« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018/09/18

池内恵『シーア派とスンニ派』

『シーア派とスンニ派 【中東大混迷を解く】』(池内恵:著 新潮選書)
「『シーア派』と『スンニ派』」をはじめとする近年の中東情勢の流れの概観を紹介した本です。ちょっと前に読了。

中東情勢。産油地帯であり、日本はもちろん世界の生命線を握っている場所ではありますが。でも、そういう場所なのに、いや、そういう場所であるからか、しょっちゅうドンパチしているという印象もあります。

私の近現代の中東史の理解は…。まずイスラエルの建国があって、それに対立する中東諸国、そしてパレスチナ問題、PLOとかPFLP。そして日本赤軍。それからイランでイスラム革命があって、イスラム教をバックボーンとする反米国家が生まれて。それからイランとイラクの戦争とか湾岸戦争とかイラク戦争とか。民主化の流れがあって、でも、イスラム原理主義が勃興し、イスラム国とか言うのが人々を虐殺し、異教徒の遺跡を破壊して回っていて。それから『シーア派』とかいうのと『スンニ派』とかいうのがなんか宗教戦争みたいなのをやってて。なんかそういう断片的なイメージはあるのですが、それのつながりとかなんかはあまりよく解りません。

もちろん日本や世界の生命線な場所ですから、訳知り顔にそれを解説したい人もいるようで。つまり、「単純化して理解したつもりになる」って事かな?そういう動きもまぁあるっぽいですな。
そういう「単純化して理解」って手法の一つが本書にもある「マジックワード」化って奴なんだろうけど。そのその解りやすい「マジックワード」として立ち現れてるのが『シーア派』と『スンニ派』というキーワードで。「中東問題とはつまりシーア派とスンニ派の宗教戦争なんだよ」って言い方が近年はよくあるそうで。

そういうわけでたまには中東情勢の解説本でも読んでみようかと思って手を出してみました。
著者の池内恵氏は『イスラーム国の衝撃』(文春新書)を読んでます。それが面白かったので本書も手を出してみました。

本書の目次は

はじめに

第一章 中東問題は宗派対立なのか
1.決まりきった問いかけ
2.中東現代政治の「宗派対立」
3.レバノン-宗派対立の「元祖」
4.「アラブの春」と宗派対立
5.宗派の相違は「原因」か「結果」か
6.「宗派対立」概念への批判
7.宗派対立の虚実

第二章 シーア派とは何か
1.「宗派」と「宗教」
2.シーア派は「少数派」なのか?
3.シーア派は「異端」なのか?
4.シーア派の誕生
5.ムハンマド死後の政治権力-正当性と実効性
6.実効支配か血統か
7.アリーの血統への「あるべきだった権力継承」
8.歴史の肯定と否定・優越感と劣等感

第三章 それはイラン革命から始まった
1.イラン革命の衝撃
2.イラン革命の四つの要素
3.イスラーム革命の思想
4.革命の輸出と反発
5.一九七九年という年
6.「一九七九年以前のサウジ」?

第四章 イラク戦争が解き放った宗派対立
1.イラク戦争
2.「任務完了」果たせず
3.「同盟者としてのシーア派」
4.イラク新体制の設立と宗派問題の浮上
5.米国のイラク三分割論
6.「シーア派の弧」への警戒

第五章 レバノン-宗派主義体制のモデル
1.レバノンという国
2.ブッシュ再選に沸いた民主化勢力
3.聖ヴァレンタイン・デーの爆殺と「レバノン杉革命」
4.レバノン政治の複雑怪奇
5.二〇〇六年夏-レバノン戦争という転換点

第六章 「アラブの春」と「まだら状の秩序」
1.「アラブの春」がもたらしたもの
2.「まだら状の秩序」の時代
3.非国家主体の台頭
4.地域大国の台頭と「拒否権パワー」

あとがき

となっています。

続きを読む "池内恵『シーア派とスンニ派』"

| | コメント (0)

2018/09/12

『ヨコハマ買い出し紀行』

『ヨコハマ買い出し紀行』(芦奈野ひとし:著 講談社:刊 Kindle版 全14巻)読了。
コミックスです。
ここんとこ、まとまったボリュームの小説とかコミックスがとんと読めないメンタルコンディションなんですが、この夏は本書に出会い、面白く拝読できて、久しぶりに長い作品を読了できました。

本書の事はずいぶん前から気になっていたような気がします。もうだいぶ前に書店に平積みになっていたのを見て『ヨコハマ買い出し紀行』って面白い題名だなって思って見てた記憶があります。でもその時は、そのタイトル通り、横浜の(隠れた)名店を紹介するウンチク漫画みたいな物なんだろうなと思っていました。そういうのはあまり食指が動かないし。

ちょっと前にたまたま本書の内容を知る機会があって。自分の好きな世界観だなと思って、試しに買ってみました。それから面白いなって思って、気がついたら全巻買って読んでました。

舞台は関東地方の海沿いのどこか。ちょっとだけ未来のお話。優しく滅びつつある世界のお話。この「優しく滅びつつある世界」ってのが私にはとてもツボなのです。

確たる理由は明らかにされないのですが、衰退に向かっているらしき世界です。地球温暖化のせいかそれとも何か地殻変動のような現象のせいか、海面が上昇し、陸地がどんどん海に飲み込まれていっているようです。人口も減ってるのか、街はどんどん寂れていっているようです。

不思議なハイテクガジェットがいろいろあります。何十年も着陸せずに飛んでいるらしい飛行機、街灯は生きている素材でできてるようで、外部から動力を与えなくても自前で光るみたい。だから、廃墟と化したり水没した街でも街灯だけはともっていて、それもまた美しい景色のようです。
人の形をした植物のような鉱物のような存在。

そして、人間そっくりのロボットもいます。通常のSF用語なら「アンドロイド」と呼ぶべき存在なのでしょうが。本作では、あえてでしょうが、「ロボット」と呼んでいます。

そういうかつてはハイテクが進んだ世界であったようですが、それはどうも衰退しつつあり。作中の人々の生活レベルは昭和30~40年代くらいかな。そんな感じです。
その昭和30~40年代を感じさせる、ちょっと古い感じの軽トラックとかあります。ハイテク時代が衰退しての品物なら、そのハイテクデザインは残ってるとは思うのですが。

今の日本で言う県とかそのレベルの範囲が「国」と呼ばれる行政区分になってます。だとするとそれぞれに国会とか国レベルの行政機関があるのかなぁと思うのですが、それは描かれません。っていうか小国寡民?

続きを読む "『ヨコハマ買い出し紀行』"

| | コメント (0)

2018/09/03

ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム

土曜日は渋谷のイメージフォーラム3階でちょっと遅めのイメージフォーラムフェスティバルNプログラムを見てきました。かわなかのぶひろ先生の特集回です。
本来なら東京でのイメージフォーラムフェスティバル期間中の8月5日の上映予定だったのですが。ただ当日は機材トラブルで上映中止になり、改めての上映となりました。

さて、当日のプログラムは
『これまでの経緯』(デジタル/60分)
『あれから、また、五年』(デジタル/25分)
の2本でした。

続きを読む "ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム"

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »