« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/30

ライブ「ミエカタン5」

先日の日曜日は秋葉原のクラブグッドマンさんへ。声優の園崎未恵さんと日比谷カタンさんのジョイントライブ、ミエカタンvol5を観てきました。

ミエカタン、最初は『魔法のどんぶり勘定』って企画名でした。日比谷さんがホストをつとめ、毎回ゲストの方をお呼びするライブ&トークショー「対話の可能性」シリーズの一編。園崎さんが牛丼の松屋の店内アナウンスをおつとめだったのでついた企画名。

それからミエカタンに企画名が変わって今回が5回目。息の長いシリーズになりました。そして今回も拝見できて嬉しかったです。

ワクワクしながらグッドマンさんへ。グッドマンさんもライブに足繁く通っていた頃は超おなじみのライブハウスだったのですが…。
お客さんはちょうど満席。座れました。前回のミエカタンは立ち見で年寄りにはチョットきつかったので(笑)

ややあって開演。

続きを読む "ライブ「ミエカタン5」"

| | コメント (0)

2017/05/29

『この世界の片隅に』(映画のほう)

封切りから半年にしてやっと『この世界の片隅に』、観てきました。原作本もだいぶ前には読了してスタンバっててたんですが。空いてから行こうと待ってて、そうしてるうちに大絶賛の話をあちこちで見かけて、そしてなんか観てしまうのがとてももったいない気がしてして。んで、やっと観に行ってきました。

片渕監督の作品は『マイマイ新子と千年の魔法』を観てます。豊かな想像力を持ち、千年前にそこにあった国府と、そこに暮らす千年前の少女ともその想像力で繋がることのできる女の子、新子の物語。といっても単純にファンタジックというものでもなく。憧れの女先生が実は不倫していたり、同級生の警官の父親が酒場の女に入れあげたあげく、金銭トラブルで自殺する、とか。そしてその敵討ちにその同級生と新子は女のいる酒場に乗り込むけど、彼らもまた単純な悪党ではなく…。そんな、苦いエピソードも散りばめられたら映画でした。

原作のこうの史代さんの作品はこの原作本の前は『夕凪の街 桜の国』と『長い道』を読んでます。あまり読んでないけど、独特の空気を感じさせる方だと思ってます。

んで、やっとこさ『この世界の片隅に』観て。ほんと大傑作だと思います。そして、とっときのごちそうを食べてしまったような寂寥感も感じます。もちろん二見三見してもいいし、観るたびに新しい発見のある映画だと思いますが。

以下、感想を書いていきます。ストーリーに触れていきますのでネタバレご容赦です。

続きを読む "『この世界の片隅に』(映画のほう)"

| | コメント (0)

2017/05/09

村崎百郎UMA未確認生物展

イメージフォーラムフェスティバルDプログラムを拝見してから、そのまま東横線で渋谷から横浜中華街へ。中華街のギャラリー・ソコソコさんで開かれている「村崎百郎UMA未確認生物展」というのを拝見しに。(展覧会は7日までだったのでもう終了しています)

村崎百郎さん、ファンでした。といってもライトファンです。拝読した本は単著の『鬼畜のススメ』、根元敬さんとの共著の『電波系』、そして唐澤俊一さんとの対談集『社会派くんが行く』シリーズを途中まで。そして没後出版されたトリビュート本『村崎百郎の本』、といったくらいです。あと、没後パラボリカ・ビスさんで行われたトークショー『黒田一郎と村崎百郎』というのを見に行ったくらい。
村崎さんがご活躍だった、『GON!』とかあの手の雑誌は書店で手に取ることはあっても買いはしませんでした。手に取るほどの興味があると同時に、買うことになんかとても精神的な抵抗感があって。

村崎百郎さんが刺殺されて、ショックを受けると同時に、「どうしてそんな油断したんだ!」ってとても歯がゆい気持ちがしました。人の心の闇をえぐるようなものを書いていた自覚はおありだっただろうに、なんで油断してしまったのか。歯がゆくなって、そしていなくなってしまったことに、さみしい思いをしました。

そのくらいのスタンスの方だったのだけど。

続きを読む "村崎百郎UMA未確認生物展"

| | コメント (0)

2017/05/08

2017年の寺山修司忌とイメージフォーラムフェスティバル

170508

今年も5月4日の寺山修司の御命日に、高尾霊園の寺山修司のお墓と3年前の4月末に亡くなられた九條今日子さんのお墓にお参りしてきました。
寺山修司忌はお天気のいいことが多いのですが、今年もいいお天気でした。暑いくらいの陽気。だいたい毎年、上着を着ていこうかどうしようか迷って、着ていって、そして現地で汗まみれになって着てきたのを後悔するパターンですな。

先日、萩原朔美さんのトークショーで教わった、「定点観測」ということ。十数年寺山修司忌にお参りしているので、いくつかの変化もまた、気がつきます。

高尾駅のツバメが激減しているように見られます。昔はツバメの鳴き声がうるさいぐらいでしたが。今はたまにちょぼちょぼくらい。ツバメの餌やりはいくら見ても見飽きないのですが、それももう目にすることもありません。ツバメの越冬場所は中国南部なのでしょうか。いまは中国も経済大躍進で乱開発されて、ツバメの居場所はどんどん減っているのでしょうか。それとも地球温暖化でツバメの子育てシーズンがずれ込んでいるのかしら。

高尾霊園入り口には休憩所があって、いつもそこでひと休みするのですが。ふと気がつくと、時節柄か、喫煙室がなくなって更衣室になってました。(屋外の喫煙コーナーはまだあります)
あの喫煙室で九條さんが煙草をのんでいらした様子、まだ憶えています。そして私も煙草をのまなくなってしまって…。

高尾霊園の食堂(安下処というそうです)でお昼ご飯を食べて帰宅。

続きを読む "2017年の寺山修司忌とイメージフォーラムフェスティバル"

| | コメント (0)

2017/05/01

「萩原朔美作品集」@イメージフォーラムフェスティバル

ゴールデンウィークが始まり、そして例年のように実験映画の祭典「イメージフォーラムフェスティバル」も始まりました。もう昔みたいにフリーパス券を買って全プログラム制覇!なんて気力はありませんが、ぼちぼち見ていこうかなと。んで、今回楽しみだったのは、萩原朔美さんの特集プログラムがあったこと。

萩原朔美さんの作品を拝見するきっかけになったのは、もう解散してしまったけど、ある会の仲間だった、かわなかのぶひろ先生の「映像書簡」シリーズでした。「映像書簡」というのはかわなか先生と萩原朔美さんの映像を使った文通シリーズです。この影響を受けたのが寺山修司と谷川俊太郎との『ビデオレター」シリーズであったそうです。

私は寺山修司ファンなのですが、のちに萩原朔美さんもまた寺山修司に縁の深い方と知って。朔美さんは寺山修司率いる演劇実験室◎天井桟敷の初期に最初は美少年役として入団し、のちに演出をお勤めになったとか。のちにそのころを語った作品『思い出のなかの寺山修司』も拝読しました。

そういうことで、萩原朔美さん関係のイベントもたまに行くようになりました。展覧会とか朗読劇とか上映会とか。そして今回イメージフォーラムフェスティバルで特集上映があると知って、いそいそと出かけることにしました。

今回の萩原朔美作品集はイメージフォーラム3階のスペースでありました。全4プログラム。X1~X4まで。こんなにたくさんいっぺんに朔美さんの映像作品を拝見する機会は初めてです。

続きを読む "「萩原朔美作品集」@イメージフォーラムフェスティバル"

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »