« イメージフォーラム映像研究所2017年卒業制作展 | トップページ | 『フィリップ・マーロウの教える生き方』 »

2018/04/12

JBL T110BTを買いました

今、スマホ+Bluetoothイヤホンって組み合わせでよく音楽を聴いています。
今愛用しているBluetoothイヤホンは左右のイヤホンがケーブルで繋がってるタイプ。なにしろ軽便でいいです。Amazonだと2~3千円ぐらいからあって、安価なのもいいと思っています。安物買いの銭失いかもしれませんが。

ただ、安いせいか、3年ぐらいで買い換えるのは3個目で、その3個目も壊しちゃいました。
初代の奴はハウジングがばらけて壊れましたが、2個目と3個目はパーツが脱落して紛失してしまいました。
今まで使ってきた中国製のBluetoothイヤホン、耳の内側に引っ掛けて固定の補助になるパーツがついているのですが。このパーツの脱落が多いです。乱暴にカバンやポケットに出し入れしているとなんかの拍子で外れ、紛失してしまうことが多いです。瞬間接着剤で固定してみたこともありますが、それも知らないうちにはがれて脱落したり。
ま、安物だししょうがないな、ダメになったら買い換えたらいいや、ぐらいのスタンスでいました。

で、3個目も使えなくなって。こんどはどれにしようかって考えてたら、国内ブランドのJBL製の奴が目に入って、3千円ちょっとみたいなので買ってみました。

180412

買ってみたのはJBLのT110BTという品物です。色はブラック。後で気がついたけど、いろんな色があったので、他の色にしてもよかったかなと思ってます。

付属品は充電用の短いmicroUSBのケーブルとサイズ違いのイヤーピース。イヤーピースはSMLとあるオーソドックスな構成です。T110BTは今まで使ってきた中国製のBluetoothイヤホンみたいに耳の内側に引っ掛けるフックはないです。だから、そのフックのサイズ違いのスペアとか、ケーブルを留めるクリップとか、そういうのは付属していません。あと、私が使ってきたある中国メーカー製だと必ずついてきた四角いケースもありません。シンプルです。

このタイプのBTイヤホンのデザインで個性が出るのはバッテリーとコントローラーのレイアウトかと。
最初に買った奴は右耳にコントローラー、左耳にバッテリーというレイアウトでした。2個目と3個目がイヤホンにバッテリーがあって、コントローラーはケーブルの途中についてるタイプかな?分解してないので詳しくはわからないけど。

このBT110はケーブルの途中にコントローラーとバッテリーがついてます。左右に振り分けて。そのため、イヤーピースは小さいです。
コントロールはオーソドックスな3つボタンタイプ。電源&プレイ&ペアリングモードのボタンが真ん中に、音量アップ&早送り、音量ダウン&巻き戻しのボタンがその両脇に。真ん中のボタンが少しへこんでいて、手探りでもわかりやすいです。

ペアリングは手馴れたもので簡単。電源ボタン長押しでペアリングモードに入るので、スマホからデバイスを見つけ、ペアリンスしてやります。そして着けてみます。

ちょっと左右がわかりにくいです。コントローラーが右側に来ますが、バッテリーボックスとだいたい大きさが一緒なのでぱっと見どっちが左右かわかりません。どちらかに色でも着いていればいいかもしれませんが。これは自分で塗ってもいいし、工夫しましょ。

イヤーピースにはバッテリもコントローラも載ってないので小さくて軽いです。そういうのが載ってるタイプだと、耳穴がちょっと重い感じもしましたが。ま、慣れれば気にならない程度だけど。
そして、耳のひだに引っ掛けるフックがついてないので、固定はどんな感じかなぁと思いましたが。ま、普通に着けたまま歩くぐらいでは問題ないかなと。スポーツ等で体を激しく動かすときはどうなるかはわからないけど。

音質的には…、大事なところですが、これはよくわかりません。普通に良いかなと。何しろハイエンドオーディオの経験はないので、音質に関してはリファレンス的な経験はないです。そして小さいころから耳が悪くて、中耳炎で何度も鼓膜に穴が開いたりしてましたから、雑巾耳かと。

スイッチオン/オフ、接続等にはジングル音が鳴ります。ここらへんは今まで使ってきた中国製みたく、「パワーオン」「パワーオフ」「コネクテッド」とかメッセージがアナウンスされる方が使い勝手がいいかなと思います。

また、今まで使ってきた中国製みたいに防水はうたっていません。今まで使ってきた中国製の防水とうたっているものも、公的にはどういう規格を通ってるかの解説がなく、ただ「防水」とされていただけだし。大汗かくようなスポーツに使ったり、雨に打たれながら音楽を聴くこともまぁないでしょうし、防水は必要ないかなと。

イヤーピースに磁石が入っていて左右をくっつけられるので、ちょっと外した時に首から提げた状態でまとめておけます。ただ、そう強力な磁石ではないようなので、ちょっと外すくらいの時だけ使って、長時間耳から外して使わないならどこかにしまっておく方が紛失を防ぐにはいいかなと思います。

というわけで、値段なりと考えたら満足です。イヤーフックがないから、その脱落は気にしなくてすむでしょうし。イヤーピースはお店で売ってる品物で代用できるかなと。そういう意味では長く使えるかも、です。

ほんとにほんと、そこそこのお金を出して良い品物を買えば、音もいいでしょうし、パーツの脱落も起きないように工夫されてるかもしれません。そうしたほうがいいって、それは自分でも重々わかってるのですが。

ほんと、貧乏性でありますが…。

ま、買ってよかったなと。

|

« イメージフォーラム映像研究所2017年卒業制作展 | トップページ | 『フィリップ・マーロウの教える生き方』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イメージフォーラム映像研究所2017年卒業制作展 | トップページ | 『フィリップ・マーロウの教える生き方』 »