« 『世界一やさしい精神科の本』 | トップページ | 万有実験公演『小蕈奇譚』 »

2016/04/14

Windows10、はじめました。

先般来の記事の続きですが。自宅PCのOSをWindows7 32bitからWindows10 64bitにした話の続き。今回は数日ぐらい触ってのWindows10の感想を。

Windows7/8.1ならWindows10への無償アップデートできますが。そして、それをうながす表示がウザいって悪評紛々ですが。私は32bit版Windows7/8ユーザーは32bit版のWindows10にしかアップグレードできないと思って、わざわざWindows10を別買いしました(笑)。が、改めてネットで調べると、(それが正しいことかどうかはわかりませんが)32bitユーザーでも64bit版Windows10にできるそうですね。ただ、後述の事情もあって、7としばらくデュアルブートしとこうと思ってるので、それでいいかなと思ってます。

160414

Windows10はUSBフラッシュドライブ版というのを買ってみました。これがそのパッケージ(文庫本は大きさ比較用)。ほんと、文庫本サイズの小ささにびっくりです。Wondowsの今まで買ってきたパッケージは最低でもCD(orDVD)-ROMが入ってましたからね。
A4かB5くらいだったかな?そのくらいの大きさの紙箱に入ったWindows95~ME、ちょっとゴーカな感じの化粧箱に入ったXP、ビデオソフトみたいなプラスチックケースに入った7。それらと比べるとほんと小さいです。中のメディアも小指サイズ。
USBフラッシュドライブということで、不用意に中のファイル消したり、ウィルスが混入しないかなとちょっと心配ではありますが。どうなってるんだろ?実はROMなのかなぁ。

クレジットカードサイズのライセンスキーが書かれたカードが同梱されていて、インストールの途中にそのライセンスキーを入力します。フラッシュドライバならそのライセンスキーも書き込んでくれておいたらいいのにってちょっと思いました。

導入環境は以下の通りでした。
CPU:AMD PhenomⅡ X4 945(.3.0Ghz 4コア)
マザー:ASUS M4A785TD-V EVO/U3S6(添付のUSB3.0&SATA6Gのカードは使ってません)
ビデオ:Gigabyte GV-R938G1 GAMING-4GD(AMD Radeon R9 380)
チューナーカード:アイオー・データ、GV-MVP/XSW&XS3W

インストールはこのUSBフラッシュドライブを装着してから、起動時にF8を押してブートデバイスとしてこのフラッシュドライブを指定。そちらから起動して、そしてまず64bit版か32bit版かを尋ねられるので、64bit版を選んでインストール。インストールはなんの問題もなくつつがなく終了。あと追加でディスプレイドライバ、サウンドドライバ、それからチューナーカードのドライバを入れて。サウンドデバイスはWindows10リリースのだいぶ前の品物なので、OSインストール時にドライバは入ると思いましたが。

それであっさりとインストールは終わりました。
そして、ざっくりと触ってみて。

Windws8の悪評はさんざん目にしていたので、Windows10も正直おっかなびっくりでした。でも、ちょっと触ったぐらいですが、もちろんUIは少々変更されていますが、使い方の違いに大きく戸惑うって部分はあまりありませんでした。もちろんそれはネット情報が充実している、そして、Windowsでの操作方法がわからなくても、タブレットでその情報を検索できるって部分がとても大きいのでしょうが。
ほんと、昔はウィンドウズの再インストールというと、ネットで調べられるデバイスが他になかったので、トラブルが起きそうな部分は事前に調べてプリントアウトして持っておくとか、そういうのが必要でしたが。

スタートメニューを開くと、いろいろ変更されてるけど見慣れたスタートメニューが現れます。そして、それにくっついて右側に、クイズ番組の「アタック25」みたいなパネルが現れます。これがWindows8で酷評だったUIの残り滓になるのかな。オプション次第でこれをフルスクリーン表示もできるみたい(笑)。確かにタブレット機ならいいんでしょうがね。

マイクロソフトの習性に、「自分の存在を脅かしそうなものが現れたら、パラノイアのようにそれを取り込もうとする」ってのがあると思ってるんですが。

インターネットの普及期、いわゆる「ブラウザ戦争」華やかなりしころ、MSはパラノイアのようにインターネットを取り込もうとしていたと思います。フォルダウィンドウがなぜだかそのままブラウザウインドウになるという、あのころは当たり前と思っていたけど、今から考えると「なんでそんな発想になったのかな?」って首をひねる仕様でしたね。

それと付箋みたいに小さなウェブページをデスクトップに貼り付けられるシステム。確かに便利そうだと感じましたが、あのころのミッドレンジマシンでは重くなるのでけっきょくは使いませんでした。近年セキュリティ上の問題で廃止されたけど、「ガジェット」としてよみがえって、便利に使っていましたが。

それが今回、MSがその存在を脅かすものと脅威を覚えたのはスマホやタブレットだったと。だからスマホやタブレットっぽいUIを採用したと。それがPCだと、WindowsのUIになれた人には、むちゃくちゃ使い勝手が悪くなるというのに(笑)

パソコンのUIについて考えると…。たとえば自動車の運転、操作体系との比較として考えてみれば。
今の技術力と人間工学的知見をもってすれば、今よりもっと安全で簡単な自動車の運転システムを作ることは簡単だと思うのです。しかし、それを採用して、自動車の運転がガラッと変わってしまえば。ドライバーの根本からの再教育が必要になるし、前の運転方法が体に染み付いているドライバーは運転ミスをして、事故を起こしてしまうこともあると思います。トランスミッションがマニュアルからオートマになっただけで、それに起因する事故が頻発しましたし。

パソコンも今はそうなってると思うのです。たくさんの人がパソコンを使い、「今までの」パソコンの使い方が身に染みている。そういう人たちに向かって、「こっちのほうが便利だよ」って新しいUIを持つOSを与えても混乱する人のほうが多いのではと。もちろんパソコンのUIは自動車の運転ほどにはクリティカルじゃないけど。(UIの違いで発注ミスして全財産失うとかあるかな?)
だから、そろそろ、UIの大幅な変更はもうやめて、ウィンドウズはウィンドウズで、従来のUIは踏襲した上で、ユーザーを戸惑わせないレベルのUI変更にとどめるだけでいいんじゃないかと思うのですが。どうかしら?

あと気がつくUIの変更は、画面右下横から告知のティッカーが飛び出すとこかな。ちょっとかわいらしくて好きです。これは確かノートンの昔のにもあったようなのに似ています。アプリがネットアクセスすると表示されるティッカー。
ただこれはテレビ視聴&録画ソフトのmAgik TV Digital GTだと、いちいち録画準備開始時とと録画開始時にティッカーが音を立てて出てくるので、深夜アニメ録画時にはちょっとうるさいです。これはGTのタスクトレイアイコンを右クリックして現れるメニューから消せますが。

ガジェットはセキュリティ上の問題から廃止されたようで。でも、今までカレンダーとか時計とか便利に使っていたので、それはフリーソフトでガジェットを追加しました。UIがらみで他のソフトを導入したのは今のところそれぐらいです。

UIで少し戸惑ったのは、ウィンドウをドラッグする時に、たまに掴み損ねてスカること。よく見てみると、Windows7にあった半透明のウィンドウの「ふち」がなくなってますね。以前はそこを掴んでいたので。まぁ少ししたら慣れるとは思いますが。設定とかで復活させる方法はあるかしら?

あと、困った問題がひとつ。

データ関係は今までずっと別ドライブにフォルダを作って置いてあったのですが。だから、OSを更新してもそのデータは壊れないようになっていて。
ただ、今回、Windows10 64bitからそのフォルダを開こうとすると開けません。どうもセキュリティ関係の設定が壊れてるらしいです。アクセス権を設定しなおして、子オブジェクトもその変更を反映するように設定しても、サブフォルダやその中のファイルに設定が受け継がれずにエラーが出ます。変です。
ただ、Windows7 32bitからは開けたので、その内容を他のフォルダにコピーして、そこからだとWindows10から開けるので、そうしました。
これがWindwos10導入に伴ういちばん大きなトラブルかな?Windows7環境を残さずにWindows10にアップグレードしたら泣くところでした。トラブルで10移行を早めなきゃ7環境は消していたと思いますので、これは怪我の功名かもしれません。

ま、そんな感じで、そう大きく戸惑うことなくWindws10に移行できました。
あと、それから、メモリを4Gから12Gに増設しました。32bitOSなら扱えるメモリは4G弱なので、4G以上のメモリ搭載は無意味なのですが(RAMディスクに使うという裏技もあるそうですが)。64bitOSならメモリはたっぷり使えますしね。メモリもずいぶん安くなって、そこそこのブランド品のメモリが4G*2で5,000円くらいでしたし。そしてもちろんWindows10にも(7にもついてたけど)先読みキャッシュがついてて、頻繁に使うアプリは先にメモリに読み込んでおいて高速化してくれますし。

という方向で、Windows10 64bitにして軽くて使いやすくなったなという印象です。

あと強化するなら起動ドライブをSSD化でしょうか。SSDもだいぶ安くなってますし、買う予定のFallout4もレビューを読むとSSD推奨みたいですし。
ま、ほんと、お金が尽きたので、ぼちぼちやっていかなきゃなと思います。物欲はできる限り押さえて、無茶をせずに…(笑)

|

« 『世界一やさしい精神科の本』 | トップページ | 万有実験公演『小蕈奇譚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『世界一やさしい精神科の本』 | トップページ | 万有実験公演『小蕈奇譚』 »