんアットホームな感じがします。艦これイベントやるにはさすがに小さいかも…。
お客さんすし詰め状態で大賑わい。

「魚串」ってのは焼き鳥の魚バージョンみたい。その魚串を中心にいろんなメニューがありました。
私はライブ特別おつまみのパプリカと枝豆のマリネ(だったかな?)と魚串の6串セットを頼んでみました。焼き鳥の5串セットとかよく頼みますが、6串ならちょっと少ないかな?10串セットもあったから、そっちにした方がよかったかな?って思ってたけど、6串でもうボリューム満点、10串頼んだらもてあましそうでした。

単純に魚を焼いただけじゃなくて、バジルっぽい、イタリアンなのもあったし、みりんが香るのもあったし、焼き鳥みたいにタレか塩かってよりもはるかにバリエーションがありました。(焼き鳥もそうしたらどうかな?)
おいしかったです。おばあちゃんの好きだった穴子もあったし。

ややあって開演。

続きを読む "ライブ「音串」"

| | コメント (0)

2018/12/17

ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』

12月16日の日曜日は、駒込のコンテハウスというところでザ・イノえもんズ公演『銀河鉄道の夜』を観てきました。
ザ・イノえもんズというのは、演劇実験室◎万有引力の伊野尾理枝さんと村田弘美さんのユニットのようです。

村田弘美さんの自主公演は何度か拝見しています。惑星ムラリスとか。今回のユニット、イノえもんズとしては最初の公演みたい。村田さんも活動再開になるのかしら。嬉しいです。

駒込はめったに行かない場所かなぁ。東京暮らしは長いので、初めてではないとは思いますが。Google Mapにコンテハウスさんの場所は表示されるので、駒込駅からそのまま…と思ったのですが。六義園というのがあって、あ、いい場所だな、こんど来ようと思って通り過ぎつつ…。あれ、反対方向に向かってました……。ま、開場前に無事到着。

コンテハウスさんは小体な場所でした。清潔で明るい場所って感じ。壁は白、板張りの床、奥にはカウンターがあって飲み物とか出るようでした。デブ的にはそこにたどり着く前にあちこちひっくり返して大惨事になりそうだったので、よく見てはいないのですが。

不思議なお人形、不思議な仮面をつけた方がいらっしゃいます。なんていうのかな、森の精霊みたい。

物販で缶バッジを買いました。それと、銀河鉄道らしく、お弁当売りの方がいらっしゃいました。おにぎりとか焼き菓子とか。名前は失念しましたが、パウンドケーキ系の焼き菓子をひとつ買って、帰宅してから食べてみました。おいしかったです。

ややあって開演。

続きを読む "ザ・イノえもんズ『銀河鉄道の夜』"

| | コメント (0)

2018年の偏陸展とお人形展

12月15日は銀座へ。銀座の奥野ビル地下のギャラリー、巷房・2さんでの偏陸展と、マリアの心臓でのお人形展、「七つの大罪」へ。

森崎(寺山)偏陸さん。寺山修司の右腕として活躍され、寺山修司没後、寺山の母親はつさんの願いで寺山修司元婦人・九條今日子さんとともにはつさんの養子となり、文字通り「寺山修司の弟」となられた方。
毎年今ごろ、銀座の有名な古ビル、奥野ビルの地下にあるギャラリー、巷房・2さんで個展をなさっています。ここ数年は偏陸さんお手製のお味噌の展示&即売があります。

今回も偏陸さんのお写真と、手作り味噌(とお醤油)の展示と即売でした。お味噌の原料も大豆とかだけじゃなくて、ヒヨコマメとかピーナツとか小豆とかを原料にしたのがありました。そういうのも立派にお味噌になるんだと。
食べ物を扱っているので、食品衛生責任者の札が掲げられています。その札にはもちろん『寺山偏陸』と書かれています。

青森産の大豆と鹿児島産の麹のお味噌を買ってみました。青森はもちろん寺山修司の出身地。そして鹿児島は寺山修司の父親、八郎さんのスジの土地だそうです。そういう符合が面白いなと思って。

写真もきれいでした。大きく引き伸ばした寺山修司と九條今日子さんの結婚写真と一緒に偏陸さんたちが収まって、結婚式に参列したように撮られた写真。
あの有名な演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ記念写真(皆さんが学生服姿なの)の人物部分を切り抜いて書割にして、現在の偏陸さんと納まってる写真。面白かったです。この書割は三沢の寺山修司記念館にでも置いといて、来館者が一緒に撮れるようにしたらどうかしら?(僭越ですが…)

そして、良くして頂いたある方がお亡くなりになっていたのを知って愕然としました。

そうそう、今年も偏陸さんお手製のお正月飾りの販売が吉祥寺の4ひきのねこさんであるそうです。12月26日~31日まで。私的にもおススメ。よいものですよ。お手ごろな価格帯の物もあります。

そして巷房・2さんを辞して、マリアの心臓さんへ。

続きを読む "2018年の偏陸展とお人形展"

| | コメント (0)

昭和精吾事務所公演『氾濫原』

12月14日の金曜日は新宿・シアターPOOで昭和精吾事務所公演『氾濫原』を観てきました。夜の部の方になります。

昭和精吾さんは寺山修司の率いる演劇実験室◎天井棧敷の団員でいらした方。あの伝説の「力石徹の葬儀」で弔辞を読まれた方です。
そして寺山没後はその語り部として、寺山の詩や短歌の朗読、お芝居の一節、当時の思い出話等の「語り部」として公演活動を続けられてきたそうです。

残念ながら昭和さんは3年前の夏の終わりに急逝されてしまったのだけど。今はこもだまりさん、イッキさんのおふたりが中心となって、昭和精吾事務所名義で公演活動を続けていらっしゃいます。

今回はイッキさんはスケジュールが被ってるのでご出演はなしという話でしたが、そのスケジュールがキャンセルになったという事で、イッキさんもご出演でした。

という方向でご出演は昭和精吾事務所の皆さんとゲストに(夜の部は)演劇実験室◎万有引力の小林桂太さん、梶原航さん、死神紫郎さんでした。演劇実験室◎万有引力は寺山修司没後、天井棧敷団員だったJ・A・シーザーさんがその衣鉢を継いで立ち上げた劇団になります。

物販で小さなシロの生首のマスコットが売られてたので買ってみました。オリジナルは寺山修司の『犬神』ってお芝居を昭和精吾事務所がかけた時に使われた品物だそうですが。
それは拝見してないのですが、
ただ、昭和さんがその『犬神』の一節をなさった事があって。『犬神』で使われたという仮面をかぶると昭和さんがそのまとっている空気までがらりと変わったのは凄かったです。

席は満席状態、ややあって開演。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『氾濫原』"

| | コメント (0)

2018/12/12

『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』

『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』(三方行成:著 早川書房:刊 Kindle版)読了。
古今東西の昔話や童話をSF仕立てにした短編集です。今年の第6回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作だそうです。(優秀賞の上に大賞があるようですが、今回は該当作なしとか)

短編集ということで、お試しとして本書に収められた「地球灰かぶり姫」がKindle版として無料公開されています。それを読んで面白かったので、購入しました。
Kindle本を買う場合、紙の本と比べて中身を確かめるのがなかなかに難しくて、まだまだ戸惑うことも多いのですが。お試しとかありますけど、やっぱりそういうのに拘束されずぱらぱらと眺めてみたいですしね。でも本書は短編集のおかげか、1篇無料という事で、とっつきがよかったです。

本書に収められたおはなしは

  1. 「地球灰かぶり姫」(シンデレラだと思います)
  2. 「スノーホワイト/ホワイトアウト」(これは白雪姫になるのかな)
  3. 「<サルベージャ>VS甲殻機動隊」(これはなんになるのかちょっと。タイトル的にはアレが元ネタかもしれませんが、アレは昔話でも童話でもないしなぁ…)
  4. 「モンティ・ホールころりん」(これは「おむすびころりん」ですね)
  5. 「アリとキリギリス」(これはそのまんま)

の全5編。それから「第6回ハヤカワSFコンテスト選評」として審査員の方々の選評が載ってます。これについては本作以外への言及もあります。
三方行成さんご自身の前書きやあとがきはありません。

続きを読む "『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』"

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »