« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018/11/19

万有引力公演『狂人教育』

昨日は下北沢のザ・スズナリで演劇実験室◎万有引力第67回本公演『狂人教育-人形と俳優との偶発的邂逅劇-』を観てきました。楽日になります。

元になる戯曲は寺山修司が演劇実験室◎天井棧敷を立ち上げる前の1962年に、人形劇用に書かれたものだそうです。寺山が色々な戯曲や台本を書いていたころ。ラジオドラマとか、篠田正浩監督と組んで映画の台本を書いていたり、そういったころの1作になるのかな。

ザ・スズナリは初めて行く場所になるのかしら。小劇場ブームの歴史的建造物と言っていいのかなぁ。ここらへんはあまりよく分かりません。雑誌とかで名前はよく目にてきましたが。
これも劇場とはちょっと思えない場所かな。1階に居酒屋やレストランが入っていて。これはおととし惑星ムラリスさんの公演を拝見した下北沢の本多スタジオも同じで、本多系列の劇場の特徴なのかしら。

昔よくあった万有引力さんの客入れは、整理番号順にお客さんを並ばせて、開演直前に一気に客入れ、座席は自由、ってスタイルでした。それから最近は普通のお芝居の客入れみたいに指定席制で開演前に開場し、三々五々の客入れ、ただしもう役者さんは舞台上をうごめいているってのが多かったです。

今回は座席指定番号順にお客さんを並べて開演直前に一気に客入れって両者のハイブリッドスタイルでした。これも面白かったです。

席は小さめ。デブ的にはちょっときつかったですけど。でも小スペースながらできる限りの事はしているって感じでした。ぺったんこの座布団で固い床に座るってスタイルでもないし。
ただ、最前列の一群よりは、後ろの方が椅子も大きくてクッションも厚めなので、こんどザ・スズナリに行く時はそのことは注意して席を選びたいと思います。次々回の万有公演もスズナリのようですし。

続きを読む "万有引力公演『狂人教育』"

| | コメント (0)

2018/11/06

高野秀行『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』

『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』(高野秀行:著 文藝春秋:刊)読了。
「辺境ライター」高野秀行さんの世界各地の珍食奇食に関する紀行エッセイです。

先日、「食フェス」ってのに行ってきました。広場にたくさんの露店が並んでいて、日本や世界の各地の料理が食べられるというイベント。

181106

そこで、仲間がアフリカのどこかの国のブースで買ってきたという焼いたイモ虫を持ってきました。後日改めてネットで調べるとモパネワームという物らしいのですが。

お酒が少々入っていたこともあり、食べてみました。中がぐちゅっとしてたり、妙な味がしたらダメだったかもしれませんが、けっこうもくもくと食べられました。ネットで煮干みたいというたとえを見かけましたが、食感はそんな感じかな。味もそう濃い方ではなかったかと。あとかすかに小エビのカラの風味がしました。キチン質って奴かしら?

ま、昆虫食としては初心者向きではあったのでしょうが、けっこう食べられるものだなと思いました。それで、その手のイカモノ食いにちょっと興味を持って。
で、フォローしている高野秀行さんのツイッターによると、高野秀行さんが経験してきたそういう世界の珍食奇食を取り上げた本が出ると知って、これは幸いと本書『辺境メシ』を買ってみました。

高野秀行さん、ファンです。以前はよく読んでいたのですが、近年はそういう本を読むことも少なくなってしまい、あまり読まなくなってしまっていたのですが。
辺境ライターの高野さんが紹介する、世界の辺境でのエピソード、とても楽しく読みました。

昔はこういう本を「いつかそういいう所にもいく機会があるのかなぁ」と思いながら読んでいましたが、近年は「こういうところに行く機会はないだろうけど、面白いなぁ」と感じながら読んでます。老いてますわ。

