« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017/09/30

『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』

『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』(朝日新聞:刊 Kindle版)
読了。朝日新聞のコラムをまとめた物になるのかしら?電子書籍版のみで紙の本は無いようです。前5章でボリュームは薄めですから、紙の本じゃペイしないかなと。だから、電子書籍ならではの本ではないかと。
お値段もお安く、Kindle版で108円でした。自販機の缶ジュースより安いです。

買ったのは7月の終わりごろです。

寺山修司とその関連の本を時々Kindleで探しているのだけど。寺山本は資料としていつでも見られるように手元においておきたいです。その点、Kindle本はスマホやタブレットに入れて常に持ち歩けますし、検索も簡単、マーカーも本を汚す心配なく引けます。そしてKindle本は時々バーゲンもしてくれますから、安価で手に入れることもできます。なかなかに便利です。

で、その日もまたなんか出てないかなと思ってKindle本を検索していたのですが。
それで見つけたのが本書です。
「若い女性にアングラ人気の怪」とかなんか茶化したようなサブタイトルがついていて、ちょっとむっとしたのですが。何が書いてあるんだろって思って買ってみることにしました。なんといっても108円と安いですし。

そして、面白く読みました。私のその翌月、8月に青森の三沢に寺山修司関連のイベント、市街劇『田園に死す』を見に行ったのですが。直接にはその紹介は無かったのだけど、その理解を深められるお話もありましたし、面白いご縁だなぁって思いました。

続きを読む "『寺山修司のDNA 若い女性にアングラ人気の怪』"

| | コメント (0)

2017/09/25

森園みるく『私の夫はある日突然殺された』

『私の夫はある日突然殺された』(森園みるく:著)
鬼畜ライター・村崎百郎さんの奥さんである森園みるくさんがお描きになった、村崎百郎刺殺事件を中心にした手記漫画です。

村崎百郎さん、ファンでした。といってもライトファンのほうかと。

初めて村崎百郎さんのお名前を知ったのは、『SPA!』だったと思います。それから『鬼畜のススメ』、根本敬さんとの共著『電波系』、唐沢俊一さんとの対談集『社会派くんがゆく!』シリーズを読んでたぐらいです。(『社会派くんがゆく!』の単行本は途中で買わなくなってしまいましたが)
村崎百郎さんが書いていらした『危ない~』とか『GON!』は読んでいませんでした。ここらへんはとても惹かれる部分とそれに反発する部分、アンビバレントな感情があり、本屋さんで手にとってぱらぱらめくるぐらいはしたのですが。
そして、そうやって購入した村崎百郎さんの数冊の本も引越しで処分するぐらいのライトファンでした。

そして刺殺事件があって。村崎さんの追悼本の『村崎百郎の本』を買い、その本を編まれた尾崎未央さんと多田遠志さんおふたりがご出演だったトークショーを浅草橋のパラボリカ・ビスさんへ見に行ったぐらいです。パラボリカ・ビスさんは村崎百郎、本名・黒田一郎さんが編集者として働いていたペヨトル工房の主宰者、今野裕一さんのギャラリーだそうですが。そのトークショーでいろいろ知った事情がありました。森園みるくさんと暮らしつつ、その漫画の原作も書いていらしたこととか、絵本も手がけられていたとか。

それから今年のゴールデンウィークに、横浜の中華街のギャラリーで開催されていた、「村崎百郎UMA未確認生物展」というのに行きました。そこに展示されていた村崎百郎さんの手稿のコピーが圧巻でありました。

そのくらいのライトファンなのですが。

7年前、村崎百郎さんが刺殺されたというニュースに接してまず思ったのは「なんでそんな油断してたんだよ!」という、やりきれない気もちでした。人の狂気を刺激するものを書いていらした自覚はあったろうに、なぜもっと用心しなかったのかなと。今回、本書で、そこら辺の事情にも触れられていたのですが。

ちょっと前に村崎百郎さんの奥様の森園みるくさんがこの事件について手記漫画をお描きになったと聞きました。読みたいな、(紙の本で)出たら買おうと思っていたのですが。どうもネットコミック限定みたいで、紙の本で出る予定はないようだという話も聞いて。電子書籍ならKindleくらいは使えるのですが、Kindle版も無いようでした。
で、調べてみると本書はいくつかのネットコミックサービスで扱いがあるようで。そういうサイトを見てみて、オッサンにもなんとかシステムが理解できたある所で購入しました。

以下、少し感想など書いてみます。

続きを読む "森園みるく『私の夫はある日突然殺された』"

| | コメント (0)

2017/09/12

『もうふりまわされない 怒り・イライラ』

『学校では教えてくれない ピカピカ 自分みがき術 もうふりまわされない 怒り・イライラ』(名越康文:監修 日本図書センター:刊)
読了。タイトルどおり、怒りやイライラのコントロール術を教えている本です。基本は子供向けのようです。

