« 『あいうら』のブルーレイ | トップページ | 『鋼の超技巧画報 髙荷義之展』 »

2014/11/17

ライブ『サロン・ド・プースカ第14夜』

11月15日、土曜日は阿佐ヶ谷のイエロービジョンさんへ。母檸檬さんご出演の『サロン・ド・プースカ第14夜 シェルタープラン2014/ロック収穫祭』というライブに行ってきました。

当日のご出演は
制約あれども躊躇せずさん
ストームさん
ナガノ砂智子+石原謙さん
そして母檸檬さんでした。

阿佐ヶ谷のイエロービジョンも母檸檬さん関係のライブでよく行く場所になりました。
阿佐ヶ谷駅北のラピュタとかある方ほうの飲み屋街の一角です。

最初が「制約あれど躊躇せず」さん。このライブの企画をされた方のバンドのようです。
「社会人バンド」と仰ってました。本来は5人編成だそうですが、ひとり用事で来られなくて、今回は4人とか。キーボード、ドラムス、EG、EB&トランペットの4人。

スタイルは、なんて形容したらいいかなぁ、フリージャズならぬフリーロックという感じかしら?
あの曲をカヴァーしてあのようになるとは、一種の才能と言えるのではと思いました。

今回、イエロービジョンの店内、テーブルの上とかカウンターにフィギュアが飾られていました。制約あれど躊躇せずのリーダーさんのコレクションかしら。阿佐ヶ谷アニメーションストリートタイアップ?

私もそういうの好きなので、良かったです。

お次がストームさん。演奏を聴いているとジャンル的には、私は音楽にあまり詳しくないのですが、フュージョンとかクロスオーバーとか高中正義とか、そういうフレーズが浮かんできました。
みなさん50代で、私もそう音楽マニアではなかったですが、そういう音楽はラジオとかでたまに聴いていました。そういう時代でもありましたな。

途中からボーカルの女性が加わりました。シャウト系の方です。これもまた懐かしさを感じさせるスタイルでした。

そしてナガノ砂智子+石原謙さん。ナガノ砂智子さんがEGとヴォーカル、石原謙さんがドラムス。石原謙さんは母檸檬のドラムスの方でもあるのですが。私は詳しくはないのですが、伝説のバンドにも参加されていた伝説の方でいらっしゃるようです。

ナガノ砂智子さん、ずいぶん前にとても印象的なバンドにいらした方のような気がするんですが。ただ、あたしは人の顔があまりよく見分けられないから……

そしてトリが母檸檬さんでした。ほんとおなじみの母檸檬さんのライブもとても楽しかったです。(なんかよく行ってるのであまり書くこともなくなってしまったような。もちろん細かいところに色々気づくことができて、書ければいいとも思うのですが)

今回、ストームさんからおつまみの提供もあって、おいしかったです。
よいライブでありましたし、自分の心の動かし方にもちょっと気づくことができてよい一夕でありました。

|

« 『あいうら』のブルーレイ | トップページ | 『鋼の超技巧画報 髙荷義之展』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『あいうら』のブルーレイ | トップページ | 『鋼の超技巧画報 髙荷義之展』 »