また、そういう辺境をじかに見てるぶん、氏の見識もまた、鋭いものがあります。ミャンマーのアウンサン・スーチーが、ミャンマー民主化のホープと世界に思われていたころに読んだ氏のミャンマー旅行記に「ミャンマー問題の本質は少数民族問題である。その点においてミャンマー民主化の期待がかけられているアウンサン・スーチーも少数民族については差別的に見てる。だから氏がミャンマーの政権を取ってもそれは変わらない」と書いていらっしゃいました。スーチーが政権の座についたその後の展開は氏の分析通りになってしまいました…。

という事で、久しぶりに高野秀行さんの本です。

続きを読む "高野秀行『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』"

| | コメント (0)

2018/11/05

やっとこさ『ひなぎく』

この週末は『ひなぎく』って映画を見てきました。1966年のチェコの映画です。
『ひなぎく』って映画の存在はずいぶん前から知っていたのですが、実際に見たのはたぶん初めて。

この映画を知ったのは、四谷三丁目時代のイメージフォーラムでした。今は渋谷のミニシアターのイメージフォーラム。昔は四谷三丁目の雑居ビルにあって、常設の映画の上映はやっておらず、週末だけ実験映画の上映会をやってました。それに通っていた時期が私にはあるのですが。
その上映コーナーの受付に『ひなぎく』のポスターが貼ってありました。あの、水着だか下着だか分からないけど、セパレーツを着たふたりの女の子が並んでぺたんと座ってる写真のポスターだったと思います。もう四半世紀以上前のことになるかしら。その女の子の様子、なんとなくは気にはなっていたのですが。

たぶん、イメージフォーラムにかかっていたこともありましたし、他でも見る機会はあったとは思うのですが。ただなんとなく見ないままで今日まで来てしまいました。
「女の子映画の傑作」なんて評判も目にして、「あ、あの映画か」とか思ったことはありましたが。

ンで、今回、某名画座にかかってるのを知って、ちょっと見てみようと重い腰を上げた次第です。四半世紀以上たってやっとこさ。

さすがにちょっとどきどき。

続きを読む "やっとこさ『ひなぎく』"

| | コメント (0)

2018/11/02

青葉市子「qp」

181102

青葉市子さんの新譜「qp」が届きました。
通勤の供に数回聞いた程度になりますが、感想っぽいものが書きたくなったので、書きます。ま、所詮は「感想」に名を借りた「自分語り」でしょうし、だいたい私はそう耳が良くないし、音楽的な知識もあまりないのですが…

初めて青葉市子さんの歌を聴いたのは9年前の暮れ、ファンな日比谷カタンさんの企画ライブの時でした。その時はまだファーストアルバムが準備中だったのかな。その翌年にこれも同じく日比谷カタンさんの対バンで青葉市子さんの歌も聴いて。んで、そこで手売りされてたファーストアルバム『剃刀乙女』を買いました。

それから新譜が出るたびに買っています。『剃刀乙女』につづく『檻髪』、『うたびこ』。ある展覧会の会場限定CD-R『Week Elements of ● "tue.ima"』、大御所ミュージシャンさんたちとのコラボアルバム『ラヂヲ』、ビクター系のレーベルからのメジャーデビュー作『0』、『マホロボシヤ』、それからマヒトゥ・ザ・ピーポーさんとのユニット、NUUAMMの『NUUAMM』。
そして、青葉市子さんがご出演だった寺山修司原作のお芝居、『レミング』のサウンドトラック。寺山修司も青葉市子さんも両方とも好きな私としてはちょう俺得なお芝居でした(笑)

ただ、ライブはずっと行けてません。歌は通勤用の曲リストにも何曲も入っていて、青葉市子さんの歌声を聞かない日はほぼ無いのでありますが。ライブは行けてません。
そして、青葉市子さんと出会って9年。9年、なんか何も無かったようであり、色々あったようであり。何人かを見送り、何人かに出会い…。ま、とにかくも私は老いたとはつくづく感じます。

いや、閑話休題。

続きを読む "青葉市子「qp」"

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »