« 横浜での寺山修司展 | トップページ | 青葉市子「qp」 »

2018/10/29

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』展

この休みは八王子夢美術館で開催中の「『王立宇宙軍 オネアミスの翼』展 SFアニメができるまで」を見てきました。
のちの『トップをねらえ』『新世紀エヴァンゲリオン』等で大ヒットを飛ばすGAINAXの記念すべき第1作、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の膨大な設定資料を中心に「できるまで」を紹介した展覧会です。

『王立宇宙軍~』は実は劇場では未見です。初見はテレビ放送のときでした。テレビ番組雑誌か新聞の番組紹介記事かは忘れたのですが、本作のTVオンエア前、熱く本作を紹介した記事を読みました。「この作品はひとつの架空の世界を見事に創造している」って。
それで興味を持って見てみました。大道具、小道具、衣装、その他ありとあらゆるガジェットがこの世界のどこかに在りそうで、無い、その美術がすごいと思いました。

お話の舞台は地球ではない、地球みたいな星のおはなし。宇宙開発を行っている宇宙軍。その宇宙軍初の有人宇宙機(宇宙船)をめぐる物語。

なにかの間違いで創設されてしまったお荷物の宇宙軍。そういう設定も新鮮でした。この地球の歴史では、宇宙開発は最先端のエリートたちが潤沢な予算で携わってきたものであったと思いますが。ただそれも米ソがお互いの威信をかけて宇宙開発競争をやっていたからであって、そうでなけりゃこういう展開になったのかもしれないと思いました。「宇宙」の価値をまだ誰も気づいてない時代だとしたら。気象衛星、通信衛星、偵察衛星なんかの価値を。

お荷物の宇宙軍、宇宙軍の面々もそれを自覚しているのか士気も低く。しかし宇宙軍の一人、シロツグはリイクニという女の子と出会って、宇宙軍のことを褒められて発奮して、その勢いで人類初の宇宙飛行士に志願してしまう、と。
そして一方、宇宙軍の携わっている人類初の有人人工衛星は、敵方の共和国にエサとして渡すことが決定されていて。
打ち上げ準備を進めている宇宙軍の人々、ロケット略奪のために侵攻してくる共和国軍、戦火の中、人類初の有人宇宙機の運命は?そしてそれに乗るシロツグの運命は?というおはなしでした。

おちこぼれ集団の宇宙軍、彼らが奮闘して人類初の有人宇宙機を打ち上げて見せる、それがよかったです。私もおちこぼれですから。私は奮闘して何かをやり遂げたという経験は無いですけど。
そしてまたそれは『王立宇宙軍』を制作しているガイナックスの面々と二重写しともなるかと。

そして、劇場では見てない『王立宇宙軍』でしたが、初めて買ったアニメのDVDが『王立宇宙軍』になりました。最初に買ったDVDが『パリ・テキサス』(これも私のココロの映画)で、2枚目でした。レーザーディスクからDVDへの過渡期の品物だったんでしょうか、レーザーディスクサイズのジャケットにDVDがちんまりとはめ込まれている品物でした。

私は以前はガイナックスにかかわりの深い岡田斗司夫のファンだったころがあり、ご著作を何冊か読んできました。

DAICONフィルムなどで話題になっていたにせよ、商業作品では実績がなかった人たちに、ガンプラブームで荒稼ぎしていたとはいえ、バンダイに数億円の商業アニメーション映画の制作費を出させた岡田氏たちの手腕。これもまた『伝説』であると思います。

当時、私は、雑誌なんかで「DAICONフィルムはすごい」って話は読んだ事があります。そして当時講読していた模型雑誌によく載っていた、岡田氏たちのSFグッズショップ「ゼネラルプロダクツ」の広告が印象的でした。「メーサー殺獣光線車」のペーパークラフトとか、ちょう精密だけどまず作れそうにないグッズをケレン味たっぷりに紹介する広告。そういうマチズモもまた、当時の「空気」だったかと。

そのゼネラルプロダクツが母体となって、ガイナックスができて、そして『王立~』と作ったという流れと私は理解してるのですが。

残念だけど『王立~』は思うようにヒットせず、『王立~』を作った後はガイナックスは解散という構想だったそうですが、その借金返済のためにガイナックスは継続され、『トップをねらえ』『新世紀エヴァンゲリオン』などのヒット作を作った、と。
そういう歴史もまた面白いなぁと思います。

ま、そういった知識は、だいぶ昔に読んで、記憶もだいぶ薄れている、ほぼ岡田氏の著作だけによるものなので、勘違いとかあったらごめんなさい。
岡田氏もそうい「やり手」タイプで、やり手タイプってのは、また敵を作ってしまうことも多いと思っています。例えば、岡田氏のエッセイで読んだのですが。ある雑誌に自分の連載を売り込んだ時、その雑誌を編集者の前で開いて、他の方の連載に「これいらないでしょ。これもいらないでしょ(だから私の連載を載せなさい)」と次々とマジックでバツを付けていったという話を自慢げに書いておられました。こういう風な人間は敵を作らずに済む訳はないと思います。

岡田氏のようにケレンで売り出した人間は、まず必ずそのケレンで身を滅ぼすものだと思います…。私も読まなくなってしまったし。とても参考になる考え方もたくさん頂けたのですが。影響が残っていますし、それ自体は悪いことではないとは思っていますが。

いや、ま、閑話休題です。
展覧会に話を戻して。

八王子夢美術館を訪れるのは2度目。前は「ますむらひろしの北斎展」でした。漫画家のますむらひろしが北斎の作品をモチーフに描いたイラストを中心にした展覧会でした。それも面白かったです。そういうサブカルチャーやオタクカルチャーに強い美術館さんなのかな。

その独特の世界観が印象的だった『王立宇宙軍』。そのアイディアの源泉に触れられるというので期待はいやがおうにも高まります。

この『王立~』の世界観の深さは、図録にも指摘がありますけど、たくさんの劇中には使用されてなかったデザインもまた支えていた、といえるのかなと思います。そういった膨大な総体があの「世界」を作ったと。
それはたぶんアマチュアに毛の生えた程度の駆け出しのフィルムメーカー集団、だからまだ「効率的」な手法は確立させておらず、いろんなデザイン案を試行錯誤していった、その結果だといえるかもしれません。

もちろんそれは予算的にもだいぶ無駄が生じたようであり、決して「商業作品」としては上手い手法だったとは言えないのでしょうが。
前述の岡田斗司夫の回想にも、バンダイに出資をお願いする予算は、必要な金額をだいぶ余裕を持って積み上げたあと、その金額を「二倍」したと書かれていたと記憶しています(それもケレンだったのかもしれませんが)。しかもそれでも予算が不足してきたと。

そこらへんの紙に書きつけられた物もある構想メモ。メガネを忘れてきたのがちょっと残念でしたが…。イメージボード、設定画。

ツイッターでの指摘を事前に知っていましたが、初期のイメージボードには、発射場を占拠した共和国軍が、降伏した兵士たちを射殺するシーンがありました。
これはどうなるかな?あのあと共和国軍は発射場を占拠するんでしょうか。それともロケット打ち上げを見て、そのまま退却したのかな。

基本、ロケット本体は打ち上げられても、使える資料はたくさんあるはずですから、それを入手しようと動くでしょうし、ロケット関係の技術者は拉致してくるかと思うのですが。雑兵はどうなるかなぁ。共和国軍と全面戦争状態なら捕虜の虐殺もありえるでしょうが。どうなんだろ?基本的に違う星の話だからなぁ…。

『王立宇宙軍』のおはなしの続きを夢想することはよくあります。シロツグとリイクニはけっきょく一緒になったのかなぁ、とかから、あの世界は宇宙開発はどう展開していったのかなぁ、とか。
あれで宇宙軍が解散になったとしても、いつかまた「宇宙開発」が脚光を浴びる日は来ると思います。そしてそれはまず共和国側が先んじるかと。先にも書いたように気象衛星、通信衛星、そして軍事(偵察)衛星。それで王国側が手痛い目に遭って、ふたたび宇宙開発を再開させるんじゃないかと思ったりもします。共和国側は発射場奪取の時に得た資料を活用するかもしれません。それを「敵に機密情報を渡した」と宇宙軍の面々に厳しく当たるかもしれません。ハナから敵に奪わせるつもりだったのに。いや、ふたたび閑話休題。

ニュース映画に登場するシロツグの朝食に出てくるクレスの身。その設定もありました。その設定もまたきちんとあるようです。
これは展示では気がつかず、図録で知りましたが、「死んだ男と宇宙船のために」とみなで飲み干す酒(?)のイラストもありました。片手で握れるぐらいのアンプルに入っていて、呑む時は首のところを何かにぶつけて折って一気に飲むというお酒。そして空いた瓶は焚き火に投げ込む、と。好きなシーンです。
この、アンプルのように首のところを折る瓶に入ったお酒というのも、他に構想されてたようです。それが元なのかな?

衣装類。これはイラストが展示されていたのですが、実作はしたのかなぁってふと思いました。実際に作ってみて、着にくいところがないか、イラスト通りのかたちになるか、とか。そういうのもテストしたりしてたのかなぁって思いました。

プレゼンテーション用のパイロットフィルムも上映されていました。4分くらいかな。あの、清掃車に乗った刺客のシーンがあって、あのシーンはかなり前から構想されていたのかなぁと思いました。
本編では。がらんとした駅で清掃車に襲われるシロツグ、逃げ惑っても追いかけてくる清掃車、意を決したシロツグは、逆に清掃車に飛び乗って、儀礼用の短剣でその刺客を刺し殺す、と。高架から落ちる清掃車、流れ出す刺客の血。迫力のシークエンスでした。

オープニングとエンディングのイラストも展示されていました。

以前、「宇宙に行ったシロツグはそのまま死んでしまった」という説を聞いて、「そうかな、そうかもしれないのかな」と気になっていたのですが。確かにまるで「走馬灯」のようなシーンもありましたし。そして打ち上げた基地もあのあと戦闘に巻き込まれていたとしたら、帰還に関わる管制なんてできないと思うし。管制には「天文台」があたっていた可能性もありますが。

ただ、そのイラストにつけられた解説によると、エンディングにシロツグの帰還が書かれているという指摘があって。
で、改めてDVDを見直してみると、確かにエンディングに宇宙機の帰還シーンが描かれていました。ただ、イラストはだいぶタッチが違うので、そのイラストの人物がシロツグ本人かどうかは分かりづらいですが(笑)

よかったと思いました。

あと、山賀監督のインタビュー映像もありました。そして、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の上映もありました。だから未見の方でも時間に余裕を持っていらっしゃれば本編も見られるかと。ただやっぱりちょっと地味な作品だなとは思います。やっぱり大ヒットとは行かないのもしょうがないのかなとも思います。

会場は撮影OKのようでした。近年は撮影OKな展覧会も増えて嬉しいのですが。ただ、携帯やスマホだとシャッター音が消せないので、あちこちでパシャパシャいうのはちょっとなんだかなぁとも思ったり。そういうの、どうしたらいいかよく分からないけど。

図録を買いました。980円とリーズナブルです。お安くてありがたいのですが、もうちょっと高くてもいいからもっとボリュームがほしかったなとも思ってしまうのはヒトとしてのサガかしら。(そして分厚くて高くなったら「高くて買えなかった…」ってグチるんでしょうね、私)

できたらブルーレイ版の『王立~』もほしかったな…

今回の「『王立宇宙軍 オネアミスの翼』展 SFアニメができるまで」も面白かったです。
八王子夢美術館さんはまた面白そうな展覧会があるかもしれません。目が離せませんな。

|

« 横浜での寺山修司展 | トップページ | 青葉市子「qp」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜での寺山修司展 | トップページ | 青葉市子「qp」 »