« ASUS TransBookを買いました | トップページ | 銀座でカタンドール »

2016/11/05

TransBookのアクセサリ

さて、購入したTransBookのレビューの続きです。高い買い物だったのでもうちょっとネタにしないとね(笑)

まず、USBメモリを買って「回復ドライブ」を作りました。
面白いのは、MS謹製の、それから起動できるWindows10のインストール用USBメモリからはTransbookは起動できなくて、そうやって作った回復ドライブ用USBメモリからは起動できるんですよね。UEFIの絡みみたいだけど。
古いBIOSの知識だと、BIOSが立ち上がれば、それが対応してる起動デバイスから起動できるものって思っていましたが。これもUEFIならではの機能なのかなぁ。

TransBookにはASUS謹製のBIOS(つかUEFIか…)更新ツールまで入ってます。自作パソコンのマザーボードならともかく、完成品のパソコンでBIOSを書き替えさせるとは、さすが自作PCパーツメーカーのASUS、すごいなぁと思いました。しかし、自作PCもだいぶ遠のいているので、BIOS書き換えはほんと久しぶりです。かなりドキドキしますな。

さて、液晶保護シートですが、レイ・アウトってところのにしました。エウレカセブンってアニメを見てたので(最終回までは見ませんでしたが)、そのブランド名、おなじみでありますゆえ(笑)。
アンチグレアだそうですが、そうつや消しでもなく、モニターが暗いと顔とか映りこみますが。指紋もまったくつかないとは言えないけど、そこそこはつきにくくなります。

161105_1

カバーはFintieというメーカーのフェイクレザーの品物を買いました。色はオレンジ色。これはNEXUS7に着けてるのとメーカーは違うけど、色とデザインは似てるってので選びました。お揃い。オレンジ色にしたのはもともと失くしたり落したりした時に目立って見つけやすいかなぁと思って。

これを着けるとTransBookはかなり大きく、厚ぼったくなります。ドカベンくらいのサイズ。今のノートパソコンは薄さを競う部分があるようですが、まったく逆行していますな(笑)。ただ、ここらへんは保護性能とトレードオフかと思ってます。壊しても気軽に修理に出したり新しいの買える懐具合ではありませぬ故。
このカバー、ノートパソコンモードでもタブレットモードでも使えて、カバーをつけたままキーボードの付け外しもできます。

つくりが若干荒っぽい部分もありますが、廉価な品物なので、品質はお値段以上かと思います。ちょっと高級感もしますので、中身が3万円でおつりが来る安物パソコンとバレにくいかしら(笑)

自分のパソコンを買う前、まだパソコン雑誌とか読むだけであこがれていた時代ですが。パソコン雑誌で、タイプライターで有名なイタリアのオリベッティという会社が出したクアデルノっていうノートパソコンの写真を見たことがあります。クアデルノはレザーのケースに入ったかっちょいい、さすがイタリアってデザインで、憧れました。レザーっぽいカバーを好むのは、その思い出があるからかもしれません。

マウスも買いました。

161105_2

ロジクールのM187BLという小型の無線マウスです。下に敷いてあるポストカードは大きさ比較用ですが、その小ささがわかるかと。小さいけれど、そう使い勝手は悪くありません。
お値段が700円台と安いのと、デザインがかっちょいいのと、ロジクールというおなじみメーカーなので買いました(デスクトップ機のマウスもロジクールです)。デザイン的には白とブルーが基調で、カバーとお揃いのオレンジ色がアクセントに入ってるので、映えるかなと。

このマウスは無線ですが、Bluetoothじゃなくて独自規格の無線ドングルをPCのUSBポートに挿して使います。一緒に写ってるのがそのドングルですが、小さいです。これなら挿しっぱなしでもいいかなと。
Bluetoothじゃないぶん、専用ドングルが要りますが、Bluetoothみたくペアリングは必要ありません。ドングルを挿してマウスのスイッチを入れれば即認識されて使えます。

マウスはパイロットランプとかあったほうが電源の入り切りが確認できてよかったかなとも思うのですが。オプチカルですが、赤外線を使ってるのか光りません。

BluetoothとWi-fiは干渉するのですが(現在の規格なら別の周波数帯を使うこともできるそうですが、私の環境ではまだ…)、こいつはどうかなと。ま、普段普通に使うレベルなら、そうは干渉はしないのですが。Wi-fiで動画をストリーミング再生しながらBluetoothスピーカーを鳴らすなんてのはムリでした。こいつはどうかなと。

あとそれと、microUSB-標準USBの変換ケーブルも買いました。

161105_3

アクセサリー類は手元にあったカバーと同じオレンジ色のポーチに入れて、こんな感じで携行セットを組みました。たまには持ち出して外で使うのも楽しいかなぁと。

ま、そんな感じでアクセサリーもひと通り購入しました。これでだいたいトータル3万円台半ばです。コスパはいいと思います。

そら、お金があればマックブックとかどーんと張り込んで、スタバでドヤ顔して使いたいけどね…(笑)

|

« ASUS TransBookを買いました | トップページ | 銀座でカタンドール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASUS TransBookを買いました | トップページ | 銀座でカタンドール »