« 現代演劇ポスター展のトークショー | トップページ | 『帰巣譚』 »

2018/01/15

ライブ『沼娘×日比谷カタン』

土曜日は渋谷のラストワルツで日比谷カタンさんと沼娘さんの2メンライブを見てきました。
日比谷さんのライブもほんと久しぶりになってしまいました。そして沼娘さんは初見の方、どういう人たちなのかなぁと楽しみに。

最初が日比谷カタンさん。「J-POPは日本一!」のコーナーも久しぶり、プログレッシブなグループサウンズ『愛のギヨテエヌ! 恋するイミテシヲン! サ!』も久しぶり。
そして沼娘さんのおひとかたを迎えて『サクラサクサクラ』。初音ミクの衣装で登場された沼娘のちえいさん。ご登場の当座は若干危ぶみましたが、お歌が始まるとすばらしかったです。女性が歌う『サクラサクサクラ』を聴くのは初めてかなぁ。

それからまた日比谷さんソロに戻り、本当に久しぶりに『Fake Fur bought by Summer Sale BOT』。嬉しかったです。
この曲は「真夏のバーゲンでフェイクファーのプレゼントをキミに買うボクの愛はホンモノ、さ!」っていうような歌詞を古今東西のシンガーの物まねでメドレーで歌うという、なんていうか、データベース消費みたいな歌です。今回は『シン・ゴジラ』カヴァーも混ぜてでまた嬉しかったです。

日比谷さんのコーナーの〆は『対話の可能性』。私が足繁く日比谷さんのライブに通っていたころの定番のラスト曲でした。懐かしかったです。

それから休憩を挟んで沼娘さん。

沼娘さん。「ぬまむすめ」と思っていたら、「ぬまっこ」と読むそうです。女性おふたりが中心のユニット。「ふえい」さんと「ちえい」さんと仰るのかな。ちえいさんが赤を基調にした衣装、ふえいさんが青を貴重にした衣装。なんていうのかな、日本のお祭り的な派手さがあります。ねぶたの山車とかみたいな感じ、といえばいいのかなぁ。

ちえいさんはアコーディオン。鍵盤がピアノみたいなのじゃなくて、オセロゲームみたいな、白と黒のボタンが並んだ鍵盤になってます。弾くの、大変そうな。
アコーディオンの音は好きです。なんて言えばいいのかな、「記憶の手触り」にいちばん近い楽器のような気がします。

ふえいさんはテルミンその他がご担当。ライブではテルミンでヴァイオリンみたいな音をさせてました。アコーディオンとヴァイオリンというと、黒色すみれさんを思い出します。黒色すみれさんのライブも見なくなってからもう何年にもなりますけど。でも、好きな取り合わせであります。

それからバックの方が、もふもふしたミニラみたいな緑色の着ぐるみをお召しになられたドラムスの方。冬はともかく、夏場に着ぐるみなんて蒸れてとても大変だと思うのですが。
そして怪傑ハリマオみたいな衣装をまとわれたエレキギターの方。

沼娘さん。沼の世界のお姫様姉妹って設定みたい。そういう設定で小芝居をやりながら曲を演奏なさるというスタイルでした。途中までその小芝居に日比谷さんも参加していました。

お歌は、お祭りのようににぎにぎしく、愉快で。それだけじゃなくて、しっとりしたナンバーもあって、それもまたしみじみと良かったです。沼娘さんたちのライブも楽しみました。

アンコールで日比谷さんも登場し、〆は日比谷さんの『ヲとといヲいで』。これは最近のラスト曲になるのかなぁ。最近は日比谷さんのライブも行かなくなってしまったし、よく分からないのですが。お江戸な曲ですから、沼娘さんたちにもぴったりだなぁと。そして、伴奏にテルミンが加わると、さらにとてもいい感じになります。

という方向で、ライブ、楽しみました。

もっとライブとか行けたらいいなと思うのですが、ま、懐具合もありますが、最近はほんとに動くのが億劫になってしまって。今回もだいぶ行こうかどうしようか迷いました。でも行ってよかったです。楽しかったです。

では、また、いつか。

|

« 現代演劇ポスター展のトークショー | トップページ | 『帰巣譚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代演劇ポスター展のトークショー | トップページ | 『帰巣譚』 »