« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/27

戸川昌子さんのこと

推理作家 戸川昌子さん死去 | 2016年4月26日(火) - Yahoo!ニュース
渋谷の『青い部屋』のオーナーでいらした戸川昌子さんが亡くなられたとか。残念です。
といっても私は戸川昌子さんの小説は読んだことがないし、シャンソンにも疎いのですが、『青い部屋』はたくさんの思い出深いライブがあったところでした。

青い部屋。上京前から戸川昌子さんのお名前と青い部屋のことは存じ上げていました。
東京の渋谷にある伝説的なシャンソン酒場(シャンソニエって言うのでしたっけ?)。
かつてそうそうたる名士がお客さんだったお店。西武グループ、あるいは寺山修司の天井桟敷と共に渋谷発の文化を作った場所。そういう知識でした。

まぁシャンソンは聴くほうではないし、行くことはないだろうと思っていたのですが。

ある日、ファンな三上寛さんのライブが青い部屋であると知って。「あれ、三上寛さんもシャンソンお歌いになるのかしら?」って思ったのですが。ある詳しい方に尋ねてみると、近年青い部屋は普通のライブハウスとしても営業しているという話で。どういう場所なのか覗いてみたいって好奇心もあって、そのライブ「クッタブタ祭り」ってのに行ってみることにしました。

続きを読む "戸川昌子さんのこと"

| | コメント (0)

2016/04/20

万有実験公演『小蕈奇譚』

江戸川橋のパフォーミングギャラリー&カフェ絵空箱さんで演劇実験室◎万有引力◎番外篇◎実験公演『小蕈奇譚(こきのこきたん)《ワタシという確かに不確かな生物に触れる試み》』というのを拝見してきました。
万有引力の名花、森ようこさん構成・演出、そして歌姫・蜂谷眞未さんご出演とか。

絵空箱さんは有楽町線の江戸川橋駅を降りてちょっと奥に入ったところ。東西線の神楽坂も最寄り駅になるようです。ここらへん一帯はいわゆる「音羽村」と呼ばれる出版社や印刷屋さんがたくさんあるところです。絵空箱さんも廃業した印刷屋さんでもあった場所を使ってるのかな。そこそこ広めのスタジオ形式の場所でした。

入場すると、役者さんがひとり、うごめいています。いつもの万有スタイル。ぽろぽろとピアノの音も。
舞台奥には梱包用の薄茶色の梱包用紙がつぎはぎされたのがたくさんぶら下がっています。これも音羽村っぽいっちゃぽい感じがしました。中央にぶら下げられた額縁。同じく梱包用紙に包まれた椅子。

ややあって開演。

ドリンクコーナーでドリンクを注いでらした女性が舞台中央に立ってご挨拶。あ、スタッフさんと思っていたら蜂谷眞未さんでいらっしゃったか。(ほんと人の顔が分からない性質なのでごめんなさい)

登場人物さんたちもその、梱包用紙みたいな薄茶色をベースにした衣装でした。

続きを読む "万有実験公演『小蕈奇譚』"

| | コメント (0)

2016/04/14

Windows10、はじめました。

先般来の記事の続きですが。自宅PCのOSをWindows7 32bitからWindows10 64bitにした話の続き。今回は数日ぐらい触ってのWindows10の感想を。

Windows7/8.1ならWindows10への無償アップデートできますが。そして、それをうながす表示がウザいって悪評紛々ですが。私は32bit版Windows7/8ユーザーは32bit版のWindows10にしかアップグレードできないと思って、わざわざWindows10を別買いしました(笑)。が、改めてネットで調べると、(それが正しいことかどうかはわかりませんが)32bitユーザーでも64bit版Windows10にできるそうですね。ただ、後述の事情もあって、7としばらくデュアルブートしとこうと思ってるので、それでいいかなと思ってます。

160414

Windows10はUSBフラッシュドライブ版というのを買ってみました。これがそのパッケージ(文庫本は大きさ比較用)。ほんと、文庫本サイズの小ささにびっくりです。Wondowsの今まで買ってきたパッケージは最低でもCD(orDVD)-ROMが入ってましたからね。
A4かB5くらいだったかな?そのくらいの大きさの紙箱に入ったWindows95~ME、ちょっとゴーカな感じの化粧箱に入ったXP、ビデオソフトみたいなプラスチックケースに入った7。それらと比べるとほんと小さいです。中のメディアも小指サイズ。
USBフラッシュドライブということで、不用意に中のファイル消したり、ウィルスが混入しないかなとちょっと心配ではありますが。どうなってるんだろ?実はROMなのかなぁ。

クレジットカードサイズのライセンスキーが書かれたカードが同梱されていて、インストールの途中にそのライセンスキーを入力します。フラッシュドライバならそのライセンスキーも書き込んでくれておいたらいいのにってちょっと思いました。

導入環境は以下の通りでした。
CPU:AMD PhenomⅡ X4 945(.3.0Ghz 4コア)
マザー:ASUS M4A785TD-V EVO/U3S6(添付のUSB3.0&SATA6Gのカードは使ってません)
ビデオ:Gigabyte GV-R938G1 GAMING-4GD(AMD Radeon R9 380)
チューナーカード:アイオー・データ、GV-MVP/XSW&XS3W

インストールはこのUSBフラッシュドライブを装着してから、起動時にF8を押してブートデバイスとしてこのフラッシュドライブを指定。そちらから起動して、そしてまず64bit版か32bit版かを尋ねられるので、64bit版を選んでインストール。インストールはなんの問題もなくつつがなく終了。あと追加でディスプレイドライバ、サウンドドライバ、それからチューナーカードのドライバを入れて。サウンドデバイスはWindows10リリースのだいぶ前の品物なので、OSインストール時にドライバは入ると思いましたが。

それであっさりとインストールは終わりました。
そして、ざっくりと触ってみて。

続きを読む "Windows10、はじめました。"

| | コメント (0)

2016/04/13

『世界一やさしい精神科の本』

『世界一やさしい精神科の本』(斉藤環&山登敬之:著 河出文庫)読了。
タイトル通り、精神病や精神科についての初歩的な入門書です。

斉藤環さんのお名前は以前から存じ上げていましたが。最近の「引きこもり」に関するツィッターでのご発言に、引きこもりに片足突っ込んでいた私は(今でもお金の問題がなければ引きこもりしたいです)興味を持ち。「なんか御著書を拝読したいなぁ」と思って近所の本屋さんで見つけたのが本書です。

本書は総花的な精神医学入門となっています。これって逆に珍しいんじゃないかな。精神病の本って、ご当人や家族や親しい方が患ってる(かもしれない)精神病についての解説とか治療法の本が多いんじゃないかな。たとえばうつ病の本とか、発達障害の本とか、人格障害の本、とかを手にと取ると思いますし。
本書は単行本のときは「14歳の世渡り術」シリーズの一冊だったそうで。だから、総花的な書きようになってるようです。そして、巻末に「もしも精神科にかかるときには」と「精神科の仕事に関心を持ったら」と最初に対象として書かれた子供たちの将来を考えた項が入れられています。

もくじは、

第1章 みんなのように上手にできない-「発達障害」について 山登敬之
第2章 人とつながってさえいれば-「ひきこもり」について 斉藤環
第3章 人づきあいが苦手なんです-「対人恐怖/社交不安障害」について 斉藤環
第4章 やめられない止まらない-「摂食障害」について 山登敬之
第5章 自分がバラバラになっていく-「乖離」について 斉藤環
第6章 トラウマは心のどこにある?-「PTSD」について 斉藤環
第7章 「困った人」とどうつきあう-「人格障害」について 斉藤環
第8章 なぜか体が動かない-「うつ病」について 山登敬之
第9章 意外に身近な心の病-「統合失調症」について 山登敬之
おまけ1 もしも精神科にかかるときには 山登敬之
おまけ2 精神科の仕事に関心を持ったら 山登敬之
文庫版あとがき 斉藤環

となってます。私が知ってる精神病はだいたい網羅されてるかなぁ。「認知症」がないけれど。あれは精神病というより内科系の病気かな。

続きを読む "『世界一やさしい精神科の本』"

| | コメント (0)

GV-R938G1 GAMING-4GD

というわけで、64bit版Windows10導入騒動のきっかけとなったGigabyte製のビデオカード、GV-R938G1 GAMING-4GDのおはなし。
(以下、ゲームパフォーマンスとかベンチ結果とかは載ってませんからご注意)

それまで使っていたビデオカードは、ASUS製のEAH6850という品物でした。AMD(私は今でもATIって呼びたいんですが)のRadeon HD 6850というGPUの載った品物。
私はATI(AMD)派です。最初に自分で買ったゲートウェイ2000のPCに載っていたのがATIだったからだと思うんですが。それと思い入れ深かったVoodooシリーズを作っていた3dfx社を潰したのがnVidiaという対抗心もあると思います。

これを買ったのが2011年の12月で。だから、この品物は4年半くらいしか使ってないのです。だから先日壊れて驚いたのですが。
ま、「身に覚え」はあります。購入した当初、嬉しがって、オーバークロックして遊んでいましたから(その後はずっと定格で使っていましたが)。たぶんそれが寿命を縮めたんじゃないかなぁと思います。

という方向で、次もAMDにしようかなと。

で、「Fallout4が動くPCにしたい」というだいたいの目標は決めてました。だから、Fallout4が、最高画質はもちろん無理にしても、そこそこで動くビデオカードにしたいと。
今回メインに参考にしたのは4gamerの「「Fallout 4」をGPU全28製品で一斉検証。荒廃したボストンを歩き回るのに必要なグラフィックス性能は?」という記事です。

