« ふたたび巾着田へ | トップページ | 沙村広明・森馨展覧会「ティルガング―Der Tilgung―」 »

2014/10/01

ライブ「雛豆戦争」

昨日は渋谷のLast WaltzさんでOCCURPOOさんとフラワーチルドレンさんの2メンライブを見てきました。題して「雛豆(ひよこまめ)戦争」とか。

渋谷のLast Waltzさんは初めて行く場所。数年前、惜しくも閉店してしまった青い部屋の跡地にできたライブハウスです。
高名なシャンソン酒場、そして近年はライブハウスとしても営業していた青い部屋。私もライブハウスとして何度か行って、思い出深いライブもいくつかあります。閉店してしまってちょっとさみしかったのだけど。なんかの用事(たいていイメージフォーラムの行き帰り)で近所を通りかかると跡地をちょっと覗いてみたりしてました。ただ、イメフォもあまり行かなくなってしまって。

それからしばらくして、好きなミュージシャンさんのライブ情報にLast Waltzという名前がちらほらするようになって。ちょっと調べてみたら住所が青い部屋の跡地っぽく。行ってみたいなと思いつつ、まだ行けてなかったのだけど。
近年ライブに行く回数も激減しています。収入が激減してるってのが主な理由だけど。でも、人の心とは不思議なもので、懐具合がきつくて行けないとなると、しばらくすると行きたいという気持ち自体が減じていくものなのですな。まぁこれが欝って奴かもしれません。

ま、それはさておき、ライブに行くこと自体がずいぶん久しぶりとなりました。

初めて入ったLast Waltzさん。いい感じの場所です。内装はがらりと変わっていましたが、ステージ位置とかはだいたい前と同じ。通路を潰して客席を少し広めに取ってます。

ややあって開演。最初はOCCURPOOさん。

OCCURPOOさんは日比谷カタンさん、URiTAさんご共演の3メンライブ「ヒビウリプー」で何度か拝見しています。
ピアノ弾き語りの女性とパーカッションの男性のおふたりのユニット。
パーカッションはなんていうのかな、普通のドラムセットを少し減らした感じ。バスドラを少し小さめのに変えて、それが鋭い音を出していました。

曲調はなんて言えばいいのかな、「フレンチポップス」という言葉が浮かんできますけど、そもそも私はフレンチポップなんてぜんぜん知らないけど。
ただ、ヨーロピアンな雰囲気はまとっていると思いますよ。
ただ、「ポップス」と呼んでしまうと取りこぼしてしまうだろう、ある種の「いたみ」を感じる部分も…。

2部構成で、お色直しあり、でした。

それからフラワーチルドレンさん。メーテルさんとおっしゃる方のワンマンユニットのようです。以前はバンド編成だったりしたそうですが。銀河鉄道999ぽい毛皮の帽子を着けたメーテルさん。
シンセ・打ち込み、ピアノ、キーボード等。映像を流しながらのお歌でした。

フラワーチルドレンさんもまたOCCURPOOさんのように「フレンチポップス」、ヨーロピアンっぽいなぁと。OCCURPOOさんよりガーリーテイストな部分が大きいです。
そしてまたある種の「いたみ」を感じました。私が惹きつけられる「いたみ」です。

上手く説明できなくて「いたみ」としか表現できないけど、自分の琴線に触れるミュージシャンさんはその「いたみ」を持っている方が多いと思います。日比谷カタンさん、母檸檬さん、ゴトウイズミさん、青葉市子さん。そしてOCCURPOOさん、フラワーチルドレンさんも。

フラワーチルドレンさんの3曲入りCD-R音源を購入しました。
そいや、ライブ会場で手売りのCD-R音源を買うのもずいぶん久しぶりです。
ちょいといろいろしんどかったですが、ライブを楽しんで帰宅。

|

« ふたたび巾着田へ | トップページ | 沙村広明・森馨展覧会「ティルガング―Der Tilgung―」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたたび巾着田へ | トップページ | 沙村広明・森馨展覧会「ティルガング―Der Tilgung―」 »