近年、暮らしも苦しくなり、先の希望も持てず、イライラとした感情にまとわりつかれることが多いです。それから逃れ、落ち着いた気持ちでいたいのだけど。だから、そういう感情のコントロールができたらいいなと思ってました。
なんかそこらへんのことが書かれた本でも読もうかなと思って。で、AMAZONで検索してたらこの本が見つかりました。名越康文さん監修という事で、いいかもしれないなと思って。

名越康文さんは何冊か御著書を拝読しています。そして御贔屓のミュージシャン、日比谷カタンさんとのトークショーも拝見しています。名越さん御監修の本ならすとんと腑に落ちるかなぁと思ってAMAZONにオーダーしました。
届いてちょっと驚いたのですが、カラー印刷の子供向けの本でした。子供向けなら分かりやすいかなぁ。

この本では、そんな怒りとじょうずにつきあう方法を、みなさんにわかりやすくお伝えします。「じょうずにつきあう」とは、怒りをがまんするということではありません。なぜなら、怒りは悪いものでも、きけんなものでもないからです。どんな人のこころにも生まれる、とても自然でだいじな感情です。だから、怒りを消そうとがんばるのではなく、怒りとしっかり向きあって、ふりまわされず、自分でコントロールできるようにしましょう。(「はじめに」より)

もうこの一文だけで、この本は役に立ってくれそうな予感が沸いてきました。さすが名越康文さんです。買ってよかったと思いました。

続きを読む "『もうふりまわされない 怒り・イライラ』"

| | コメント (0)

2017/09/08

みなもと太郎『マンガの歴史1』

『岩崎調べる学習新書 マンガの歴史1』(みなもと太郎:著 岩崎書店:刊 Kindle版)
読了。文字通り漫画の歴史について書かれた本です。第1巻ということでシリーズ化されるようで、本書は終戦~60年代の話となっています。
みなもと太郎は漫画家ですが、これは字の本。

みなもと太郎はその代表作であろう『風雲児たち』を恥ずかしながら未読です。単行本もあまり買った記憶はありません。子供時代の学年雑誌に掲載されていたギャグマンガを楽しく読んでいたのがメインだったかと。あのしゅっしゅとした線づかい、口のフチをぐるぐるぐると線で描いた特徴的な絵。面白く読んでました。

私は休刊前の1年半ほど『マンガ少年』誌を読んでいたのですが。『みなもと太郎のなんだなんだなんだ』を毎号楽しみにしていました。これはマンガ論エッセイだったかなぁ、メインは。「マンガ描きは版下作業」「一生懸命それを目指してデビューして、その先に広がるのは一面の荒野」なんて痛烈な指摘は記憶に残ってますし、身に染み付いてます。ま、あたしは何者かになろうと努力した経験はないのですが。
この『なんだなんだなんだ』は単行本になってくれないかなぁっていつも思うのですが。

そういうことで、氏がお書きになったマンガの歴史解説書という事で、面白そうと思って購入しました。

この「岩崎調べる学習新書」シリーズですが、「調べる学習」というのは、「子供たちが自分が興味を抱いた分野について自主的に調べ、学んでいくという学習方法」(巻末の「『岩崎調べる学習新書』について」より)だそうです。私はKindle版を買いましたが、紙本版は開きやすい「コデックス装」という装丁を使ってるそうです。
そして漢字には一部ルビが振られています。そのおかげで私はずっと「水野英子」を「みずの・えいこ」と読んでたんですが、ほんとうは「みずの・ひでこ」って読むのだと知りました。大人向けのルビのない物しか読んでないとなかなかに気づかないことかなと。

さて、以下に『マンガの歴史』の私的感想を。

続きを読む "みなもと太郎『マンガの歴史1』"

| | コメント (0)

2017/09/04

ライブ「まさかの詩学」

きのう、日曜日は大久保の「ひかりのうま」さんで、日比谷カタンさんと水谷紹さんの2メンライブ「まさかの詩学」を拝見してきました。またまた久しぶりの日比谷カタンさんのライブになりました。

「ひかりのうま」さんは初めて行く場所、中央線大久保駅脇にある、たぶんスナックか何かの居抜きなのかなっていうライブスペースです。カウンターとテーブル席が少し離れた構造になってるのが面白かったです。20席あるかなぁ、小体な場所でした。

このライブはツイッターの日比谷さん関係の方のツィートで知ったのですが、別系統の方のツィートでもひかりのうまさんでのイベントの告知が流れていました。なんか私的クラスタにはホットな場所であるようです。

入場すると、ステージの背後に映画のビデオが映されていて。私も見たことある、好きな映画(ただし見たのは封切り1回だけ)でした。音声は消されていましたが、字幕を追っていくと、なんか『詩』を感じさせて、いいセレクションだなと。

ややあってライブ開演。最初は日比谷さんでした。

続きを読む "ライブ「まさかの詩学」"

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »