« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017/07/03

万有公演『レミング』

この前の日曜日は高円寺の座・高円寺で演劇実験室◎万有引力さんの『レミング-壁抜け男-』を観てきました。楽日になります。

『レミング』、万有引力さんの前身だった、寺山修司率いる演劇実験室◎天井桟敷最後の演目です。初演ではないようですが。
寺山修司元夫人で、離婚後も天井桟敷の制作として寺山修司の活動を支え続けていらした九條今日子さんの御著書・『回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで』には、病身で動けない寺山を東京に残して関西に『レミング』大阪公演のプロモートに行った九條さんと、寺山との電話での会話が、おふたりが交わした最後の会話になったと書かれています。
また、寺山の本を編むために出版社に入り、現在は藤沢で遊行舎という劇団を主宰されている、寺山修司に関して日本でもトップクラスに詳しい白石征さんの御著書・『望郷のソネット 寺山修司の原風景』には、寺山修司の葬儀で、団員さんたちが『レミング』の劇中歌を歌っていた様子が書かれています。

私が万有引力の『レミング』を観たのは2度目みたい。最初に観たのは2000年のサンシャイン劇場での『レミング』。これは確か万有引力さんの公演というより、どこかのプロモーションで万有さんが出たって形じゃなかったかなぁと思うのですが。ただ、ほとんど記憶になくて。私がWeb日記始める直前で、感想を書いた物も残ってないので。

2015年の12月に、万有引力ではないのですが、維新派の松本雄吉さん演出の『レミング-世界の涯てまで連れてって-』を池袋の東京芸術劇場・プレイハウスで見ています。ファンな青葉市子さんが寺山芝居にご出演という、ちょう俺得な公演でしたので。他の出演者はほとんど知らなかったのですが。(松本雄吉さん、去年お亡くなりになられたようですね。驚きました。謹んでお悔やみを申し上げます。)

で、『レミング』には副題が「壁抜け男」と「世界の涯てまで連れてって」があるようです。
どう違うのかはよく分からないのだけど。両方拝見したわけですが、まったく別物というわけではないようです。寺山の戯曲だと、例えば『さらば映画よ』には「スタア篇」と「ファン篇」があるのですが、それは別物のお芝居のようですが。

続きを読む "万有公演『レミング』"

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