« ライブ「ミエカタン4」 | トップページ | 人形展『犬神佐兵衛の密かな愉しみ』 »

2016/07/13

AMD FX-8350を買いました

さて、春先のビデオカード故障騒動をきっかけに、ビデオカード交換、Windows10(64bit)導入、SSD導入、マザーボード交換と、パソコンがほぼ改まったのですが。最後のひとくぎりとしてCPUの交換をやりました。

今まで使っていたCPUはAMDのPhenomⅡX4 945です。6年ぐらい前に買った品。3.0Ghzの4コア品。
今回買ったのは同じくAMDのFX-8350です。定格4.0GhzでTurbo Coreモードで4.1Ghzの8コア品だそうです。お値段は2万と少々でした。このくらいが出せる限度かなと。
昔のパソコンの師匠が、「マルチプロセッサは速くはならないが、遅くならない」って仰ってて、そう理解してます。しかし8コアもなんに使うのかなぁと思ったりもしますが。

ほんと近年のパソコンパーツ事情は疎くて。スペックをつらつら眺めても、定格クロックのほかに「Turbo Core」クロックなんてのも併記されています。なんじゃらほい?と思っておおざっぱに調べてみましたが。AMDのマルチコアCPUで、コアすべてに負荷がかかってない状態(コア数の半分まで?)のとき、クロックを定格より上げて処理速度を上げる機能みたいです。(そういう理解をしましたが、いいのかな?)

ゲームなんかはそうコア数はいらないとも聞きます。絶対的なクロック数が大事だと。たとえば今遊んでいるFallout4なら、4コアもあればじゅうぶんとか。だとすれば8コアのFXなら、負荷のかかるのは4コアまでなので、Turbo Core大活躍と思いますが。でも某記事だと切り替えのオーバヘッドで逆にゲームに不向きという主張もされていて。なんかほんとよくわかんないって感じ。

ま、よくわかんないので、Turbo Coreの上積みクロックの少ないFX-8350を選んだという部分もあります。CPUをぶん回すのはゲームのときぐらいなので、定格3.3Ghz、Turbo Core時4.3GhzのFX-8370Eのほうがいいかもとも思ったのですが。

2万ちょっとのCPUですから、CPUクーラーはついてないと思いましたが、なんとクーラーつきでした。CPUとの接触面が銅で、ヒートパイプ式という凝ったつくりのリテールクーラーは初めてです。
で、CPU交換。私はCPU交換はマザーをケースから外して作業する派です。今使ってるCPUクーラー、KABUTO(初代)はクリップが固くて扱いにくいですし、手が滑ってマザーを壊した経験もありますし。

CPUクーラーは最初8350添付品にしてみました。リテールクーラー使わないと保証が効かないって話を見かけたことがありますし、なによりKABUTOは板バネが固くて付け外しがめんどうですから。
で、組上げてスイッチオン。PCから爆音が轟いてきました(汗)。リテールクーラーうるさすぎです。んで、ふたたびPCをばらしてKABUTO(初代)に戻しました。KABUTO(初代)の冷却性能はよくわからないんですが、オーバークロックしない限り、冷却性能はじゅうぶんだと思うのですが…。
そいや、PhenomⅡX4 945を買ったときもリテールクーラー付きってんで買ったのに、945もリテールクーラーが爆音で、あわててKABUTOを買ったのを思い出しました(苦笑)

AMDの販売担当者を、この爆音リテールクーラーでお客さんが満足してると思ってるのか小一時間問い詰めたいものです(笑)。

で、この「Turbo Core」なるものがなんであるか見てみたいなと思って。今使ってるマザーボードはASRockの品物なのですが、ASRockが配布してるマザーボードモニター&オーバークロックユティリティ「ASRck Extreme Tuning Utility」というので見てみることにしました。

負荷のかかるベンチを動かしてみると、確かにコアクロックが4.1Ghzになります。負荷が100%近くなるとクロックが定格より上がると思っていましたが、リソースモニタ読みで半分ぐらい行けばTurbo Coreクロックに上がるみたい。
そして、負荷のかかってるコアだけクロックが上がると思ってたら、全部のコアが一緒に上がるみたいですね。ま、コアごとにクロック変えるのも技術的に難しいか。
そして低負荷時には1.4Ghzまでクロックが下がるみたい。

しかししばらく使ってみると、なぜかクロックが4.1Ghzから下がらなくなりました。どこか壊したのかなとあせりました。どうもASRck Extreme Tuning Utilityを使う電源回りの設定が変更されてそうなるみたい。どこを触るとそうなるのかきっかけがいまいちわからないのだけど。そうなのでASRck Extreme Tuning Utilityをアンインストールして、普通のマザーボードモニターソフトを使うことにしました。

ま、そういう方向で、交換終了。Fallout4も心なしか滑らかに動くようです(そのために交換したのだし)。ベンチとかはもう取らないけど。
パソコン組換え騒動もひと段落ついて、ちょっとさみしい気もします。
こんどPCを大きく組み替えるのは何年先になるかしら?

そいや、こういうマルチコアの性能をフルに発揮できるのは、動画の編集とかだそうですが。
映像作品づくりもいつか挑戦したいなと思いつつ、手を出していませんが…。

|

« ライブ「ミエカタン4」 | トップページ | 人形展『犬神佐兵衛の密かな愉しみ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブ「ミエカタン4」 | トップページ | 人形展『犬神佐兵衛の密かな愉しみ』 »