« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015/04/24

船戸与一さん逝く

冒険小説作家の船戸与一さんの訃報を知りました。
たぶん、作家としてはいっとう好きで、いちばん読んでた方ではないかと。

私は日本冒険小説協会というところに入ってました。ま、その資格があったかどうか今でも疑問なのですが。
船戸与一さんは日本冒険小説協会大賞を何度もおとりになり。年1回、春に開かれる日本冒険小説協会全国大会にも何度もご参加いただきました。少しお話したこともありますが。

船戸与一の冒険小説は、…なんといってもまず分厚い!今はワープロ書きが普及し、分厚い小説も多く見かけられるようになりましたが。手書き原稿時代にあの分厚さはすごかったです。日本冒険小説協会公認酒場・深夜+1でも「船戸与一の新作は2千枚書いてン百枚書き直したらしい」なんて話を聞いていました。

私がネット日記をつけ始めて、数年して書き溜めた文章の分量を見て、「船戸与一1冊分ぐらい書いたぞ!」と気がついたときの達成感は大きかったです。もちろん内容は月とスッポンですが…。なんか文章を一杯書くことが船戸与一基準になってたというか。

そしてその分厚さを気にさせずにグイグイ読ませてくれるそのパワー。
ページを繰るのももどかしく。凄かったです。

ただ、近年はわたし自身が小説をあまり読まなくなってしまい。メンタルコンディションの問題でしょうが。
この10年使ったブログを検索しても船戸与一作品の記事はありませんでした。読んだけど書かなかったという可能性もあるけれど。それに気がついてしょんぼりとしました。そんなに読んでないのかって。

情けないです。

続きを読む "船戸与一さん逝く"

| | コメント (1)

2015/04/23

中森明夫『寂しさの力』

『寂しさの力』(中森明夫:著 新潮新書)読了。

先日、著者の中森明夫さんがご出演のこじんまりとしたトークショーにお伺いする機会がありました。
トークショー、面白かったです。なのでなにか著書を拝読したいなと思ってたら、ちょうど本書が出て、新書で手ごろなボリュームと価格帯だったので、買ってみました。

そのトークショーでお話を伺う以前の中森明夫さんに関する知識といえば「『おたく』の命名者」ということでした。(『おたく』の語源については諸説あるようですが)
『おたく』という言葉が生まれ、人口に膾炙し。最初は悪い意味で使われてて。犯罪者予備軍みたいな感じでしたか。今はどうなのかなぁ。ネガティブイメージはだいぶ脱したと思いますが。ま、世間サマにとっては『おたく』はカネになるなら大歓迎って方向でしょうかしら。

まぁ、週刊誌の記事なんかでも特定の(読者が「私たちと違う」と思う)集団を「○×族」なんて呼んで記事にするというのはごく普通のスタイルだし。元々はそういうフォーマット的に作ってみた記事だったのかもしれませんが。
もちろんそういうのって、その記事が対象としている人たちから嫌がられたり、「ほんとうにいるの」ってツッコミが入ったり。そしてたいていはすぐに消えてしまうのでしょうが。そういった「○×族」記事作りの中では『おたく』はちょう大ヒットではなかったかと思います。

ただ、私は、別の意味で『おたく』という言葉にショックを受けました。
というのも私は小さいころ、二人称が「おたく」しか使えない子供だったのです。「きみ」とか「あなた」とか「おまえ」とかはなぜか口にできなくて。相手を呼ぶときは苗字にさん付けか「おたく」しか使えませんでした。そこにどういう精神医学的理由があったのかは解りませんが。それで世に『おたく』なる言葉が出てきたとき、愕然としました。

ま、もちろん、わたし自身『おたく』でありますよ。いや、岡田斗司夫のいう「知的エリート」という意味での『オタク』としてはレベルが低すぎるでしょうが。

いや、閑話休題。
本書の感想に入ります。

続きを読む "中森明夫『寂しさの力』"

| | コメント (0)

2015/04/21

ライブ【地下室ノ表現者たち Vol.10】

昨日は三軒茶屋のライブハウス、ヘブンズドアさんで母檸檬さんたちのライブを見ました。
愚弁さん企画、題して「地下室ノ表現者たち Vol.10」とか。

雨の中をヘブンズドアさんへ。ヘブンズドアさんはほんと久しぶり。昔、ライブに足しげく一定たころは良く行くライブハウスのひとつだったのですが。轟音系だけど音がいいという印象が残っています。ほんと、久しぶりすぎて、以前だったらすぐ行けたトイレも場所がわからなくてきょろきょろでした。

当日のご出演は
波流乱満さん、
cullcanechoさん、
母檸檬さん、
愚弁さん、
火取ゆきさん
でした。

なんか久しぶりの方の多いライブでした。

続きを読む "ライブ【地下室ノ表現者たち Vol.10】"

| | コメント (0)

2015/04/20

トークショー「新高けい子 劇的ことば」

土曜日は幡ヶ谷のATAMATOTE2-3-3さんで第11回ことばラボ「新高けい子 劇的ことば」を拝見してきました。寺山修司の映画『田園に死す』の上映と、『田園に死す』にもご出演された演劇実験室◎天井棧敷の名花でいらした新高けい子さんと蘭妖子さんのトークショーでした。

京王線の幡ヶ谷駅を降りてテクテクとしばらく歩いてATAMATOTE2-3-3さんへ。ATAMATOTE2-3-3さんは榎本了壱さんのデザインスタジオみたい。
榎本了壱さんは先日下北沢の本屋さんで萩原朔美さんとのトークショーも拝見しています。寺山の句集『花粉航海』の分析図が素晴らしかったです。また、世田谷文学館やワタリウム美術館の寺山修司展で展示されていた寺山修司の人物事物との関係が細かく書き込まれた相関図も素敵でした。

そう、ちょっと訂正。その下北沢の榎本了壱さんと萩原朔美さんのトークショーの感想をこのブログに書いたのですが。そこで私が小さいころ、NHKの子供向け教養番組で榎本さんを見ていた、と書きました。でも、改めてネット上でざっくりと調べると、榎本さんご自身はNHKの子供向け番組の司会をなさっていましたが、年代的には私の記憶のころとずれていました。記憶違いだったのかなぁ。どこかで混ざってしまったのかもしれません。謹んでお詫びし、訂正いたします。

いや、閑話休題。

続きを読む "トークショー「新高けい子 劇的ことば」"

| | コメント (0)

2015/04/16

艦これプレーヤーが『刀剣乱舞』も始めてみました

DMMの『艦隊これくしょん』(以下「艦これ」)を楽しく遊んでいます。
男子に大人気のようですね。で、どうも、艦これそっくりの『刀剣乱舞』(以下「とうらぶ」)というゲームが艦これと同じくDMMにあるという話を耳にして。どうやら腐女子さんたちに大人気のようで。TLでもとうらぶプレーヤーの方が熱くツイートするのを目にして、「どんなゲームなんじゃろ?」と興味を持っていました。

ただ、大人気ゲームだけあり、サーバに余裕がないらしく、新規にプレイできなくて。ま、それで忘れていたのですが。
もうすぐ艦これは春のイベントが始まります。期間限定のエリアが現れ、そこで新しいアイテムが手に入るってイベントです。そこは攻略が難しく、なおかつ期間限定なので大量の資材を備蓄しとかないといけません。で、資材入手関係のプレイだけして普通のプレイはお休み中なんだけど。それでふと思い出してとうらぶやってみようかと。
なんかサーバが増設されたらしく、今回はアカウントとって遊ぶことができました。

あまりルールとかは解ってないのですが、「ま、艦これと似たようなもんじゃろ」と思って遊んでいます。
で、プレイして1・2日ですが、艦これプレイヤーが見た刀剣乱舞の初見の感想などすこし書いてみようかなと。

ゲームのオープニングクレジットを見て驚いたのは、ニトロプラスの名前がクレジットされていたこと。有名どころでありますな。

続きを読む "艦これプレーヤーが『刀剣乱舞』も始めてみました"

| | コメント (0)

2015/04/12

五島一浩展『「これは映画ではないらしい」「SHADOWLAND」その他の作品』

京橋のギャラリー、ASK?さんで映像作家の五島一浩展『「これは映画ではないらしい」「SHADOWLAND」その他の作品』の展覧会をちょっと覗いてみました。最終日だったのですが。

五島一浩さんの映像作品を初めて観たのはイメージフォーラムフェスティバル(シネマティークの方かも?)でした。「FADE into WHITE」だったと思います。コントラストのきつい、モノクロームの3DCGI作品。この「FADE into WHITE」はシリーズ化されて、何作か拝見しています。このシリーズの静謐なたたずまい、好きです。

そのあともイメージフォーらフェスティバルでちょくちょく作品を拝見していました。実写系も近年あるようなのですが。
ただもうイメージフォーラムフェスティバルもほとんど足を運ばなくなってしまい、作品を拝見する機会もめっきり減ったのですが。

久しぶりに拝見したいなと思って行ってみました。

続きを読む "五島一浩展『「これは映画ではないらしい」「SHADOWLAND」その他の作品』"

| | コメント (0)

2015/04/11

2015冬アニメは

2015年の冬アニメ、けっきょく最後まで観たのは『ユリ熊嵐』『美男高校地球防衛部LOVE!』『フランチェスカ』、5分アニメの『みりたり!』それから14秋からの2クールアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』でした。

ブログを始めたころはアニメの感想もよく書いてたけど、近年はあまり書かなくなってしまって。久しぶりに感想など書いてみます。「あくまで個人の感想です」という方向で。勘違いしてたらスマヌ。

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』
ネタとシリアスの間隙をぶち抜いて突っ走ってくれた作品だなぁと。いくつか突っ込みたいところがあっても、それに拘泥させずに鼻先をとられてグイグイ引っ張ってくれるパワーがあったというか。
ほんと、エンターティンメントはそれ大事だと思います。観客は別に「論理的整合性」なんて観に来てるんじゃないし。そのパワーでぐいぐい引っ張って、うんと楽しませてくれたら、整合性などは多少は破綻してても構わないと思っています。

そして1話から尻穴ほじられ、終盤には恋人パコるヒロインってのも新鮮でした。ガチレズシーンもあったし。アニメマニアには「処女厨」なんているぐらいだし。下手すると反発食らいそうですが。でも、そういうのを「アリ」にする部分も、作り手の巧さ、お話しの勢いだったのかなぁと思います。

続きを読む "2015冬アニメは"

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »