« トークショー「新高けい子 劇的ことば」 | トップページ | 中森明夫『寂しさの力』 »

2015/04/21

ライブ【地下室ノ表現者たち Vol.10】

昨日は三軒茶屋のライブハウス、ヘブンズドアさんで母檸檬さんたちのライブを見ました。
愚弁さん企画、題して「地下室ノ表現者たち Vol.10」とか。

雨の中をヘブンズドアさんへ。ヘブンズドアさんはほんと久しぶり。昔、ライブに足しげく一定たころは良く行くライブハウスのひとつだったのですが。轟音系だけど音がいいという印象が残っています。ほんと、久しぶりすぎて、以前だったらすぐ行けたトイレも場所がわからなくてきょろきょろでした。

当日のご出演は
波流乱満さん、
cullcanechoさん、
母檸檬さん、
愚弁さん、
火取ゆきさん
でした。

なんか久しぶりの方の多いライブでした。

最初が波流乱満さん。ほんと久しぶりの方。
なんていうのかなぁ、音楽というよりは轟音インスタレーションという感じです。
ゴスファッションで。

お次がcullcanechoさん。ゴスロリドレスでクラシックギター弾き語りの方。
カルさんは日比谷カタンさんのライブの常連さんで、それで知り合って、それからライブも何度か拝見した方です。カルさんもほんとお久しぶりでした。

そして母檸檬さん。母檸檬さんのステージももちろん楽しみました。
母檸檬さんもライブに通い始めて10年以上になるのかな。
ほんと色々あって。今ここでずっとライブに行けてるのは嬉しいものです。

そして主催の愚弁さん。愚弁さんは母檸檬さんに次いで2番目に最近見てるかなぁ。
それでも数年のブランクはあるかなぁ。
愚弁さんもインスタレーション的なスタイル。舞踏とポエトリーリーディングと音楽の融合かしら。
舞踏とリーディングの方と、ドラムスの方と、フルートとサックスの方の3人のユニット。
ドラムスの石塚俊明さんは三上寛さんのライブでも拝見したかなぁ。吉祥寺のスターパインズカフェで、折れたドラムスティックがスターパインズの高い天井近くまで跳ね上がったのを憶えています。

そしてトリが火取ゆきさん。火取ゆきさんはほんと大昔、独唱パンクで拝見したことがあるかと。独唱パンクもほとんど行けなくなってしまったのですが。どんな曲を演奏されたかも憶えてなかったのですが、最初の曲が中原中也の詩に曲をつけたもので、あ、聞いたことあるって思い出しました。愚弁のバックの方と一緒の演奏でした。エレアコでブルースかなぁ。いわゆるブルースとは違うかなぁ、ソウル的な意味でブルース。

ほんと、母檸檬さん以外はずいぶん久しぶりの皆さんでした。
そして、憶えて頂いている方もいて、ありがたい思いで一杯でした。
ライブ、ほんとに行けてないのにね。
つか収入の戻る見込みのさっぱり見えない状況にそろそろ心が折れそう…

|

« トークショー「新高けい子 劇的ことば」 | トップページ | 中森明夫『寂しさの力』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トークショー「新高けい子 劇的ことば」 | トップページ | 中森明夫『寂しさの力』 »