« 蘭妖子さんのコンサート | トップページ | ケン・リュウ『紙の動物園』 »

2015/05/31

トルクの手作り(笑)充電スタンド

【お約束】以下の記述を参考に自分で工作される方は「自己責任」でお願いします。世知辛いですけど、念のため。

京セラのヘビーデューティー(って死語かな?)スマートフォン、TORQUE(SKT01)を買って1ヶ月ちょっと、楽しく使ってます。お風呂にも持ち込んでネットを見たり音楽とか聴けるから楽しいです。
TORQUEの充電は底部にあるmicroUSBコネクタで行うのですが。このコネクタには防水/防塵のためかキャップがついてます。
ま、たぶん大丈夫とは思いますが、何回も開閉を繰り返すとキャップがバカになったり、なんかの拍子にもげたりしないかとちょっと気になります。

TORQUEには背面にスタンド充電用?の接点が設けられてます。ただ、残念だけど、日本国内向けには充電スタンドはありません。海外では充電スタンドが売られてるそうですが、英語さえプァな私には個人輸入とかは敷居が高過ぎます。
(ちなみにTORQUEシリーズのau向けモデル、G01にはワイヤレス充電機能があるそうで、ちょっとうらやましいのだけど。)

しかし、TORQUEのレビューを見て回ってると、充電スタンドを自作した猛者もいらっしゃるようです。
で、私もちょっと作ってみようかなと思って、ひとつ拵えてみました。

150531_1

作ってみたのはこれです。USBコネクタをつけてUSB電源アダプターかPCのUSBポートから給電するようになってます。

材料は東急ハンズにあった汎用のスマートフォンスタンド(量販店にはこういうシンプルなスタンドって見当たらないものですな)、同じく東急ハンズの電工パーツコーナーにあった、本来は何の用途なのかはわからないけど、棒状の部分がある端子。ケーブルは百均に売ってたDSiシリーズ用のUSB充電ケーブルを使いました。ケーブルはちょっと短かったかな。いや、被覆を剥きそこねて何度も切り詰めてだいぶ短くしてしまった部分もありますが…。こんど延長ケーブルを買ってこなきゃなと。

充電スタンドにハンドドリルで穴を開け、USBケーブルを半田付けした端子をはめ込んで接着してあります。そのあと端子はざっくりとニッパーで切り詰めて、ヤスリがけして接点がうまくあたるように調整してあります(削って調整するときは電源から外すのをお忘れなく!)。少し長めのほうがいいみたい。(私はいちど短くし過ぎてやり直しました)

150531_2

裏はこんな感じ。端子は瞬間接着剤で仮留めしたあとホットボンドで固めました。あと、ケーブルが引っ張られたときに端子からもげないようにスタンドに溝を切って、丸結びしたケーブルを引っ掛けて、ケーブルが引っ張られたときはこちらに力がかかるようにしてあります。そこもホットボンドで固めてあります。もちっときれいに仕上げられたらと思うのですが、不器用なほうなので…。

150531_3

TORQUEを乗せるとこんな感じ。左上隅に赤LEDが点灯して、充電中になってるのがお分かりでしょうか。ちょっと乗せるのにコツがいりますけど(笑)
ま、これでいいのかわかりません。経年変化とかでどうなるかとかはまったくわからないのですが。

もっと簡単にあげるのなら、板切れに端子を立てて、寝かせて置くような充電スタンド(スタンドじゃないけど)ならもっと簡単に作れそうです。
また、端子部分だけ作って、ゴムバンド等で本体に取り付けるタイプならコンパクトに作れて持ち運びにも便利かと思います。そういうのも今度作ってみようかなと。

ただ、気になるのは端子部分に電気を通す物を落っことして端子をショートさせるトラブルが起きたりしないかな?という事です。ま、普通の充電スタンドでも起きうる事故でしょうが、こういうふうに端子がかなり出っ張ったりしている品なら、あるいは寝かせて置くようなタイプなら、その危険性は市販品の充電スタンドより大きいかと。そこらへんは気をつけないとなと思います。

やっぱり純正の充電スタンドが欲しいのだけど。SKT01も終息品だろうし(だからバーゲン価格で手に入れられたのだろうし)、入手は望み薄かなぁと…。
ま、とりあえずはうまくいってよかったです。

|

« 蘭妖子さんのコンサート | トップページ | ケン・リュウ『紙の動物園』 »

コメント

参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。

投稿: フクシマ | 2015/10/24 22:59

◎フクシマ様
いまはさらに加工して、ちょっと寝かした感じになるようにしてます。そのほうが接点にかかる力が増えていいみたいです。

投稿: BUFF | 2015/10/26 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蘭妖子さんのコンサート | トップページ | ケン・リュウ『紙の動物園』 »