« イメージフォーラムフェスティバル2016Hプログラム | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル2016Cプログラム »

2016/05/06

J・A・シーザーリサイタルと2016年の寺山忌

連休中のお話です。

5月3日は新宿のFACEさんにJ・A・シーザーさんのリサイタル『荒野にて』を観ました。
シーザーさんの新宿FACEでのリサイタルは2012年の『山に上りて告げよ』以来4年ぶりです。

FACEさんはとても広いライブハウスです。ステージには楽器がたくさん並べられ、手前に背もたれの柱がとても長くなってる朱塗りの椅子が数脚。これは公演が始まるといろんな場所に移動していきました。

どとーの斉唱のあと、榊原ゆいさんのコーナー。皆さんが黒を基調にした衣装でしたが、榊原さんは赤を基調にした衣装でした。印象的なデザインでした。
芝居仕立てで皆さんが舞台を動いていくコーナーもありました。そこでは額縁が小道具でしたが、先日拝見した万有実験公演『小蕈奇譚』でも額縁が使われてい て、「伏線だったのか!」と思いました。っていうかファンサービス?シーザーさんのお歌のコーナーもありました。
みなさんのアイマスクの下側にモップみたいに毛をた らした衣装が印象的でした。

休憩を挟んで後半戦。

最初のほうに森ようこさん蜂谷眞未さんのコーナー。そして石川詩織さんのコーナー。こちらは『寺山修司劇中歌少女詩集』の紹介ということで、少女趣味でした。

シーザーさんのお歌のコーナーは後半もありました。こちらは中東モチーフのお歌がメインのようでした。
ラストはリサイタルタイトルでもある『荒野にて』を皆さんで大斉唱。

シーザーさんの魅力、「斉唱の美学」とでもいうもの、みんながみんな同じ節を歌うけど、それぞれの声の違いが重なって、不思議な世界を形成する。それはとても面白いです。

J・A・シーザー率いる演劇実験室◎万有引力のお芝居はよく観に行くのですが、楽曲については疎くて、セットリストとかはわからないのですが、楽しい一夕でした。
(記憶で書いているので、間違いとかあったらごめんなさい)

ちなみにシーザーさんはアンコールはしない主義だそうで、今回もアンコールなしでした。
私も予定調和的にアンコールが必ずあるライブってのはどうかなって思ってるので…。

翌5月4日は寺山修司の御命日。高尾霊園にある寺山修司のお墓にお参りして来ました。

朝は雨風がガタゴト音をさせ、それで目がさめたりしたのですが。出発するときには大晴天。風がちょっと強かったですが。そのせいか電車が少し遅れました。

160504

高尾霊園も大快晴。風雨で空気も洗われたのか、お墓の背後の山の斜面がとても近く見えて。こんなに近くに見えたのは初めてかもしれないです。
寺山修司のお墓のあと、おととし亡くなられた九條今日子さんのお墓にもお参り。九條さんのお姿のない寺山忌はちょっとさみしいです…。

今回、高尾駅で売ってた、お線香の束に蝋を染みこませた芯がついた、風雨に強いお線香というのを「いいアイディアだな」と思って買ってみたのですが、当日の風の強さにはやっぱり負けました。もっと強烈な着火剤のほうがいいと思います。

そして高尾霊園の食堂でご飯を食べて、しばらくぼんやりしたあと帰宅しました。
とてもいい時間でした。これで腰が痛くなければ…(笑)

|

« イメージフォーラムフェスティバル2016Hプログラム | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル2016Cプログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イメージフォーラムフェスティバル2016Hプログラム | トップページ | イメージフォーラムフェスティバル2016Cプログラム »