« TIMEXベトナムキャンパー | トップページ | 日比谷さんと死神さんのライブ »

2016/08/02

トルク(SKT-01)とモバイルバッテリー

去年ディスカウントで買った京セラのMILスペックスマートフォン・トルク(SKT-01)、楽しく使ってます。デュアルコア機でもっさりだし、ポケモンGOもインストールできないのはちょっとがっかりだけど(笑)。
使っていてそう大きな文句はないのですが、ただひとつ気になる部分がありました。それはモバイルバッテリーとの相性です。モバイルバッテリーを使うと充電が途中で終わってしまいます。いま持ってるモバイルバッテリーはSONYのCP-A2LASとCP-F2Lという2種類なのだけど。両方で充電がその途中で終わってしまうという現象が起きます。

なんでかなぁとつらつら考えて、ひとつの推論ですが。トルク側が時々充電を止めるのではと考えました。トルクは耐衝撃性のために筐体が硬質ウレタンという熱を通しにくそうな素材で覆われています。だから、過熱を防ぐために時々充電を止めるのではと。(CPUもクワッドコアが普通の世代なのに、デュアルコアなのも過熱対策が理由かもしれないです)
で、トルク側が充電を止めたさい、バッテリー側には充電完了ととられて、バッテリーの給電が止まるんじゃないかと。そう推測してみました。

その推論で考えるなら、トルク側が受電を止めてもモバイルバッテリーが給電を止めない程度の電流さえ流れていれば最後まで充電できるのではないかと。さいわいにしてどちらのバッテリーにも2つUSBコネクタがついてますから、もう一方に給電が止まらない程度に電気を流す部品、例えば抵抗器でも繋げば給電が途切れることはないのではないかと。そう考えました。
百均あたりで安いUSBケーブルを買って、それに抵抗器とか豆電球とか、少し電気を食うものをつけたダミーロードを自作してみようかなと思っていたのだけど。まだ手を動かしてはいませんでした。

先日、表参道のフライングタイガーって雑貨屋さんに行きました。フライングタイガーってのはコペンハーゲン発の安価な雑貨のチェーン店なんだけど。安くてちょっと変わっててかわいいデザインの品物があるので好きです。元・ミリオタとしてもフライングタイガーというのはフライングタイガーズ(日中戦争当時に中国軍について戦ったアメリカの義勇航空部隊)を連想させて面白いです。

欲しかった品物のほかに、何か面白いものがないかなぁとざっと見て回ったのだけど。おっ!と思う品物を見つけました。LEDイルミネーションつきUSB-microUSBケーブルです。
これ、その、モバイルバッテリーの給電を止めないためのダミーロードにならないかなと。

160802

繋いでみるとこんな感じに光ります。ケーブル、USBコネクタ、microUSBコネクタ、ぜんぶ光ります。私が買ったのは緑色すが、ほかにも色はありました。お値段もお手ごろだったかと。

これでざっくりと試した限りですが、充電が途切れる現象は起きないようです。ただ、ということは、自動的に充電が停止しないので、そのぶん注意が必要でしょうし、LEDが食うぶん、モバイルバッテリーの容量も無駄になるとは思いますが。

ま、とりあえずなんとかなって嬉しいです。なかなかきれいでカッコよくて安いですし、予備であと1・2本買ってもいいかなと。

|

« TIMEXベトナムキャンパー | トップページ | 日比谷さんと死神さんのライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIMEXベトナムキャンパー | トップページ | 日比谷さんと死神さんのライブ »