« ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』 | トップページ | ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム »

2018/08/20

M.2 SSDにしてみました

おととし、久しぶりに自分のPCを大きく組み替えたのだけど。マザーボードはASRockの970A-G/3.1といのにしました。で、マザーボードを眺めてると見たことがないコネクタを見つけて、これなんだろ?と思ってマニュアルを見てみるとM.2というもののコネクタのようです。

ざっくりと調べた限りでは、M.2は規格的にはいろんなデバイスで使えるコネクタのようですが。自作パソコン的にはほぼストレージの接続に使われてるようです。で、ストレージとしての接続はSATA3モードでの接続とSATA Express上のAHCIデバイスとしての接続、そしてSATA Express経由のNVM Express(NVMe)モードでの接続ができるようです。

このNVMeモードでの接続がめちゃ速いそうです。

さて、その前回のPCの大規模組み換え時、CドライブもSSDにしてみました(あと、大容量ストレージとしてHDDも他に2台入ってます)。
で、以前はCドライブは500Gくらいのを載せていたのですが。それまでの使用状況を見る限り、半分も使ってないので、そのくらいあればいいかなと思って、SSDはIntelの540sシリーズの容量360GBタイプ、SSDSC2KW360H6X1にしてみました。

Intelにしたのは私がAMDファンで、CPUやビデオカードはAMDなので、ひとつだけIntel製品を入れてみるのもシャレっ気があっていいかなと思ったのが理由です。もちろん超メジャーメーカーのブランドだから安心して使えるだろうって部分もありましたが。

私はパソコンゲームを遊ぶのですが。Steamの会員になってます。それまではパソゲーというとそう大した数はなくて、たまに買うぐらいのものだったのですが。しかしSteamを導入してほんとたくさんのパソゲーを買うようになりました。Steamは時々大バーゲンをやって、このチャンスに買わなくちゃと思って買うことも多いです。そしてかなり積みゲーにしちゃうのですが。

で、今のゲームだと下手するとインストールサイズが数十ギガになったりするのもあります。んで気がつくと360GのHDDの8割がたはふさがってしまいました。

Steamのクライアントはよくできていて、インストールするディスクの移動やアーカイブ化も簡単にできます。だから、普段は遊ばないゲーム、積みゲーになってるゲームは容量に余裕のあるHDDに移動させておきゃいいのですが。でもそれもなんかめんどくさいし。

で、その爆速というMVMe接続のM.2ストレージを入れてみようかなと。

買ってきたのは今回もIntelで、SSDPEKKW512G8XTという型番の品物。760pシリーズの品物になるようです。

取り付ける品物が2年以上前の品物ですから、品物選びはちょっと悩みました。マザーボードの英文マニュアルを私のつたない英語力で読んでみると、どうやらNVMeには対応している様子。(逆にSATA3モードには対応してないみたいです)
で、760pシリーズはPCI Express3.0対応品ですが、970A-G/3.1はPCI Express2.0までの対応。ビデオカードは(若干のパフォーマンスの低下に目をつぶれば)下位互換性はあるものですが。PCI Express2.0では使えないというような警告も見当たらないし、下位互換性はあるかなぁと思ったのですが。やっぱりちょっと不安でした。でも買ってみました。

容量は512Gでお値段は2万円でちょっとお釣りが来るくらい。このくらいがいちばん私的にはコスパがいいかなと。もちろんもっと大容量が欲しいといえば欲しいけど。ストレージなんてのは残り容量をまったく気にせずに使いたいように使えるのがいちばんいいですし。ま、このくらいあればゲームばしばし入れても残り容量不足なんてのもあまり起きないかなと。

180820_1

外見はこんな感じ。板ガムをふた周りほど大きくした基盤サイズでこれだけの容量があるストレージ、驚きです。

そして取り付け。M.2はほんと取り付けも簡単です。今のマザーボードはM.2ソケットがビデオカードクーラーの下に来る位置にあるのでビデオカードの取り外しは必要でしたが。
M.2のソケットに760pを斜めに差し込み、押し下げてソケットと反対側の切り欠きを小さなビスで留めます。このビスはとても小さいので、メガネなんかに使う精密ドライバーが要りますが。これでおっけー。

今までのドライブの取り付けみたいにドライブをケースのドライブベイに取り付け、電源ケーブルで電源とつなぎ、データケーブルでマザーにつなぐなんて手間の何分の一の手間でできます。ケーブルが知らないうちに抜けて「あれれ?」なんてトラブルも起きようがありません。高パフォーマンスも魅力ですが、扱いの手軽さでもM.2は従来のストレージよりはるかにヨイですな。

180820_2

とりあえず認識はされたようでひと安心。970A-G/3.1のUEFI(BIOS)画面だと"Storage Configureation"ではなくて"NVMe Configuration"を選ぶとで表示されます。「Configuration」と銘うってますが、特に設定はありません。あとは後述のコピーが終了した段階で起動の順序をUEFIで設定してやったほうがいいですが。

起動したら「ディスクの管理」からフォーマットをかけてやります。ここらへんは普通のATA系接続のHDDやSSDといっしょ。

180820_3

で、新品状態でのCrystalDiskMarkベンチでの結果はこうなります。

180820_4

そしてこちらが今まで使っていたSATA3のIntel製540eシリーズのSATA3接続のSSD、SC2KW360H6X1SSDのベンチ結果。2年ほど使った後になりますし、8割がた容量がふさがった状態なので、ベストスコアではないと思いますが。これを導入した時はHDDと比べての劇的なパフォーマンス向上なのでたまげたのですが。しかし、MVMeのこの品物はさらに数倍のパフォーマンスをたたき出しています。さらにたまげます。

ただ、カタログスペック的には3230MB/secのはずのシーケンシャルリードの速度が明らかにかなり低下しています。ここらへんが本来はPCI Express3.0で動ける品物を2.0で動かしてるせいかなと思います。それでもご覧のようにSATA3のSSDより爆速ではあるのですが。

で、あとは、データの移行ですが。Intelのサイトで無償配布されてる"Intel Data Migration Software"を使って今までのCドライブのクローンをしてやりました。
とりあえず問題はありません。あ、あと、私はアイオーのテレビ視聴録画デバイスを使ってるので、旧環境で著作権情報をバックアップして新環境で書き戻してやりました。それ周りも問題はないみたいです。

さて、ちょっと触った限りですが。そう大きく速くなったとは感じませんが、ちょっとパフォーマンスが上がった感じはします。
Fallout4ってゲームをご存知の方はわかると思うのですが。ロード画面でゲームのTIPSが表示されるのですが。SSDのころはふたつ目の表示に切り替わるぐらいロード時間がかかりましたが、これにしてからはTIPSがひとつだけ表示される時間でゲームの再開になります。その程度のパフォーマンスの上昇はあります。

そして、なんにしろ手元のゲームがぜんぶなんの気にもせずにパフォーマンスのよいSSD上に置けるというのがありがたいです。

という方向で、最初は自分の環境で動くかどうかわからなくておっかなびっくりだったM.2 SSDの導入、うまくいってよかったです。そしてM.2がいかに利便性の高いかわかりました。
こんどいつ大きくPCを組み替える機会があるかわからないけど、その時はM.2もどしどし使っていきたいと思いました。

積みゲーも遊んでいきたいのだけど、なかなかその気持ちの余裕がありませぬ。
そしてまたSteamのバーゲンで何か買って積みゲーを増やしちゃうんだろうな…

|

« ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』 | トップページ | ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』 | トップページ | ちょっと遅めの2018IFFのNプログラム »