« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015/02/19

『イスラーム国の衝撃』

『イスラーム国の衝撃』(池内恵:著 文春新書 Kindle版)読了。
近年のイスラーム国の台頭を中東情勢の流れを踏まえて解説した本です。

著者の池内恵氏は本書について
「二つの大きく異なるディシプリン(専門分野)の視点や成果を併用して「イスラーム国」という現象を見ていくことになる。一つはイスラーム政治思想史であり、特にジハード論の展開である。(中略)
同時に、思想や運動が現実世界で意味を持つには、有利な環境条件が必要である。現代のアラブ世界には、とくにイラクとシリアの特定の地域には、そのような環境条件が整っている。どのような経緯でそのような環境が整ったのか。(中略)ここでは、各国の政治体制の特質を地域研究の知見を踏まえて把握する比較政治学や、各国政治の展開と地域・国際政治の連関をとらえる国際政治学の視点を主に取り入れる。」(第1章「イスラーム国の衝撃」)
というスタンスでお書きになってるようです。もちろん新書ですから初歩的な、初心者に優しい書き方であると思います。

最近喧しいイスラーム国、「なぜああいう人たちが現れ、“国”を自称できる程度に勃興したのか?」に少し興味が湧きました。ただ私は政治音痴、歴史音痴、であります。あまりよくわからないのだけど。だから簡単そうな本でそういうのを解説した本はないかなと思っていました。
そしてなによりも本書は彼ら、イスラーム社会とそこから現れたイスラム過激派(本稿で私はそう書きます)、テロリストたちのその立場、その思い、その行動原理がわかる様な本という印象を持って、食指が動きました。そういう視点から書かれている部分もあるのではないかと。

もちろん私はテロリズムを一切認める気はありません。ただ、彼らがどのような条理で動いているか知りたいです。理解したいです。
ただ、この世にはよくわからない人たちがいて、どうもそういう人たちは「理解すること=肯定すること」と思ってしまうようです。つまり彼らテロリストたちを理解するという事は、彼らのテロリズムを肯定することだと解釈してしまうような人たちが。そこらへんは誤解なきよう。為念。

以下、ちょっとだけ感想を書いてみます。ただ、どれだけ私は本書を理解できたか自信はありません。錯綜した国際関係とかややこしいのはどうもうまく把握できません。人間関係のそういうのをうまく理解できず、ドジを踏むこともたびたびですので。
だから、本書の要約というより、個人的な感想をメインに。

そして最初に書きますが、本書はとても面白く読めたので、ここで私のグダグダな感想を読むぐらいなら、本書を買ってお読みになることをおススメします。新書でそう高価なものではないし、そう分厚くもないですしね。すぐ読めるかと。
私も感想を書きますが、どこまで理解できたのか、そして誤読してないか、自信はありません。

私は中東情勢に対しては、自分の生活にどのような影響があるかくらいの興味しかないのですが……。でも、「イスラーム国」の台頭もまた、この世界情勢における、それに日本人も影響を受けてる、人々のメンタリティの変容の結果であると思っていますし、そういう意味において「イスラーム国」に興味を持っています。
本書はそういう私が常日頃抱いている、いつも考えている疑問にも、色々なヒントを与えてくれた本でありました。

続きを読む "『イスラーム国の衝撃』"

| | コメント (0)

2015/02/06

こんどはお風呂でタブレット

お風呂の友がいろいろあるといいなって思います。

お風呂用のラジオを買って、楽しかったのがきっかけ。いま愛用してるのはBluetooth対応のWALKMANと防水Bluetoothスピーカという組み合わせ。お風呂で音楽を楽しんでます。(もちろんWALKMANはお風呂場の外で濡らさないように)

まぁあとはネットも楽しめたらいいなぁ、防水タブレットとか欲しいなぁとは思ってたのですが、買えるほどの財力はないですし、ま、ちょっと「夢のまた夢」状態だったのですが。
先日ネットをぶらついていて、なんか面白そうな格安タブレットでもないかなぁと思ってたら、格安の防水タブレットを見つけました。9千円切ってます。
衝動買いしました。

買ってみたのはNECのLife Touch Bプラスという品物。3年ちょっと前の品物になるのかなぁ。「プラス」モデルは無線LANと3G回線に対応しています。7インチタブになるそうです。
Android OS 2.3機だそうです。今のAndroidの最新は4.4でしたっけ?かなり古いです。まぁ2.3でもブラウザが動いてツイッタークライアントが動いて、動画サイトも見られたらそれでじゅうぶんです。文句はありません。

続きを読む "こんどはお風呂でタブレット"

| | コメント (0)

2015/02/02

万有公演『身毒丸』(2015)

昨日は世田谷パブリックシアターで演劇実験室◎万有引力公演『《寺山修司33回忌・生誕80年》公演 説教節の主題による見世物オペラ 身毒丸』を観てきました。
『身毒丸』、演劇実験室◎天井棧敷の伝説で有名な演目だそうであります。なんで伝説で有名なのかはちょっとわからないのだけど。でもどこで聞いたのか読んだのかわからないけど、伝説で有名な演目だってことは頭にあります。

『身毒丸』じたいは以前別の劇団さんのを拝見した記憶があります。ずいぶん前の話でほとんど憶えてないのですが。
ただ、今回は、この伝説的な演目、『身毒丸』を、寺山修司率いる演劇実験室◎天井棧敷直系の劇団、演劇実験室◎万有引力がかけるのですから、なまなかの物ではないであろうと。
期待がいやおうにも高まります。

世田谷線の三軒茶屋駅のところには2つの劇場があるみたい。小さいほうのシアタートラムは万有の公演でだいぶおなじみの場所になりました。
今回の『身毒丸』はもうひとつの大きいほう、世田谷パブリックシアターで行われました。パブリックシアターはいちど舞踏の公演を観た記憶があります。
両方とも天井の高さが特徴的な劇場だと思います。パブリックシアターのほうは大きいので3階席まであります。まさに「天井棧敷」かと。

万有引力のお芝居は(たぶん前身の天井棧敷からでしょうが)、入り口にお客さんを整理番号順に並ばせ、開演直前に一気に客入れ、そして席自体は自由。ってのがいちばんよくあるスタイルですが、今回は席は指定席制で、普通のお芝居みたいな開場から三々五々の客入れでした。

万有のお芝居によくあるごとく、すでに役者さんが蠢いてます。舞台はもとより、通路にも。

開演前、水の流れる音が流れていました。いい感じ。
ややあって開演。

続きを読む "万有公演『身毒丸』(2015)"

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »