« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018/07/28

ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』

180728

先日出た『Archives Series Vol.10「時代はサーカスの象にのって'84」オリジナル・サウンドトラック』というアルバムを購入しました。1984年にパルコパートⅢで行われた寺山修司原作・萩原朔美演出のお芝居『時代はサーカスの象に乗って』のオリジナルサウンドトラックとか。ムーンライダーズの鈴木慶一作曲・ムーンライダーズ演奏で、初のアルバム化になるそうです。幻の音源。ムーンライダーズはお名前ぐらいしか存じ上げないのですが。

まだ数回聴いた程度ですが、感想など。
いや、楽曲の感想はほとんどありませんが。
ごめんなさい。

『時代はサーカスの象に乗って』、オリジナルは寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷の演目です。1967年に演劇実験室天井棧敷旗揚げ。そしてその2年後、1969年に天井棧敷は渋谷の並木橋に天井棧敷館という拠点を立ち上げます。地下に小劇場、1階に寺山修司の母・はつが店主を勤める喫茶店、そして2階は劇団事務所という構成の場所だったとか。この地下劇場の杮落とし公演がこの『時代はサーカスの象に乗って』だそうです。

萩原朔美さんの天井棧敷時代の回想録『思い出のなかの寺山修司』によると、この最初の『時代はサーカスの象に乗って』公演も萩原朔美さん演出とか。
萩原朔美さんは演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ当初に入団され、3年くらい在籍していらしたそうです。最初は美少年役として入団し、後に演出をおつとめになったとか。トークショーを拝見した事がありますが、さすがのイケメンさんであります。

『時代はサーカスの象に乗って』は私にとってとても興味深い演目です。
それは昭和精吾さんの影響なのですが。

続きを読む "ムーンライダーズ『時代はサーカスの象に乗って'84』"

| | コメント (0)

2018/07/17

縄文展に行ってきました。

土曜日は上野の東京国立博物館で特別展『縄文-1万年の美の鼓動』(縄文展)を見てきました。

土曜日、午前中のほうが空いてるかなと思って何とか午前中ぎりぎりに会場へ。それでも混んでるようだったらちゃっちゃと諦めて動物園でも行こうかなと思ってました。人ごみは苦手だし、動物も好きですし。
券売の列を見た限りではそう混雑している感じではなかったので、入ってみることにしました。会場もそこそこ混んでいましたが、見るのが困難ってほどではありませんでした。

いや、閑話休題。

縄文時代。いや、私は特に歴史ファンでもないし、縄文時代といっても学校の授業で習う程度の知識しかしか知らないのですが。それもはるか昔のことで、だいぶ忘れてるでしょうし。ただ、ちょっと前、縄文関係の話題とかネットで見かけて、ちょっと面白そうだなナって思って。それで見に行くことにしました。

会場の平成館に入館して。汗まみれだったのでちょっと一休みして汗が引いてから館内へ。上野国立博物館は入場して会場の平成館までちょっと歩くので、レンタルの日傘なんかもあるみたいでした。

縄文時代は館内で配布されてるリーフレットによると紀元前1万1千年から紀元前4世紀のころまで、1万年以上続くそうです。とても長いですな。そして、館内で配られていたリーフレットによると、その1万年も
草創期:前11,000~前7,000年
早期:前7,000~前4,000年
前期:前4,000~前3,000年
中期:前3,000~前2,000年
後期:前2,000~前1,000年
晩期:前1,000~前400年
と分けられるそうです。草創期と晩期を除けばだいたい千年区切りですな。千年単位のお話。有史以降ならいくつもでかいエポックがある年数なのでしょうが。

続きを読む "縄文展に行ってきました。"

| | コメント (0)

2018/07/13

昭和精吾事務所公演『七七火』

先週末は昭和精吾事務所さんの公演『七七火』(なななぬか)を拝見してきました。ライブの回と演劇の回、2回、土日と見てきました。場所は渋谷のサラヴァ東京。

昭和精吾さんは東映のニューフェイスから寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷に参加された方。「天井棧敷の語り部」「寺山修司の語り部」として当時の思い出話や短歌や詩や劇の一説の朗読をなさっていた方。何度か公演にお伺いして、とても楽しかったです。

しかし、昭和さんは3年前の夏に急逝されてしまったのですが。でも、こもだまりさんやイッキさんたちが跡を継いで、昭和精吾事務所名義で公演を続けていてくれてます。ありがたいです。

最初は土曜日のライブ。
ご出演は
死神紫郎さん、
犬神凶子さん、
蘭妖子さん、
そして昭和精吾事務所の皆さんでした。

死神紫郎さんのライブも久しぶりです。エレアコソロ。さらにパワーアップしていると感じました。歌声が読経のように聞こえてきたりして。
ライブ後のMCで初めて「死神」の由来を知りました。だいぶ前の初見からずっと「なんで死神さんって死神って名前なんだろう?」ってずっと思っていましたが。今回やっと知ったと。

犬神凶子さん。犬神サアカス團のボーカルの方。伴奏が犬神サアカス團の犬神情次2号さんでした。2号さんということは1号さんもいらしたのかしら?
犬神サアカス團、旧バンド名の犬神サーカス団は寺山修司の映画『田園に死す』に登場したサーカス団の名前ですね。

犬神サアカス團さんは対バンで少し聴くぐらいの方なのですが。犬神凶子さんの伸びやかで優しい声、それでアングラというのはとてもよいものです。
昭和精吾さんともいろいろ縁があるそうで、その思い出話も。

そして蘭妖子さん。伴奏の方とおふたりで。蘭さんはもちろん寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷のちょうベテランいらした方。5月に拝見したシアターPOOでのコンサートでは黒のモーニングコート(?)姿だったのですが、今回は黒のドレス。

蘭さんのちょっとだみ声でとても優しい声も大好きです。
今回やっとこさ蘭さんのCDを初購入。2枚あったうちの1枚だけですが。

そしてトリが昭和精吾事務所の皆さんでした。スペシャルゲストで廻天百眼の方も。
スクリーンに映像を映しながら寺山修司の『犬神』のダイジェスト版も。昭和さんの、犬神の被り物を着けたとたんにまとっている空気ががらっと変わる様子、まだ憶えてます。凄かったです。

続きを読む "昭和精吾事務所公演『七七火』"

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »