« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/21

『ゆきゆきて、神軍』

先日、キネカ大森で岡本喜八版の『日本のいちばん長い日』と原一男監督のドキュメンタリー、『ゆきゆきて、神軍』の2本立てを観てきたのだけど。こんどは『ゆきゆきて、神軍』の方の感想を書いてみたいと思います。

『ゆきゆきて、神軍』、公開当時ちょう話題作だったかと。あのころ読んでた雑誌に頻繁にでてきました。だからタイトルと内容の一部ぐらいはそのころから知ってました。観に行こうかなと思うこともなかったとは言いませんが、話題作ということでは観に行こうかなと思わなくもなかったけど、あまり好きになる映画ではなさそうだったし。だから今まで観ずにきたし、こういう機会がなければ見ることもなかったかなと。

原一男監督作は数年前に『極私的エロス・恋歌1974』を観てます。フィルムセンターのなにかの特集上映の一本だったかと。あまり内容は憶えてないのだけど。

ある女性が沖縄に渡って、虐げられているという黒人兵を助ける活動をしようとするのだけど、しかし相手にされず、酒場で逆ギレして黒人の悪口を口にする彼女。
それから彼女は自力出産というパフォーマンスを思いつき。自宅でひとりで子供を生むと。(カメラは入ってるけど)
そしてその後彼女はウーマンリブ活動を始めるのかな。拠点を作り、仲間もできた彼女の姿。そのくらいしか憶えてないのだけど。

残念だけど『極私的エロス・恋歌1974』を観て感じられたのは、社会活動家の姿というより、『自意識』をこじらせて足掻く人の姿でした。本作は「左翼映画」の系譜につなげるべき映画かもしれませんが。
そして『自意識』をこじらせているのは私もです。生きていて酷く居心地が悪くなって足掻く時もあります。だからそれは私の課題でもあり。そういう理由で私は『極私的エロス~』をそう観てしまったのかもしれませんが。そしてもちろん私には沖縄に渡って黒人兵解放運動に身を投じたり、自宅出産する(男ですけど)根性はありませんが。

(とりあえず念のために書いときますが。出産というのは女性と生まれてくる子供にとって極めてハイリスクな営為と思います。できる限り医療のサポートを十分に受けられる環境で、もちろん専門家に診てもらいながら産むべきだと思います。人には「愚行権」があるのも分かります。ただ、出産は新しく生まれてくる赤ちゃんのこともあります。だから、こういう行為は真似すべきではないと思います。)

さて、『ゆきゆきて、神軍』ですが。

続きを読む "『ゆきゆきて、神軍』"

| | コメント (0)

2015/08/18

岡本喜八『日本のいちばん長い日』

キネカ大森で岡本喜八版の『日本のいちばん長い日』と原一男の『ゆきゆきて、神軍』の2本立てを観てきました。『ゆきゆきて~』は稿を改めるとして、『日本のいちばん長い日』の方の感想を書いてみたいと思います。

岡本喜八監督の映画、好きです。

初めて観た岡本喜八監督作は封切りの『大誘拐』でした。ラストの短い数カットの切り返しで、なぜこの資産家のおばあさんがこのような事をしようとしたか、それが鮮やかに、強烈にその短いシーンで語られていて、その妙手に唸らされました。それから岡本喜八監督のファンになり、作品を観るようになりました。
…といってもたくさんは観ていません。フィルモグラフィーを見ても観てる作品より観てない作品のほうがはるかに多いのですが。

岡本喜八監督作の魅力は軽妙でコミカルなエンターティンメント性と強烈な反骨精神の融合にあると思います。

そのバランスを取るのは、両立させるのは、とても難しいと思うのですが。岡本監督作にも『江分利満氏の優雅な生活』のように軽妙洒脱なコメディの終盤、主人公の長い、重い、独白シーンを入れて構成を壊してしまうような作品もあるのですが。これはこれで好きだけど。逆に、これほどの思いを抱えつつ、軽妙に振舞っていらしたのかと。そして終盤、やはりそれをこらえ切れなかったのだなぁと…。

『日本のいちばん長い日』も観たいな観なきゃなと思っていた作品でした。名画座のプログラムに見かけて行こうかなと思ったことも何度かあるのですが、重い腰が上がらず。
そうこうしているうちにリメイク版の『日本のいちばん長い日』が公開され、それを観に行くかどうかは決めてないのですが、それを観ることになるならその前に絶対岡本喜八版のほうを観ておきたいと思いました。で、今回キネカ大森さんにかかると知って観に行った次第です。

続きを読む "岡本喜八『日本のいちばん長い日』"

| | コメント (0)

2015/08/17

新番組『サンダーバードARE GO』

『サンダーバード』の新シリーズ、『サンダーバードARE GO』の第1話と2話「インターナショナルレスキュー出動!」(前後編)を観てみました。

50年も前の作品になると知って驚いたのですが、旧『サンダーバード』、とても楽しみに見てました。小さいころいっとう好きだったテレビ番組といっても過言ではないかと。しかも私の故郷では何度も何度も再放送されていて。それも観ていた記憶があります。私の故郷、『サンダーバード』と『トムとジェリー』の再放送、年がら年中やってました。だから最初に見た『サンダーバード』は本放送か再放送かもよく分からないのですが。

あのころのサンダーバードブームは凄くて、祖母が購読していた婦人雑誌にもサンダーバードの記事が載っていて、見せてもらった記憶があります。

自分がメカ好きになったのも『サンダーバード』の影響かなと。

数年前、ジェリー・アンダーソンの週間百科で旧『サンダーバード』のDVDは揃えました。できたら他にもあった『ジョー90』『スティングレー』『キャプテン・スカーレット』も揃えたかったけど、金銭的にきついせいもあり、そちらは途中で挫折しましたけど。

で、年始ぐらいになるかなぁ。どうも英国でサンダーバードの新シリーズが作られているらしいという話をネットで知って。
いろいろ検索してみてYouTubeで予告のショートムービーを見かけたりして。楽しく観ました。そして、日本でも放送されないかなぁと。まぁ日本でも大ヒットしましたから、日本で放送されない事はないはずなんですが。

で、1・2ヶ月前かな。日本でも放送されると知って。首を長くして待ちました。
そしていよいよこの土日に放送。両日とも所用で外出していたのだけど。録画が成功してるかどうかどきどきしながら帰宅して、録画してあるのを見ました。

わぉ!すばらしいです。

続きを読む "新番組『サンダーバードARE GO』"

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »