« 武蔵野三大湧水池 | トップページ | 朗読劇『やわらかな鎖』 »

2015/11/07

NEXUS7(2013)を買いました

春に京セラのヘビーデューティースマートフォン、TORQUE(SKT-01)を買って、MVNOのSIMと組み合わせて楽しく使ってます。TORQUEは4インチディスプレイになるのかな?対衝撃構造のためか厚みはあるのですが、コンパクトでワイシャツの胸ポケットに楽に収まります。使い勝手がいいです。

でも、しばらく愛用してきて、もうちょっと画面の大きいのも欲しいなと思うようになってきました。なんせ老眼が進行中ですし。
TORQUEはWi-FiとBluetoothテザリングの親機になれますから、Wi-Fiのタブレットとかゲーム機なんかをTORQUE経由でネット接続できます(3DS LLでももちろんできましたよ)。W-Fiのみのタブレットは公衆回線接続可能なタブレットよりも安価です。なので、そういうWi-Fのみのタブレットで安価なのを探してみようかと。

151107_1

買ってみたのはこれ。Nexus7(2013)というタブレットです(箱出しではなくてノングレアの液晶保護シートを張ってます。あとタバコは大きさ比較用)。GOOGLEプロデュースのまさにAndroidリファレンスマシンと言っていいタブレットです。

Nexus7にはLTEモデルもあるようですが、前述の理由でWi-Fiのみ、ストレージ16Gのモデルを買いました。いちばん廉いモデルになります。
お値段は2万円台後半だった発売当初より1万円くらい値を下げて1万円台後半。このくらいならなんとか買えます。ASUS製ということで、自作PCやってた(今は金欠で開店休業中ですが)者としては親しみの持てるメーカーですし。

本機はSDカード等の追加ストレージには対応していないので、ストレージの増設は不可能です。でも、容量取っている音源データ等ははTORQUE に持たせてありますからNexus7には入れなくていいし、動画や写真も撮りまくってはいませんし、動画を入れて見るという使い方もする予定はないし。だから16Gもあれば間に合うかと。

191107_2

本体裏側は梨地仕上げで滑りにくくなってます。中心にNEXUSのロゴ、『ブレードランナー』ファンにはたまりませんな。Nexusシリーズには6インチスマートフォンの「Nexus6」というのがあるそうで、ちょっと欲しいかも…。あとこの写真では分かりませんが、ASUSのロゴも入っています。ほんと、ASUSといったら昔は自作PC用のマザーボードとかのパーツメーカーだったんですがね。ちなみに今使ってる自作PCのマザーボードもASUS製です。(そろそろ新調したいけど…)

あと、ハードウェアの添付品は充電用のAC-USBアダプタとUSB-microUSBのケーブル。電源アダプタは小さいのですが、プラグの差し込むところが折りたためないタイプ。私は少し大きくなっても折りたためるほうが好きです。カバンの中に入れて他の物とあたって傷がついたことがありますから。
このACアダプタの電圧は5.2Vとだそうで、「さすが渇入れのASUS!」とニヤリ。(ASUSのマザーボードはCPU電圧とかが定格より少し高めに設定されていて、オーバークロックに向いていました)

とりあえず充電して立ち上げてみて、TORQUEのWi-Fiテザリング、Bluetoothテザリング、そしてもちろん自宅のWi-Fiルータにもすんなり接続できました。これでまずは大丈夫。

151107_3

カバーと液晶保護シートも買って、このように仕上げてみました(文庫本は大きさ比較用)。カバーは英国のSnuggというメーカーの品。ほんの少しだけ奮発しました。合皮で しょうが、レザー製でちょっと高級感を出してくれます。買ったのはハンドストラップつきというのが最終的な決め手。ハンドストラップを使えば 落っことして壊すという事故も少しは防げるかなぁ。ただ、ハンドストラップはちょっと使いづらいです。立たせておくためのレザーのタブも少し使いにくいです。使い込んで少し緩んできたらいい塩梅かもしれませんが。
オレンジ色にしたのは失くした時に見つけやすいかなぁと思って。ほんと、壊したり失くしたりしても気軽に新しいのが買えない状況ですゆえ。
液晶保護シートはノングレアタイプを買いました。自分の顔が写るのが嫌だから(笑)

このカバーをつけて背広の上着の裾ポケットにぎりぎり収まるサイズです。

Androidのバージョンは購入したときには5.0.2でした。ネットに接続するとアップデートの通知が来て5.1.1に上がって。5.1.1のままで数回アップデートしました。そして一晩してAndroid6.0の通知が来たので6.0に更新しました。一気に最新にできないのかな?ちょっと面倒だけど。ただやっぱりGoogleのリファレンスモデルです。2年前の製品なのに6.0まで上げてくれるとは。
6.0がAndroidの現時点での最新verになるのかな?型落ちで投げ売られているタブレットやスマホを愛用してきた自分が最新Androidを使うとはね。

2年前のハードウェアに最新OSって重いかなぁと思ったのですが。しかし、動作はキビキビ感じます。感動的なヌルヌル感。なんせ今までデュアルコア機ばかりでクワッドコア機に触るのさえ初めてですので…。そこらへんは最新スマホやタブを触り慣れてる人にとってはどうかはわからないのですが。
画面はきれいです。これもやっぱハイエンドスマホやタブレットはまったく未経験ですので、それらと比べてどうかは分からないのですが。

しかしつくづく「(2013)」というモデルネームはアカンかったのではないかと。のちのち型落ちという印象が出てきますもの(笑)

7インチということで。ま、どうかな。まず読書用というのをいちばんに考えていたのですが。コミック類は拡大しないと少し読みづらいところがあるみたい。もうちょっと大きいとイイかもとも思いますが。文字の本はとても読みやすいです。
今買えるのはこれがいっぱいいっぱいですが、お金に余裕ができたとして、もっと大きいタブが買えるとして。でもそれは通勤電車で見るには取り回しはどうかな?やっぱりSONY Tablet Pみたいな折り畳んでポケットに気軽に突っ込めるタブがいいと思います。2枚の液晶を継ぎ目なく並べる、あるいは畳める液晶が開発されれば。

とまれ、いい感じです。

これはどのくらい使えるかなぁ。バッテリーが交換できないのでハードウェア的に使えるのは電池が使い物にならなくなるぐらいヘタれるまでなのでしょうが。
ただ、交換用のバッテリーを単品で手に入れる手段もあるようです。難易度は少し高いようですが、エンドユーザーでもがんばればバッテリー交換も可能なようです。Visor Prismのバッテリー交換も挑戦して面白かったし、その時が来たらやってみましょうか。

アクセサリ類、あとはBluetoothキーボードでいい感じのを探してみましょうかね。出先でEvernote使ってでブログの下書きとかも便利そうです。

ま、おいおいと。

|

« 武蔵野三大湧水池 | トップページ | 朗読劇『やわらかな鎖』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武蔵野三大湧水池 | トップページ | 朗読劇『やわらかな鎖』 »