んで、GPUごとの画質によるフレームレートをつらつら見て、それからそのGPUの名前でググって、そのGPUが載ったビデオカードのだいたいのお値段を調べて。「これがいいかなぁ」と思ったのがこのGigabyteのGV-R938G1 GAMING-4GDってビデオカードです。R9 380というGPUの載った、ビデオメモリ4Gのビデオカードです。
Fallout4はビデオメモリが最低で2G、推奨では4G要るそうで、ビデオメモリが4G載ったこの品物にしました。

Gigabyteのビデオカードは初めてです。

続きを読む "GV-R938G1 GAMING-4GD"

| | コメント (0)

2016/04/07

Wiindows10になっちゃいました

例のアップデートのせいではないのですが、故障した自宅パソコンのビデオカードを交換したら、OSがWindows10の64bitになっちゃいました。

地デジチューナーカードのGV-MVP/GX3Wを増設してちょっとしてからなのですが。あるとき突然画面がブラックアウトして、PCが固まっちゃいました。ま、しょうがないなとリセットボタンを押して。でもダメ。数回リセットしてもダメ。ちょっと嫌な汗が出てきて。

落ちるタイミングは起動の最終段階、デスクトップ画面が出る直前あたり。そこで画面がブラックアウトしたままになったり、ブルースクリーンが出たり。たまにはデスクトップ画面が一瞬表示されるのですが、画面にいくつも横線が入った状態でした。

ま、こういうときのトラブルシューティングのいちばん最初は、最近増設したパーツがあればそれを外してみること。なのでXS3Wを外して起動してみます。それでもダメ。嫌な汗がさらに…。
次は拡張カード類をぜんぶ外して、ビデオカードだけの最小構成で立ち上げてみます。それでもダメ。ううむむ…。
んで、ふと、今使ってるマザーボードはオンボードビデオがあるのを思い出して。そちらにモニターを繋いで、ビデオカードも外して起動してみます。こちらでは起動できました。

んで、ジャンク箱から以前使っていたビデオカードを持ってきて、装着してみました。それでは問題なく起動します。がーん、ビデオカードが壊れたのか。まぁ、最悪マザーボードまで逝ってる可能性も考えたので、それよりはショックは少ないのですが。

で、ビデオカードを買おうと。ちょう金欠が続いているのですが…。

続きを読む "Wiindows10になっちゃいました"

| | コメント (1)

2016/04/04

地デジの道は茨道~8~

とーとつですが、Fallout4ってゲームが動くパソコンが欲しいと思っています。
今使ってるパソコンは、パーツを自分で組み立てた「自作パソコン」なんですが、Fallout4の要求スペックを見るとほとんどのパーツが買いなおしになるみたいです。
そして何よりもFallout4の動作条件として64bit版のWindows系OSが要求されています。

今使ってるOSは32bit版のWindows7です。だから32bit版ならWindows10まで行けるのだけど。64bitOSにするなら買いなおさないといけません。(後日注:この時はこう理解していましたが、必ずしもそうではないような話も見かけました)そして今手に入れるならWindows10の64bit版にしたいと思ってます。 
ところが私の手持ちのPCパーツ、Windows10をサポートしないのがいくつかあって、それもWindows10対応の品に買い替えていこうかと思ってます。

ま、ちょう金欠の今の懐具合ですから、ぼちぼちパーツを買っていって、そのPCが組みあがるのは2年先くらいかなと思ってます。そしてそれは仕方ないと受け入れてます。
2年も経てばFallout4もだいたいのバグフィックスが済んで拡張パックもぜんぶ入った廉価版が出るだろうと思ってますし(笑)

で、まず最初に、チューナーカードをWindows10対応のものに買い替えようかと。

ただほんと、「素直に家電レコ買っとけ」という言葉は先に言っておきたいと思います。今までさんざん苦労した経験から。
私も正直言ったら家電レコが欲しいです。でも金欠なんです。思い切って買えば長年使える品物とはわかってるんですけど。

もしパソコンで今のデジタル放送を録画するとしたら、グレーゾーンの品物になるとは思いますが、プロテクトを外した状態で録画できる機械を使うのが、パソコンで地デジの唯一意味あるメリットだと思います。
私もそうすべきだと思ってます。でも、なんか、意地で苦労してる部分もあります。そしてそのかわりに放送業界に呪いの言葉を吐きながら(笑)

(私のアパートはケーブルTVシステムベースの共同受信が入ってます。で、お金を払わないとBSとかCSは見られないので地デジしか見ていません。以下はそういう環境でのお話です。)

続きを読む "地デジの道は茨道~8~"

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »